2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

Jewel Cave 国定公園 ! の巻

クリスマス時期だと言うのに、旅行話が終わらないこの私... なんだか近頃バタバタしていて気持ちと体、やる気と体と頭がついていかない感じ。これも現実逃避(ぐーたれ)しすぎたツケなんだけどねぇ。
しかし、今日はうれしいことがありまして。半年振りに内分泌科のドクターに会い、甲状腺腫のチェックでエコー検査を受けてきた。そしたら、1個あった腺腫がなくなっていて、「Your thyroid looks so healty.」とのこと。 4ヶ月間、甲状腺ホルモン剤も飲むのをやめてみる事になったのである!グー! 4ヶ月後、今まで25mgだったのが50mgになっちゃうこともありかもだけど、永遠に飲み続けなくてはいけないとばかり思っていたので、うれしす!!
それにしても、最初「薬は飲み続けないと駄目ですか?」と聞いた時、「それは君次第だね。」とエンドクリノロジストさん。エコー検査受けながら、"ん~それは私が決めることかぁ?”と、しばし天井を見つめてしまった患者のkikiさん。最終的にはドクターから「とりあえず4ヶ月、薬をやめてみよう!」と言われたんだけど、こういう所もアメリカらしいと言うのだろうか。(笑)


さてと、旅行話を終わらせるべく頑張ろう!

時は2009年11月28日(土)
この日は、朝8時にホテルを出発し、Jewel Cave National Monument → Custer State Park → Wind Cave National Park → Custer State Park のコースで周った。ジュエル・ケーブ国定公園とウィンド・ケーブ国立公園は鍾乳洞で、カスター州立公園はイエローストーンNPと同じく、バッファロー等の動物がいる所なんでございますよ。

この日の鍾乳洞ツアーの感想を先に述べると、鍾乳洞は...私達には期待はずれで、鍾乳洞見学ツアーと言うより洞窟お散歩ツアーぽかった。シーズンオフなので参加出来るツアーは1つしかなかったので、他の場所を見れるツアーでは、見応えのある鍾乳石が見れるのかもしれないけど... ただどちらの鍾乳洞もその広さはとてつもなく広大。

DSC_0231jc.jpgPB280162jc.jpg
それでは順に、Jewel Cave National Mounument(ジュエル・ケーブ国定公園)から。
ホテルから南下して向かったのだけど、山を登る感じなので、今までドライブしたエリアとは違って森の中を走る道路。そして、ホテルから1時間ちょっとでジュエル・ケーブ国定公園に到着。2008年で100年目を迎えた国定公園。ここに向かう途中も火事でハゲ山になっていた場所が広がっていたのだけど、2000年8月24日ジャスパーと名付けられた山火事で、83、000エーカーが燃えてしまったんだって。よくわからない広さですが、ジュエル・ケーブのあるエリアの山の90%が焼けてしまったそうな。9年経った今もこの状態なので、簡単に森を復活させる事は出来ないということをしみじみ感じたkikiさん。

DSC_0233jc.jpgDSC_02342jc.jpg
ラピッドシティーからちょっと郊外へ行くと、民間でやっている鍾乳洞がいくつかあったけど、Black Hillsエリアの地下は鍾乳洞だらけ?なのかも。ジュエル・ケーブNMの広さは左写真。私達がこのエリアのどこにいるかと言うと、右写真。撮影して来た私も〈You are here.〉の場所が左の写真のどの辺りなのか記憶ございませぬ。今現在、わかっている鍾乳洞の長さは147.91マイル(237km)。世界で2番目に長い鍾乳洞!入り口(ビジターセンターがある所)の標高は5294ft(1,614m)で、一番標高が低い所でも4817ft(1,468m)あるそうな。地下に潜るけれど、ある場所は山の中なので、意外と標高高し。

DSC_0259jc.jpg私達は、朝10時のツアーに参加。もしかしたら私達だけかもね、と話していたんだけど、我らの想像を超え、参加者は30人はいたかな。日本人ご家族もいたよ。
この時期に参加出来るツアーは、Scenic Tourのみ。見て歩く距離は800m、1時間15分のツアー。参加費は1人$8.00なり。(人数制限30人らしい。)鍾乳洞を見学するにあたり、今回の失敗は懐中電灯を持参することをすっかり忘れていたこと。写真やビデオ撮影するのにも 懐中電灯は必需品!

まずはエレベーターで下り、その後、いくつかの階段を下りながら鍾乳洞を見て来た。

DSC_0241jc.jpgDSC_0246jc.jpgジュエル・ケーブの主なる鍾乳石は、左写真のようなポコポコしたもの。私はこの鍾乳石を『枯れた珊瑚』と読んでいたのだけど、何百万年前はきっと海の中だったんだと思う。(レンジャーおじさんの説明はあまり聞いていなかったので、これはあくまでも私の想像ですがね。)


DSC_0263jc.jpgDSC_0250jc.jpg左写真は、ベーコンと説明された鍾乳石。珍しいタイプの鍾乳石らしいよ。写真ではわかりづらいかもしれないけど、脂身がカリカリッと焼けた色合いも似てたベーコン鍾乳石。
右は、枯れた珊瑚礁とは違って、鍾乳石らしく見えるぞ!の写真。これも小さかったんだけどね。

ライトに照らされている鍾乳石がどれも小さめだったので、のっけからがっかりしてしまった我ら。勝手にカールスバッドNPで見たような鍾乳石を想像していたのが間違いだったんだけど。でも、もしまたここへ来る事があったら、Spelunking Tour(ヘルメット&ヘッドライト、ニーパッドなどを装着してのツアー)は探検家気分を味わそうなので、参加してみたいデス。 お次はWind Cave NP 話だよ。To be continued...

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ