2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

旅コレクション・アラスカ編! の巻

P8150395p.jpgタイトルそのまま、青色の車 旅コレクション・アラスカ編!
Part 1は、ピンでございまぁ~す!
Whittier、Talkeetna、そしてデナリNPとキナイフィヨルドNP、Mrの好みでアラスカサーモンピンの5つのピンがピンコレクションに加わりました。アラスカ州を作っておいてよかった、よかった。

P8150396s.jpgPart 2は、国立公園パスポートのスタンプ!カンティシュナでもスタンプを押せるとは思っていなかったから、私の中では貴重なスタンプ?になっています。(右上の一番角/ファニー・クゥイグリーの家でレンジャーさんの説明を聞いた後、ポストカードをもらえ、スタンプも押せるようになっていた。)

そして、Part 3は!

続きを読む

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-ラスト

2008年6月14日(土) My Blog #720からの続き・・・

アンカレッジマーケット&フェスティバルの会場から、ダウンタウン・4th Avenueへ。新しい建物がなかった、ちょっぴりレトロな雰囲気がしないでもない通りだったなぁ。
P6140353.jpgP6140357.jpg
1ブロックを1周ぐらいしか歩かなかったけど、お土産屋さんを覗きながら、ブラブラ。観光地らしく、こんな市内観光用のバスも走っていたよ。


P6140352.jpgP6140351.jpg
ここは、童話に出でてきそうな花と緑に囲まれたログハウスのビジターセンター。地球温暖化防止ハウスとでもいいましょうか。屋根には草(芝?)がびっしり。屋根の上で家庭菜園出来ちゃいそう。
アンカレッジから東京まで3.460mile(5,536km)、ボストンまでは3,328mile(5,324.8km)。それ程変わらない距離なんだね。

続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-18

DSC_0403.jpgP6130336.jpg






アンカレッジには6時前に到着。まず立ち寄った場所が、ここ。地図に載っているサーモンが見られるポイントより手前だけど、この人人人。すごいよねぇ。長居するつもりはなかったので、ドライバーだった私は車で待機していたのだけど、路駐が出来、来てみたらこの釣り人の多さにびっくり。Mrは、「こんなに人がいたんじゃ嫌だなぁー」と言っていた。シアトルで見た時みたいに、目で見えるサーモンはいなかったけど、サーモンは川を上り始めてはいたみたい。私達が見学している間に、魚を釣った人はゼロ。

続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-17

P6130301.jpg2008年6月13日(金) デナリ国立公園 → アンカレッジへ
朝9:30過ぎにホテルをチェックアウト。
デナリ滞在中で一番天気のいい朝だったので、Mrが「マッキンリーが見えるかもしれないから、パーク内を走ってみようよ!」と言うので、マッキンリーが見える最初のポイント辺りまで走ってみた。
P6130302.jpg
この辺りから、見えれば見えるらしいのだが、奥に走れば走るほど、雲が増えるのみ。残念。
ところで、デナリNPの広さは600エーカーとアラスカ旅行記の何処かの記事に載せたけど、比べる広さとしては、マサチューセッツ州より大きいんだって。(と、デナリのマップに書いてある。) ふぅーん、って感じ?

DSC_0389_20080801094748.jpgデナリNP内をドライブ中、雌のムース発見。アラスカで見た最後の野生動物が、このムースだった。

デナリ国立公園のシーズンもあと1ヶ月ちょっと。短いデナリのシーズン。9月に入ったら、もう雪が降り始めるのだろうか?今回の旅では、いつもの国立公園巡りでするようなトレイル歩きはしなかったけど、カンティシュナまでのバスツアーでは、間近でグリズリーベアーやカリブーを見ることが出来たし、ちょっとしたハプニングもあり、いい思い出が出来たな。

また来る事があったら、絵葉書じゃなく、この目で本物のマッキンリー・デナリを見るぞぉー!!と、この青い空に向かって叫びはしなかったが、心の中でプチ叫び。そして、デナリを後に。

続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-16

ここの犬ぞりの犬達は、ハスキー犬が多いのかと思ったら、強い犬を作るために掛け合わせの掛け合わせなんだって。

P6120269.jpgDSC_0361_20080731122357.jpg

ログハウス風の犬小屋の所にちゃんと名前が書かれているので、1匹1匹の名前がちゃんとわかるようになっているの。でも呼んでも近寄ってこない犬もいたり、この人好きだぁー!と犬の方からスリスリ寄ってくるのもいれば、小屋で爆睡中の犬がいたり。人が大好き!とレンジャーの方が言っていた通り、威嚇するような犬は1匹もいなかった。右の犬のシェイプされた体、私も見習わないとだわ。


続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-15

2008年6月12日(木) デナリNP最終日。

DSC_0285.jpgR3からデナリ国立公園へ入る所にあるのがこの看板。
まずはWilderness Access Centerへ立ち寄り、その後、Visitor Centerへ。
そこからHorseshoe Lake Trailを歩こう!の予定で歩き始めたのに、逆方向を歩いてしまい、あまり面白みのないMcKinley Station Trailのループトレイル?を1周。結局、私が行って見たかったホースシューレイクまでは行けず。

DSC_0349_20080731103735.jpgでも、トレイルを歩き始めた辺りで、Snowshoe Hare発見!日本語では、カンジキウサギというらしい。カンジキの名の通り、雪の上でも飛び跳ねたり走ったり出来るように後ろ足が大きいウサギなの。ビジターセンターの剥製を見たら、耳より大きいんじゃないか?と言うぐらいの巨足だったよ。前日のバスツアーでも、車内から何度も見かけたんだけど、すぐ逃げてしまうので、車内からの撮影は出来なかったのだ。冬になると、毛が真っ白になるんだって。狐や山猫の餌食となってしまうそう。山猫はウサギの毛まで食べてしまうそうで、 にもウサギの毛が混ざっていた。

続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-14

Kantishna Experience Tour 3話目に突入。

DSC_0317.jpg初めてグリズリーベアーを間近で見た後、アントラー(角)のあるムースを見たの。それ程大きくなかったけど、やっぱり雌より角を持った雄の方が権威がある感じで格好よかったなぁ。

その後、2頭のカリブーを比較的近い所で見る事が出来た。

P6110243.jpg写真は、入り口から85mile(135km)地点にあるWonder Lake。最終地点のKantishnaまであと4マイル(6.4km)の辺り。もうすぐ最終地点だと言うのに、外は雨。隣のMrママはうとうと、後ろのMrもうとうと

ワンダーレイクを過ぎると、レンジャーステーションがあり、そこから1人のレンジャーがバスに乗り込んできて、カンティシュナに関するお話をしてくれた。アバウトな理解しか出来なかった私・・・

続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-13

Kantishna Experienceツアーの続き。

11:20am、Polychrome Overlookで2度目のトイレ休憩後、バスに戻ると車内はランチモードに。

P6110236.jpgバスの後ろの席にクーラーが置いてあり、その中に用意されていた Wrap Sandwich(ラップサンドイッチ)。食べかけの写真でごめんなさい。私の1口の大きさがよくわかる写真でありますが・・・ランチのラップは、ターキーハム、ハム、ベジーの3種類があったみたい。早い者勝ちなので、Mrが取りに行った時はハムとベジーしかなく、Mrと私はハムを。Mrママはハムも食べないので、ベジーで。Mrママはこのラップが気に入ったようで、アンカレッジのスーパーでラップを買って帰国。サンドイッチにして食べたかしら?

P6110234.jpgこのバスツアーには、ランチの他に、朝食になるものとスナック付だったの。
Kantishna Experienceと書かれたバッグの中には、リンゴベイビーキャロット、グラノーラバー、トレイルミックス(ナッツ、チョコ&干しぶどう)、チップス、オレンジジュースペットボトルの水が1本ずつ。カロリーとエネルギーはしっかり取れる分だけ入ってた気がする。普通のシャトルバスで出かける時は、途中、食事を取る所も買う所もないから、各自持参しないと駄目ですよ。

続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-12

先ほどメールチェックしたら、友達から「ブログ通信簿」ってのがあるよ、とメールが。早速やって見たら、kikiさん、49歳のおっさんだった。ガビン!jumee 最近、Mrをおっさんと呼んでいたんだけど、おっさんだったのは私の方だったか?みたいな。(笑えない、笑えない) 性格的にはMrより男っぽいので、なんか納得出来ちゃう所が危険。でもって、通信簿欄に「気楽度」って言うのがあって、最高ポイントの4!そのまんまやないかぁー(爆!) どこでどう判断しているのかわからないけど、面白かったな。『49歳・男性』には物申したいが・・・。

よっしゃぁー、おっさんパワーで旅行記を早く終わらせるぞぉー!読んでくださっている方も読み飽きているだろうし、私もちょいと疲れてきちゃったし・・・

DSC_0282_20080729033714.jpgさて、2008年6月12日(木)は、Mrの強い希望で、デナリ国立公園のKantishna Experienceと言うガイドバスツアーに参加。参加費はランチとスナック付で1人$149.00。このカンティシュナ・エクスペリエンスは、デナリNP内の最終地点・Kantishnaまで往復ガイド付ツアーで、約11-13時間を要する。これが距離と時間が一番長いツアーで、この他に3つのツアーあり。別にツアーに入らなくても、カンティシュナまでのシャトルバス(有料)が出ているし、動物がいれば止まってくれる様なので、行きたい場所までシャトルバスに乗るのもいいと思う。

map_20080729040118.jpg詳しい事と申し込みは、こちらのサイトからどうぞ。 ↓  ↓  ↓
http://www.reservedenali.com/tours/index.cfm
そのサイトからお借りしてきたこちらのマップでいうと(マップを すると少しだけ大きくなります。)、緑の点線のコースがKantishna Experienceのドライブコース。ドライブコースと言っても、道は1本しかなく。ネット予約しておいたチケットは、私達の宿泊先の前・McKinley Village Lodgeのフロントでゲット。このチケット料金には、デナリNPの1週間の入園料も含まれている。

続きを読む

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

     

2008年6月・アラスカ旅行記-11

デナリのお宿に到着後、散策&夕食を食べにLet's go!

P6100205.jpgP6100207_20080728121343.jpg
デナリ国立公園付近で栄えている場所、と言えば、ここ。
住所で言えば、Mile 238.4~.6、Denali Princess Lodgeの辺り。ログハウスのお土産屋、レストランやツアー会社が並んでいる所なんだけど、一番混んでいたのは、右の写真、アイスクリーム屋さんだったかな。(笑) アメリカらしくて笑えた光景。

お土産屋さんを回りながら、どこで食事を取ろうか迷い、観光情報のフリーペーパーを見て、

P6110217.jpgP6100209.jpg
ここに決定!Overlook Bar & Grill at the Crow's Nest
(住所: Mile 238.5 Parks Highway, Crowsnest Road) どうやらここにロッジもあるみたい。その名の通り急な坂を上った、お土産屋さんを下に眺められる高台にあるの。アウトサイドのデックでも食べられるし、中でもOK。雰囲気も良く、個人的には、2度、3度食べに行ってもいいかな、と思えたレストランだったな。

P6100210.jpgP6100211.jpg
ドライブ疲れを癒すビールは、サンプラービールを!Mrは1人で、私はMrママと一緒にトライ。Amber, Summer, Pale, Staut, IPASmokedの6種類。Mrママは2杯ぐらい飲んだのかなぁ。お隣に座っていたおじさんがこれを見て、「次は僕もそれを飲む!」と言っていたけれど、魅力あるサンプラー。この日、久しぶりに肉系が食べたい!と思っていた私は、ブルーチーズバーガーを注文。(右写真) この大き目のバーガーをペロリいかせていただきましたぜ。Mrママは軽くブレッド&サラダを食べ、Mrはヒッコリーバーガーを食し、飲んだ10日の夜。

P6110220_20080728123153.jpg食後、ちょろっとお土産屋さんに立ち寄り、お宿へ。9時頃でもこの明るさなので、ブラブラしている時は特に時計を気にして見ていないと、あっという間に10時11時になっちゃうんだよね。
これによると、ここデナリは東京から3,486マイル(5,577.6km)、ホノルルから2,960マイル(4,736km)あるそうな。よくわからない距離感だけど、そうらしい。

翌日は、往復13時間のデナリ国立公園内のバスツアーに参加した我ら3人組。それ程長く、どっぷり疲れた感じはなかったけど、時間的にはCTの自宅からナイアガラの滝まで往復出来ちゃう時間なんだよね。今、長かったんだなぁ・・・と感じている私でありまする。To be continued・・・

テーマ : アラスカ旅行記
ジャンル : 旅行

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ