2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

長野旅行に行ってきたよー諏訪下社編!

2011年10月15,16日の週末、叔父叔母&両親の3組夫婦の長野旅に同行させてもらったkikiさん。
考えてみると、帰国中に旅をするのは始めてかも?!

御前崎組は、雨がぽつぽつ降る中、朝5時半に出発。
東名清水からR1→R52を山梨方面をひた走るルートは、新潟から御前崎へ帰省していた時に走っていた道。懐かしさを感じながら、のつもりがR52は、ほぼ寝ていたkikiさん 外は土砂降りの雨だったし。12年前と違っていたのは、中部横断自動車道というのが一部出来ていたこと。将来は東名清水まで、その上は小諸方面→上信越へと繋がるよう。当時は8時間ドライブだったけど、全線通過出来るようになったら、6時間位で行けるようになるんだなぁ、きっと。

10/15の集合場所は、中央道の八ヶ岳PA。
小雨にはなっていたけど、周りの人のお話を立ち聞きして知った八ヶ岳は雲の中。

合流後、諏訪大社の下社へ行きたいというリクエストが出て、3台でレッツゴー諏訪大社下社秋宮!
N叔父がY叔父の車にカーナビをセット。慣れないカーナビを見ながら運転するのは大変だろうということで、私はY叔父カーに同乗。

P1070568.jpgP1070549.jpg
そして到着、 諏訪大社下社秋宮
まず最初に驚いたのは、手水舎。普通はお水が流れているのに、竜の口から流れ出るそのお湯はかなり熱めで、周りにいた人も「熱い」と言いながら、手を洗っていたほど。温泉地ならではだねぇ。残念ながら、その手水舎の写真はなく・・・

P1070550.jpgP1070551.jpg手水舎を過ぎると、目の前にどーんとあったのは、この根入りの杉。

小枝を煎じて飲ませたら、夜泣きではなく、いびきが止まるようになるなら、Mrのいびきストップのために、kikiさんも丑三つ時に子だゲットのために来ちゃうかも?!


P1070564.jpgP1070554.jpg
HPには、修復工事は9月いっぱいとなっていたけれど、台風などの影響なのかな?まだ神楽殿の工事が終わっていませんでしたなぁ。
その奥にある本堂?の幣拝殿(右写真)には、お宮参り、七五三のお参りに来ていたご家族もいらして、これぞ日本!の光景が見られてうれしかったですわい。

P1070560.jpg

諏訪といえば、御柱!幣拝殿の両側には、一の柱、二の柱がありましたのさ。写真は一の御柱。

連絡は取らなかったのだけど、諏訪に友達が住んでいまして、去年の年賀メールに「今年は御柱祭りがあって、旦那が~」と書いてあったのを思い出したこの日。7年に1度のお祭りとなると男衆は燃えるでしょうなぁ。
テレビではなく、自分の目で見てみたい日本のお祭り・御柱祭。


宝物殿へと向かう階段を降りた我ら7人。
みんなで階段の所で写真を撮影した後・・・kikiママと写真を撮り合い、みんなから遅れを取っていた時、バスツアーで来られていただろう6,7人の女性陣が「あった!あった!あそこよ!」と言いながら、古そうなお店に向かう姿を見て・・・

P1070567.jpg皆を待たせているというのに、その女性陣に、行く先について行ってしまった親子。そこは、創業明治6年の潮羊羹屋さんの新鶴本店さんでして。潮羊羹を試食させてもらったら、程よい塩甘さと硬すぎない食感がおいしかったでございますよ。
kiki父からの呼び出し電話に慌てて戻り、皆に「有名らしい塩羊羹屋さんがあった」と報告。集合写真を撮影後、羊羹好きなN叔父を先頭にみんなで新鶴さんへ。
でも、叔父叔母たちは塩羊羹を買っていたのに、kiki親子はここで潮羊羹を買うことなく帰ってきちゃったのよねぇ。wahaha~~

P1070577.jpgP1070574.jpg
その後、鳥居のお向かいにあるそば処・みやさかさんでランチ。
入り口にはそば打ちが見れる場所があり。この時間は見ることが出来なかったけど、道具類を見るだけでも、美味しいおそばが食べられるかも!とテンションが上がりますわね。店内は外から見るより広くなく、20-25人が入れるぐらい。
この日の私のランチは、盛りそば。蕎麦湯までしっかり飲み、信州のお蕎麦を堪能。Mrにこの写真を見せたら、うらやましがっていたけど、Mrは何かで見たらしい「さわやかのげんこつハンバーグ」が食べたい!なモードになっているんだってさ。嫁は、帰国した日にいきなり食べました拳骨ハンバーグ。でもって・・・2回も行っちゃったよ、さわやかに。2回目の場所には、長沢まさみのサインがありましたよ。もう十分じゃね(爆)次回帰国する時は、Mrも静岡へ来いやー

P1070583.jpgashiyu.jpgお腹を満たした後は、私の希望で足湯に。
案内板に足湯と書かれているのを見たら、外せなくなっちゃって、ちょっとわがまま言わせてもらっちゃった。我らが楽しんだ足湯は、この御柱神湯。誰でも無料で利用出来るけど、この足湯がある施設に入るには、800円の入場料が必要でしたなぁ。タオルを持参するといいですが、施設でタオル1枚百円で購入出来まする。

お次の観光場所は・・・ つづく

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

いいなぁ

kikiさーん

日本、満喫中ですね!
羨ましい~
おそば、むっちゃ美味しそう。
宅急便で送って下さい(笑)

ノープランって言ってたのに、がっつり満喫してるじゃないですか!
叔父様叔母様たちと仲良しなんですねー。みんなで旅行なんて
楽しそう。
車3台ってのもすごいですね。

諏訪って行ったことないです。神社とか、今すっごく
行きたいかも。外国に来て初めて自分が日本人だったってことを
強く感じますよね。
それにしても手水がお湯って!初めて聞きました。
あぁ~温泉!!!入りたひ~(><)

2回目のさわやかは、磐田店ですね。
さわやかのハンバーグ、食べたいなぁ。
最近はビッグボーイという同じようなハンバーグを食べさせるお店もあります(確かららぽーとにあります)。
でもやっぱり味はさわやかですね。
コネチに来てから、我が家はBig-Yによく買い物に行くのですが、「Big-Y→ビックボーイ→さわやか」といつも連想してしまいます。

諏訪湖はパワースポットらしいですよ。
きっといっぱい力をもらってきたのではないでしょうか?
つづきも楽しみにしています。

♪♪♪

v-271ゆにおさんへ

帰国してからは医者通いだったけど、この1週間で、やっとエンジョイ日本している感じです。
おそばは・・・写真から届けぇ~~!で夜露死苦さますi-235

v-496Hiromiさんへ

帰国してものんびりして連絡をしていない友達がいて、ずぼらすぎて申し訳ない!と反省と焦りを感じているところでして・・・i-229 

叔父叔母たちとの旅っていうのは、私は初めてだったんだけど、楽しかったですわい。千葉、八王子、静岡と住んでいる場所がばらばらなので、3台になったのよ。
訪れた場所では、海外からくる外国人のような気分で観光を楽しんじゃっいました(笑)手水がお湯なのは、私もびっくりでしたよー

v-271Jesqtoさんへ

ピンポーン!2回目に行ったさわやかは磐田店です。さすがですねぇ~
Big Boyは前回の帰国時に行きましたよ。あの時は、静岡人はハハンバーグ好きなのか?って思ってしまったけど、どうなんでしょうね(笑)
Big Yのひき肉で、Jesqtoさんのオリジナルげんこつバーグを作っちゃうなんていうのはどうですか?
んん?Big Yによく行かれるってことは、JesqtoさんはStorrsキャンパスの方ですか?

諏訪湖はパワースポットだったんですか!全然知らなかったです。知らぬ間になんらかのパワーを浴びていたかなぁ・・・食欲のパワーはばっちりでしたがi-230

kikiさんへ

UconnはStorrsの方ですよ。
住まいはEllingtonですが。
EllingtonはBig-Yの店員さんも、Post officeのおばさんも、ご近所さんもいい人で助かっています。
ただし、日本人には全く出会いません。

こちらでひき肉を買って、嫁さんがハンバーグを作ってくれました。
もちろん味は美味しいのですが。
どうも脂身が少ない?せいか、肉汁たっぷりな感じにはならないですね。

Jesqtoさんへ

e-317おぉーーーー(爆)
Jesqtoさんち、わかっちゃいましたー!日本人、いますよぉ~
差し支えなければ、非公開コメントにて、メアドを教えていただければ、と思います。

いいですねー、奥様のハンバーグ!私がハンバーグを作るのは、年に2回あるかないか・・・ん~なんでかしら?
ひき肉には、赤み87%とか脂肪分の量が書かれているのをご存知でしたか?パックに書かれているので、今度、見てみてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ