2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

イルカさんが... の巻

今日の最高気温14度!家の中より外の方が暖かく、ゴミ捨てついでに散歩してきた。外を歩いたのは4ヶ月振りぐらいか?帰りは半袖でもいいかと思ったぐらい、うっすら汗ばみましたよ。いやー、気持ちよかった。


昨晩のアカデミー賞を見た方が多かったと思いますが、うちらはノミネートされていた映画の中では、Avatarしか観ていなかったので、「もっと見ておけばよかった...」と思った昨晩。んが、やっぱりサンドラ・ブロックが主演女優賞を獲りましたなぁ。やっぱりというのは、近頃、よくTVでインタビューを受ける彼女の姿を見ていたから。それだけの判断で、今回はサンドラかな、と思っていた私。

さて、今日はタイトルをどうつけようか悩んでしまったんだけど、ドキュメンタリー長編賞を獲得したThe Coveについて触れてみようかと思いまして。

The Coveがオスカーにノミネートされていたことも、最近のドキュメンタリーだったことも全く知らず、Mrが図書館から借りて来たのは1ヶ月半ぐらい前のことだったか。このドキュメンタリー映画を観た後、このブログで記そうと思ったんだけど、頭グルグルしてやめた。昨晩、「The Oscar goes to ... The Cove!」と聞いた時、「また日本がたたかれる...」と声が出てしまったんだけど、日本人の私から見ても衝撃的な映像でありましたのさ。
しかし、日本でイルカ漁が行われていること、地域によってイルカを食す文化があるという事実は日本人として知っておいてもいいと思うので、私の言葉で記しておこうかと。

これ、反捕鯨団体のグリーンピースとかシーシェバードといった団体に似ているんだけど、彼らの団体名はOPS。映画フリッパーの調教師だったリックという人が、自身の経験から今現在、イルカ保護活動をしているドキュメンタリーがThe Cove。彼らの撮影行為は不法侵入にあたるし、彼らの一方的な映像なので、どこまでが真実なのかはわからないけれど、知ってましたか? 毎年9月に和歌山県太地町でイルカ漁がされていること。この映像では太地町だけど、静岡等でもイルカ漁は行われているらしい。

昨年末の旅の帰りにミツワに立ち寄った時、JTBさんでいただいて来たJAL(ANAさんでした)の機内誌に載っていた、和歌山県太地町のくじらの博物館の記事を読んでいたMr。Mrが図書館でThe Coveを目にした時、Taiji, Wakayamaの文字を見て、あの記事の所だ!と思って借りてきたそうな。Mrはもちろん、私もてっきりかわいいイルカのお話だとばかり思って見始めたので、ガビーン 真逆な映像にあごが見事にはずれて落ちた。

日本でイルカ漁がされていること、イルカ肉を食しているという現実を知らなかった我らは、とにかく最初はそこに驚いた。見た人、見方により判断も違ってくると思うけれど、私にはあそこに映っていた太地の人達がちょいと異様に見えたし、追い込み漁によりモリで殺されて行くイルカ達、きれいな入り江の青い海が真っ赤に染まったあの景色、イルカ達の声・・・ 衝撃的すぎて、言葉を失い、思考回路が停止した。

昨晩から、頭の中でまたあの映像がチラチラしているのだけど、世界の水族館のイルカショーに出ているイルカのほとんどが太地町から送られていて、1頭$150,000(約1,350,000円)で売買されているそうな。食肉としてのイルカだったか?は$650ぐらいで売られていると言っていた様な...(記憶曖昧)彼らは、イルカ漁で捕ったイルカの肉がクジラ肉として売られているのではないか?という推測していたけど、売られているクジラ肉の水銀量は非常に高い!そうな。イルカもクジラの仲間なので、クジラ肉の表記は間違っていないのかもしれないけど... 太地町では子供の学校給食にも出されていたクジラ肉。1つよかったことは、彼らの保護活動により(?)、太地町の学校給食からクジラ肉が消えたことではないか。

捕鯨問題と違う所は、追い込み漁により大量のイルカが殺されている点だと思うけど、これが厳重体勢で行われているという所に問題があるような気が・・・する。The Coveがオスカーをゲットしたことで、日本の記事もいつくか読んだけれど、許可された漁ならば、堂々とイルカ漁について説明すればいいのではないか?と思うのだが、実際は説明しているのに、OPSが聞く体勢を持っていないのか?事実はわからないけれど、この点については、日本政府が、または県が、事実をはっきり示せばいいだけのように思うが、現実はそう簡単にはいかないのだろうか。捕鯨同様、イルカは駄目でもマグロならいいのか?家畜なら、牛豚鶏、羊やバッファローでもいいわけ?ということになってくるわけなんだけど、Mrと話しても結局、「んー難しいねぇ。」で終わりを迎えてしまふ。

リックという人は、映画にもなった フリッパーの調教師と言う経験を経て、イルカがビジネスに利用されていくのに耐えられなくなり、保護活動を始めたらしいのだが、イルカショーのイルカってすごいストレスを感じていて、自ら命を絶つイルカもいるそうな。先日、オーランドでシャチが調教師を死なせたニュースがあったけど、狭い水槽に何年も閉じ込められていたら、どんな生き物もストレスがたまらないわけがないよね。昨年末に私達が行ったボルティモア水族館は、イルカ達にとっては、騒音だけでも最悪の環境らしい。The Coveを見た後だったら、イルカショーは見なかったと思う。

アバターも、ネイティブアメリカンの歴史を考えたら胸が痛くなる映画だったけど、ザ・コーブもこういう現実があるということで、機会があったら一度見ておくのもいいかと・・・ では、おやすみなさい  kiki��

テーマ : アカデミー賞/映画賞関連
ジャンル : 映画

コメント

No title

イルカ漁知ってましたよ。
伊豆のとある所でよく潜ってたんですが、そこの漁業はイルカ漁をしてました。漁師にとって、イルカは魚を食べてしまう害獣でしかないんですよね。

畑を荒らすシカをスポーツハンティングの対象として許可してるのと根本は同じです。

彼らが公に漁をしないのは反発が大きいのが分かってるからじゃないでしょうか。捕鯨船はよくグリーンピースとかに攻撃されてますからね。

私はクジラもイルカも好きです。
捕鯨もイルカ漁も必要ないなら辞めてほしいとは思う。でも好きだから、かわいいから殺しちゃいかんというのは間違ってるなと思うのね。

いつも違和感を感じるのは、主にアメリカの保護団体の方々の反対する理由。クジラやイルカはほ乳類で(シカもほ乳類です)、人間の次に高等生物だから(知能が高いから)。高等生物じゃなければ殺してもいいのかと・・・ほ乳類じゃなければ気にも留めないのかと・・・それって差別。

もしクジラやイルカが無能で、醜くて、凶暴だったら、彼らはこれだけ反対するんでしょうかね。ちょっと疑問です。

もし捕鯨されているクジラの種が絶滅危惧種なら猛烈に反対です。

でもミンクとかって結構数がいるのよね。イルカは確かに漁業に支障を来す場合もある。

あ、いかん。長くなってしまう・・・熱くなってしまいました。えへへ。

No title

ちなみに、このドキュメンタリーが受賞したのは嫌な位いいタイミングだなと思いました。今トヨタ大変ですから。
このドキュメンタリー映画が話題になれば「日本」のイメージダウンになります。そしてトヨタの車の信用不振に輪をかける事になるかなと。
それでお得をするのはどこでしょうと。

深読みし過ぎですか・・・すんまそん。

よっしいさんへ

お元気ですかぁ~~!!

トヨタの件があり、そしてオリンピック(特にフィギア)を見た後だったから、The Coveがオスカーゲットした時、日本に何かあるわけ?と思ってしまったんだけど、日本に対するこの流れは何でしょうねぇ?

よっしいさんはイルカ漁のことは知っていたんだね。伊豆でも同じような漁をしているのかしら?

こういうことって、公になっていけばなっていくほど、圧力も反発も大きくなくわけで、力がつくほど、捕獲の目的、習慣の違いや感覚の違いなんて関係がないものになっていくけれど、隠して不利になることの方が多い気がしないでもなく。私達はイルカ漁について知らなかったけど、理由あっての漁なら、変に隠さず、ちゃんと説明、アピールしていく姿勢があってもよかったのでは?と考えてみたり。

ただ・・・今は、イルカが苦しまないような漁をしているらしいし、あの映像も4,5年前のものらしいけど、あの漁のやり方は問題ありすぎよねぇ。あの映像はショッキングすぎるし、これからあの映像を全世界の人が見たら、反発しか抱かないはずだから。

>もしクジラやイルカが無能で、醜くて、凶暴だったら、

そりゃぁ、反対はしないでしょうねぇ、絶滅の危機に瀕するまでは。

確かに害獣としての扱いではスポーツハンティングも同じで、ウサギならいいの?鹿ならいいの?ということになるけど、人々は受け入れないだろうね。特にこの国では。バッファローは害獣ではなかったのに、その昔、白人が狩りまくっていたせいで絶滅に瀕したわけじゃない。野生ではないとしても今も食べてるこの現実は・・・どうなのかねぇ。

これからどういう方向へ進んでいくのかなぁ・・・「あなた達って、イルカ肉を食べるんでしょ。」と言われたりして、嫌な気持ちにさせられることもあるだろうけど、その時にどう答えられるか。ん~難しい

ショックです・・・

The Coveの内容も受賞も知らなければ,和歌山出身なのにイルカ漁も知りませんでした.

私も,捕獲しなくていいなら,出来るだけ捕獲数を減らすとか,捕獲しないでいいようにした方がいいとは思います.
(決められた捕獲数内とはいえ,需要があるから供給もするんだとは思うのですが.)

でも,こんな取り上げ方はどうなんでしょう?影響が大きすぎませんか?
保護団体の目に余る酷い行動は公にならなくて,どうしてイルカやクジラ漁だけを取り上げて反対するかが分かりません.
残酷じゃない肉食文化があるのなら,それを知りたいです.(あるならそれをドキュメンタリーにすべき・・・)

映画を見ていないので何とも言えないのですが,こういう映画を撮影するなら,イルカ漁の背景からきちんと説明すべきなんじゃないでしょうか.
この映画の訴えるものは,イルカ漁の批判のみですか?
都合のいいように編集されたドキュメンタリーは映像による暴力になります.
クリーンな言い分があるなら,太地町はしっかり監督を訴えるべきだと思います.きっと都合の悪い真実は報道されないんでしょうが...

でも観る側にも問題はあると思います.
その映像が真実の一部で,背景には何があるかなど,多角的視点で自分の意見を持つべきなんじゃないかと思います.
目に見えるものだけが真実じゃないと,報道に踊らされない自分の視点を持ってほしいと,訴えたいです.

お金儲けと受賞のためのドキュメンタリー...あとはタイミングが良すぎる日本批判材料...
まさに裏に潜む黒いモノ...

ああ.またアラシの様に長くなっちゃいました.ごめんなさい.

キキさん,私は色んな意味で本当にショックですよ.

emillyさんへ

emillyさんにはメールしたけど、ここでもちょこっとだけコメント返しをば。

>目に見えるものだけが真実じゃないと,報道に踊らされない自分の視点を持ってほしいと,訴えたいです.

その通りだよね。見た時は、あまりにもショッキングな映像に、i-282うぉー、なんてことを!とThe Coveの、OPSの罠にまんまとはまったけど、このドキュメンタリーは彼らの一方的なアピール手段の1つでしかないし、彼らのやり方もシーシェパードと同じで、全然フェアーじゃないし、うまく作ってあるなぁーとか、徐々に冷静に考えられるようになりました。記憶が曖昧だけど、日本の記事を読むと、The Coveで示していた捕獲数の桁が違っていたしね。
彼らにとって、太地町はぴったりな標的場所だったんだよね。それに、言ったもん勝ち、やったもん勝ち、常識外れなことでも正当化出来ちゃうアメリカ人相手に田舎町の漁師では...
これを機に、日本では江戸時代からイルカ漁が続いていること、よっしいさんのコメントにもあるように、イルカも害獣となることなど、知らずにいるよりよかったと思っている今です。

それにしても... 昨日のプリウスのニュースも、やらせだろ?とか思っちゃったし、アメリカが好きか嫌いかなんて考えたことはなかったけど、トヨタの件、オリンピックの放映に続き、やり方が汚なく感じて、なんだかオバマさんがダースベーダーに見えてきた今日この頃です...

一方的なカルチャー批判は「どうかな~っ」ていつも思うんですよね

The Coveの映像は、漁そのものと漁師さんがあまりに(意図的に)凶暴で残酷に描かれすぎているような気がして、問題定義うんぬんの前に気分が悪くなっちゃったんですよね~。
emillyさんがおっしゃるように、その背景とかの説明なしに、一方的に地域の「歴史や文化」を批判するのは横暴だと思いました。
理解できないから「野蛮だ」と判断するのなら、かわいらしい仔牛や仔羊を殺して食べることや、機械的に処理されていく工場での鶏たちの姿も、あまりに残酷で見てられません。
事実、とある映像を見てから、大量生産/販売の鶏肉が食べられなくなりましたもん。

ドキュメンタリーとしてのインパクトは確かに強烈なんだけど、事実を正確に伝えるのがドキュメンタリーの神髄だと考えるなら、少し疑問に思えたThe Coveの受賞でした・・・。

EUも本格的に黒マグロの禁輸に動き出しそうだし、日本批判まだまだ続きそうですよね~。
(マグロも水銀が心配なので個人的にはほとんど食べません)
トヨタ、捕鯨、パールハーバー・・・日本人としての私の意見を聞きたがるアメリカ人には、いつも最後にネイティブ・インディアン、イラク戦争、おおかみ狩、国内の異常な貧富の差、医療保険などの話題を質問して、ささやかな反撃を試みていま~す♪

らすかる母さんへ

らすかる母さんはThe Coveを観られたんですね。

太地の漁師さんや関係者がどこかの宗教団体のような、悪魔に乗り移られてしまったみたいでしたよね。The Coveが洗脳ドキュメンタリーみたいなものですが、ドキュメンタリーと言うものは、その国の歴史と文化はちゃんと受け入れた上で作られるべきですよね。
考えれば考えるほど、あまりにも勝手すぎてて腹が立ってもきますが、この国の歴史と文化が自分たちに都合のいいように成り立っている感じなので、仕方がないのかもしれません。その内、シーシェパードを支援していたAnimal Planetでイルカ保護番組をやるかもですね・・・

私が日本人としての意見を求められるとすれば、ESLのクラス内ぐらいですが、いい加減、まともに答えられる英語力を持たねば・・・
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は18年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、夫は駐在員、私は駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。