2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03
     

引き続きキャベンディッシュ in PEI! の巻

本日は、予報通りお昼頃から雪のコネチ。雪が降っている景色を眺めるのが好きなので、ちょっとうれしい今日。
最近、かぎ編みをしているkikiさんなんだけど、雪の降りをチェックしながら編み物をしていると、どっぷり引きこもってる気分になり、ばーちゃん生活に入っているような、はたまた、その状況が心地よく落ち着くような...少々気持ち複雑になりますな。出来上がった物はまた後日ご紹介するとして、

本日もまたまたアトランティックカナダ話なり...

2011年9/22(木)、キャベンディッシュにある赤毛のアンの世界を観光した後、お宿を通り過ぎ、有名ポイントらしいFrench Riverへ向かったMr家。

P107016222.jpgフレンチリバーへ向かう途中、R6から&20へと右折するのだけど、そこにモンゴメリの生家があったの。

知らなかったのかよ?って話ですが、興味がなかったもので この場所に生家があることをジェーンジェーン知らんかった。でも、発見してしまうと、せっかくきたのだからと見学したい気持ちになったけれど、すでに閉館時間... 

ということで、写真撮影しながら外観だけ眺めてフレンチリバーへ。
旅前に検索すると、フレンチリバーを訪れ、写真をアップしてくれているサイトやブログが多かったので、私も自分の目で見てみたかったのでござる。

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

ルーシー·モード·モンゴメリさん! の巻

気温は7℃位だったけど、今日も暖かく感じた日でございましたわ。でも、明日の昼過ぎから雪の予報。1-3インチ程度の積雪らしい。でも、明後日は1日雨なので、明日の雪もあらよっと間に消えてしまうなぁ。ESLが休みになることを願っていたのにぃ~

本日は、赤毛のアンの作者、L.M.モンゴメリさんに触れて、ゆかりの場所を紹介したいと思いまする。

P1070151gg.jpgまずはこちら。
いきなり墓地ですかっ!と思われた方、ごめんさい。

グリーンゲイブルスの近くにある共同墓地には、モンゴメリが眠るお墓がありますの。彼女は1874年にPEIで生まれ、亡くなったのはトロントだそう。
1才9ヶ月の時に結核でお母さんが亡くなり、祖父母に育てられた彼女。
詳しくは ウィキペディアーL・M・モンゴメリ

左の2つのお墓が、彼女のお母さんとお婆さんのお墓。
P1070153gg.jpgP1070154gg.jpg
そして、お花に埋もれているのですぐわかるのが、右写真がモンゴメリのお墓。享年68才だったそうじゃ。

共同墓地からR13の道を渡り、歩いてすぐの所にあるのが、

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

プリンスエドワード島国立公園ーCavendish編 2

My Blog #1578の続きで、赤毛のアンの家-グリーンゲイブルスを写真と共にご紹介いたしまふ。2008年に赤毛のアンの本が書かれて100年が経っているので、このお家も100年前の生活様式がわかるということになりますが、もしこれからPEIに行かれる予定で、中の様子を見るのを楽しみにされている方がいましたら、この記事は見ない方がいいかも...

グリーンゲイブルスの紹介をこの記事で終わらせるので、ちょいと長くなりますが、見学スタート!

P1070112gg.jpgP1070116gg.jpg
中に入りますと、リビングに当たる部屋ですかね。パーラールーム(左写真)がありまして、写真はないけれど、お隣がダイニングルーム。
ダイニングルームとキッチンの間に、マシューの部屋!(右写真)

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

プリンスエドワード島国立公園ーCavendish編 !

P1080803fr.jpg今日、H家ご夫妻からの贈り物のパンを受け取りましたー!

コネチ生活、あと5日で12年目を迎えるkikiさんですが、日本から パンが届いたのは初めて  どうも土曜日に配達されたことになっていたんだけど、1日家にいた私は玄関チャイムの音も聞かず...郵便配達員よ、一体どこの家に配達したんだ?と気になりつつ、本日、郵便局へ出向き、無事受け取りました。

こちらのパンは、フロインドリーブというドイツのパン屋さんで、神戸本店で買って来てくれたパンだそうで、イギリスパン型の方を切ってみたら、キメの細かさにびっくり!もう1つは、クルミとレーズンのパン。今日はチーズを買って来たので、今晩はワインと一緒にいただきました。旨しでハッピーな夕食タイムとなりやした。
H家ご夫妻、どうもありがとうございました!

P1070088ca.jpgでは、本日もPEI話をスタート。My Blog #1577の続きなり。

赤毛のアンの作者ーモンゴメリの故郷であり、赤毛のアンの物語のモデルになった場所であるCavendish(キャベンディッシュ)もプリンスエドワード島国立公園の1つ。PEIに来た観光客のほとんどの人が立ち寄るであろうキャベンディッシュ。
このエリアを走るR6は、Central Coastal Driveルートの1つ、Green Gables Shoreになっておりまする。

このキャベンディッシュには、アンの家であるグリーンゲイブルス(緑の切妻屋根の家)、モンゴメリの住居跡やお墓、働いていた郵便局(プチミュージアムになっている)なんぞがあり、海岸線にはビーチやハイキングコースがあったり。

ここに到着したのが3時を過ぎていたけれど、我らもしっかりグリーンゲーブルスに行ってきましたよ。

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

プリンスエドワード島国立公園ーGeenwich編 2!

My Blog #1576Greenwich PEI National Parkの続きなり~ 

P107006722.jpgお次のプチハイキングは、往復4.8kmのGreenwich Dunes Trailへ!
PEIで紹介される景色の1つがここにありますのよ。

P107006822.jpg真っすぐの道沿いにもラズベリーが群生していて、時々摘んで食べていた我ら。
このハイキングコースの途中には、Havre Saint Pierreという1.1kmのループ道Tlaqatikという4.8kmループのトレイルもあり。私達はその2つのループトレイルは歩かず、目的地の砂丘まで歩いてきた。
このトレイルはずっと平地を歩くコースだったので、歩くのは全然大変ではなかったけど、真夏に歩かれる場合は、帽子等の日よけをしっかりと、1ℓ位の飲み物を持って出かけないと駄目!なコースざます。

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

プリンスエドワード島国立公園ーGeenwich編

昨日は、昨年10月末の大雪から4度目の雪。正しくは朝起きたら、2cm程の積雪で雪景色になっていた。すぐ融けたけど、今日は強風吹き荒れてますわ。久しぶりの雪景色写真をアップしようと思ったら、デジカメがMrが乗って行ってしまった車の中に置きっ放しだった。MrはRI州よりのMA州のどこかで開催されている釣りショーにお出かけの本日。2週間前に嫁がレディーストリップに出かけたから、今日はMrが彼自身の時間を楽しむ日なので、喜んで出かけて行った今朝。


P1070039wk.jpgといういうことで、本日もブログアップといきますわい!

2011年9月22日(木)

21日に宿泊したホリデーインの入り口には、ウィリアム&ケイトさんのパネルがお出迎えしていましたのよ。
2011年6/30-7/8までカナダを訪問したお2人は、7/3、4とPEIを訪問したそうじゃ。
盛り上がったんだろうなぁ。

この日は、ホテルチェックアウト後、まずはPEI国立公園のGreenwich(グリニッチ)エリアへ。

P107004122.jpgP107004322.jpg
写真はシャーロットタウンからR2を西方面へ上がり、St. Peters Bay(セントピーターズ湾)が見える景色の所。この湾沿いを走り、右写真の教会の前を通って、プリンスエドワード島のグリニッチの国立公園へ!

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

お薦め♪シャーロットタウンのブルワリー! の巻

先週のお話ですが、1年に1回、ESLのクラスにポリスがお話に来てくれるのでありまする。去年もへぇ~という知らなかった話があったんだが・・・
家電から911をするとそのタウンの警察署に連絡が行くけれど、携帯からかけた場合はCTの代表にかかるので、まずはタウン名を告げないといけない。そういうことだったかな。

今回は覚えている限りでこれぐらい。クラスメートが質問した回答だったんだけど、他の州はまた違うかもしれませぬ。

*ポリスの定年は、勤務してから20年。
  お話に来てくれたポリスは勤続14年目なので、あと6年、47歳でポリスは
  リタイヤなんだって。
*免許不携帯の場合の罰金は、$170.00
*引越し後30日以内に免許の住所を変えていない場合、$82.00の罰金

上2つの罰金は運悪く見つかった場合だけど、コネチの皆様、お気をつけくださいませね。
他のクラスメートが、銃を見せて!とお願いしたら、これは絶対に見せられない!と強く却下されていたけど、興味があったらネットで調べてみてと言われたので、今、ググってみた。私の生活には全くご縁のない物だけど、
アメリカではベストセラーのポリス銃らしい Glock 45  


さ~てと、本題のアトランティックカナダ旅のお話にいきまっしょい!
本日はこの旅話で数少ないレストラン紹介ざまーすよぉ~

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

プリンスエドワード島 ~灯台巡り4~

前回の記事には、次はシャーロットタウンでの食事編!と記したけれど、引き続き、灯台紹介をしようと思いまふ。どうせなら続けて灯台紹介した方がいいな、と思いまして。ちょいと長くなりますが、今日で灯台シリーズは終了にするので、お許しを

2011年9月22日(木)は、赤毛のアンの里、というかモンゴメリーのゆかりの地があるGreen Gables Shore(グリーンゲイブルス海岸)エリアを観光したMr家。

DSC_0248gg.jpgP1070093gg.jpgこの日訪れたのは2カ所の灯台だけ。
その1つ目が、こちらのCovehead Lighthouse(コーブヘッド灯台)なり。
PEIのグリーンゲイブルスショアには、国立公園が3カ所あり、この灯台があるのは、真ん中のBracley-Dalvayのエリアにありまする。

1967年に建設された灯台で、高さが8.2m。ビーチ沿いにちょこんと建っている感じなので、灯台というより海水浴場の監視塔に見える灯台でございましたわ。

Prince Edward Island National Park
上空から見た全体の写真


もう1つは...

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

プリンスエドワード島 ~灯台巡り3~

アトランティックカナダ旅の話が延々と続いてすいませんが、本日もまた...
ウッドアイランズ灯台で終わったMy Blog #1572の続きにいきたいと思いまふ。

P1060984p.jpgP1060988p.jpg2011年9月21日(水)PEIに入った午後からスタートした灯台巡りの4つ目の灯台がここ、
Cape Bear Lighthouse!
1881年に建てられた高さ12.4mの灯台。1947年に崖の浸食により陸地側へ移動されたそう。
ケープベア灯台をググる今の今まで知らなかったんだけど、この灯台、4/14/1912の夜、タイタニックからのSOSを最初に受信したという歴史ある灯台だった。行った時は、狭苦しい所に建っている雰囲気から、なんか出そう ...という感想しか抱かなかったんだが...
リンクを貼ったサイトに寄ると、2011年5月にこの灯台の近くに$100,000をかけて新たな金属塔が建ち、今はその灯台がオフィシャルなケープベア灯台となっているそうじゃ。それから、ケープベア灯台の写真撮影だけしてその場を去ったのだけど、半島の先端まで行けたよう。海沿いに建つケープベア灯台の写真も撮影したかったなぁ、下調べが出来ていたらなぁ...と、今思ってももう遅いわなぁ。

P1060990p.jpgケープベア灯台を後にして5分足らずの所に小さな灯台を発見。ビーチまで行ってみたけど、更にこの灯台まで歩いていかねばならず、そこに時間を割くよりも先に進む方を選び、バイバイ。

お次は、ケープベア灯台から37km地点にある灯台へ  

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

     

プリンスエドワード島 ~灯台巡り2~ 

P1080791.jpg昨晩はMrと一緒に、そして今日も百羽鶴作りに集中していた午前中。
ESLのクラスメートだったシルビアから、同じくクラスメートだったマリアが手術を受け、入院している連絡が突然入った先週。突然行くのはどうかと考えたけど、先週の金曜日、お花を持ってお見舞いに。そしたら週末、22日はマリアの誕生日だとシルビアから連絡があり、なにがいいかなとMrと話したら、「やっぱり千羽鶴じゃない?」とMr。しかし、千羽分を折るにはどれだけ時間がかかるかわからないし、それだけの折り紙もなかったので、百羽で...でも、千羽と同じだけの気持ちはしっかり込めて折りましたのよ。
明日また会いに行くんだけど、この鶴が彼女にパワーを与えてくれるといいな、と願いたい。

では、My Blog #1571の続きのお話を~

P1060932pei.jpgシャーロットタウンへ入ると、R1へとドライブ。
シャーロットタウン観光はしていないけど、シャーロットタウンという名前は、1763年に英国王ジョージ3世の妃にちなんで付けられたんだってさ。
P1060943pei.jpg
PEI(プリンスエドワード島)が他と違う!とすぐ思ったのが、 信号!
赤が四角で、黄色が菱形で、青が丸だったかな。青になると、青が点滅するの。色だけでなく、形でわかる信号だったPEI。

P1060967pei.jpg
シャーロットタウンの中心部を通りすぎると、Central Coastal DriveのRed Sand ShoreからPoint East Coastal Drive(ヒトデマーク)を西に向けてドライブしたMr家。ここからはずっとヒトデマークに沿って走るのみ。

P1060948pei.jpg町中や住宅地を抜けると、牧草地と農地が広がる景色になり、藁をこれでもかっ!と積んでのんびり走るトラックを見たり。なんにもなーい!道になってしまうので、ランチなんぞも、たとえお腹が空いていなくても、見つけた所で買うか食べるかしておくことをお勧めしておきますかな。特にシーズンオフの時は。

続きを読む

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は16年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ