FC2ブログ
2007 01123456789101112131415161718192021222324252627282007 03
     

リサイクル! の巻

P2160157.jpgWAL☆MARTと郵便局でこんなリサイクル袋を見つけた。携帯電話とプリンターのインクカートリッジのリサイクル袋。今まで気がつかなかっただけなのか、最近置かれ始めたものなのかわからないけれど、インクカートリッジもリサイクル出来るなんて知らなかったなぁ。この袋に携帯やインクを入れたら、郵便代不要でこのままポストに投函すればいいだけ。

アメリカは(コネチカットは)、日本のようにゴミ処理問題に関して、かなり大雑把。日本では当たり前になってきたゴミ分別を考えると(思い出すと)、ここは何でも気にせず捨てられて楽だけど、本当にこれでいいのかなぁ?と思う時がある。エコ的生活-環境問題や地球温暖化を考えると、自分で出来ることはやっていこうと思っているkikiさん。(ゴミ捨てのお話は→My Blog #122)

リサイクルついでにもう1つ。記事にしようと思いながら、そのままになっていたものなんだけど、ビール瓶、ソーダ類のアルミ缶やペットボトルのリサイクルについて。

bottle.jpgcanrefound.jpg

州名、そして5¢REFUNDと書かれているのがわかるかな。左のボトルの写真で説明すると、ME(メイン州)、VT(バモント州)、 CT・・・の州では、このボトル1本に対し、5¢返金されるって事。このように書かれているボトルや缶は、そこに書かれている金額が返金される。飲めば飲むだけ儲かるじゃん!なんて思った方は、残念だけど、購入時にちゃんとこの5¢分のデポジットを支払っているので、支払った分が戻ってくるだけ。このリサイクルの空きビン&缶をどこへもって行くかというと、酒屋やスーパー。

recycle.jpgrefound.jpg

スーパーの場合、ほとんどのスーパーにはこのようなリサイクルの機械が置かれている場所がある。Glass(ビール瓶)、Plastic(ペットボトル)、Can(缶)に分かれていて、機械に1本ずつ入れていく。バーコードで読み取っているので、そのスーパーで取り扱っていない商品に関しては、機械が読み取ってくれない。カスタマーサービスに持っていけば、人によっては受け付けてくれることもあり。
すべて入れ終わり、ボタンを押すと金額の入ったスリップが出てくる。(右の写真) これを支払い時にレジの人に渡すと、その分を差し引いてくれる。お小遣い稼ぎでやっている子供もよく見かける。でも、週末は驚くほど大量に持ち込んでくる人が多いので、避けた方がいいかも。

お水のペットボトルに関して、この辺りだとメイン州だけリサイクルしている。去年のいつ頃だったか、CTでも水のペットボトルもリサイクル対象にしよう!と言う案が議会で出ている、とニュースで見たことがあった。ポイ捨てが多いらしい。未だにそのままだけど、我が家でもよく飲むペットボトルのお水。CT 5¢ REFOUND とボトルに書かれるようになったら、ポイ捨てをする人も減るだろうな。
スポンサーサイト

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は18年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、夫は駐在員、私は駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ