2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

The Birthplace of Memorial Day! の巻

2009年9月6日(日)天気

私達が滞在していた町は、Waterloo(ウォータールー)。旅行1週間前にもMrが出張で来ていた所。同僚のケビンもこの辺りにある客先に来たことがあり、また一緒に来たこともあるので、「ケビンがね~と言ってた。」から始まるMrのお話も多かった今回。例えば、うちらが泊まったホテルの近くに埋め立てゴミ山があるから臭いだとか、それをマウント・トラッシュモア(マウント・ラッシュモアのもじり)と呼ぶとか... 
ムム… ... なお話がほとんどだったけど、ケビンは優しいおとーちゃんである。

上司の(つるG改め)ギャリ男は、Finger Lakesに行くと言ったら、金曜日にお勧めのワイナリーのブローシャーなどを家から持って来てくれて、ワイナリーについてMrに話をしてくれたのだ。結局、教えてくれた所には時間がなくなって行けなかったんだけど、優しいお方様でごわす。

前置きが長くなってしまいましたが、これもケビン情報で知ったこと:Waterlooは〈メモリアルデー誕生の地〉である。だからなにさ?って話なんだけど(笑)、メモリアルデーは数少ないアメリカの祭日(5月の最終月曜日)で、戦争で亡くなった人達の冥福を祈る日。日本人には関係ないけど、祭日はありがたい。

DSC_0209wtl.jpgP9060059wtl.jpg
ホテルから5分とかからない通り道にNational Memorial Day Museum(ナショナルメモリアルデー館)があるよ、とMrが言うので、外観写真だけ撮って来た。おそらく、アメリカ人でもわざわざ観に来る人はいない...だろうなぁ。

ウッキベディアによると、『戦没将兵追悼記念日の公式な誕生地はニューヨーク州ウォータールーである。その村が誕生地とされるのは、その村が1866年5月5日に、そしてその後毎年その日を祝ったからであり、そしておそらくは著名なウォータールーの住民であるジョン・マレー(John Murray)将軍と、その日を毎年祝うように求め、イベントを全国に広げるように一役買ったジョン・A・ローガン将軍の友情がその成長の鍵となる要因だったからであろう。』だそうだ。

そうなのね、こういう所もあるのね、ってことで。jumee☆UltraMan1  kiki��

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ