2007 101234567891011121314151617181920212223242526272829302007 12
     

National Gallery of Art-2

PB240485.jpgPB240487.jpg

地下のコンコースから、西館へ移動。左は西館から東館を撮影した写真。道路を渡った所、ピラミッドぽい物が見える辺りの地下にカフェがあり、この日のランチはそこで。すごい混んでた。本当はアメリカンインディアンミュージアムのカフェで食べたかったのだけど、空腹に耐え切れず・・・西館は東館よりはるかに小さい。

PB240489.jpg地下コンコースから上がってくるとEdward Hopper展(9/16/07-01/21/08迄開催)に並ぶ人の列が目に入ってきた。Mrがブローシャーを手にしていた人に聞くと、25分待ちと言うので、並ぶ事に。私達がここを出る時、待ち時間を聞いている人がいたけど、45分と言われていたよ。はっきり言って、この画家さんの事は、この日まで知らなかったのでありますが。

hopper.jpg人が多かったけれど、New EnglandやNYの風景を描いていた絵が沢山あったので、親近感を持って絵画鑑賞を楽しめた。NYが舞台の絵は、NYなのに賑わいのない、人がポツンといる風景に光がある感じ。 といって暗い気持ちにさせる絵ではないの。 買ってきたポストカードとパンフの絵。見終わって出てくると、5,6枚、彼が描いた家の絵とその家の現在の写真を比較したパネルが飾られていた。ホッパーさんは1882生-1967没の方。現在、誰かが住まれているその家が、この先も彼の絵と変わらない姿のままでいてくれるといいなぁ。

PB240488.jpg
私達が見て回ったラストの方は、ピカソ作品だったので、この記事のラストもピカソで。

それにしてもDC に来ると、歩き疲れる。ゆっくり鑑賞しながら歩く方が足腰が疲れるのよねぇ。この後、National Museum of American Indianへ。
To be continued・・・

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

     

National Gallery of Art (国立美術館)

2007年11月24日(土) 

1124mo_20071129052227.jpgPB240475.jpg

本日は、国会議事堂方面の写真から。
9時のシャトルに乗ってホテルを出てきて、国立美術館前に到着するも、開館まで30分の時間あり。と言う事で、モールをブラブラしながら、スミソニアン本部へ行くことに。小さいマップをもらおうと、インフォメーションデスクへ行くと、今、American History Museum(米歴史博物館)とArts and Indstries(芸術産業館)は休館している、と教えてくれた。

naha_20071129045150.jpg絵葉書を買ったのに、この日は土曜日。12時半まで郵便局が開いていると言われたけど、父母達よ、今回は絵葉書は送れませんでした。ペコリ

写真は、kikiさんの朝のナハナハ in Hirshhorn Sculpture Garden
・・・アップロードファイル 今、目が点になってる方、ひいちゃっている方、さぁー、気を取り直していきましょう! いもむしさん

 

続きを読む

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

     

The National Archives (公文書館)

11月23日の続き Part3!

腹12分目ぐらいの満腹の胃を抱え、The National Archivesへ。

PB230452.jpgPB230453.jpg

2年前に来た時もこの列に並んで途中でやめたのに、今回もこの列。セキュリティーチェックが時々閉まるので、外で待たされることになるの。「 並ぶのぉ~~」の言う私に対し、Mrは、「並ぶよ!! National Treasureだよ!見たいじゃん!」 なんだか1人ご機嫌。

PB230451.jpgナショナル・トレジャーってニコラス・ケイジ主演の映画。Mr、この映画が結構好きでね。なんかうちらって・・・2年連続、ナショナル・トレジャーの舞台巡りしてるね。ちなみに去年は、フィラデルフィアのインディペンデンスホール。映画では、この正面玄関から出入りしていたけど、実際は閉鎖されている。私達の前に並んでいた人達も、ナショナルトレジャーがどうのこうのって話をしていたな。

セキュリティーチェックを通り、人の流れに沿って歩いていくと・・・ Rotunda For The Charters Of Freedomのホールへ到着。結局、見所はここだけ。これを見るために人は並び、そしてこの前でも並んで待つ。入場制限をしなくてはいけない理由が、入ってみてわかったよ。えぇー、何が展示されているかと申しますと、

続きを読む

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

     

Washington Monument (ワシントン記念塔)

PB230411.jpg11月23日(金)の続き・・・

そんな寒空の中、凛と聳え立つWashington Monument(ワシントン記念塔)。 これこそまさに、白い巨塔。石造りの塔としては世界一。高さは169m。
詳しくは、こちらをお読みください。  
Wickpedia・ ワシントン記念塔

PB230410.jpg








整理券をゲットしたい人は、記念塔前にある、15st.沿いのこの建物へ。整理券をもらえる窓口は、この国立公園ギフトショップ&トイレのある建物の裏!!1周すればわかるけど、意外とわかりづらい。ギフトショップでも数人が、「どこでチケットをもらえるんだ?」と聞いていたし、私は、トイレのお掃除おじさんに教えてもらったの。この日は、9時半頃で12:30以降のチケットあり。早い方が残りの時間を使えるかと思って12:30のツアーにしたけど、そのためにホロコーストメモリアルのラストが流し見になってしまった。

続きを読む

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

     

U.S. Holocaust Memorial Museum (ホロコースト記念博物館)

2007年11月23日(金)
PB250521.jpgMrの誕生日。メトロを降りる時に思い出して、「そう言えば、Happy Birthdayだね!」 Mr旦那、その言葉をいつもらえるか待っていたよう。すまんね、忘れてて。

今回のホテルは、ArlingtonにあるSheraton。アーリントンって、D.C.ではなくて、VA・ヴァージニア州なのよね。なぜこのホテルこにしたか、といいますと、Expediaで安かったから。1泊$69.00。プラス、サービス消費税が$10位と、駐車場代が1日$16。宿泊料も駐車場料金もDC内に宿泊するより安かった、地下鉄駅までのシャトルあり、地下鉄の便もよし!理由はそれだけ。日本人家族やカップルを何組か見かけたよ。シェラトンだから?? ホテルからメトロ駅へのシャトルは、朝6時から30分おきに出発。帰りは、15分、45分と同じく1時間に2本。11:15が最終なので、結構便利。

PB230404.jpgこれがメトロ駅構内。とてもきれいだし、路線もすごくわかりやすい。今まで乗ったことのある地下鉄の中では一番きれいだと思う。構内でも車内でも、No Foodだからかな。
PB240519.jpgこれが切符。
ここからモール方面に行く時は、Yellow Lineを利用してた。Pentagon City駅からPentagon駅、地上に出てポトマック川を渡り、 次のL'Enfant Plaza駅までで乗車時間5分。片道$1.35。料金が2つあって、レギュラーの時間ではない時、10,20セント位だけど安くなるの。切符を買う時によく見てね。

続きを読む

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

     

Washington, D.C. - The U.S. Botanic Garden

8時半に家を出発し、U.S. Capital(州議事堂)前の駐車場へ到着したのが、4時頃だったかな。家から(CT)→NY→NJ→DE→MDと5つの州を走り抜け、DCのモールエリアまで片道約360マイル(576km)。トイレ休憩位で行けば、6時間半ぐらいで到着出来る。

風が強く、落ち葉が雪のように舞い散るハイウェイを走り、DC内へ。信号で止まると、これまた落ち葉がザザザァァーーと、まるで落ち葉の群集のために車を止めているんじゃないか?と思うぐらい、町中は落ち葉がダッシュで走り抜けていた。U.S. Capitol(国会議事堂)前の駐車場に到着すると、想像以上に車と人が多い。「なんで?」
議事堂から一番近い、U.S. Botanic Garden(植物園)方面へ歩いていくと、人が出入りしている。植物園に入って、サンクスギビングもオープンしている所がある事を知った私達。

続きを読む

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

     

Washington, D.C.へ行ってきました! の巻

アメリカ在住の皆様は、Thanksgivingを楽しまれましたか?
ターキーやパンプキンパイ食べて、そして飲んで、翌日はBlack Friday!早朝、ショッピングへ繰り出した方も多いことでしょう。私は、ホテルの部屋で広告だけ眺めて終わり。今は、3日間のセールだったりするんだね。5時間、6時間セールと言う所もあったし、目玉商品は数に限りがあったけど、だんだん変わってきているんだなぁーと、広告を見ながら思いましたさ。

でも、Black Fridayのセールには出かけなかった代わりに?またチケット買っちゃったんだ。
Cirque Du Soleilに興味のある方!  4月にハートフォードに来るよ!あの黄色のテント がやってくるよ!今回は、一番新しいショー・Kooza! 一度観たら次も観たくなる、シルク・ドゥ・ソレイユのショーざます。
チケットはこちらのオフィシャルサイトから購入出来ます。興味のある方は、是非!!
  http://www.cirquedusoleil.com/CirqueDuSoleil/en/default.htm#

話を戻して・・・
ESLで見た、Webのヒストリーサイトの映像で言っていたけど、サンクスギビングの日、アメリカで食べられるターキー(七面鳥)の数は、なんと、45,000,000匹なんだって! プリグリムの方達の頃は、ターキーを食べてサンクスギビングを祝う習慣はなかったらしいけどね。ターキーをクリスマスの日にも食べる家族がいるし、この国は、年間どれだけのターキーを消費しているんだろう?
ターキーを食べると眠くなる、疲れを感じると言う話をよく聞くので、BobとJaneに聞いてみたら、栄養素に含まれる何かがそうさせるらしいとか。「でも、一番の理由は、食べすぎと飲みすぎからだ。」とボブは言っていた。これが一番納得出来る理由かも。

PB230437.jpg11/22~25は、Mrの出向先の会社も4連休。1ヶ月前位からMrは、「どこへ行く?ラスベガスでショーでも観て来る?」などと言っていたけれど、混雑を想像するだけで飛行機に乗る気になれず。結局、1週間前になってワシントンDCへ行く事に決定。この季節、車で行ける場所って限られてくるよね。北へ向かうともっと寒いし。

出発の22日の朝、2人で思いっきり寝坊  6時に出発するのも遅い!と言っていたはずのMrが、「ごめん、寝坊した!」 時計を見ると7:45。 私も をセットしていたけど、普段もMrの支度する物音や灯りで目を覚ます人なので、目覚ましを止めて寝てた。飛行機の旅じゃなくてよかったよ。

「サンクスギビングの日はミュージアムも閉まっているから、急いでいく事もないじゃん。」と2人で納得し合いながら、出発。が、それは勝手な思い込みで・・・。スミソニアンのミュージアムは、すべてではないけれどサンクスギビングの日も開館してた。今回、3度目のDCだった事もあって、「行っていない所へ行こう!」とだけ決めて、なぁーんにも調べずに出かけちゃったのよねぇ。ちなみに、クリスマスの日は全ミュージアム、閉館してますョ。初めて行ったDC旅行がクリスマスでしたから、これは間違いないです。

これからしばらくワシントンD.C.話が続きます。
興味のある方は、お付き合いくださいませませ。kiki印


テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

ペルビアン料理・Goal International Restaurant

ミュージカル・Wickedを観に行く前に、お初のペルー料理を食べに行ってきたよ。シルビアのセビッチェを食べてから、ペルー料理が気になってて。

PB170303.jpg Goal International Restaurant
395 Franklin Avenue, Hartford, CT 06114
(↑Google Map)   860-296-4692
入り口に2人のセキュリティーの人が立っていたので、「やっぱりハートフォードだぁ・・・」 夜だから。思っていたより普通の、普通にペルーにありそうな食堂っぽい感じのレストラン。その名の通り、お客さんはサッカー観戦してたよ。

PB170299.jpgPB170300.jpg
まずはビール。Mrはコロンビアンビールを、私はペルビアンビール。個人的にはペルーのビールの方が美味しかったな。この緑のはアボカドやグワカモーレではなく、辛いソース。パンにつけながら食べていたけど、基本的には料理に加えるみたい。

メニューは全部ではないけれど、写真がついているのでわかりやすい。でも一応、どの料理が人気メニューなのか聞いてみた。感じた事は、シルビアの言う通り、ペルー人は魚を沢山食べるんだな、ってこと。

PB170302.jpg>PB170301.jpg

量が多そうだったからアペタイザーのセビッチェはオーダーしなかったのだけど、次回食べに来た時は、絶対食べるのだ!
左はMrがオーダーしたPescada Al Ajoo Camarones。海老の下には白身魚のフライあり。見た目よりさっぱりとした味付け。私はビーフからLomo Saltadoを。これに緑のソースをかけて食べましたわい。日本で言う焼肉定食みたいな感じかな。なぜかフレンチフライが焼肉の下にあり。柔らかくなってしまっているのに、味がしみてこれがなかなか美味い!お隣の家族に私と同じロモ・サルタド(?)が運ばれてきたのをみて、更に満足度アップ。同じものをオーダーしたと思うとうれしいじゃない。お持ち帰りしたサルタドは、翌日のランチ、チャーハンにして食べたよ。ソースもつけてもらったから、ソースも混ぜて。チャイニーズを食べるより、美味しいかもしれない。とは、あくまでも私の感想。

夜のハートフォードはちょっと・・・と言う方は、ランチに! 日本人の口に合うペルビアン料理、是非、食べに行ってみてくださいな。あなたの胃袋へゴールを決めてくれるかもしれません。 

ではでは皆様、Have a wonderful Thanksgiving!! 
kiki印

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

2007年の初雪でござる! の巻

今日20日(火)、朝から雪。 昼前にはやんだけど、初雪にしてはかなりの勢いで雪が降っていたよ。去年の初雪は、12月6日でした。こういう時、ブログって役に立つね。

PB200314.jpgPB200316.jpg
今日はMrと2人、10時にHartfordの移民局に行かなければならない日で、余裕を持って9時15分に家を出たのに、到着したのは9時50分過ぎ。雪や大雨だとぐっとスピードを落とすのよねぇ、こっちの人。それは当たり前のことだけど、そこまで減速しなくてもいいのでは?普段は信号が青に変わり、少し発進が遅いだけですぐプップ鳴らす人が多いのに。極端すぎ。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

ミュージカル・Wicked! 

Wicked_logo.jpg11月17日(土)、ミュージカル・Wicked を観に行ってきた。場所はいつものThe Bushnell, Hartford。シカゴ以来、久しぶりのミュージカル鑑賞。

PB180307.jpgチケットを購入したのは9月初。メゾネ席(2階席)で$62/人。The Bushnellでの公演チケットを購入する時、いつも直接チケットブースに買いに行くのだけど、その時私がウィックドと言ったものだからわかってもらなくて・・・ 「 ウィキッドね!」と言われて、「あぁ~、ウィキッド・・・ ウィキッドねぇ・・・」 1人ボソボソ独り言。発音は重要でっせ!

席に着くと、Mrが「オズの魔法使いの話って知らないんだよね。」  困困 話になりまへん。
いざストーリーを話そうとすると、私も大まかな起承転結しか説明出来ず、それではわからないとMr。「今度、図書館でDVDを借りて来て観て。」説明放棄。

PB170306.jpgWickedは、『The Wizard of OZ/オズの魔法使い』の初めと終わりのお話。あの緑顔の魔女が主役。オズの魔法使いでは悪者役だけど、実はこんな事があってあーなっちゃったの、という、オズの魔法使いでは知らされていない裏の?お話。特にオズの魔法使いの話を知らなくて楽しめると思う。ストーリーとしては悲しい感じだけど、コメディータッチな部分も多く、最後はハッピーエンド!

これまた、ほとんど説明放棄したのと同じような説明でごめんなさい。ペコリ!
ストーリーが気になる方は ちょこっとだけ 劇団四ミュージカル・ウィキッド(ストーリー)

メゾネ席は見事に空席なし。ブシュネルのホールは満席だったんじゃなかろうか。メゾネ席を見渡してみると、意外にも子供がいなかった。新聞のCALの記事によると、Wickedは2003年10月30日にNY・ブロードウェイで公演がスタート。ブロードウェイでは3百万人以上、ツアー公演でも3百万人が観たとされ、デンマークの人口よりも多いそう。(デンマークの人口を知らないが・・・) そして、Wicked製品(プログラムやTシャツ等)の売り上げは、55億円にもなるそうな。ブシュネルでは、1席$100のチケットを販売したのはWickedが初めてだと書いてあった。それだけ人気のあるミュージカルだって事だね。The Bushnellでの公演はは12月9日まで。

この日、3月のオペラ・シンデレラのチケットを購入してきちゃった。初オペラ。ほぼ衝動買い。$25からなんて書いてあったから窓口行ったのに、$75/人でさ。金額が違いすぎだっつうの!2月のMatchbox Twentyのモヒガンサンライブが平日で、行くのを 諦めたから・・・いいさ。オペラって見た事がないけど、シンデレラならわかりやすいよね、きっと。

200710131 おまけのお話あり。続きへどうぞ。

続きを読む

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は16年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ