2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
     

コネチカット州議事堂! の巻

IMG_514900320.jpg今日明日とまた気温が下がり(3℃位)、場所によって雨、みぞれ、雪の予報。この辺りは朝から小雨パラパラ降り続いているけど、明日は、みぞれか雪の確率高し。

今日で3月が終わりだというのに、1ヵ月前の2月28日より寒くなるとはねぇ・・・
青空広がる穏やかで気持ちがよかったこの日は、会話グループメンバーで州議事堂見学に行ってきた。
州議事堂って普通に入れちゃうの?と思う方もいるかもしれないけど、月ー金の8-5時までセルフガイドで無料で見学可。見学できるのは1-3階まで。ガイドツアーも無料。時間はこちら

私が州議事堂に行ったのはこの日で3回目。でも、その2回目もブログを始める前のこと・・・ 州議事堂に記事を探したら、一度も書いたことがなかったようなので、今日は州議事堂のお話を1つしまーふ。

ハイウェイI84を走ってハートフォードを通り抜ける時に必ず見える州議事堂は、1871年に建築が始まり、1878年に完成。1970年に国家歴史登録財と国定歴史建造物に指定された建物なり。

IMG_515400320.jpgIMG_515100320.jpg
州議事堂の壁の彫刻一部には、コネチカットのシンボルでもあるチャーターオークの木があった。

IMG_520900320.jpgざっと説明すると、イギリスの植民地時代の1639年イギリスのキング・チャールズIIがサインした最初の憲法だと言われる憲章(ロイヤル・チャーター)があったのね。それはコネチカットの植民地政府が独自のルールを作り、特定の役人を選出することが出来るというものだったので、コネチにとっては大変重要な憲章だったわけ。1687年にキング・ジェームスIIがその憲章を廃止すべく、イギリスから使者を送ったのだが、コネチのリーダーとの話し合いが行われている途中、キャンドルの火が消えましての。灯りが再び灯された時には憲章が消えていた!という。その消えた憲章は巨木の樫の幹の穴に隠され、イギリスからの使者は目的を果たせずに帰国。コネチカットは憲章をそのままに守ることが出来たのであった。その憲章は1818年まで施行されてきたそう。

間違いがなければ、そういう歴史があり~ このオーク(樫)は、コネチの、アメリカの歴史を刻んだ木となり、チャーターオークと呼ばれ、守られてきたのであった。しかし、樹齢千年を超えていたであろうチャーターオークは1856年8月の嵐で倒壊。

より正しい情報を得たい方は、The Legend of the Charter Oak をお読みくださいませませ。

予定外にチャーターオーク話が長くなってしまった・・・

中に入りますと、展示物が色々ありまして~

IMG_515600320.jpgリバティーベルのレプリカ1つ。(本物のベルのお話はMy Blog #287) このベル、特別な時に鳴らされているんだってさ。

IMG_517900320.jpgコネチカットのヒロインだという、Prudence Crandallという先生とアフリカンアメリカンの生徒サラの像があったり。クランダルさんは私立の女子校なるアカデミーを設立し、黒人の生徒を受け入れた人。人種差別があった時代だった故、学校は閉鎖され、彼女も逮捕されたりと厳しい時期を過ごすことになったよう。
1995年にNew Canaan地域の生徒たちのリクエストにより、この像が作られ、2008年の9/300に州議事堂に設置されたんだって。

IMG_515700320.jpggenius-of-ct00320.jpgみんなが見ている女神像(Genius of Connecticut)は、1878~1938年まで当時の州議事堂の建物のトップに設置されていたもの。(右写真参照)ウタが「これが鋳造されたのはドイツのミュンヘンなのよ!!」と熱く語っていたけど、1938年にハリケーンが通過した際のダメージにより倒れ落ちる心配があり、下ろされた後、堂内に移されたそう。高さは5.4m。重さは3トン強。

IMG_516600320.jpgこの左写真は、トップのドームを眺めながら撮影した1枚。
向かって右手に持っているのは、州の花・マウンテンローレルをあしらったリース。左側のはドライフラワーのリース。これはロングライフの象徴なんだって。全然見えていないけど、頭にはチャーターオークの葉で作られた冠を被っていることになっているのだそう。
現在のドームには、2009年に設置された像が立っているとか。しかし、今まであまり気にして見たことがない・・・

IMG_517000320.jpgIMG_517200320.jpg
左は、見たまま、木の幹に打ち込まれたまま残った砲丸。南北戦争時の1863年9/19、20。テネシーにあるChicamaugaという所の戦場から、戦争の恐怖の記録として展示されているんだと。

右は、1907-1909年に世界1周したグレート・ホワイト・フリートという艦隊の戦艦の1つの船首像。


IMG_517600320.jpgIMG_517800320.jpgこの方はコネチの英雄・Nathan Hale氏。説明するとまたまた長くなるので、ウィキペディアのリンクを貼ったので、興味あらば読んでくださいまし。
彼の家、Nathan Hale HomesteadはCoventryにあり。私は一度も見学したことはないけど、私の中ではNathan Hale=コベントリーのファーマースマーケット。彼のお屋敷のある敷地で開催されているから。
コベントリ―のファーマーズマーケットは、この辺りでは人気のマーケット。6月になったら足を運んでみてくださいな。 時間によっては渋滞覚悟で・・・

上の階へあがると、Hall of the House Representatives(下院の議場)あり。
IMG_518200320.jpgIMG_518400320.jpg
ツアーだと、議会を開いていなければ、中に入って説明を聞けるはず。

IMG_518500320.jpgこの議場の外に展示されていたこちらは、シルバー製のColumbus Urn((コロンバスの水がめ)。1876年製で、1902年まで使用されていたそう。20ガロン(75.6ℓ)の水を冷やしておけるんだって。

IMG_518600320.jpgIMG_518700320.jpg3階へ上がると、角っ子に大きな木の箱状の物が1つ。中を覗いたら、これ、電話ボックスだった。
しもしも~~
バブリーの時代の物ではないが、こういう電話、どんな風に声が聞こえるのか。一度、実際にかけて使ってみたい。


3階のメインは、上院議場。
IMG_518900320.jpgIMG_519000320.jpg高校生のグループが輪になってお勉強中だったこの時。私が写真に撮りたかったのは、右の写真、時計の下にあるイス。最初はこの子いなかったのに、カメラ向け始めたらこの姿。邪魔だっちゅーの!
よく見えないそのイスは、チャーター・オーク・チェアー。この記事の最初に説明したチャーターオークの木で彫られたイスなのだそう。
もらってきたセルフガイドの資料によると、チャーターオークのイスの上の時計は、セス・トーマスの最初の電気時計なんだって。アンティーク時計好きな人にはよく知られた名前なのだと思われる。コネチはその昔、時計産業も有名だったのでありまする。

IMG_519600320.jpgIMG_519500320.jpg州議事堂を出る前、最後にセキュリティーチェック脇の展示を見学。
これはトランクに入った持ち運びできるベッド。独立戦争時、ジョージ・ワシントンに使えていたラファイエットというフランス人が使っていたベッドだそう。どうやら「Sleep Tight!(ぐっすりおやすみ)」というのは、このベッドから来たらしい・・・よ。キャンパス生地をピンと張るために紐をキュッと絞めて寝ていたことから、そういうようになったというような説明書きがあったけど、本当のところはどうなんでしょ?

IMG_519800320.jpgここには沢山の旗がケースに入って展示されていたけど、これは南北戦争時に使われていたコネチ軍?の旗だそうじゃ。

IMG_521000320.jpgここまで私の説明を読んでいただいてなんですが、私の解釈が間違っているか否かはテンテンテン・・・ それを確認したいお方様は、コネチカットの州議事堂へレッツゴーしていただければと思いまふ。

州議事堂見学後、ブシュネルパークを突っ切り、Saluteへランチ(My Blog #2464)しにいった6人であった。

今日はこの記事に6時間近くかけてしもうたよ。ブログごときに時間かけすぎた。はふ~ 

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

Enders Fallsを見に行った! の巻

昨夜からたまに小雨が降ったりしていて、今日は涼しい1日だったわが村。池の水位が少し上がるぐらい降ってくれたら、いいんだけどなぁ。

IMG_239200400.jpg雨とどういう関係があるんじゃい?な写真のバービーは、昨日の夕方、我が家のベランダの下に置き忘れられていたもの。顔に落書きがあり、胸はぼよよん出しまくりで、どこをサバイブしてきたんだ?な姿のバービーなんだが、おそらく3軒ぐらい隣のインド人宅の子供のじゃないかなと。忘れた子が取りに来やすいよう、出来るだけ雨に濡れないようにとベランダの角に置いておいたけど、今日も1日、この姿で手を振り続けていましたわ。これがチップ除けになったりして(笑)


では本題へ。

6/18(土)、朝食の片づけが終わった後、行ったことがない場所へハイキングに行ってみよう!ということで、キャンプ場から車で15~20分ぐらいの所にある、Enders Falls in Enders State Forestに行ってみたMr家。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

バラが見頃だったエリザベスパーク! の巻

昨日、ドイツ人ママのウタと2人で、エリザベスパークへ行ってきた。

Elizabeth Park

4月末頃だったか、会話グループが夏休み期間に入る前に、シャーロンへのサンキューギフトを渡す場として、みんなでピクニックに行こう!という話がウタから出された時、「その時期だったら、エリザベスパークのバラがきれいなはずだから、そこはどう?カフェもあるから、ポットラックにしなくてもそこでランチすることも出来るよ。」と話したのは私だった。エリザベスパークのローズガーデンには行ったことがないメンバーがそろっていたので、その時はみんな「いいアイディア!」とか言っていたのだが~

キャサリンは5月中旬から夏休みに入り、ルイは中国から友達が来るからということで、6月初から連絡が止まり、シャーロンは行けないとなり、行けるメンツがウタ、タニアと私の3人だけに。それなら行かなくてもいいんじゃないの?と思っていたのだが、やりたい!やる!と言い出したら、実行するまで言い続けるウタさんなので、キャンセルになるはずはなく。彼女は明朗快活で元気いっぱいで、いい人なんだけど、時々、彼女の押しの強さがうざく感じることがあるのよねぇ。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

第3回目の日本祭りが終わりました! の巻

強風吹き荒れる日が続いている最近。今日の最高気温は20度なので、肌寒い。気温差がある時期とはいえ、今年はなんか調子狂う天候だなぁ。こんな感じだと、この夏も半袖を着る日は少ないかも?と思っちゃったりして。


6/11(土)にBlue Back Squareで開催された日本夏まつり。
お昼頃、確実に雷雨通過の予報だったので、何度も天気予報をチェックしては、延期の連絡が来てないないかメールをチェックしていた土曜日の朝。朝の時点では、雨が激しいエリアからW. Hartfordは入っていなかったので、雨が降っても激しくはないだろうとMrと話しながら向かったkikiさん。


IMG_199600400.jpg今年は夫婦そろってテントの設営&撤収隊で、10:45に到着した時には、すでに皆さん勢ぞろいしていて、テントの設営も始まりかけてて慌ててしまったけど、ざっとテント設営終了。
我らのテント、1つテントが減ってしまったので、日本人会受付、ハーツインターナショナルとクラフト販売が一緒になってしまったのだけど、逆にその狭さでちょうどよかった気がする。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

雪の中のハイキング! の巻

日本でも各地で雪が降り、大変そうだけど、ここも時期を同じくして雪に。ウィンターストームが去り、CTも雪に覆われ、真っ白雪景色となりやした。

W320Q77_IMG_0740.jpg今朝のニュースでは、一番積雪量が多かったのがウエストヴァージニア州のとある街で、40.5インチ(1m30cm)も積もったそうな。
ニューヨークでは、1869年以降2番目の積雪量を記録し、セントラルパークでは26.8インチ(68cm)の積雪だったんだって。
写真は、空港での積雪量。これによるとペンシルバニア州のアレンタウンの空港が81cm、JFK空港で77.5cm。今日も1500便位の飛行機がキャンセルになっているみたいだけど、日本からJFKへ飛ぶ予定だった出張者や旅行者も足止めを食らってしまったのではないかと。

W320Q77_IMG_0737.jpg雪が降れば、1軒屋に住む人たちは雪かきという作業が待っていて、うんざり外を眺める人達も沢山いただろうけど、雪は人をワクワクさせるものでもあり~

今朝のニュースで笑ったのがこの雪ダイブ。このお2人、この後、雪の中でクロールしてた(笑) 前には進まない雪中水泳。次回の大雪時には私もやりたい!という方はトライしてみてください。心臓が止まらない程度に。


続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

ついていなかった土曜日! の巻

W320Q77_P9280023.jpg作晩は月食日。月を見に出た7時半頃、月は雲の中だったのか、見事な月食中だったのか?空に月を見つけられなかったのよねぇ。10時頃見たら、すでに月はこんなに明るかった。

W320Q77_P9270022.jpgそして、こっちが一昨夜の月。
スーパームーンだったのに、一昨日の方が月食中みたいな月でね。時間は昨夜8時頃だったかな。
家の中に戻って、「こんな月だったんだけどさ。月食って明日だよね?」とMrに見せながら確認したら、「あなたのiPhoneのカレンダーが日本時間なんじゃないの?」と言われ、なんで、カレンダーだけ日本時間なんだよっ!って話で会話終了。
もしや我が村だけスーパームーンと月食日が逆だったなんてことは、ないなーい(笑)


今日は2015年9月26日(土)の私にとってはいけてなかった日のお話をば。

W320Q77_IMG_4002.jpg土曜日は、Mrが楽しみにしているファーマーズマーケット開催日。
マーケットにお店を出しているおじさんに、先週お願いしておいたものがあったので、久しぶりにMrと2人でマーケットへ。そのおじさんのお店とは全然関係ないけど、7月に葉っぱ付きの新鮮ラディッシュを売っていたお店で(My Blog #2207)、この日は大根発見!1束$4というので、「1バンチってどれぐらい?」と聞いたら、「大中小を混ぜて~ これが大きいだろ、ミディアムはこれで~ こんな感じで1束だよ。どう?」

W320Q77_IMG_4006.jpgW320Q77_IMG_4007.jpg
大根としてこれで$4は高いけど、葉っぱの生き生きさで、迷わずお買い上げ。お金を払う時に「グリーン(葉っぱ)も食べる?」と聞かれたので、「もちろん!!ピクルスにしたり~」と答えたら、へぇ~~とびっくりしたような顔してたおじちゃん。売っているあなたは食べてんのか?って聞けばよかったなぁ。帰宅後、葉っぱをよく洗い、半分は炒め、半分は塩もみにした。

まぁ、ここまでは気分よく過ごせた土曜日じゃった。

マーケットの後、地元に1軒あるダイナーに行きたい!!とMrが言うので(Mrは一度も行ったことがないから)、渋々そこで朝食を食べることにしたkikiさん。一応人気のダイナーなので、この日もすでに満席。金曜クラスの先生のパパさんはこの村の住人ではないけど、このダイナーがフェイバリットプレイスなんだって。どうしてここが?と私は思ってしまうのだが・・・

W320Q77_IMG_4003.jpg
まずは飲み放題のコーヒーを1口。そしてMr、「なんじゃこりゃ、不味い」 「だから言ったじゃん。」と嫁さま。ダイナーで美味しいコーヒーが飲めるところってあるんでしょーか?

そして、朝食が運ばれてきた。MrはBreakfast Comboのメニューから、無難にこのプレートを注文。ハムは、ハムステーキな厚さでございましたわなぁ。

私は、Mrのプレートのポテトとハムをもらえばいいや、と思い、甘い方から、フレンチトースト with ベリーにしましたのさ。
運ばれてきた時、ウェイターのお姉ちゃんがプレートからイチゴをゴロゴロっと落としてくれて、私の腿に直撃後、床にコロコロ隣の席まで転がっていった。ジーンズには赤い丸の跡がくっきりついたっちゅーに「Sooo~rry~♪」 ごめんちゃぁ~いなノリで謝って去っていった。その態度に おめぇ・・・ とちょっとばかしかちんときたけど、まぁ、ここは田舎のダイナー。いちいち気にしてられんので、食べ始めたわけなんだが、

W320Q77_IMG_4005.jpgW320Q77_IMG_4004.jpg
冷凍フルーツであることは想像通りだったけど、この解凍フルーツが素晴らしく不味く・・・ 「あ~ぁ~これを選んだのは失敗だった・・・自分で作った方が全然美味しいよ。もう食べる気なくす~」と嘆いていたら、Mrに「 しかたがないねぇ~」と言われ、「だから、行きたくないって言ったんだよ。誰だよ、ここに食べに行きたいって言った人はよぉ~ 」 
お金を出して不味いものを食べるって、いとかなしなことよね。

この朝食から、この日の調子が狂っちゃったんだなぁ。

朝から「最後にSix Flagsに行こうよ!きっとBig Eに行く人が多いから、空いていると思うしさ~」と言い続けていた嫁さま。お昼過ぎてやっとMrが「まぁ、行ってもいいけど」と腰を上げた。よっしゃー!と嫁ドライブで張り切って出かけたら、2時だったというのに、入り口はこの人だかり。

W320Q77_IMG_4008.jpgW320Q77_IMG_4009.jpg
Big Eの期間中であること、時間は午後2時=待ちなしですんなり入場のはずだったのに。理由は、ハロウィンイベントのFright Festが26日からスタートだったから。そんなことも気が付かず、この列に並んだMr家。カードをスキャンする場所まで来たら、お姉さんに「このカードでは入れません。これに$16足せば、残りのシーズン中も入れますよ。」と言われ、 ちーん。
来月はCTにはいないので、仕方なく帰る人に・・・

W320Q77_IMG_4026.jpgなにをしに来たんだか?な会話をしながら駐車場へ戻ったのだけど、その途中で「$3の駐車場に止めたからよかったけどさぁ~ あーぁー、ねずみ男に$3取られちまったぜ。」言ったら、Mrが「え?ねずみ男って~~」その後の言葉が出ずに笑い続け、「あなたさん、ひどい(爆)」と。
駐車場のおっちゃんが、サングラスをかけたねずみ男にそっくりだったのよ。やたらでかかったサングラスは、おそらくレディース物だったと思われる。駐車場に到着し、ねずみ男おっちゃんを見たMrは、笑いを押し殺しながら車へと歩いていったのだけど、ねずみ男と言った私をひどいというなら、ツボって笑い続けるお前さんの方がひどい!とわしは思うわ。

Six Flagsで遊べなかったのは残念だったけど、笑って帰れたからよしとする。

車を出す前に、「ここまで来ちゃって、これからどうする?」と話をしていた時、Mrが「こないだはとこはんがおじゃる氏と行ったっていうブリュワリーに行くか!」と言うので、

W320Q77_IMG_4021.jpgW320Q77_IMG_4011.jpgHazardville(Enfield), CTにある、Powder Hollow Breweryに立ち寄ったMr家。

504 Hazard Ave, Enfield, CT 06082
(860) 205-0942

道路沿いの看板も見過ごしちゃう感じだし、ブリュワリーっぽい雰囲気がない建物だったパウダー・ホロ―。


W320Q77_IMG_4014.jpgW320Q77_IMG_4022.jpg
窓が小さい分、ちょっと暗めだけど、ログハウス風な雰囲気なり。この日、11時からだったかな?参加費$17(1杯分のビール付)のヨガクラスを開催していた模様。そういうイベントに参加するのも面白いかもね。

初めての場所なので、2人でFlight(サンプラー)で、4種類を楽しんできた。お値段$6なり。
私が飲んだのから紹介しますと、

W320Q77_IMG_4017.jpg
10. Lift Your Kilt (Scottish Ale) 4.7%
8. Bayonet Blonde 5.8%
7. 1929 Prohibition Porter 6.3%
3. Extra super Bangin'(ESB) 5.6%

こういう所も性格というのか、見る順番の違いって出るものだね(笑) 私はボードの下から上を見て選び、Mrは普通に上から順に選んでる。Mrが普通か・・・ 

W320Q77_IMG_4018.jpgMrのチョイスはIPAだけなので、悩むことなく選んだビールなり。

4. West Coast Style IPA 7.5%
6. Hop Hazard - Double IPA 9.2%
9. "Obsession" by PHB an Indian Pale Ale 4.0%
12. Hoppy Hollow IPA 6.4%


2人で8種類のビールを楽しんだこの日。
しかし、私が選んだビール、どれも私の好きなテイストではなくってさ・・・ 4つのグラスの色味はいい感じだったのにな。Mrにも「あなたの選んだビール、どれもハズレで、どれもいけてない。」と言われ 特にいけてなかったのは、10. Lift Your Kiltのスコッティッシュエールと、8. Bayonet Blonde。ビールも人それぞれの好みだけどね、Bayonet Blonde の方は飲んだ時、ぶるっと鳥肌立ったよ(爆)

まじぃーまじぃーと言いながら飲んでいる時に、おじゃる写真を見たら、彼も8&10の2種類、同じのを飲んでいたので、それをはとこはんに伝えたら、「おじゃるも2つ残してた」と返ってきた。きっとおじゃるが飲み残したのは、この2種だったんじゃないかな。
この場所で飲めるビールは13種類あったので、次回は飲んでいない5種から4種選んで飲んでみるぞー!


ブレックファーストを食べに行けば美味しくなく、Six Flagsに行けば入れず、ビールを飲めばどれもハズレ・・・ こんな風についていない日もたまにはあるさね。でも、近頃、ついていないことが多いんだよねぇ。わーいわーいとテンション上がった後に、え?あれれ?となること続行中の多発中。2015年はあと3ヶ月だけど、帰国したら、初詣して来ようっと。

さてと、スーツケースに荷物でも詰めていきますかな。 

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

ハリエット・ビーチャー・ストウ夫人の家! の巻

蒸し暑さが復活中のコネチ。この週末は、人生初の失敗をやらかしてしまったkikiさん。時間を巻き戻したいが、やってしまったことは仕方がない。落ち込むことや楽しいこと、喜んだと思ったら、なんだよ、これ?なことがあったり。アップダウンの繰り返しの週末だったなぁ・・・ 
そんな中、昨日は待ちに待ったW家夫婦との再会 at Mr家。7月はU家、8月はW家。久しぶりの再会なのにそれを感じないこと、会えたうれしさにはしゃいじゃって、すっかり写真を撮り忘れてしもうて・・・チーン。でも、会いに来てくれるってホント、うれしいことですわい。土砂降りの雨に降られつつ、テント内で過ごした時間もまたいい思い出になりやした。さぁ~来月もまた再会が待っている!

では、本題へ。
前記事で紹介したマーク・トウェインの家のお隣にあるのが、ハリエット・ビーチャー・ストウの家。ストウ夫人は、「アンクル・トムの小屋」の作者で、奴隷制度廃止論者だった女性。南北戦争中の1862年、リンカーン大統領から「So this is the little lady who started this great war. (あなたのような小さな女性がこの大きな戦争を引き起こしたんですね。)」と言われたという。彼女の奴隷廃止の活動は南北戦争のきっかけにもなったということですたい。

* Harriet Beecher Stowe Center

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

マーク・トウェインの家! の巻

時は2015年5月29日(金)。
金曜日の英語のクラスの最終日、フィールドトリップがありまして、4回目のマーク・トウェインハウスとストウ夫人の家に行ってきたkikiさん。

ここに来たばかりの2000年。ハートフォード近郊で唯一の観光ポイントってここか?ということで、マーク・トウェインハウスへMrと2人で行ったのが最初。その後、クラスメート3人というESLクラスだった時、先生の車で初めてESLの遠足でマーク・トウェインハウスへ。3回目は夏のESLクラスの遠足だったけど、そこからは2つの家がセットで見学出来るようになりまして。そんなで、この5月は4回目の見学だったので、すでにここで紹介していると思っていたのだけど、1度も記事にしていなかったんだ!ということを知った最近。

ということで、今日はハートフォードの観光ポイントである、2つのお家をご紹介しまふ。まずはマーク・トウェインの家から。
こちらは中での撮影は禁止のため、私の写真は外観のみ。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

ハイキング in Jones Mountain, New Hartford

今日の午後、お茶に誘われて、ちょろりタニヤのお家へ。ドイツ人ママのウタも遅れてやってきて、初めて3人での時間を楽しんできた。2人は日本祭りには来れなかったのだけど、それぞれから「お祭りはどうだった?」と。撮影した嵐太鼓の映像や他の写真を見せながら話をしていた時、浴衣写真を見て、ウタが「東京のような大都市では違うだろうけど、田舎の方に住んでいる日本人は普段も着物を着ているんでしょ?」って。 はい?マジで言ってます? 私の目玉、飛び出してたかも(笑)
「もしかして、まだサムライがいると思ってる?」と聞いたら、ゲラゲラ笑ってたけど、結構本気でそう思っていたみたい。中国とかの民族の人たちのような感じだと思っていたのかもしれないけど、日本人は寿司ばかり食べているとか、着物生活しているとか、世界にはそう思っている人、まだまだいっぱいいるんだろうな。

では、本題へ
キャンプ中、みんなそろってのアクティビティはハイキング!このキャンプ場に来ると、Peoples State Forest内のトレイルを歩いていたけど、違う所を探してみたら、キャンプ場の隣町、New Harfordにはいくつかあることがわかりましての。その中から、Jones Mountainのトレイルを歩いてみることに。

参考までに、 Hiking/Walking in New Hartford, CT

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

Talcott Mountain からの紅葉! の巻

IMG_2435.jpgこの数日、朝夕、暖房のスイッチを入れるかどうか迷うようになってきましたぜ。「まだ10月だからなぁ〜」を口癖に、まだ暖房はいれていないけど、寝室と客間の冷え込みはもうすっかり冬よ... 
10/18(土)は、先週末に野生の栗の木から頂戴した栗で、栗ご飯を作ったよ。栗は半分にカットして、見た目の量を増やし、久しぶりにMrの土鍋さんで炊いたのだけど、栗はほくほく、甘みもあってうんめぇ〜〜かった!

日曜日の朝、コネチカットの海側を外したエリアが紅葉のピークに入ったとニュースでやっていたのを見たMrが「タルコットに行くか!」 Mrの予定では、1人で釣りにいくはずだったのに、風が強くて断念したものだから、紅葉狩りハイキングに切り替えたのね。
ニュースでやった日は早く行かないと混むよ、と言いながら、結局、現地に到着したのが12時過ぎ。

IMG_2438.jpgIMG_2440.jpgBloomfield側-R185沿いにはすでに車がいっぱい。Heublein Towerで小さなイベントをやっていたこともあると思うけど、こんな状態が初めてでびっくりしたよ。Talcott Mountain State Parkの入り口で、交通整理をしている人がいたのだけど、トレイルの入り口に向かう道には入れさせてもらえず。「出て来る車がいるんだから、絶対、駐車出来るはずなのに〜!!」と文句を言いながら、R185からトレイルの入り口までの道を今回初めて歩いた日曜日。案の定、ざっと15台は駐車可能なスペースが空いてた。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ