2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

South Dakota Air and Space Museumにお立ち寄り! の巻

サウスダコタ旅行記再開といきませう。

PB270065fri.jpgMy Blog #1081の続きで、時は2009年11月27日(金)。アメリカではサンクスギビング明けのブラックフライデーだったこの日の天気は晴れ!11/26 & 27の日間は、予想外に暖かく、最高気温が60F(15,6℃)以上だったラピッドシティー。翌日から6、7℃になったけど、雪に降られずに観光出来たことに感謝。


PB270067sd.jpgCTとSDでは時差が2時間あるので、Mrは毎朝6時半前には起きていた模様。毎日、部屋から見える朝焼けをビデオに撮ってたし。(笑)
11/27は、ホテルを朝8時半前に出発!ラピッドシティーの市内をちょこっと抜けるだけで、ご覧の通りの景色が広がっているので、「アメリカって、まだまだ土地あり過ぎ!」と毎日言っていたような。この日の予定は、Badlands National ParkとWall Drugに寄るだけだったのに、プラス2カ所に寄り道。まずは、ハイウェイ走行中、Mrが行きたいと行っていたAir and Space Museumの看板を見つけ、立ち寄る事に。ラピットシティーからだと15分ぐらい。最寄りの出口は、I90 Exit678。

PB270082asm.jpgPB270081asm.jpg
ここ、空軍基地があるエリアにある航空博物館?で、入場料フリー。右の写真ではよくわからないと思うけど、外に飛行機がボンボンボンと展示され、ちょこっと室内展示エリアがあるミュージアム。しょぼいけど...と言いながらも、飛行機好きなMrはそこそこ楽しんでおった。

South Dakota Air and Space Museum

PB270070asm.jpgPB270080asm.jpg
ほぼ正面に置かれていた大きめの戦闘機は、B-1B Lancer。詳しい説明は読む気がないのでスキップしまして 全長は43.8m位の4人乗りということだけ記しておこう。

PB270074asm.jpgPB270073asm.jpg
B-1B ランサーの向かい側に展示されていたのが、日本を火の海にしたB-29。「日本にバコバコ爆弾落としてくれたのはお前かよ!」と意味なくガン飛ばしてみたけど、このB-29に描かれていた絵にちょいと言葉をなくしましたわさ。アメリカの軍用機の絵って笑えるものが多くないですかねぇ?

DSC_0122asm.jpg外には20機ぐらい軍用機が置かれていたかな。
PB270077asm.jpg半分位ぶらっと見た辺りで、「あなたも写真撮る?」とMrに言われ、撮ってもらった写真がこれ。 見るからにめっちゃつまらなそぉ~~なんですけど。(笑)
お土産屋さんを挟んだ両側に展示コーナーあり。  鉄骨と壁に吹き付けられている白い物質が気になり、私はさらっと見ただけで終了。

DSC_0123asm.jpgDSC_0127asm.jpg
左写真は、Mrが撮影していた飛行機のエンジン。お隣は、F-106という戦闘機?の操縦席。「これは大変だ。」とか言いながら、カチャカチャ動かして気分を味わっていたMr。

8時半~4時半の間、入場料フリー & 見学自由なSouth Dakota Air and Space Museum。ミュージアムと言うより飛行機公園みたいな所なので、飛行機好きなお子さんは楽しめる場所かも。飛行機に興味がある方は、サウスダコタ旅行中、お時間あったら立ち寄ってみるのもいいかもですよ。
To be continued

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ