2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 04
     

コネチカット州議事堂! の巻

IMG_514900320.jpg今日明日とまた気温が下がり(3℃位)、場所によって雨、みぞれ、雪の予報。この辺りは朝から小雨パラパラ降り続いているけど、明日は、みぞれか雪の確率高し。

今日で3月が終わりだというのに、1ヵ月前の2月28日より寒くなるとはねぇ・・・
青空広がる穏やかで気持ちがよかったこの日は、会話グループメンバーで州議事堂見学に行ってきた。
州議事堂って普通に入れちゃうの?と思う方もいるかもしれないけど、月ー金の8-5時までセルフガイドで無料で見学可。見学できるのは1-3階まで。ガイドツアーも無料。時間はこちら

私が州議事堂に行ったのはこの日で3回目。でも、その2回目もブログを始める前のこと・・・ 州議事堂に記事を探したら、一度も書いたことがなかったようなので、今日は州議事堂のお話を1つしまーふ。

ハイウェイI84を走ってハートフォードを通り抜ける時に必ず見える州議事堂は、1871年に建築が始まり、1878年に完成。1970年に国家歴史登録財と国定歴史建造物に指定された建物なり。

IMG_515400320.jpgIMG_515100320.jpg
州議事堂の壁の彫刻一部には、コネチカットのシンボルでもあるチャーターオークの木があった。

IMG_520900320.jpgざっと説明すると、イギリスの植民地時代の1639年イギリスのキング・チャールズIIがサインした最初の憲法だと言われる憲章(ロイヤル・チャーター)があったのね。それはコネチカットの植民地政府が独自のルールを作り、特定の役人を選出することが出来るというものだったので、コネチにとっては大変重要な憲章だったわけ。1687年にキング・ジェームスIIがその憲章を廃止すべく、イギリスから使者を送ったのだが、コネチのリーダーとの話し合いが行われている途中、キャンドルの火が消えましての。灯りが再び灯された時には憲章が消えていた!という。その消えた憲章は巨木の樫の幹の穴に隠され、イギリスからの使者は目的を果たせずに帰国。コネチカットは憲章をそのままに守ることが出来たのであった。その憲章は1818年まで施行されてきたそう。

間違いがなければ、そういう歴史があり~ このオーク(樫)は、コネチの、アメリカの歴史を刻んだ木となり、チャーターオークと呼ばれ、守られてきたのであった。しかし、樹齢千年を超えていたであろうチャーターオークは1856年8月の嵐で倒壊。

より正しい情報を得たい方は、The Legend of the Charter Oak をお読みくださいませませ。

予定外にチャーターオーク話が長くなってしまった・・・

中に入りますと、展示物が色々ありまして~

IMG_515600320.jpgリバティーベルのレプリカ1つ。(本物のベルのお話はMy Blog #287) このベル、特別な時に鳴らされているんだってさ。

IMG_517900320.jpgコネチカットのヒロインだという、Prudence Crandallという先生とアフリカンアメリカンの生徒サラの像があったり。クランダルさんは私立の女子校なるアカデミーを設立し、黒人の生徒を受け入れた人。人種差別があった時代だった故、学校は閉鎖され、彼女も逮捕されたりと厳しい時期を過ごすことになったよう。
1995年にNew Canaan地域の生徒たちのリクエストにより、この像が作られ、2008年の9/300に州議事堂に設置されたんだって。

IMG_515700320.jpggenius-of-ct00320.jpgみんなが見ている女神像(Genius of Connecticut)は、1878~1938年まで当時の州議事堂の建物のトップに設置されていたもの。(右写真参照)ウタが「これが鋳造されたのはドイツのミュンヘンなのよ!!」と熱く語っていたけど、1938年にハリケーンが通過した際のダメージにより倒れ落ちる心配があり、下ろされた後、堂内に移されたそう。高さは5.4m。重さは3トン強。

IMG_516600320.jpgこの左写真は、トップのドームを眺めながら撮影した1枚。
向かって右手に持っているのは、州の花・マウンテンローレルをあしらったリース。左側のはドライフラワーのリース。これはロングライフの象徴なんだって。全然見えていないけど、頭にはチャーターオークの葉で作られた冠を被っていることになっているのだそう。
現在のドームには、2009年に設置された像が立っているとか。しかし、今まであまり気にして見たことがない・・・

IMG_517000320.jpgIMG_517200320.jpg
左は、見たまま、木の幹に打ち込まれたまま残った砲丸。南北戦争時の1863年9/19、20。テネシーにあるChicamaugaという所の戦場から、戦争の恐怖の記録として展示されているんだと。

右は、1907-1909年に世界1周したグレート・ホワイト・フリートという艦隊の戦艦の1つの船首像。


IMG_517600320.jpgIMG_517800320.jpgこの方はコネチの英雄・Nathan Hale氏。説明するとまたまた長くなるので、ウィキペディアのリンクを貼ったので、興味あらば読んでくださいまし。
彼の家、Nathan Hale HomesteadはCoventryにあり。私は一度も見学したことはないけど、私の中ではNathan Hale=コベントリーのファーマースマーケット。彼のお屋敷のある敷地で開催されているから。
コベントリ―のファーマーズマーケットは、この辺りでは人気のマーケット。6月になったら足を運んでみてくださいな。 時間によっては渋滞覚悟で・・・

上の階へあがると、Hall of the House Representatives(下院の議場)あり。
IMG_518200320.jpgIMG_518400320.jpg
ツアーだと、議会を開いていなければ、中に入って説明を聞けるはず。

IMG_518500320.jpgこの議場の外に展示されていたこちらは、シルバー製のColumbus Urn((コロンバスの水がめ)。1876年製で、1902年まで使用されていたそう。20ガロン(75.6ℓ)の水を冷やしておけるんだって。

IMG_518600320.jpgIMG_518700320.jpg3階へ上がると、角っ子に大きな木の箱状の物が1つ。中を覗いたら、これ、電話ボックスだった。
しもしも~~
バブリーの時代の物ではないが、こういう電話、どんな風に声が聞こえるのか。一度、実際にかけて使ってみたい。


3階のメインは、上院議場。
IMG_518900320.jpgIMG_519000320.jpg高校生のグループが輪になってお勉強中だったこの時。私が写真に撮りたかったのは、右の写真、時計の下にあるイス。最初はこの子いなかったのに、カメラ向け始めたらこの姿。邪魔だっちゅーの!
よく見えないそのイスは、チャーター・オーク・チェアー。この記事の最初に説明したチャーターオークの木で彫られたイスなのだそう。
もらってきたセルフガイドの資料によると、チャーターオークのイスの上の時計は、セス・トーマスの最初の電気時計なんだって。アンティーク時計好きな人にはよく知られた名前なのだと思われる。コネチはその昔、時計産業も有名だったのでありまする。

IMG_519600320.jpgIMG_519500320.jpg州議事堂を出る前、最後にセキュリティーチェック脇の展示を見学。
これはトランクに入った持ち運びできるベッド。独立戦争時、ジョージ・ワシントンに使えていたラファイエットというフランス人が使っていたベッドだそう。どうやら「Sleep Tight!(ぐっすりおやすみ)」というのは、このベッドから来たらしい・・・よ。キャンパス生地をピンと張るために紐をキュッと絞めて寝ていたことから、そういうようになったというような説明書きがあったけど、本当のところはどうなんでしょ?

IMG_519800320.jpgここには沢山の旗がケースに入って展示されていたけど、これは南北戦争時に使われていたコネチ軍?の旗だそうじゃ。

IMG_521000320.jpgここまで私の説明を読んでいただいてなんですが、私の解釈が間違っているか否かはテンテンテン・・・ それを確認したいお方様は、コネチカットの州議事堂へレッツゴーしていただければと思いまふ。

州議事堂見学後、ブシュネルパークを突っ切り、Saluteへランチ(My Blog #2464)しにいった6人であった。

今日はこの記事に6時間近くかけてしもうたよ。ブログごときに時間かけすぎた。はふ~ 

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

Toast と Lu Ann'sでブランチ! の巻

昨日の会話グループもカフェにておしゃべり2時間半。私たちのお隣でも(私の席の後ろ)、女子ブランチを楽しんでいたグループがいたんだけど、声がでかいアメリカ人ばかり。うちらの会話を聞き取るのに集中しなくてはならず、帰宅後、ぐったりしてしもうたわ。集中しなくても、シュルシュルと英語が耳に入る人に私はなりたい。←どこかで聞いたことがあるフレーズではあるが、最近の火曜日は英語を話すのが嫌になるぐらい、自分の英語力にうんざりしてしまうこと多し・・・


そんな火曜日ではあるけれど、新たなお店で時間を過ごせるのは楽しみなものであ~る。

IMG_513000320.jpg
Crepe Tea Houseへみんなで出かけた2週間後、Toast Four Corners  でブランチトーク。

625 Middle Turnpike, Storrs, CT 06268
860-477-1557

R44とR195の交差点の角から2軒目(4つ角という名前がついているけど、お店は角にはありませぬ。)


IMG_513100320.jpgIMG_513400320.jpg
席に着くと、塩コショウのスタンドがすぐ目につき、あら、可愛い。クラフトショーに行くと、カトラリーで作られた壁掛けのフックなどを販売しているお店があるけど、実際、レストランで見ることあまりないかも。
店内をきょろきょろしてたら、トイレマークもかわいくて、 やばいよ、もれちゃうよぉ~~~
家のトイレのドアにも掛けたい!と思っちゃった。

この日のメンバーは、シャーロン、ウタ、ルイと私の4人。

メニューを見ながら、がっつり食べるか、ほどほどにしておくか。
エッグベネディクトもCAスタイルとかアイリッシュスタイルとか4種類あり、ジャンボオムレツも美味しそう。The Pileというお店オリジナル的なキャセロールがあったりして迷いまくっていた私。そしたら、シャーロンとウタは、「パンケーキに決まり!」とな。意外とシンプルにいくのね・・・と思い、一度食べてみたかったサウススタイルのチキン+ワッフルにすることに。そしたら、ルイも同じものを注文してた。

IMG_513200320.jpgIMG_513300320.jpg
左がチキン+ワッフル。ワッフルは家で作った方が美味しいと思ったが、きっとお店ではワッフル粉を混ぜ混ぜした生地だろうから、これはこれでよろしおす。右はウタが食べたブルーベリー入りパンケーキ。ブルーベリーが全く見えないけど、ちょこちょこ入っていたみたい。


そして、昨日の3月28日(火)は、シャーロンが「新しいカフェがオープンしたそうよ。そこに行ってみましょー」と提案があり、6人でブランチ @ LuAnn's Bakery & Cafe

IMG_560700320.jpgIMG_5609003201.jpg
238 Somers Road, Ellington, CT 860-872-8073

お店には10:15頃に到着。店内はそれほど広くはないけど、ここはパネラか?ってぐらい満席御礼状態だったの。運よく4人席が空いたので、空いているイス2つ借りて、立ち止まる程度ぐらいしか待たずに済んだけど、人が少し引いたかなと思った時間短く、ランチタイム時間にはまた満席という賑わいだったよ。

IMG_560400320.jpgIMG_561000320.jpg
カップを飾っていたボードがかわいかったのでパチリ。店内の写真も撮りたかったけど、スウェーディッシュアメリカンの人たちが何人かいたので、やめておいたんだ。彼らもクリスチャンではあるけど、なんとかという別の宗派があるのよね。女性はロングスカートでお団子頭で、レースのヘアアクセサリをちょこんと乗せていたりするので、見たらすぐわかるの。たぶん、ここのベーカリーもスウェーディッシュアメリカンの方がやられているんじゃないかな。

IMG_560500320.jpgIMG_560600320.jpg
コーヒーはダンキン並に薄かったけど、ボトムレス(飲み放題)。アメリカのカフェのいい所は、コーヒーが何杯でも飲めること。コーヒーの味を求めてはいけないが(笑)
私が食べたのは本日のキッシュ(ハム&ブロッコリー)  $4.50なり。薄い/小さいハムではなく、1~1.5㎝角のゴロンとしたハムが入ってたのがうれしかったなぁ。

コーヒーマグはみなさん同じだったけど、お皿は楽しいぐらいにバラバラ。あちこちからドネーションされたっぽく、ここはスリフトか?と思ってしまったよ。お皿の中にはヴィンテージものもありそう♫ また、注文時の番号札に使われているのがシェルフのノブ。これは写真やカードホルダーとしても使える!誰1人そんなところに興味を持つ者はいなかったけど、お隣のグループの声がうるさくて話がうまく聞き取れないことをいいことに、人のお皿を見たり、手作り感バリバリの番号札のノブを手に取って眺め、“ビンテージのノブ、探し集めちゃおうかな”と考えたりしていたkikiさんであった。

Cold Creek Breweryに行く途中にあるし、今度、Mrを連れてランチしに行ってみよう!


オマケにもう1つ!

IMG_521200320.jpgハートフォードのレストランウィーク(Taste of Hartford)が開催されいていたのは2/20-3/5。ウタがみんなで行きたがっていたことの1つとして、
*州議事堂に行く → みんなでランチする。
「Taste of Hartfordの期間中にみんなで行こうよ!」とウタが言い出し、2/28(火)にみんなでプチ遠足。州議事堂のお話はまた後日するとして、ランチ場所として決めたのは、そのTaste of Hartfordに参加していたレストランから選んだお店がここ、Salute。州議事堂から歩いて行ける距離だったからかな。
100 Trumbull St, Hartford, CT 06103

IMG_521300320.jpg時間を気にしなければ、$20.16の3コースのランチを楽しんだけど、子供のお迎え時間までに戻ることを考えると、食事時間1時間半弱。予約をしておいたので席は確保されていたけど、店内ほぼ満席。おばさまウェイトレスは「コースの方は、うちのは普段出している量と同じだからとってもお得よ!」とお勧めしてくれたけど、結局、全員単品で注文。私が食べたのは、海老の・・・ちょっぴりスパイシーなパスタ。
3人がパスタ+サラダを食べ、ウタが勝手に頼んだガーリックトーストもあったんだが、なぜか合計金額を6人で割ることになり、チップ込で1人$20。3人は損しまくりじゃんか!これならコース料金と同じやーん!と思ったのは私だけだったか?

参考までに、 コネチのレストランウィーク一覧
ちなみに来週は New Haven Restaurant Week


ラストに、昨日思ったこと。私、3回連続、ルイと同じものを食べてる!
ルイに「なににする?」と聞かれたり、先に私が「これかこれか・・・」と話しているので、ルイが真似て注文しているといういい方も出来るけど、この記録、更新させたい気持ち沸々  何も言わずに同じものを注文していたら、彼女と私、食の好みがピッタリフィットなかも?!

ほな、また明日   

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

Crepe Tea Houseでブランチ♪ の巻

雨のち曇りだった月曜日。
雨だけど、溜まった洗濯物+掛布団カバー、シーツ、そしてマットレスカバーも引っ剥がして、2回洗濯機を回した今日。3回もやるのが面倒になり、掛布団カバーはまた後日に洗濯することにした。乾燥機があるからガラガラ回せていいけど、シーツとかは天気のいい日に外干しして乾かしたいなといつも思う。3シーズン使っている肌かけ布団も干せないから、時々乾燥機にかけてみるけど、太陽の日差しを浴びたあの匂いが恋しくなるもんです、はい。


毎週火曜日に集まっているメンバーがこの5人(韓国人2、中国人1、ドイツ人1と私)+アメリカ人のシャーロン。タニアはただ今お休み中。

IMG_264000320.jpg1月に入ってから、タニアの家で集まった時、タニアの孫が「ロシアのパンケーキを作っておいて!」と電話がありましたの。タニアが作るのは、パンケーキと言うよりクレープ。その話から、「Crepe Tea Houseというお店がSpringfield, MAにあって、なかなかいい雰囲気のお店だよ。」と話をしたkikiさん。

そしたら、ウタが行きたいと言い出し、2月初にメンバー5人でCrepe Tea Houseへ。
(ここは、はとこはんと一緒に行ったことがあるお店で、過去記事はMy Blog #2166 なり)

ウタは夏に帰国するので、やりたいことリストがいっぱいあるよね。ドイツにいる時、子供がまだ小さかったこともあり、女友達と出かけることがなく、独身の時でも仕事終わりに女子だけで飲みに行くということも1度もなかったそう。なので、こうやって出かけられることがたまらなくうれしくて、近頃、火曜日はどこへ出かけようか?と言うことばかり考えている彼女なのである。

この日の話の前に~

会話グループメンバーで行く前、はとこはんが、「このお店、Enfieldのモールにもあるよ。でもどちらかというとファーストフード系。雰囲気を選ぶならスプリングフィールドの方がいい。」と教えてくれましたのね。スプリングフィールドへ行くより、手前のエンフィールド(CT)の方が近いので、そっちがどんな感じか偵察しに、Mrと出かけた1月末。

IMG_490800320.jpgIMG_4909003201.jpg
こちらが エンフィールドモール内の店舗。確かにファーストフードっぽい雰囲気。でも、食べたクレープ(デザートではなく食事系の方)は、さほど変わりはなかったかな。私たちが入店した後、カップルと家族が3組ぐらい来て、ゼロだったお客が一気に増えたこの時。

エンフィールドの店舗もメニューは豊富な感じではあったけど、ゆっくりとお茶しながら食事をしたかったら、やっぱりスプリングフィールドの方がお勧め





IMG_505200320.jpgスプリングフィールドのお店に入るなり、みんな、「いい感じ🎶」と笑顔になっていたので、ほっと一安心。ソファー席を選び、5人でゆったり2時間のブランチを楽しんできた。

写真手前は、ウタが注文したスモークサーモンのクレープ、右上は新人メンバー・モニカが注文したスパイシーチキンのクレープ、左上はキャサリンが食べたフルーツ入りの甘いクレープ。
私の向かいに座っていたルイは、確かターキーのクレープだったかな。

*クレープメニューは こちら


この日、私が食べたのは、お茶を含めてここから下の3点。食い過ぎだっちゅーのね
IMG_505100320.jpgIMG_505300320.jpg
お茶は、White Peonyというのだった記憶が・・・
出かけた1週間か2週間前にお食事系クレープを食べたので、この日は食べたことがないメニューに挑戦してみよう!と思っていたkikiさん。でも、メニューを見ていたら、甘いものも食べたくなり、2品も注文してしまったのであった。
右上のは、Chibrekki(チェプレキ)という名のパンケーキ?ペタンコに潰したピロシキと言うかなんというか。これは少ししか入っていなかったけど、中に具材(ビーフ・チキン・ポテトが選べたかな)が入ってるもの。

IMG_505400320.jpgスィートなクレープは、Puffy Cream Cheeseを注文。
クリームチーズのクリームが堂島ロールや治一郎ロール並みに入っていて、カロリーを考えたら、1つペロリとはいけないクレープだわね、絶対。この私でもこれ全部を平らげられる胃は持ち合わせていなかったので、クレープは半分お持ち帰りとなりやした。
キャサリンが食べたフルーツ入りのは、フルーツがゴロゴロ入っていたから、次回、ここで甘いクレープを食べたい時はフルーツミックスを食べるつもり

3品注文しても$10程度。リーズナブルな点も  チェブレキのお値段、$3弱と言うお安さだったし。

IMG_506700320.jpg
こちらさんは、お店の出入り口近くのカウンターに置いてあった人形。
おばちゃん風のチュー顔がなんともかわいくて、お店を出る前に写真を撮っていたら、一旦外に出たルイも戻ってきて写真パチリ。
彼女が撮影中、私がこのチュー顔を真似て彼女のカメラにふざけて入り込み、そのまま外に出ようとしたら、「もう1回やって!」と呼び止められ、結局、その顔で写真撮影されてしまったkikiさん。
それは別にいいんだけど、そういう写真だけ、モデル本人に送ってこないのよねぇ。おふざけ写真だからこそ、送って欲しいのに・・・

もう1つブランチしたお店も載せるつもりだったけど、長くなってしまったので、もう1つはまた明日にしまーふ。 

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

オレンジ(ミカン)でキャンドル作り! の巻

今日は のコネチ。
午後、Mrとちょろっと出かけたのだが、我が家のインプレッサ号があまりにも汚いため、家を出て間もなく、「この車、自動洗車で洗車する!」と言い出したMr。それに対して嫁は、「来週も雨続きだから、洗うなら再来週!」 
それに対してMrは、「あなたさん、今シーズン、この車を1回も洗車していないじゃん。塩が塗装に入り込んで痛むことわかってんの?」と言い、嫁は「そんなことわかってるよ。でも車体に穴が開くほど乗らんでしょーがー。私は洗車したらしばらくきれいな状態で乗りたいの!こんな雨の日に洗車するなんて嫌なの!バカらしいじゃない。」と反撃。その後も「あなたが洗車するのを待っていたら、いつになるかわからない」だのなんだの、しばらく洗車するしないで揉めたのだが、「 あなたが何と言おうと僕は洗車する!!」と言い、途中の洗車場で洗車。
しかしだ。雨とはいえ、洗車反対を言い続けたとはいえ、ブルー一色の車に戻ったインプレッサ号、見るからに気持ちがよさそうなのよねぇ。ジャケットが汚れないかどうか気にしながらドアやトランクを開けなくてもいいし、車がきれいだとこちらの気分も変わってくるもんだわねぇ~と思った土曜の午後であった。


今日のお話は、大した話ではないのだけど・・・ もしもの時にオレンジ or みかんが手元にあれば、役に立つよ!でも、火事には気を付けて!という実験のお話なり。

ローガンズ仲間でLineトークしている時、2号の家が停電になったと。そしたら、4号が「オレンジある?」と聞いてきた。「なぜにオレンジなんじゃ?」と問うてみたら、「オレンジでランタンが作れる」と言って、参考になるサイトも送ってくれたのであった。

そうなると、やってみたくなるのがこの私。家にはちょうどマンダリンみかんがあったので、実験開始!

最初に言っておきますと、みかんよりオレンジのような大きく、皮がしっかりしたものの方がランタン(キャンドル)向きだということが、やってみてわかったかな。必要なのは、ヘタの部分が付いた方のオレンジの皮半分。

IMG_4993003201.jpgIMG_4994003201.jpg
ランタン(キャンドル)の芯になるのが、みかん(オレンジ)のヘタの部分。ここが長い方が  

IMG_4995003201.jpg私の場合は、みかんの皮が思うように剥けなかったので、破れてしまった半分のミカンの皮とヘタの部分を合体させてやってみた。
そこへオリーブオイルを注ぐの。

しかし、今回は実験だったので、ご覧の通り、芯になる部分が染み込む程度のオリーブオイルしか使用しなかったけど、それでもいい感じに灯が

(ミカンの皮が燃え始めては困るので、小皿の上に乗せました!家の中でやる時は、その辺は注意した方がいいかと。)


どれぐらい点灯し続けられるか、見ているのもなかなか暇なものなので、もう1つのみかんの皮で遊ぶの人。
マグクライマーの腕の力 みかんの明かり。 どうでもいい対決スタート。
IMG_499900320.jpgIMG_4996003201.jpgIMG_500200320.jpg
結果、小さじ1程度のオリーブオイルだけで、30分も点いてたの。もっとしっかりオイルを注いでいたら、その倍は点灯していたかも。
真ん中は、どこまで明るいか、暗いトイレに置いてみた時の写真。周りを照らすほどの明るさではなかったけど、真っ暗な場所ではありがたい明かりかなと。懐中電灯がない、キャンドルもないという時にオレンジとオリーブオイルやサラダオイルがあれば、これは使える。2個3個とまとめて置いたら、いい明るさになるんじゃないかなぁ。

災害時に使えるという、空き缶を使ったランタン作りもあるけど、これはもっと気楽に作れるし、ミカンの香りもほんのり香って

作ってみたい!という方は、こちら  『 ミカンの皮で作るキャンドル』 を参考にして作ってみてくださいね。


ここからは、更にどーでもいい話。

IMG_500300320.jpgマグクライマーは、キャンドルの灯が消えた後は、ゴミ箱クライマーと化した夜。
そのまま捨ててしまうのはちょっとかわいそうかなと思い、リビングのテーブルの上に乗せて就寝。
IMG_501200320.jpg

翌朝、ミカンの皮クライマーは乾燥して反り返り、クライマーはスカイダイバーになっていましたとさ


ミカン1個で楽しんだ夜であった。
チャンチャン 

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

     

シュガーハウスでメープルシロップ買ってきた! の巻

IMG_550900320.jpg今日のkikiさんのランチ。
ボランティア先で、「トレイ1つ分、自分でカットして持って行っていいよー」と言われ、アルグラのスプラウトを山盛りもらってきたので、帰りにフレンチベーカリーに立ち寄り、フランスパンを購入。帰宅後、洗ったスプラウトを詰めまくり、チーズを挟んだだけの、技もなんもないシンプルなサンドイッチに。
鶏子のkiki、鶏の気分を味わえた昼であった。


では本題へ。
Hebron, CTでメープルフェスティバルが開催されていた3/18&19の先週末。

以前は毎年出かけていたメープルフェスティバルだったけど、ここ2,3年出かけていなかったMr家。行かなくなった理由は特にないけど、VT州にスキーに行った時、途中のシュガーハウスで購入したりしていたからかなぁ?
2週間ほど前にBJ'sでオーガニックメープルシロップを初めて買ったんだけどね。食べてみたら、ダークが好きな私たちには味が薄くてさ。シュガーハウスでメープルシロップを買うようになって以来(13,4年間ぐらい)、ずっとダークを使ってきた(食べてきた)から、ミディアムかアンバー(シロップのグレード)と思われるBJ'sのメープルシロップが軽く感じてしまうんだろうな。

それで、フェスティバル会場のメインストリートまでは行かずとも、久しぶりにHebron産のシロップを買いに行こう!と出かけた3/19(日)。

オフィシャルサイトを見たら、フェスティバルに参加していたシュガーハウスは3軒。その内、Hebronはたったの2か所。私たちがこのフェスティバルに初めて行った時は、ヒブロンタウン内で5,6ヵ所は参加していた記憶があるので、2ヵ所までに減ったことにさみしさを感じてしまったなぁ。5年後ぐらいには、フェスティバル自体がなくなっている可能性もあるかも?!
メープルフェスティバルの過去記事は こちら


IMG_549400320.jpg「ここは行ったことがないと思う」と言うことで、シロップを買いに出かけたのは、Woodyacres。

  80 Cone Rd. | Hebron, CT 06248
(860) 228-1110

来てみたら、「あ、ここ来たことあった!」と思い出した。Mrは覚えていなかったけど。

IMG_549500320.jpg
しかし、車を停めた場所からシュガーハウスまでは、ぐちょぐちょ・・・
車も入れたくないと思った場所を歩かないといけないのは困ったけど、靴が埋もれないよう、滑らないよう、ペタペタそろりそろりと。

ボランティア先の車を停める場所も舗装されていないので、タイヤで作られた深い溝がいくつも残っててぼこぼこ。今週末から雨模様の日が続く予報だから、車が出入りする未舗装の場所はまたぐちょぐちょアゲインですな。

中へ入いると~

IMG_549600320.jpg50ガロン(189ℓ)分の樹液(サップ)で、1ガロン(3.78ℓ)分のメープルシロップが作れるという、わかりやすくタンク&牛乳ボトルが置いてくれてあった。
言葉で聞くと、“そんなもんしか作れないのかぁ”と頭では思うけれど、量としてのイメージが沸きにくいから、目で見てわかるのはありがたい。

ボランティア先のキャシーの家にも専用煮詰め機があり、2日間煮詰め続けて作ると言っていたけど、火を使う作業だから、このまま放置しておけばいいと言うものではないだろうし、煮詰め作業も大変だよね。

IMG_549800320.jpgIMG_549700320.jpg
こうやって作ってくれている家があり、地元でメープルシロップを買えること、もっと感謝しないといけないなぁ。

IMG_549900320.jpg
前日にダークを購入した人が多かったのか?あまり作らなかったのか?
1 Pintのサイズはダークはなく、その上の1 Quart(1.136ℓ)ならダークが1つ残っているというので、そのラストワンをゲット!
このサイズで$20なり。値段は2,3年前と変わっていない気がする。

BJ'sのは料理用に使い、これはワッフルやパンケーキ等を食べる時に楽しもうっと。



本日のオマケ  

日曜日の夜に作ってみた、茹でないパスタ! パスタを水に浸けて作るというもの。

IMG_550400320.jpgIMG_550500320.jpg
私が見たのは、水+トマトジュースに浸しておくレシピだったので、トマトジュースの代わりに市販のトマトソースを使って作ってみたの。その記事によると、1.8mmとかの太いスパゲッティの方がモチモチ感を味わえていいと書いてあったけど、思い付きでやってみたので、この日は普通のサイズ(1.6mmぐらい)のスパゲッティで。

今になって調べてみると、麺のサイズによって浸ける時間が変わるそうじゃ!

参考に
*Cookpadニュース パスタは茹でない時代へ突入?!
*ためしてガッテン 次世代パスタ

右の写真は3時間ちょっと浸し、水分を吸収して白っぽくなってきたスパゲッティ。(パスタの太さからだと、漬け込み時間長すぎた模様)

IMG_550600320.jpg調理し出すと、半透明な感じになっていくの。その変化が見ていてワクワクしてしまったョ。初めての実験だったしね。
どこまで炒めればいいのかわからず、少し炒め過ぎたな、と思いながら完成。写真を見ても、べちゃっと感が伝わりますよねぇ。見た目はおいといて、このパスタの利点は、調理する時間が短い!ということかと。その記事にも、「朝出かける前に麺を水に浸けておき、帰宅後に作ると便利」と書いてあったけど、働くママさんにはいいかも。

Mr家2人の感想は、不味くはない。確かに麺はモチモチとした食感だけど、柔らかめ。(これは漬け込み過ぎたせいだな)=小さなお子さんや硬い食べ物が苦手なお年寄りがいるお家ではいいかも。でも、アルデンテな麺を好むなら、普通に茹でて作るべし。

今、いくつかサイトやレシピを見たので、次回、また水漬けパスタに挑戦してみるつもり。
まだやったことないよぉ~というお方様も、是非、トライしてみてくださいませませ。 

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

     

フェルトの多肉植物アレンジとアップリケ! の巻

1週間前は、スノーストームで自宅待機命令が出ていたけれど、今日は春らしい暖かい日。夜9時半で、7℃あるらしいよ。でも、明日は最高気温-1℃な寒い日。暦では春になったけれど、まだまだ気温差ある日が続くなぁ。

本日は、先週、家に籠っていた3日間でやっていたこと、作ったことを記しまふ。

IMG_540500320.jpgその1、乾燥えのき & 生姜。えのきを買ってきた時は作ること多し。特に冬は、家の中が乾燥しているので、1日半ぐらいでこんな感じに。小皿に入っているのは、My Blog #2454で干していた生姜。これだけの量にまでパリパリ小さくなってしまうのであーる。

IMG_540600320.jpg
その2、毛玉取り。
これは帰国時にダイソーで買ってもらった毛玉取り機。100均商品ですぐれものランキングに入っていた1つ。本当はkikiママが使ってみたいと言って買ったはずだったけど、コネチまで持ってきてしまったのねぇ。
毛玉が気になっていたセーターで試してみたら、面白いぐらいに取れたので、他に毛玉はないかと探し、別のセーターやフリースをジョリジョリ(じゃりじゃり?)やり、ラストはガーゼなタオルもじゃりじゃりと。ガーゼタオルはアクリル混だったのかな?玉が気になってきたので、そろそろ処分しなくちゃかなと思っていたのだが、やり終わったら、手触り感別物のタオルに変身。なかなかいいお仕事してくれたダイソー毛玉取り機であった。


その3、クラフト。今日の話はこれがメインざます。

8日間ほど、久しぶりにアップリケしていましたの。
IMG_420800320.jpgIMG_420600320.jpgIMG_420700320.jpg
かれこれ4,5年前、2種類の花のどちらかのキットをタニアがくれたのだけど、その後、Jo-annのセール品の中に同じシリーズのキットを2つ見つけて購入。これはパターンと布がセットになっていて、1ヵ月に1つずつ、12パターンを作って組み合わせると、ブランケットになりそうなサイズの壁掛けが出来るというキットなり。でも家にあるのは3/12分だけ。

作らずに置いておいても仕方がないなと思い、3/8辺りからチクチクスタート。フリーザーペーパーにパターンを書き写すという作業も久しぶりで、新鮮な気分でアップリケを楽しんだkikiさん。

IMG_420900320.jpgパターンが大きいから、1週間で3枚完成。今回はキルト芯を挟んでキルトはするつもりなかったので、パーツパーツを縫い付け終わる前にフリーザーペーパーを抜いて、アップリケしていきましたとさ。

3枚を完成させてみたが、はて、これをどうするか?
1枚ずつにしてランチョンマットか?とも考えたけど、このように縦に並べてテーブルライナーにしてしまおうかと思っているところざます。テーブルに敷いてみてイマイチだったら、夏のタペストリーにしてしまおう作戦。でも、2種の花と葉っぱのパターンのこの組み合わせ、流れがないというか、流れが合っていないなと言いますか。そう思うのは私だけ?



それから、アップリケをやり出す前にやっていたことがこちら。

IMG_521700320.jpgフェルトの多肉植物の箱庭?!造り。

フラワーアレンジメントに似ている最後の作業に一番時間がかかったけど、こないな形で完成。
立体感が出るように配置を考えたり、色合わせに悩んだり・・・ センスが試される時であり、自分のセンスのなさを思い知る時よねぇ。テーブルの上に置いて眺めるのもいいけど、正面からいつでも見られるように壁掛けにしちゃった。


これは、Sちゃんからプレゼントにもらったキットなの。私が作業中、Mrが「Sちゃん、どこでこういうのを見つけてくるんだろう?」ってつぶやきながら見ていたけど、ホントよねぇ。私もこういうクラフトがあることも知らなかったし、こういうフェルトのクラフトも初めてだったもんなぁ。

IMG_540100320.jpgIMG_514700320.jpg
パッケージの写真の作品と私のとでは違いすぎるが、これも作った人それぞれの個性よねぇ
右写真のように、すでにカットされたフェルトが枚数分入っていて、それをくるくると丸めていくだけなんだけどね。それだけなら簡単じゃん!と思っていたけど、いざやってみると同じ場所に葉が重なったり、指でホールドしきれずに崩れたりして(なので、所々に両面テープ貼ってみた)、想像していたより悪戦苦闘な作業でしたのよ。でも、楽しかった!

去年、Sちゃんがくれたゴッホ絵のクロスステッチ作品は、先週やっと額にいれたんだけどね。他の作品の分と併せ、額探しにIKEA
に行ったら、帰り際、Sちゃん家に遭遇するという偶然。ビバビバドドン。Sちゃん、今年も楽しいクラフトのプレゼントありがとさまでした。


引き続き、時を戻しながら、2017年のコネチ駐妻生活話を記していこうと思いまーす。 おやすみなさい。 

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

     

Torukを観に行ってきた! の巻

IMG_542600320.jpg3/18(土)、ハートフォードのXLセンターへシルク・ド・ソレイユのTorukを観に行ってきた。

ハートフォードのブリュワリーに行ってからXLセンターに出向いたら、6:40頃に到着してしまった我らだったんだけど、XLセンターではどこにもTorukの看板も広告もなく、並んでいる人たちを見ても「まさかまさかでUCONNバスケとかだったりする?本当に今日?日にちを間違えてはいないよね?」と、不安になってしまったkikiさんであった。コンサートでもショーでも、ゲーム観戦と変わらぬラフな格好で来る人多しなコネチ人だから(笑)

チケットをスキャンしてもらえて安心し、中に入ってギフトショップを見て間違いない!と思えることが出来ましたわ。

Toruk(トゥルーク)は、映画のアバターからインスパイア―されたショー。今回は下調べしなかったので、どのようなステージなのか、どのようなストーリーなのか知らずに出向いたMr家だったけど、映画のアバターとはストリーは別物。

IMG_543000320.jpgIMG_542900320.jpg
タイトルにもなっているトゥルークというのは、右写真のオレンジの空飛ぶ恐竜的生物のこと。同じ部族の2人の男の子と、もう1つ違う部族の女の子1人が主人公で、このトゥルークの上に乗れた者が全部族を統一出来るというようなストーリー・・・だったかと。

IMG_543100320.jpgIMG_543300320.jpg会場はこんな感じだったよ。と言われても、雰囲気がわかるようでわからない写真ではありまするが、会場のフロアー全体がステージになってた。まるでアイススケートショーを見るかのような。
席は通路側から2席。私の横を青の民族の役者さんが通り抜けていくかも?!と期待していたけど、使われた階段の1つは私の側ではなく、1つ隣の階段だったのよね・・・

しかも、その階段がライトに照らされ、どう見てもこの階段が使われるってわかる雰囲気の時、遅れてやってきた60代ぐらいの夫婦が2人で階段を下りてくるというね。旦那さんの方は、青の役者さんが3,4人上がってくるのを見て、真ん中辺りで立ち止まっていたけど、奥さんの方は気にも留めずに階段降りていくものだから、見ているこっちの方がひやひやしてしまい、その時間はおじさんとおばさんしか目に入らなかったよ・・・

IMG_543600320.jpgIMG_543800320.jpgこのショーは、Torukアプリを入れておくと、ショーの合間に観客も楽しめることがいくつかあったの。私たちは待っている間のアナウンスを聞いてから、DLしたけど、開演前に画面に出ていたのはこれ。(その1)
蛍の光なるFirefliesが、画面をタッチすると集まって来たり、ふりふりするとこんな風に散らばったり。この光とステージの光が連動しているようなことが書いてあったけど、よくわからず。
その2はフラッシュライトが点滅、その3は画面の色がピンクや青ぽく変わったりして、ショーを彩るアイテムの1つになってた。
アプリの方を気にしてしまうと、ステージの方やストーリーが途切れてしまう感じになるので、参加するのはどうかと思う気持ちもあるけど、そのアプリがパンフレットが代わりにもなっているので、これから観に行かれる予定の方は、Torukアプリを入れてから出向いた方がいいかなって思いまふ。


ショーとしては、プロジェクションマッピングがすごい。映像として見るショーという説明がしっくりくるかな。今まで観たシルク・ド・ソレイユのショーと比べると、アクロバットやサーカスのような見せ場は多くないのだけど。オリンピックの開会式や閉会式ってこんな感じだったのかな?と思ったりもしたけど、このショーは、ステージ近くの下の席よりも、ある程度上から見る方が楽しめるショーだと思う。上からだと、プロジェクションマッピング全体が見られるので。地震が来た!溶岩が~!大量の水が流れてきた!など、ストーリーテラーの英語が聞き取れなくても、目で見て状況がわかるので、誰でも楽しめていいかも。
花びらのような植物の動きが美しすぎたり、カイトの動き、恐竜の骨格の上でやるアクロバット、動物を操る(演じる)黒子さんもすごかったな。

興味がある方は、

Torukオフィシャルサイトより、
フォト
*メイキング、舞台裏等のビデオ
Torukのサウンドトラック試聴

これから観る方が見てしまうと楽しみ半減してしまうだろうけど、
*You Tubeに投稿されているToruk映像の1つ


映画のアバターを見ていない人でも楽しめると思うので、機会あれば、是非、Torukのショーを観に行ってくださいませませ。 

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

羽田空港からの帰米! の巻

2016年12月4日(Mrは12/26)~2017年1月5日までの帰国話はこれがラスト!
いつまで綴りまくってんだか?と自分でも呆れてしまったけど、ここまで読んでくださったお方様、どうもありがとうございます。

では、帰国ラスト話にいきまっしょい。

P104206600320.jpg川崎のホテルをチェックアウト後、権兵衛のおむすびをほおばり、空港に行く前にしなければならぬことが3つあったkikiさん。
その1つがコンタクトレンズの購入。処方箋は眼科からもらっていたけど、川崎で購入した方が絶対安いはず!と思って買わずにいたら、結局、帰国当日に購入するしかなくなっちゃったんだよね。
IMG_469600320.jpg
Mrに「一緒に来る?」と聞いたら、「行かない。バス停で待っている。」というから、Mrを放置してコンタクト屋に行ったら、登録やら説明やらで思っていた以上に時間がかかり、Mrが「体の芯から冷えてるんですけど!!」とLINEが。そりゃぁ、日陰で待ち続けてたら冷えるだろうよ。だから、一緒に来る?って聞いたんだよ・・・

そして、川崎駅から羽田空港駅へ。今回、初めて羽田空港からの帰米だったの。加えて、羽田空港までバスに乗っていったのは初めて。公共のバスだったけど、各ターミナルを回ってくれたので、国際線ターミナル直結。ありがたし。

続きを読む

テーマ : 空港
ジャンル : 旅行

     

Mrと浅草から新橋へ! の巻

今日はアパート上空をヘリが度々通過しているのだけど(おそらく軍機が空港に向かっているのだと思う)、これが結構うるさい。建物がブルブル振動し、座っていると私の贅肉までブルブルするんですけど。こんなんで肉が揺れるって、ぎょっとしちゃうんですけど~~
昨日のストームで洪水になっている海辺の方の救助的なことをされているのかなぁ?全然わからないけど、うるさいです、はい。


それからこの記事は、いつも以上に長くなりますので、お時間ある時に読んでいただければと思いまふ。_(_^_)_

P103194100320.jpgMy Blog #2453の続きのお話をば。

スカイツリー観光を楽しんだ後、向かった先は浅草。
写真は、スカイツリーから眺めた浅草寺

2015年の帰国時に友達3人と浅草を楽しんだので、kikiさんは2年連続の浅草。(その記事はMy Blog #2257なり)


続きを読む

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

     

3月14日のスノーストーム! の巻

今日は、昨日のスノーストーム日記。

昨日のNBCは、ずーーーっとスノーストームの状況を中継してたりして、気象予報士さんも忙しい1日だったことじゃろう。

IMG_535800320.jpgIMG_536100320.jpg
わが村は、12-18インチ(30-45cm)の積雪が予測されていたエリア。iPhoneの天気では、朝5時頃から降り出すことになっていたけど、朝7時に除雪車の音で目覚めたkikiさん。“除雪車が走るほど積もっちゃってんの?”と、外を見たくてすんなり起きれた昨日。

続きを読む

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ