2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

プリンスエドワード島! ~灯台巡り1~

2011年9月21日(水)
プリンスエドワード島(PEI)には2泊したMr家。季節限定なのか?観光地だけど観光地っぽくなかったPEI。地図で見ると小さな島だけど、観光するとなると2泊3日では島1周すら出来ないということが、行ってみてわかったこと。観光せずに走り続ければ、島1周は可能かもしれないけど...

では、My Blog #1570の続きへ

DSC_017921.jpgDSC_017721.jpg観光出発の前に...PEI参上したからには、ロブ子だけってのはいかんでしょ。やっぱり赤毛のアンにもなってみねばいけませぬ。

で、一応、 アンの気分になって写真撮影。顔が入ればなんでも撮るって話もありですが、Mrがこの手の物を見つけると、「あなたさんの好きなのがあったよ!」と絶対呼びに来るので、嫁は撮影せずには去れなくなるのでありまする。

せっかくなので...
P1070273.jpgMrにも 赤毛のアンになってもらいましたのだー
or  さぁ、どっち?
マスクを外して見せてあげたい所ですが、そこそこ似合っていたんじゃないかな(笑)

P1060916.jpgそりから、PEIに来たら食べねばならぬらしい、COWS Creameryのアイスクリーム!!
1983年にアンの里のあるキャベンディッシュで創業したアイスクリーム屋さんで、Mrが橋を渡る前から「食べる!」とうるさかったので、食べてみた。しつこくない甘さで、美味しかったよ。
他の店舗でも食べるつもりでいたのに、結局、このブルーベリーアイスで終わってしまったことが悔やまれる。

Charlottetownを通過中、Cowsの工場を見つけたんだけど、 立ち寄らずに手を振ったkikiさん。アイスクリームだけでなく、COWS グッズもあるので、興味のある方はサイトを覗いてみてくださいませませ。

P1060918.jpgアトランティックカナダ旅の出発前に、PEIには灯台が結構あることを知ったんだけど、Gatewayのインフォメーションセンターに立ち寄ったことで、PEI観光は灯台巡りとアンの里、グリーンゲーブルズに決定!
PEIの1泊目は、シャーロットタウン泊だったので、まずはコンフィデンシャルブリッジからシャーロットタウンに向けての海岸線ーRED SANDS Shore(赤土の海岸線)を走り、PEI観光スタート!
ちなみに、Central Coastal Drive (Green Gables & Red Sands shore)のループを1周すると、253kmだそうじゃ。
これから車でPEI観光される方への参考に 
http://centralcoastaldrive.com/
http://www.tourismpei.com/central-coastal-drive

私達がPEI内で最初に訪れた灯台は、私達が向かう方向で、地図上で最初に灯台マークがあった場所。

P1060920vb.jpgDSC_0180p.jpg
小さな町Victoria by-the-seaにあるVictoria Seaport Lighthouse

DSC_0183p.jpgP1060921vl.jpgP1060922vl.jpg
1879年に建てられた、高さ10.7mの灯台。リンクを貼ったサイトには、PEIにある灯台の中で2番目に古いと書かれているのだけど、ビジターセンターでもらった冊子を見る限りでは他に古い灯台があるのよねぇ。ん~
でも、2種類の違う導灯(range light)を持つ灯台は、PEIではここだけなんだって。

シャーロットタウンへ向かうまでの海岸線の景色 
DSC_0182p.jpgP1060930p.jpg
北海道に似た景色といわれるPEI。写真サイズがちっこくて申し訳ないのだけど、行ってみると「なるほどねぇ~」と納得する景色がいっぱいありましたよ。

DSC_0186p.jpgP1060941p.jpg
シャーロットタウンハーバーへと突き出た半島に,Fort Amherst National Historic Site(フォートアムハ-スト国立史跡)があり、そこに3つの灯台マークがあったので、行ってみたのだけど...私達が行った場所は広場とミュージアム(?入館していないので不明)があるのみ。海岸線に行ってみたら、1つ灯台発見!
右写真の未舗装道路を走れば、灯台を間近で見れたと思ったけれど、午後の半日でどこまで回れるか?の私達だったので、先へ進むことに。

RED SANDSの標識を見ればわかることだけど、本土側(ノーサンバーランド海峡側)の海岸線は赤土で、反対側のセントローレンス湾側が砂地のプリンスエドワード島。
引き続き、灯台紹介でいきますね~ 

プリンスエドワードアイランド州

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

コメント

素敵な夫婦

うちの人が、

『ロブスターをかぶらせたらkikiが一番やね』

『Mr、Wendy'sのお姉ちゃん完璧や!』

と言っていたので、MrさんのはWendy'sのお姉ちゃんじゃなくてアンさんよ、と伝えました。
kikiさんロブ子、妙にしっくりくるんですよね。

らすかる母さんへ

Wendy'sを見る度に、この写真のMrを思い出しちゃいそう。i-179
しかしですな、らすかる母ロブ子&Mr.トトロ Wendy's 姉ちゃんも結構ぴったりなんじゃないかと思いますよぉ~ 是非、やっていただきたいっ!!
次回ロブ子になる時は、らすかる母さんも一緒に!その時は顔も赤くして記念撮影しましょ!i-236

はじめまして!

突然のコメント失礼します。
この春、結婚してコネチカットに住むことになりました。
友人もいない場所で(しかも日本人も少なそうですし)、右も左も分からない状態をどうすれば良いか少し不安です。
まずは語学学校にでも通って知り合いくらいは作りたいと思っているのですが…なかなか家から便利な場所も見つからず、ちょっと困ったなぁと思っています。やっぱり、まずは免許を取らなくてはならないようですね><
kikiさんは、最初どのように溶け込みましたか?何かアドバイスいただけたら嬉しいです!

Kaoriさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。

春からCT生活スタートなんですね。未知の場所での生活は不安になりますよねぇ。
私は渡米して前任者の奥さんに会うまでは、CTには前任者家族しかいないと思っていたのですが、いる所にはいるというか、おそらくKaoriさんが想像しているより多くの日本人が住んでいると思います。Kaoriさんがどの辺りにお住まいになるかわかりませんが、1人の日本人に会えると芋づる式に出会えたりします(笑)
私の場合は、前任者の奥さんが、英語や生活のことを教えてくれていた、とある日本人の方のお家に連れて行ってくれたので、いきなり10-12人位の駐妻さんや永住の方達と会えまして。当時は週1集まっていたので、生活のことでわからないことはみんなに教えてもらえたし、前任の奥さんからESLについても教えてもらったりしたので、自分で調べることなくタウンのESL(無料)に通えたりしました。
来た頃は3年の期限付きでしたし、私は今より若かったので、英語が通じなくても当たって砕けろで今より行動的だったんですよねぇ...(汗)

車ですが、普段の生活には必需品なコネチでして。電車や路線バスが走っているエリアなら公共交通機関を利用できますが、車は運転出来た方がいいですょ、絶対。
アドバイスになっているようないないようなですが、KaoriさんにもCT生活を楽しんでもらいたいです!

ありがとうございます!!

突然のコメントにも関わらず、お返事ありがとうございました!
一人でも知り合いがいると心強いですよね。私も、当たって砕けろ精神で色々と顔を出してみたいと思います!
私は、Milfordの駅前あたりに住むことになりそうです。不安でばかりいても仕方ないので、楽しいことを考えて過ごしたいと思います☆
お返事に元気いただきました♪またホームページお邪魔します(^-^)

Kaoriさんへ

いえいえ、私のブログに立ち寄ってくれてうれしかったです。
Kaoriさんのお住まいはMilfordなんですね。3,4回行ったことがありますが、住みやすい所だろうなぁと行く度に思いましたよ。NYCも電車でピューっと行けますし、海も近いし。それから、MilfordやNew Haven方面には日本人は沢山住んでいらっしゃいますよぉ~! 

私は会員ではありませんが、もしKaoriさんがMixi会員でしたら、コネチコミュもあるので、そちらでもMilford在住の方を探してみたらいいかもですよ。住む前にどんな所か知れたら、渡米するのもちょっと楽しみになりますもんね。コネチでいい出会いがありますように!
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ