2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10
     

イギリスドライブ旅 - Lower Slaughter編

IMG_0525acd.jpgまた記事更新が滞ってしまってすいませぬ・・・
 
この週末、Mr家はブヒィ~~~ンとアケーディア国立公園まで行ってきちゃっいましたの。9/28(土)の1日だけ、国立公園の入園料フリーの日だったから。3度目のアケーディアNPは、最高の秋晴れの天気に恵まれ、エンジョイ?!ハイキングしてきたMr家。

今回は、トレイル2本だけ歩いてきたけど、1本目のDorr(ドア)山の急勾配トレイルでヘロヘロになり、日曜の朝から太腿バリバリ筋肉痛のアタクシ。今日の午後になって1歩1歩階段を上がれるようになったけど、下りはまだ1段ずつ1歩ずつのばばぁちゃん状態。トイレに座るのがこれまた一苦労だっていうのに、Mrは「足が重い程度」だという。この違いはなんなんだ?翌日に筋肉痛が来たことにうれしさを感じつつ、運動不足痛感中のkikiさんなり。

色々記したいことがあるのだけど、本日もまたイギリス旅行記を綴りまふ。いつまでもズルズルとやっててすいませぬ!!My Blog #1902のBourton-on-the-Waterからの続きの話にいきますね。

2013年5月31日(金)のスケジュールもなかなか忙しく、

Lower Slaughter(ローワー・スローター)Stow-on-the-Water( ストウ・オン・ウォーター) Broadway(ブロードウェイ)Chipping Camden(チッピング・カムデン)Stratford-Upon-Avon(ストラットフォード・アポン・エイボン)

の5カ所の村&町の観光をし、Brierley Hillという町のお宿に宿泊したMr家。

最初の予定では、Lower Slaughterには立ち寄る予定ではなかったのだけど、Bourton-on-the-Waterから車で6、7分?と近かったので、立ち寄ってみた。すぐお隣にUpper Slaughterという村もあったけど、アッパーには立ち寄らず。
村の端っこの入り口の付近だけ、15分程度のちょろり散策しなかったので、写真を主にアップしときまふ。

続きを読む

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

イギリスドライブ旅 - Bourton-on-the-Water編

今日も気持ちがいい秋晴れの1日だったコネチ。
今年の紅葉は、黄色よりオレンジ&赤色が強い気がするのは私だけかな。オレンジや赤が多い方が紅葉がきれいだと思うので、紅葉の見頃の時季が楽しみになって来た最近なり。

引き続き、本日もイギリス旅話!コッツウォルズのヴェニスと呼ばれているらしいBourton-on-the-Waterの散策編へ〜

まずはお宿周辺から
DSC_0344bw.jpgDSC_0347bw.jpg
P1140779bl.jpgBroadlands Guest Houseは住宅地エリアにあり、お宿近くの家並み。
ここももちろん、どの家もハチミツ色と表されるライムストーン(石灰石)ばかり。
道路に書かれているKEEP CLEARは、皆さんが想像する通り、駐車禁止エリア。

お宿からWindrush(ウィンドラッシュ)川までは歩いて5、6分だったかな。記憶では500mもない近さ。ヴェニスに似ているどうかは...?だけど、Bourton-on-the-Waterと言えば!の景色がこちら。

続きを読む

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

イギリスドライブ旅 - Bourton-on-the-Water お宿編

この勢いで、イギリス旅行記を終わらせるべく、頑張りまっす!! オー

2013年5月30日、Bibury散策とパブでの休憩を楽しんだ後(My Blog #)、この日の最後の訪問地 Bourton-on-the-Water(ボートン・オン・ザ・ウォーター)へ。

私達の予定では、ボートン・オン・ザ・ウォーターは、翌日の訪問地だったのだけど、予定外に?いや予定通りなんだが、この日のお宿がボートン・オン・ザ・ウォーターだったの。それをここに来て知ったものだから、びっくりしちゃってね。それってどういうこと?って話よねぇ(笑)

ここのお宿はExpediaで予約したんだけど、予約確認のプリントの住所は、Clapton Row, Cheltenham(チェルトナム)となっていたので、当日、お宿を確認するまで、チェルトナムという町に宿泊するつもりでいたMr家。だから、GPSの誘導でボートンに来ちゃった時は、車内で「ここ、ボートン・オン・ザ・ウォーター?!・・・なんでここにきちゃってんの?今晩の宿泊先はここじゃないんだけど、なんで?」
2人して、またGPSの案内間違いだ!!と決めつけ、今晩の宿に無事辿り着けるのか?と心配になったのだけど、とりあえずGPSの到着地まで行ってみることに。そして私は、念のためにプリントしてきたGoole Mapのお宿周辺の地図をチェック。そしたら、そこに書かれていた住所は Clapton Row, Bourton-on-the-Water, Gloucestersheire(グロウセスターシャー州ボートン・オン・ザ・ウォーター)

ボートンって書いてあるー!」 そして、お宿にも無事到着。

P1140745bl.jpgP1140744.jpg
[emoji:e-112 ]Broadlands Guest House

旅行出発前(機内でも)ロンドンをどう回るのがいいのか、煮詰まるぐらい考えまくっていた中、お宿&もしもの場合の周辺地図もプリントアウトしとかなくちゃ!とバタバタやっていたのだけど、その時、住所がおかしいな?と思った場所が1カ所あったのよね。どうやらそこがここだったみたい。

ということで、予想外にボートンに宿泊となったMr家。それも、観光するにはとってもいいロケーションだったから、「すごいじゃん!こんないい場所に泊まっちゃうなんて、さすが嫁のチョイス。素晴らしいね!!」と一気にテンション上がりまくりましたさ。例えるなら、浜松町辺りのビジネスホテルのつもりでいたのに、銀座のど真ん中だった、みたいな?そんな感じ。

私達は2Fのお部屋。狭いっちゃー狭かったけど、別に不都合なことはなく。

P1140781bl.jpgP1140746.jpg
ここのカップが可愛かった。 イギリスのB&Bでは、クッキーやチョコのお菓子も添えてくれてあったのがうれしかったな。それから、ホテルでも部屋のコーヒーは、どこもインスタントだった。これもイギリスならではなのかな。

ここの部屋のバスルームへの入り口はちょっと低かったんだけど(Mrがかがんでいる所)、そこに書かれていた言葉が、Mind Your Head。アメリカならWatch Your Headっていうと思うのだけど、ブリティッシュイングリッシュだと、マインドなるんだ〜と知ったこの日。
でも、全然マインドされてなくて、嫁は頭ぶつけたんだけどね

P1140784bl.jpgBroadlandsの朝食はこちら。
イギリス風かシリアル系か、どちらか好きな方を選べたけど、もちろん2人してイギリス風の朝食をチョイス。
P1140783bl.jpg
Eastbourneで宿泊したCamelot Lodgeに比べると、ちと寂しさを感じるプレートではあったけど、ベーコン2枚、目玉焼き、ソーセージ、焼きトマトに、なぜか揚げ食パン。
朝からそんなに油はいらんので、1口食べてやめちゃったけど、それでもこれ全部は食べきれず〜 
写真を見ていると、イギリスの肉厚ベーコンが懐かしくなって来るなぁ。もちろん塩気もあるから、「朝から塩分取り過ぎじゃない?」と言いながら食べてたのだけど、久しぶりに食べたいな

我らは、ここで初めてコッツウォルズの石の家に宿泊したわけなんだけど、部屋に入っちゃうと、全くわからなかったから、石の家だってことを意識していなかったな。..と今になって思う。「家の中がどうなっているのか見てみたい!」と散々言っていたのに。

ちなみに、この時のExpediaのお宿代は $109.02(税&手数料含む)なり。それから、チェックイン時間は夜9時までという制限時間があったので、もしここに宿泊される場合、夜遅くなる時は気をつけた方がよろしくて。

明日は、この町の雰囲気をお伝えしますねぇ〜 To be continued... 

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

イギリスドライブ旅 - Burford編

今朝、Mrの出勤時、玄関にお弁当を届けましたらば、ブルッ 霜が降りる日も近いかもしれないな、と思った肌寒さ。そして、今晩も冷え込んでいるコネチ。ニュースで、ホワイトマウンテン(NH州)やストウ(VT州)の投稿写真で、フェンス?や植物が凍りついていたけど、今日の北東部の冷え込みは冬並みだったみたい。
今日のの最高気温は18度、最低5度の予報だったけど、最低気温が一桁の日が徐々に増えて来ている。暦でも秋になったしね、しかたないやね。

P1140718bu.jpgでは、いきまっしょい。
イギリス、コッツウォルズ地方の観光をスタートした2013年5月30日(水)

カースルクーム (My Blog #1833) 、マームズベリー (My Blog #1894)とバイブリー (My Blog #1898 & #1899)を訪れた後に向かったのが、Burford(バーフォード)。


DSC_0336bu.jpgDSC_0337bu.jpgコッツウォルズ地方のどこへ行こうか、どう回ろうかを調べていた時、「坂のある町」としてバーフォードを紹介していたブログを読み、ここにも行ってみたい!と思い、旅程に組み込んだkikiさん。

メイン通りの裏手にある無料駐車場に車を停めて、いざ出発!
私達が散策したエリアは狭かったけど、村というほど小さくはなく、狭苦しさもなく、程よく賑わい、程よくお店もあり、古さと新しさが程よく混在している、そんな印象だったバーフォード。
旅行時は知らなかったけど、ここバイブリーは、ヨーロッパ人が選ぶ住みたい町 in 2009で6位になったんだって。バーフォード散策を思い出してみると、なるほど、なんとなく納得な感じ。

続きを読む

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

イギリスドライブ旅 - Bibury編 その2/2

夜中、強風が吹き荒れていたけど、今日は朝から心地よく〜 寒すぎぎない程度に風が入り込んで来て、気持ちがいい日曜日。
しかし、Mrが先週の出張で風邪をひいて帰って来たので、昨日はスタバのコーヒー飲みながら、本屋でまったり。そして、今日は家でまったり過ごしているMr家。昨日、本屋のスタバで、Duchyのショートブレッドを売っているのを見つけて、こんな所にDuchyがぁ〜!と小さな発見にうれしくなってみたkikiさん。手に取っただけで、買わなかったけど
本屋に行く前、New iPhoneケースを買ったので、本を広げながら、ニューケースに交換しちゃおう!としたら、ケースがiPhone 4/4S用だったという...  Mrに「なにやってんの?本体しか見てなかったんでしょ?」と図星なことを言われ、返す言葉なし!帰りに5用のケースと交換してきたさ。
2ヶ月使ったケースは、フラッシュを使うと、ケースに反射して写真全体が白くなってしまうので、フラッシュが使えなかったけど、今度はその点はノープロブレム。シンプルケースだけど、いい感じ〜


さーてと、イギリス、バイブリーのお話の続きを終わらせちゃおう!

My Blog #1898の続きの話から、The Swanのホテル方面へ戻り、Mrの動きが止まるコーン川沿いを歩いて向かった場所は、


続きを読む

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

イギリスドライブ旅 - Bibury編

CSC_0021mo.jpg今晩の月。
アメリカで中秋の名月というのは、昨晩の月になるのか?今晩になるのかな?
我が家のデジイチでもデジカメでもiPhoneでも、やっぱり鮮明な月は撮影出来なかったけど、一応、満月。

朝、1年近く振り?!にトクからメールをもらった with 中秋の名月写真。「美しき月を見て、kikiを思い出しちゃったか?」と返したんだけど、奴は月を見ながら黄昏れたな(爆)満月は時に人を恋しくさせるもんだわねぇ〜ワハハ
Mrは、出張で会社の方達と今年もBig Eに行けず、Opa Opaビール恋しさに?今晩はシカゴで飲んでるな(笑)


本日のブログ、先週のNYC、ボストン&ピクニックの話を綴るか、イギリス旅話にするか迷った結果、イギリスにしたっ!!いい加減、終わらさないとねぇ〜〜〜 

ってことで、本日のお話は、コッツウォルズ地方のBibury、日本人に人気の?バイブリー訪問記なり。では、いってみよう!
My Blog #1895 の続きなり。

続きを読む

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

Metro-NorthでNYCに行って来た! の巻

ブログにログインするのが、えらく久しぶりに感じる今。6日振りか?
昨晩、ブログタイムするはずだったのに、ちょろり動画でも見てから... と探して見始めた「泣くな、はらちゃん」という長瀬&麻生はんのドラマを1話見たら、どどどどどぉーーー ハマる程のドラマではなかったけど、見始めたからには最後まで〜 一気に見えると思うとやってしまうドラマ スパイラル〜


先週末は、珍しくイベントが続きましてなぁ。
12日(木)は、3月からドミニカ滞在中のCちゃんに会いに初1人NYCお出かけ。
13日(金)は... 1人電車で出かけたという満足感と、Cちゃんとの楽しかった時間の余韻に浸りすぎていたせいか?友達の家に午前中から行くはずだったのに、半...いや、ほぼすっぽかすというひどい失態を演じ、申し訳ないことをしちゃったkikiさん。
14日(土)は、語学留学スタートでボストンにやってきたHちゃんを空港へ迎えに行き、半日ボストン観光。
15日(日)は、日米友好会主催のピクニックに参加。んが、この日も正午からスタートだったのに、勝手に1時からだと思い込んでいて、時間の間違いに気がついたのが11:50 amという...

帰国中以外、連日誰かと会う、会いに行くということがないので、楽しかった時間の余韻に未だ浸り中なkikiさんでござい。

またイギリス旅行記中断になってしまうけど、今日は、先週のお話、私の初メトロノース(MTA)体験のお話を1つしまふ。

まずはNYCまでMTAで行くことを決める前、

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

イギリスドライブ旅 - Waitroseでランチ! の巻

P1140652gw.jpg2013年5月30日(木)
チッペナム → 10 km → カースルクーム → (マームズベリーを経て約50 km)→ バイブリーへと向かった我ら。

のどかな田園ルートを走ったので、この辺りにはRoundabout(ラウンドアバウト)はあまりなかったなぁ。もちろん、自動取り締まりのカメラもほとんど気にすることないドライブじゃった。

写真は「譲れ」の標識、Give Way。アメリカではYield。ちょっとした言葉の違いだけど、こんな交通標識を見ても楽しめたドライブなり。


P1140670wc.jpgP1140675mv.jpg
そして、この日の旅のお供は、Marks & SpencerのSeasalt & Malt Vinegarのポテチ。アメリカにもソルト&ビネガーのチップスがあるけど、カナダとイギリスに行ったら、ポテトにはやっぱりモルトビネガーかな、なんて。
M&Sのこのチップス、厚みのあるポテチで美味しかったなぁ。


お昼頃に雨に降られることは、朝の天気予報からわかっていたのだけど、マームズベリーを出た辺りからポツポツと降り始めた雨。
「バイブリーでの土砂降りは避けたいなぁ」と話していたら、ロンドンで行けなかったWaitrose発見!そして、通り過ぎる我らのプジョー。ドライバーのMrに「この先、お店があるかどうかわからないから、戻ってー!!」とお願いし、Uターンしてもらったのであった。

そして、念願のWaitroseへ。ここでは、チャールズ皇太子が設立したオーガニックブランド、Duchyの紅茶を飲んでみたくて、買いたかったkikiさんだったのだ。
ここの棚には、アールグレイとイングリッシュブレックファーストの2種類しかなかったので、この2つを購入。きっと他の場所でもお店がありそう!とこの時は思っていたのだけど、結局、Waitroseに立ち寄れたのは、この時だけ。最初で最後になっちゃったんだよねぇ。

他の店舗は知らないけど、ここにはWaitrose Cafeがありまして

外が白く見える位、激しい雨になったので、買い物後、ここでランチして行くことに。土砂降りの雨の時にバイブリーに向かわず、ここでランチしたのは大正解じゃった。

P1140677wc.jpgオーダーするにも私達の前に10-12人位並んでいて、空席があるかどうか気になる位混んでいたので、美味しいに違いない!と確信し、気持ちワクワク。
レジ脇にはサンドイッチ等も売っていて、サンドイッチをシェアーしていたご年配夫婦も何組かいたなぁ。

Mrはアールグレイ、私はアッサムを注文し、食事が来るまでのんびりティータイム。ランチ時にゆっくり出来たのは、イギリスに来てこの日が初めてだったから、余計うれしかった。
食器の色合いがたまらん可愛かったし、紅茶もおいしかったな


食事の方は、

P1140680wc.jpgP1140678wc.jpg
Mrはなんかのサンドイッチ、私はToday's Specialのマッシュルームとチキンのパスタ。
予想通り美味しくて、生野菜もえらい美味しかったんだよねぇ。きっとオーガニック野菜だと思うけど、モリモリムシャムシャ食べちゃったさ。
お値段もリーズナブルで、紅茶は£2以下($3位)、サンドイッチとパスタも、たしか£5弱($8位)というお値段だったはず。
ビバ Waitrose!


本日のオマケ

この日、Duchyビールも買ってみたMr家。
何種類かあって、その内の2種類を購入。旅行中に飲まなかったので、コネチに持ち帰った1本がこちら。

DSC_0012d.jpgCSC_0018d.jpgCSC_0014d.jpg
アルコール度数4.2%のGolden Ale(ゴールデンエール)という名のビールは、Mr曰く、「一番搾りみたいでうまいっ!!」
いつかまたイギリスにまた行くことがあったら、他のも買っての見比べてみたいもんじゃ。

WaitroseやM&Sは、高速のサービスエリアにもあってね。立ち寄ったのはM&Sの方だったけど、サンドイッチやサラダ、飲み物、スナックがほとんどで、コンビにみたいな感じだったなぁ。色々思い出しながらタイプしていると、懐かしくなって、またイギリスに行きたくなって来るけど、ちょっと今は... Duchyビールが眩しくて...ビールが飲みたいっ!!気分MAXだわ。今、9:20pm ん〜どうしよう...
でもな、明日はNYC!Cちゃんに会うんだぁ〜!飲んだビールのせいで頭痛なんてことになったら嫌だから、今からのビールは我慢だな。

しかし、今晩は全然涼しくならないなぁ。今晩は扇風機かけて寝なくっちゃだわ。そして、今晩は早めにSleep tightだー! 

イギリスのお話は、あと2日半分が残っとりまふ。To be continued

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

イギリスドライブ旅 - Malmesbury編

9.11の悲劇から12年目の本日。12年前、Mrの居場所が確認出来るまでの時間を思い出しながら、セレモニーの様子をちょろっとだけ見た午前中。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、遺族の方々、未だ苦しんでいる大勢の方達へお見舞い申し上げます。


IMG_0367sr.jpgIMG_0368sr.jpg今日は夏復活!の暑さの日。最高気温が33℃だったかな。窓を開けたら、生暖かい空気が入り込んで来て、”開けなきゃよかったか...”と思ったよ。夏っぽくはないけど、もう30℃を超える日は来ないと思うので、今日1日、この暑さを堪能さ。蝉が大声出して鳴いているしね。
朝日の差し込み方が日々変わって来ていて、今朝は、遂に向こうの壁までリーチ!30分もしない内にここまで後退し、そして、朝日よ、さようなら〜 秋がどんどん迫って来ているよ...

では、イギリスドライブ旅、コッツウォルズ地方のお話にいきまっしょい。

P1140654mby.jpg2013年5/30(木)、カースルクームを出て、次に訪れた町がMalmesbury。
ここに立ち寄る予定は全くなく、なぜ立ち寄ることになったのか? 昨晩、Mrに聞いてみたけど、2人とも覚えてなかった ワハハ
この町にダイソンの工場?があったけど、地図で見てもまぁまぁ大きな町なマームズベリー。でも、私達が散策したのは、円の中、町の一部だけ。

それでは写真散策へ出発!

続きを読む

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

     

イギリスドライブ旅 - Castle Combe編

日中は24℃位だったのかな。雨が降ったせいか、湿度高めで空気がもわ〜んとしていて、車のエアコンのスイッチを入れたり切ったり、窓を開けたり閉めたり。そして、明日は気温がドン!と上がり、最高気温33℃となっとりまふ。木曜日も気温高めで28℃、金曜日からまた気温が下がり、土曜日の最高気温が19℃。
季節の変わり目だから仕方がないけど、気温、アップダウンし過ぎだわ。

では、イギリス旅行記を再スタートさせます、オー!

2013年5月30日(木)の旅スケジュールは下記の通り。

お宿 in Chippenham → Castle Combe(カースル・クーム) → 予定外にMalmesbury (マームズベリー)→ Bibury(バイブリー) → Burford(バーフォード) → Bourton-on-the-Water(ボートン・オン・ザ・ウォーター)

距離にすると100km弱の移動のこの日。地図で見るとこんな感じ。


大きな地図で見る

この日から存分にCotswolds(コッツウォルズ)を巡ったMr家。
この地方で採れる石灰岩=コッツウォルズストーンで作られた、ハチミツ色の家が多い所なのであ〜る。見学して来た場所の情報を得ようと、撮影して来たビデオ映像を見ていたら、初日にして「見飽きたねぇ」と言っちゃってるオナゴが1人いましたが 皆さまも、kikiさんの写真で見飽きてください。なーんてね。 ガハハ

では、コッツウォルズ、Castle Combeから順に出発!!チッペナムからの距離は6.4マイル (10.24 km)。

続きを読む

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ