2008 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 01
     

今年もお世話になりました!

日本はすでに2009年の新年を迎えている時間ですが、こちらはまだ12月31日のNew Year's Eveのアメリカでございます。コネチは、朝起きたら真っ白雪景色になっており、吹雪いており、あら、どうしましょう?の朝でございました。25日はホワイトクリスマスではなかったけど、2009年の元旦は、ホワイトニューイヤーズデーです。

そんな雪のコネチから、ただ今Mrとkikiさんはまたアトランタ空港にやってきています。乗り換えのため、ただ今、2008年お疲れ様でした!のビールを飲みながら、今年最後のブログ記事更新中。ハートフォードの空港では、フライトのキャンセルや遅れが続いていたので、うちらのフライトはどうなることやら?と思っていたら、1時間遅れで出発!新年を迎えた夜中に目的地には着けそうです。

今年は新しい友達&コネチブロガーさんと知り合うことが出来、振り返ってみても皆と楽しい時間を過ごすことが出来たことが頭をグルグル。ありがとうございました。そしてお世話になりました。
そして、このブログを読んでくれていた友達、家族、ブロガーさんやそして私の知らない人達が読んでくれたことに心から感謝しています。見てくれている人がいると言うのは、本当にうれしいことです。
来年もまたコネチより私の生活&旅行話などを沢山綴っていけたら、と思っておりますので、来年も宜しくお願いします。

皆様にとって2009年が幸多き1年となりますように。kiki印
     

Wバーズデーで乾杯! の巻

12/26、また1つ年を取ってしまった。くぅ~~ その日の朝、アフタークリスマスセールに出かけるぞ!と言う時にkiki実家からスカイプコールあり。「誕生日だからだ。」といいながら、PCのスイッチ入れてお話ししたらば、「クリスマスメール届いたよ。今年の写真は家のツリーじゃなかったんだね。」とkikiママ。Mrも一緒に20分位話をしたけど、今回の用件は「クリスマスメールが届いたよ。」だったらしい。誕生日を迎えてうれしいお年頃じゃ全然ないけど、一言言わせてもらおう。

君たち、娘の誕生日完璧忘れてるだろ?? 

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

本日はクリスマスデーなり! の巻

みなさま、今日のクリスマスデーをいかがお過ごしでしたか?
我が家は、互いに見たい番組を互いのPCで見てた、家庭内別居状態どっぷりカウチポテトクリスマス でございましたわ。

しかし、たまには体も動かさねば!ということで、4時頃、いつ行ったか覚えていないぐらいのジムへ2人で行ってきたんだ。誰もいないかと思ったら、おばあちゃんに近い年齢のおばさまが1人。ジムに響き渡る程でかい音量でTVをつけてて、おばさまがトイレに行っている間に音量小さくさせてもらっちゃった。そのおばさまが帰り、私の30分ワークアウトが終わろうとしている頃、これまた同じ年頃のおばさまがやってきて、「TVの音量あげてもいいかしら?」と。「いいですよ。」と言ったら、うおおぉぉぉ~~~ 倒 ど、どんだけでかくするんじゃい!!ジム内大音量響きまくりでおったまげた。ありゃぁ、音量最大だったのではなかろうか?2人で驚いた顔をしていたのか、「大きすぎるかしら?」と聞いてきたおばさま。「 もう帰るので構いませんよ。」と言い、帰る支度をしてジムを出て来たんだけど、いやぁ~、年老いて耳が悪くなると言うのは意外と恐ろしいことかもしれん。(笑)

ところで、去年と大して変わりはないけれど、 こちらは今年の我が家のクリスマスツリー。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

1627年のレシピでチーズケーキ!

今はThanksgiving Holidayではなく、クリスマスだけど、昨晩、急に作ってみたくなってチーズケーキを焼いてみた。

なぜサンクスギビングになるかと言うと、ESLのフィールドトリップでPlimoth Plantationに行った時のお話を覚えているでしょうか?(My Blog #802) そこでのランチは17世紀頃の感謝祭ディナーだったんだけど、その時に食べたチーズケーキだから。食事をしたメニューのレシピをもらったから作れたんだけど、基本となっているのは1627年のプリグリムのレシピ。381年前に作られていたイギリス人ママの味!になるのかな。

ちょっと話が飛びますが、年内のESLクラスの最後の日、クラスのスクラップブック作りを手伝っていた時にふと思い出したプリマスのスペルの違いをサラに聞いてみた。地図などに書かれているプリマスはPlymouthなのに、プリマスプランテーションのプリマスはPlimothなんだよね。2つとも発音も読み方も同じだけど、その違いは、Plimothが当時使われていた古い方で、Plymouthはいわゆる現代仮名遣いなんだって。ふ~~んって感じ?!(笑)

では、チーズケーキのお話に戻りましょう!

続きを読む

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

     

遠藤さんと栗野さんに会って来た! の巻

12月17日(水)
あれから2ヶ月が経ち、やっとやっと内分泌科のドクターの診察を受けて来た。

まず、タイトルの『遠藤さんと栗野さん』って誰じゃい?って話から。
Endocrinology = エンドクリノロジー/内分泌科(内分泌科医はEndocrinologist)。この単語がなかなか覚えられない、と、ある日、Nちゃんに話をしたら、Nちゃんが「遠藤さんと栗野さんってどう?」
これに大うけし、その時間から私の記憶にインプットされた『遠藤さんと栗野さん』=エンドクリノロジスト。略してエンクリ。

しっかりと覚えたはずの遠藤さんと栗野さんだったのに、先週末、突然かかってきたホームドクターのオフィスからの電話に、エンドコロジーと言ってしまい、アワワ、アワワ。電話を切った後、“エコロジーじゃねぇ~!”と自分に突っ込み入れといた。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

ミュージカル・Legally Blondeを観に行って来た! の巻

PC140286lb.jpg
時は1週間前の12月14日(日)。

最終公演だったんだけど、ハートフォードのThe BushnellへLegally Blondeを観に行って来た。久しぶりのミュージカル!

映画『リガリー・ブロンド』は、日本では『キューティー・ブロンド』だったことをさっき知ったのだけど、リーズ・ウェーザースプーンが主演したこの映画を見た人は多いかも。

お話は、ピンク大好きのブロンド女性のエル・ウッズが、ブロンド=お馬鹿というイメージのために?彼に振られる。その彼と同じハーバード大のロースクールに入学し、弁護士になるまでの痛快コメディーストーリー。

映画を見た人ならそれは普通に想像出来た事だったんだけど、ブシュネル内に入り、Mrがまず言った事、「 ガールズばっかりだぁ~~!なんか僕、場違いかも。」おそらく7割は女性だったんじゃないかな。その中でも10代20代の女性が多くて、なんか笑っちゃった。

PC140285lb.jpg写真は開演前にパチリ。私達の席の前3列は見えにくいのか空席になっていて、人の頭を気にせず観られてよかった。全体的にはほぼ満席御礼だったんじゃないかな。

ミュージカル自体は面白かったけど、英語が堪能であればより楽しいミュージカルと言えよう。(どの映画もミュージカルもそうだけど...)会話だけでなく、リバーダンスのパロディーシーンがあったりして笑える所が多し。私達の席の近くの女性は、ちょっと周りがしらぁ~っとしちゃうぐらい1人でバカ笑いしたり、急に大笑いしたり。そこまで笑うのもどうかと思ったが、ツボに入るとそれぐらい面白いということかもしれない。
はたまた私の後ろに座っていたおじさんは、休憩後、ボリボリスナックを食べ始め、袋の音がガサガザうるさくてねぇ。“ここは映画館じゃないんだよ!”と心の中で文句言っていた私。

次回のミュージカルは、3月末頃のthe Bushnell公演でA Chorus Line(コーラス・ライン)。その次は4/22から公演するThe Phantom of the Opera(オペラ座の怪人)を観に行くことになっているMrとkikiさん。
ハートフォードでの公演を観たいと思っている方は、www.bushnell.orgで詳しい日程&料金をご覧下さいませませ。kiki��

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

雪、そしてディナー! の巻

アトランタ旅行記が終わり、次はどのお話にしようか?と迷いつつ、一番新しい話題から綴りたいと思いまふ。

DSC_0579p.jpg12/19の昼過ぎから、そして21日(日)は朝から降っていたで、一面真っ白の雪景色となっている。
今日は1日強風で、最高気温が-5、6℃だったみたい。強風で雪が舞い、家の中から雪景色を見ているだけでめちゃくちゃ寒そうだった。


CSC_0581sn.jpg
2日間で降った雪は、家のデック前で23.5cmの積雪。金曜日の予報では8-14インチと言っていたから、予報通りの積雪量。

DSC_0582sn.jpg

 そして、雪が降った日の翌朝のちょっとした楽しみがこれ。
土曜日の朝は、家の前の池の方から家のデックの方に向かって足跡がついていたけど、今朝は道路側の方から長い足跡がテンテンテン。たぶんリスだと思うけど、雪が降るとほぼ毎回、家のデックに向かってやってくる動物がいるんだよね。今日は、道路方面からやってきてデック沿いを歩いたよう。

写真はないけれど、この週末の土曜日、12月20日(土)は、Mrの元上司であるDaveさん家のディナーに招待され、同僚のNさんと一緒に出かけて来た。パーティーではなく夕食に招待されたのは私は初めてのことだったので、玄関ドアが開くまでが一番ドキドキだった。でも、タキシード風の可愛いエプロンをしたDaveさんと犬のBlossomに迎えられ、気持ちがふわっ~。奥さんがこれまたとっても温かい雰囲気の方で、構えていたものがメルトメルト・とけましたぜ。
メス犬のブロッサムは、イングリッシュスプリンガースパニエルというハンティングバード犬。子犬の時によく花を食べていたから、ブロッサムって名前になったんだって。可愛かったなぁ。私も犬飼いたいぃー!

すでにRonご夫妻は到着していたのだけど、どうやら会うのは2年前のクリスマスパーティー以来だったよう。(記憶になかった私...)相変わらず10代の頃から変わっていないんじゃないか?と思うぐらいかわいい奥さんのCathy。数年前、病気らしいという話をMrから聞いた事があったけど、元気そうでよかった。

増築途中とはいえ、ほぼ完成に近い形だった新しいリビングは山のコテージ風。シュリンプカクテルやフルーツなどをいただきながら、私は白ワインをチビグビ飲み、みんなでおしゃべりタイム。私のへんてこ間違いだらけな英語にも耳を傾けてくれた皆の優しさに感謝した夜であった。

そして、「ディナーにしましょう。」とダイニングルームへ移動。柔らかいビーフ(ローストビーフ?)、マッシュポテト、人参のグラッセなどのお野菜と温かいパン、そしてサラダ。
デザートはホイップクリームの上に細かく割ったミントキャンディーが乗ったブラウニー。ブラウニーだけど、ミントチョコみたいな。ケーキもコーヒーもレディーファーストでサーブしてくれ、夕食へ招いた時の流れというものを学びましたわ。テーブルセッティングはもちろん、お家の中のクリスマスデコレーションも見習いたいぐらいだった。帰宅して我が家を見た時、あまりのセンスのなさにげんなり。ま、しゃーないね。

それにしても、楽しい時間と言うものはあっという間に過ぎちゃうものだ。Daveご夫妻、素敵なディナーにご招待してくれてありがとうございました! そしてNさん、運転ありがとうでした。kiki��

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

アトランタでの食事編!

庶民的なレストランでしか食事をしていないけど、アトランタ・ダイニングを軽くご紹介。

DSC_0176d.jpg2008年11月27日の夕食は、Metro Cafe Peachtreeにて。
(229 Peachtree St. Atlanta, GA 30303 TEL:404-577-1420)

この日はThanksgiving Dayだったので、オープンしているレストランを探すのが難しい日。ホテルで食べるのが一番楽だったけど、外で食べたくてさ。観光案内デスクの人に、このレストランの前後にあった中華とイタリアンがおいしいよ!と教えてもらったけど、2軒とも11/30までホリデー休業中でがっかり。

「仕方ないね、ここにするか。」と入ってみたら、結構お客さんがいて驚いた。加えて、私達のテーブルの前後も日本人ご家族さんだった。(笑)

続きを読む

テーマ : アメリカ生活と旅行
ジャンル : 海外情報

     

The World of Coca-Cola! の巻

今日は北西からスノーストームが来ていて、午後2時少し前から雪が深々と降り始め、ただ今、真っ白雪景色。まだ除雪車が来ていないから一面真っ白。さてと、外の景色を眺めながらアトランタ旅行記を終わらせよう!

DSC_0517cc.jpg2008年12月1日(月)
アトランタ旅行最終日、最後の観光スポット・The World of Coca-Cola!

ここはコカコーラ社のミュージアム。昔から今現在に至るまでの商品や広告等の展示を見ながら、コカコーラ社の歴史などを知れる場所。なぜここにあるのかと言うと、アトランタはコカコーラの発祥の地だから。本社があるのもアトランタ。

続きを読む

テーマ : アメリカ生活と旅行
ジャンル : 海外情報

     

お初なこと:お隣さんに苦情! の巻

ドキドキドキドキ、ハートビートドキドキだった今晩8時過ぎ。とうとうお隣さんに「音楽のボリューム下げてください!」と言ってしまいましたの。きゃぁーどうしましょ、どうしましょ。昼間、息子君と彼のティーンズ仲間がこぞって「てめぇー、文句言いやがったな。」なんていいに来られた日にゃ~私はどうすりゃ~いいんだ??Nonchiさんの騒音通報話を思い出して、1時間経った今はちとビビリ中。

お隣はティーンの男の子(16,7ぐらい?)とお父ちゃんの2人暮らしなんだけど、お隣の玄関チャイム3回目を鳴らして待っていたら、突然ガレージが開き、お父ちゃんご帰宅。「ボリュームを下げるように息子君に言っていただけます?」と言ったら、謝りながらも「ティーネージャーだから~ウンタラカンタラ」と言われ、「それはわかりますが。」と答えたその後がよくわからなかったのだけど、「チャイムは鳴らさないで。音楽がうるさい時は僕に直接電話をしてくれ。」と言われてしまった。お父ちゃんが留守の時がうるさいので、家の電話番号を教えてくれても意味ないんだが... その後すぐ音量は下げてくれたけど、でもやっぱり隣の息子君、なんかあるのかな?だっておかしいじゃん。チャイム鳴らさないで、なんてさ。要するに息子に直接話をするな、ってことでしょ。

お隣は一昨年の夏に越して来たんだけど、その頃は時々、息子君の雄叫び、うぉーーー!!!などという叫び声が時々聞こえる時があったの。(音楽なしでただ叫んでた)息子君は2回ぐらいしか見かけた事がないのだけど、HiともHow are you?とも言う事なく、下を向いたまま。Mrは「なにかあるんじゃない?自閉症とかADHDとか。」とよく言っていたのだ。それならそれで別にいいんだけどさ。危害を加えるような危ないタイプだったら、お隣のお父ちゃんも事前に言ってくるだろうし。(それはそれで怖いけど)

たしか今年の春先頃から友達が遊びに来るようになったと思うのだけど、ある時期、ちょっとうるさい時があり、静かな時を経て、最近反動大きく、毎日ではないけれど、ゲーム&ミュージックがうるさいうるさい。お父ちゃんもハードロック好きのようで、夏頃はガレージを改装して?ガレージで音楽がんがん聞いていたんだよね。ここ最近は、友達が来ている時はたぶんRock Bandのゲームを楽しんでいる様子。PCルームとなっているこの部屋の隣が息子君の部屋なので、その時間帯にこの部屋にいるとたまらんのだ。Mrに「言いに行って来て!」と言っても、「まだ8時だし。」とか「10時まで待てば。」と弱気な “我慢しようぜ” オーラを出していたおっさん。

しかしだ!2日ほど静かだったのに、今晩はキッチンにいても響きましてね。気が短いお姉さんは、「もうぉ~、今日は言いに行く!」と玄関の方へ向かったら、リビングで仕事をしていたMrが「待って!」と言った気がして、軽い期待を抱きつつ「なに?」と聞いたら、「 頑張って!!ソ猝ヨ ... ソ猝ヨ ... ごま粒程でも期待をしてしまった私が馬鹿だった... jumee☆cry1Rr

でもなぁ、やっぱりお隣りやご近所に苦情を言うのってやだね。もしかしたら私が聴いている音楽もうるさいかもしれないし。私の方がびくびくしてどうする!って感じなんだけど、息子君、お願い!この先、私が君のとーちゃんに電話するような事がないようにしておくれ。 kiki��

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は16年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ