2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03
     

Two Medicineへ行った! の巻

今日8/21(日)~27日(土)まで、Tax Free Weekのコネチ。
洋服と靴に関してだけだけどね。以前は、1回の買い物が$300以下までだったけど、1点$100以下の商品が非課税のよう。
対象商品&対象外商品の詳しくは<こちら>を見てみてくださいね。


では、旅行記の続きにいきますね。素晴らしいことに、ラスト2話に迫ってきましたぞ!ということで、ちゃちゃといきますね。

IMG_298100400.jpgこのマップ写真、わかりにくかったですが、水色でマークしてある場所が、Two Medicineのエリア。
の所が、セントメリーのビジターセンターで、トゥーメディスンまでは60km。そこからぐる~~っと走りまして、のウエスト・グレーシャーまでは106km。

セントメリーの所にはガソリンスタンドはあるけど、そこからウエスト・グレーシャーまでガソリンスタンドが見当たらなかったので、この間をドライブする際は、その前にガソリンのゲージをチェックしてから出かけた方がいいですよ。

続きを読む

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

セントメリー周辺のポイントへ! の巻

今日は、気持ちがいいぐらいに西側方面から風が吹き、家の中の空気も入れ替えが出来たと思う。こういう日が続いてくれるといいんだけどなぁ。

昨夜、「なぜアメリカではオリンピックが盛り上がらないのか?」という記事を読み、その1つの理由に「アメリカ人はアメリカ人にしか興味がないから」とあり、なるほどねぇ~!!と1人で納得。
アメリカは世界で一番優れている国と思っている国民が多く、なぜ他国の人に興味を持たなくちゃあかんのだ?という考えに基づくものらしい。だから、アメリカ人がメダルを獲得出来た競技ばかり流すという。アメリカ人が負ける姿なんて見たくないし、負けるなんてもってのほか!みたいな人もいるからだとは思うけど。
2020年の東京オリンピック時、我が家はまたここでオリンピックを見ているのかしら・・・?


では本題へ! 

2016年7月15日(金) この日がグレーシャー国立公園観光が最後だったけど、滞在中、一番いい天気がこのラストの日だったんだよね。

P715032800400.jpgRising Sun Motor Innをチェックアウト後、ローガンパス方面に向かう方で、立ち寄っていなかったポイントへ行ってみたMr家。

その1つが、ここ、Jackson Glacier Overlook。
ジャクソン氷河がみられるポイントなのだけど、遠いぞー!ここから出ている長い長いハイキングコースがあり、南へ歩き続けたら、ウエスト・グレーシャーまで行け、北へ向かえば、メニーグレーシャー、そこを通り越してカナダの国境付近まで行けたりするのである。

続きを読む

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

Granite Park Chalet、そしてGoing-to-the-Sun Roadへ!

今日は3時頃から1時間弱、雨しとしと降っていたかな。雨よ、降ってくれ!と願っていたけど、最近、雨がよく降ってくれますなぁ。
ルイジアナ州での深刻で大規模な洪水被害の様子をニュースで見る度に、雨を望んでいて申し訳ないなと思ってしまうけれど、1日でも2日でも早く水が引いてくれることを祈るのみ。被害に遭われている大勢の人たちにお見舞い申し上げます。


IMG_297100400.jpgでは、本題へ。

ハイライン・トレイルを歩き(My Blog #2380 & 2381)、グリネル氷河が見れるポイントまで歩き終わった(My Blog #2382)Mr家。

残すルートは、ピンクのラインのルート。ゴールはThe Loopの所だけど、我らの次なる目的地はグラニット・パーク・シャレ―(山小屋)。
シャレ―は分岐から1.3km先。シャレ―からザ・ループまでは6.4km。

続きを読む

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

Highline TrailからThe Loopを歩いてきた! その3

34℃まで気温が上がり、日本並みな蒸し暑さだった週末。あのむわぁ~~~んとした空気を体感したのは、何年振りかな?
土曜日は涼みがてら新たなブリュワリーへと出かけてみたら、クーラーがなく、なんだここはぁ~~ 素晴らしく予想外の蒸し部屋で、日本のビアガーデンを思い出したよ。夏はこういう暑さを感じてこそかな、と思いながらビールを楽しんでみたが、長居は出来んかったわ。旅行記が終わったら、ブリュワリー4か所かな、紹介しますね。

このラップトップPCのaのキーの反応がすこぶる悪くなってしまい、タイプするのに時間がかかる・・・

では、トレイル話にいくとしますか。前記事のMy Blog #2381の続き、グリネル氷河のオーバールックのポイントへ行くことにしたMr家。



続きを読む

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

Highline TrailからThe Loopを歩いてきた! その2

暑中お見舞い申し上げます!

日本は各地で猛暑な日が続いているようですが、日本にお住いのお方さま、熱中症、夏バテにならずに元気に過ごしていますでしょうか?
コネチも34度ぐらいまで気温が上昇していて、場所によって雷雨が通過するかしないかな天気が続いているので、いつもより蒸してます。ここ3年ぐらい8月が冷夏だったので、夏らしい暑さを体感しておかねばいけないなと思いながらも、クーラーと扇風機で快適に過ごしている今日ざます。
日本はまだまだ、コネチもまだ暑さ厳しい日が続くと思うので、皆さま、水分補給を忘れず、お体に気を付けて過ごしてくださいね!!

では、前記事My Blog #2380の続きの話にいきまっしょい。前記事では、歩き出すところまでたどり着いていなかったし・・・

ハイライン・トレイルは、アルプスにもスイスにも行ったことはないけれど、気分はハイジ的な風景からスタート。
P714003300400.jpgDSC_030600400.jpg
氷河が造ったであろう谷の風景を見たその先からは

続きを読む

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

Highline TrailからThe Loopまで歩いてきた! その1

昨晩は、11時半頃からかな。内村選手の個人総合の試合を見れ、金メダル獲得の瞬間も見れ、今朝もニュースで表彰台に立つ内村選手を見れ、感動に浸りましたぜ。アメリカでこれだけ日本の選手が映ることはないので、彼がどれだけすごい人なのか、ということがわかるってもんである。加えて、今朝のTodayでは、Shuzo Matsuokaが水泳観戦している時の姿まで出てきたの。〝 あなたまで泳がんでも・・・” (エアクロールしながら必死に応援していた) 人を笑顔にし、時に元気づける松岡修造氏もまたすごい人だなと。いやー笑った。


では、本題へ行きまっしょい。
時は2016年7月14日(木) 天気は晴れ!!グレーシャーNP滞在中で、初めて雨に降られなかった日。

この日は、人気のハイキングコースである、Highline Trailを歩くことに。

続きを読む

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

セント・メリー湖にあるWild Goose Island! の巻

オリンピック、水泳ばっかりやってる気がするんですけど~ 金メダル万歳の日本体操男子の団体競技を見たいのに、見れてなーい!今晩、男子200mバタフライで坂井選手が銀を取ったっちゅーに、マイケル・フェルプスしか映らない。表彰式でさえ、銀・銅スキップされているし、マイケルのズームばっかり。いつもそういう映し方するんだけどさ・・・ もうマイケルの長い顔は見飽きたっーーー!!Mrが、「なんで映さないんだよぉ~銀を取ったっていうのに、映さないってどういうこと?おかしいよね?」と繰り返しいうから、もうそっちも聞き飽きちゃったよ。
日本はフリースタイル団体では銅メダル獲得!おめでとうざまーす

では、本題へ。

P714030500400.jpg
グレーシャー国立公園のセントメリー湖には、Wild Goose Island(ワイルドグース島)という小さな島がありますのね。Rising Sun Moter Innから車で3分程かな。

島と言えるかどうか?なサイズだけど、この写真だと、湖の中にある黒い点がワイルド・グース・アイランド。
ローガンパス方面から走ってきた時に見える風景がこの写真なり。


ここには、この小島が景色の真ん中に入って、写真を撮るにはナイスなポイントがありまして~

P711103400400.jpgP711103200400.jpg

これは7/10(日)の夕方に撮影した写真。
この日は雨が降った日だったので、重い雲が空を覆っていて、グレーシャーNPの山並みも雲の中。グレーの世界の景色になってしまっているけど、その雲の隙間から太陽の光が漏れた時、ちょっぴり幻想的な雰囲気を作ってくれた。こういう風景を見ると、美術館の絵にありそう、と思ってしまう。


夕方に写真を撮るのがいいということが書かれていたので、7/12(火)の夕方に足を運んだ時の風景がこちら。

P712025600400.jpgP712025900400.jpg
山に夕焼けが当たって、オレンジ色になっていたらきれいなのだろうけど、そういう夕方の風景が撮れるものなのか?
立派なカメラをセットして、構えていたご夫婦がいたけど、ワイルド・グース・アイランドに夕日が当たるわけではないから・・・ 我らもしばらく待っていたけど、色味も雰囲気も変わらなかったので、お宿に戻りましたとさ。

でも、この場所で、この風景より気になっていたのは、

P712025500400.jpg夕方、ここへ写真を撮りに来る人が多いというのに、来た人が写真を構えるこの場所で、夕飯の支度をしていた家族がいたこと。ママさんは見守る係、 パパさんがせっせこ調理してた
最初に見た時は、 え?ここで夕飯作っちゃってんの?とびっくりしたけど、なんの注意書きもなかったから、問題はないのだろうな。
大きなピックアップトラックで、ユタ州から来ていたけど、キャンプ場の予約をせずにきてしまったんじゃないか?というのが私たちの想像。どこのキャンプサイトもフルだったから。でなければ、ここで食事は作らないかなーと。


天気がすこぶるよかった、グレーシャーNP最終日の7/15(金)。
お宿チェックアウト後、行っていなかったポイントに行く途中、このポイントに再々度お立ち寄りしたMr家。

P715032000400.jpgP715032200400.jpg
人それぞれ好みがあるけど、ここで写真を撮るなら、夕方ではなく、朝の方がベターかなと。 天気はもちろんのこと、シーズンによってサンセットタイムも変わってくるので、朝夕どちらがいかはその日、その時で変わってくるだろうけど、7月の中旬だったら、朝の方がいい写真が撮れると思いましたとさ。

このセントメリー湖でも、遊覧ボートが出ていて、このワイルド・グース・アイランドのすぐ近くをボートが走っていたので、これからグレーシャーNPに行かれる方で、興味のある方は、ボートツアーに関しては こちらをどうぞ。

日本は猛暑猛暑で暑さ厳しい毎日のようですが、日本のみなさん、熱中症に気を付けてお過ごしくださいね~!!
ほな、おやすみなさい。 

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

Waterton Lakes National Parkに行った! の巻

本日第2弾!

夏休みに入ってから、我が家の周辺(隣の棟と斜め前の棟)のインド人の子供たちが自転車やキックボードで遊ぶ姿をよく目にしていたのだけど、子供だけで遊んでいるものだから、危なくてね。
日曜日に出かけた時、背丈からすると6,7歳のインド人の男の子がスピードつけて降りて来て、家の車をよけて通過してくれたのはよかったど、曲がり損ねて芝の上に転び飛び 一昨日、家賃を支払いに行った帰り、インド人の子供2人がキックボードで車の間から飛び出して来て、郵便局の配達車が煙が出るほどの急ブレーキをかけて止まった所を見て  こっちが唖然と立ちすくむ中、配達おじさんに注意されていたけど、お構いなしで子供たちはそのまま去っていき、親はその音に気が付いて、ブラインドから数秒チラ見してたけど、外に出てくることはなく。これはもうオフィスの方から注意してもらわないとダメだなぁ~と思っていたら、今日、「苦情が何件か寄せられています。子供を遊ばせるなら、道路ではなく、ジムの向かいにある丘の方で遊ばせるようにしてください。」というオフィスからのレターが玄関に挟まってた。これでしばらくはキックボードや自転車で走り回ることはないだろうから、よかったわい。

では、本題へ。

P713026500400.jpg時は2016年7月13日(水) 天気は晴れのち曇りのち雨のち晴れ。

この日は体休息日ということで、カナダにあるウォータートン・レイクス国立公園へ出かけたMr家。ウォータートン・レイクスNPはグレーシャーNPの北に隣接していて、グレーシャーNPのセントメリーから、ビジターセンターがあるタウンの入り口辺りまで、約80km。さらに400km近く北上すると、バンフ国立公園に行けるという場所にあり。
ウォータートンレイクスNPの景色はグレーシャーNPとそう変わりはないけど、違うのは、国立公園の中に町があることかな。

続きを読む

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

     

Many Glacier Hotelにお立ち寄り! の巻

今日はいきなり本題へ。

2016年7/12(火)の帰り道、せっかく来たし~ということで、Many Glacier Hotelに立ち寄ったMr家。

P712020500400.jpgSwiftcurrent lakeの湖畔に立つメニーグレーシャーホテルは、園内では一番大きいお宿なり。

この時は、メインエントランスを含めた左部分の建物のリノベーション中だったので、今シーズンは全部屋の宿泊者数の受け入れが出来ない分、予約も取りづらくなっていたらしい by Mr。予約が取れたとしても、我が家の予算では何泊も出来ないだろうけど… じじばばちゃんになって、大自然の中でのんびり過ごしたくなった時、こういう所に宿泊出来たらいいわねぇ。

P712020900400.jpgP712021100400.jpg
P712021000400.jpg
建物自体、さほど大きくは感じなかったけれど、周りの山々と湖で小さく見えただけなのかも?メインエントランスが使えなかったので、ここがメインエントランスになっていたみたい。
ツアーバスが1台到着していて、お客さんたちが皆、建物へと入って行った後、バスから降ろされた荷物の多いこと!ホテルマンの制服のかわいさにカメラを向けずにはいられなかったkikiさんであるが、重そうなスーツケースをキャリーに乗せる作業もなかなか大変そうだったなぁ。10月~4月までは道路が閉鎖される場所なので、期間限定の仕事とはいえ、お疲れ様でございまふ。

P712021200400.jpg
中へ入ると、右手にレストラン、左手にショップ、目の前がくつろぎエリア。
ショップの側の廊下の方は、もう宿泊者の部屋が続いていたのだけど、その壁には数々の氷河(グレーシャー)のパネルがかかっていて、ビジターセンターよりビジターセンターらしい展示になっとりましたわ。さすがメニーグレーシャーという名前の場所だけある。アハ

そのいくつかを載せますと~

P712021400400.jpgP712021500400.jpg
これはグリネル・グレーシャー。

グリネル・レイクから、ちゃんと見たような見れなかったような、なグリネル氷河だったけど、写真は1910年と2008年の比較。左の数字で見ると、1850年と2006年では、そのサイズはほぼ1/4に。それから10年経った現在は、1/4を切ったサイズの氷河になってしまっているのだろうな。

左下のスペリー・グレーシャーは、今はもうすでにない氷河。
P712021800400.jpgP712021900400.jpg
右上のサンダーバード・グレーシャー、マップで探したら、カナダよりの方にあるグレーシャーで、バックパッカーとして歩かないと見られない氷河だったけど、写真は2007年撮影になっているので、もしかしたら、今はもうほとんど残っていないかも・・・

カナディアンロッキーにあるアサバスカ氷河では、2010年7月に訪れた時、1997年に新婚旅行で訪れた時との違いが大きすぎて、地球温暖化の深刻さを実感したけれど、グレーシャー国立公園が、なぜグレーシャーって名前がついてるの?と言われる時代が来ないことを願いたい。
*アサバスカ氷河の記事は、My Blog #1320 なり。

P712022400400.jpgP712022300400.jpg
ホテルから見た、氷河かな?の山のズーム写真。

P712022100400.jpgP712022200400.jpg
ホテル内を散策しようと試みたけど、さほど楽しいものでもなく、湖畔に出ようと思ったけど、ホテルサイドから出る場所がわからず、元の場所に戻り、しばし休憩。
が、今この写真を見て、ここから出られたんじゃーん!と気づいた・・・遅っ!

逆光だったから夕方の写真はイマイチだけど、朝、湖と山の景色を見ながら、コーヒー飲んでくつろぐには、ここはいい場所じゃ。

P712022500400.jpgP712020100400.jpg
駐車場からカナダ方面を見た時にあった、厚みのある大きな雲の塊。そして、駐車場にわさわさ生えていたベリー類の木。赤白青で星条旗カラー

P712023000400.jpgP712023100400.jpg
こんな景色を見ながら、メニーグレーシャーエリアとさようなら。

翌日は、カナダのウォータートンNPへ。 To be continued

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

     

Redrock Fallsまで歩いてきた! の巻

今日は朝から血液検査でラボに行き、その後、歯医者へクリーニング。
血液検査は、昨日、プライマリードクターのオフィスから電話がかかってきて、「ビタミンDの数値を先にみたいので、早めに血液検査を受けてきてくれます?」と。歯医者ついでに寄れてよかったが、DDさん、思っていたよりちゃんとフォローアップしてくれているようじゃ。
歯医者は、今のおばさま歯科衛生士さんのやり方があまり好きではなく、夜9時になってもまだ歯茎が浮いた感じで気持ち悪い。(特に下に歯茎)。いい人だけど、がりっがりっやりすぎなのよねぇ。

歯医者の後、H家にお立ち寄りし、オクラそーめんなるものをいただいたのだが、オクラ素麺うますぎたー!!ためしてガッテンでやっていたそうなのだけど、ねばねば大好きな人にはたまらんですぜ。家でもやってみるぞー!!

では、本題へ。

IMG_273600400.jpgMy Blog #2371#2372とGrinnell Lake Trailの話を綴りましたが、7/12(火)のハイキングはこれで終わりではなく、もう1本歩いたのでありまする。
歩いたのは、真ん中のオレンジラインで記した、Redrock Fallsまでのトレイル。理由は、Mrが滝の水が流れ込んでいるRedrock Lake(レッドロック湖)でフライフィッシングをやりたかったから。結局、ここでも竿を振ることはなかったんだけどね。

この日に歩くのは時間的に無理だったけど、私が歩いて見たかったトレイルは、緑ラインで記したIceberge Lake(氷山湖)、そして、写真には写っていないけど、その上にある、Ptarmigan Lake(雷鳥湖) & Tunnelまでの片道10kmぐらいあるトレイル。
いつかまた行くことがあったら、頑張って歩こうぞ!

続きを読む

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は16年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ