2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

Buttermilk Falls State Park! の巻

DSC_0139fd.jpg2009年9月5日(土)、カユーガ湖(Cayuga Lake)周辺の4つのワイナリーに立ち寄った後、2カ所の州立公園に行って来た。写真は、ワイナリーから州立公園へ向かう途中の風景。

アイラブニューヨーク この記事にアップした風景写真は、サイズを大きめにしました。写真の所を frog クリックすると、もう少し大きな写真で見ることが出来ますョ。

カユーガ湖周辺で私が行ってみたかった州立公園がButtermilk Falls State Park(バターミルク滝州立公園)。旅行出発前夜にちょろっと見た http://www.fingerlakes.org/index.htm のサイトから、州立公園があることを知り、そして、そこに滝があることを知りまして、立ち寄りたいと思ったのである。ここの住所をGPSにセットしたら、メモし間違えたのか、先にたどり着いた場所がRobert H. Treman State Park(ロバート H. トレマン州立公園)だったの。入り口でバターミルク滝の場所を聞き、そちらへ向かった我ら。
位置としてはCayuga Lakeの下(南)、Ithaca(←Google Map)という町にあり、両パークは車で5分とかからないぐらいの距離にあり。

P9050037bm.jpgNY州立公園は、1カ所で入園料($7)を支払えば、その日1日だけだけど、領収書を見せればどこの州立公園も入れるの。Buttermilk Falls SPのレシートにそう書かれていたのをMrが発見し、行く予定はなかったRobert H. Treman SPにも立ち寄ることとなった我ら2人組。出来たら、Taughannock Falls SPにも行きたかったけど、今回は時間なく断念。

それでは、Buttermilk Falls State Parkのご紹介といきませう!

DSC_0141bm.jpgLower Park側の入り口近くにあるこの滝が、Buttermilk Falls!(Google Mapの航空写真マウス(左クリック) で見るとこんな感じ。)

川のような滝。水量が多いシーズンだったら、もっとはっきり&きれいな流れを見ることが出来たかも。

DSC_0143bm.jpgこのバターミルク滝は、Lake Treman(トレマン湖)から流れ出た川の途中にあるのだけど、この滝からトレマン湖の間に5つのトレイルあり。
私達は湖までの距離の1/3しか歩かなかったけど、行きに滝の右側にあるGorge Trail(3/4 mile /800m) を歩き、帰りは反対側のRim Trail(同じく3/4mile)を歩いて戻って来た。
このコースは、おそらく多くの観光客が選ぶコースだろうな。でも、Rim Trailはただの山道なので、同じコースを歩くなら、Gorge→Rimの方をお勧めしますョ。
ただ、どちらも登りがきついです...

そして、出発!

DSC_0149bm.jpgDSC_0147bm.jpg出発地点にある壁が、シャーベットにした時みたいに岩が層になっているの。(堆積岩) 滝も、壁もこれからお見せする風景は、氷河によって作り上げられた自然の造形物。
そして、全部で11あるフィンガーレイクスも氷河によって出来た湖なのさぁ~。

DSC_0150bm.jpgGorge Trailを少し歩いた辺りからの眺め。
Buttermilk Fallsの下はプール状になっているのだけど、ここは遊泳禁止だったね。なので、プールの周りで日焼けしながら寝転んでいる人がちらほら。その下の場所で水浴びしている子供がいたり。このパーク内にもキャンプ場があるので、水着を来ている人達はキャンパー達かも。

DSC_0153bmf.jpgDSC_0157bmf.jpg
そして、ひたすら登り、登り、登り。傾斜がきついのは仕方がなくても、ここの階段の1段1段の高さがちょっいと高くて、いきなり無言にさせられた我ら。 滝の写真をサイトで見ただけだったので、まさかここで汗を流す ことになるとは想像してなかったわ。足腰を痛めている方やお年寄りには厳しいかもですねぇ。

DSC_0164bm.jpgでも、ここを登りきると、風情のある景色を見ることが出来るのでありますよ。一枚板のような岩の上を流れる川、滝。苔むした周りの岩。
DSC_0166bm.jpg

紅葉のシーズンは、緑の苔と紅葉の色彩がきれいだろうな。もちろんここも遊泳禁止エリアだけど、水着の若者は6.7人いたんじゃないかな。突き当たりの滝にあたったり、写真を撮りに行ったり。そして、ここでは川底に文字を書く人もいるんだよね。川底が平らな一枚岩で、深さは平らな所でも20cm程度。水が澄んでいるので、川底に文字を書けば読めちゃうわけなんだけど、人間は「参上!」の証として、自然物に文字を書きたくなる動物らしい。なぜだろう?自然の中でそういうものを見ると、非常にがっかりしちゃうんですけどぉ~。この時も中国人とーちゃんが、奥さんと子供の写真を撮る前に必死で漢字書いてたし... カエルさん(ショック) 大人なのに...

DSC_0182bmf.jpg往路のGorge Trailが終わりに近づいた辺りの景色。小さな滝を幾つも見ながら、森林浴ウォーキング。

DSC_0186bmf.jpgそして、最後のポイントが、私の後ろにあるPinnacle Rock(ピナクルロック)!
ブライスキャニオンNPにあるフードゥーのようであり、なんとなくアーチーズNPにあるバランスロックにも似ているような岩の塔。
 
DSC_0187bm.jpg
川底には、所々ポカッと深そうな穴があったり。自然が作り出すものって本当に面白いよね。この辺りで全身びしょ濡れのボーイズにすれ違ったんだけど、彼等はこういう穴に飛び込んだのかも。

帰りのRim Trailは、下りの傾斜がきつかった森の中を歩くトレイル。これと言って面白みはないので、往復Gorge Trailを歩いてもいいかも。

ということで、Buttermilk Falls SPのお話はここで終了 kiki��

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ