2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

プリンスエドワード島 ~灯台巡り2~ 

P1080791.jpg昨晩はMrと一緒に、そして今日も百羽鶴作りに集中していた午前中。
ESLのクラスメートだったシルビアから、同じくクラスメートだったマリアが手術を受け、入院している連絡が突然入った先週。突然行くのはどうかと考えたけど、先週の金曜日、お花を持ってお見舞いに。そしたら週末、22日はマリアの誕生日だとシルビアから連絡があり、なにがいいかなとMrと話したら、「やっぱり千羽鶴じゃない?」とMr。しかし、千羽分を折るにはどれだけ時間がかかるかわからないし、それだけの折り紙もなかったので、百羽で...でも、千羽と同じだけの気持ちはしっかり込めて折りましたのよ。
明日また会いに行くんだけど、この鶴が彼女にパワーを与えてくれるといいな、と願いたい。

では、My Blog #1571の続きのお話を~

P1060932pei.jpgシャーロットタウンへ入ると、R1へとドライブ。
シャーロットタウン観光はしていないけど、シャーロットタウンという名前は、1763年に英国王ジョージ3世の妃にちなんで付けられたんだってさ。
P1060943pei.jpg
PEI(プリンスエドワード島)が他と違う!とすぐ思ったのが、 信号!
赤が四角で、黄色が菱形で、青が丸だったかな。青になると、青が点滅するの。色だけでなく、形でわかる信号だったPEI。

P1060967pei.jpg
シャーロットタウンの中心部を通りすぎると、Central Coastal DriveのRed Sand ShoreからPoint East Coastal Drive(ヒトデマーク)を西に向けてドライブしたMr家。ここからはずっとヒトデマークに沿って走るのみ。

P1060948pei.jpg町中や住宅地を抜けると、牧草地と農地が広がる景色になり、藁をこれでもかっ!と積んでのんびり走るトラックを見たり。なんにもなーい!道になってしまうので、ランチなんぞも、たとえお腹が空いていなくても、見つけた所で買うか食べるかしておくことをお勧めしておきますかな。特にシーズンオフの時は。

P1060962pei.jpgPEI滞在の3日間の内、ランチなしでグラノーラバーとお菓子で栄養補給した日が2日あった...かな。初日はサンドイッチを食べた気がするけど、ランチのデジカメ写真がないので、たぶんレストランとかでは食べていないのだと思う。ビデオまでチェックしていないので写真から記憶をたどっているkikiさんでござい。

R1からR209へそれ、にょきっと突き出た半島の先端に向けてひたすら真っすぐドライブ。
R209はこの灯台へ行く為に作られた道という感じなんだけど、行き止まりの先端まで行くと、

DSC_0193pei.jpgP1060951pei.jpg
1845年に建てられた、PEIで一番古い灯台Point Prim Lighthouse(ポイントプリム灯台)に到着!

灯台のトップの赤い部分の形は、アメリカンフラットルーフの形だね。(My Blog #1568を参照下さいませ)


P1060959pei.jpgP1060961pei.jpg形が日本の灯台みたいなので、私達には馴染みのある、これぞ灯台!の形だけど、円柱型でレンガ造りの灯台というのはカナダ国内では2つしかなく、このポイントプリム灯台はその2つの内の1つなんだって。
=PEIの代表的な灯台ってことじゃい。
年代不明でいつの写真かわからないけれど、冬はこんな風な景色(←)になるみたいだよ。

本日のラストにもういっちょ!

P1060972pei.jpgWood Islandsフェリーターミナルの近くにある灯台で、その名もWood Islands Lighthouse!
フェリー乗り場近くを左に入るのだけど、その道が我らにはわかり難く、行ったり来たりしてしもうた。

この、広場にぽつん...の感じが結構好きな写真なり。この写真を撮った方向にもう1つ灯台があり、見に行ったけど、名前不明。フェリー用の灯台だと思うけど、写真のアップもやめときまふ。

P1060982pei.jpgDSC_0196pei.jpg
1876年に建設され、四角錐の灯台としては2番目に古いのでござ~い!大きさは6m四方で高さが16m。灯台を管理する人&家族が住む家の方は2階建てで6部屋あるそう。

P1060978p.jpg
残念ながら灯台もお土産屋さん(ここにあるらしい)も閉まっていたけれど、灯台を1周してみたら、ありましたのよ、これが
PEIで2回目のロブ子になってみたkikiさん。
この状況は、普段とは逆の立場ではありますが、まぁ~たまにはいいじゃろう。

ということで、本日はここまで! To be continued...

テーマ : アトランティックカナダの旅
ジャンル : 旅行

コメント

あはは、そうなのよね

お店ないのー。
すっごく寂しい島だから。
私もビックリしたけど
「あぁここじゃ妄想、もとい、空想するしか
やることないなー」って思ったもん!(笑)

私も出張で行った時、お店が全然なくって
(あってもやってないし)でビビリました。

こういうところでは、見つけた時が「食べ時!!」
ですからね。
グラノーラバーがあってよかったですね(^^)

Hiromiちゃんへ

PEIに行ってみて、ドライブしてみて、「ここって観光地だよね?」と何度言ったことか(笑)シーズンオフだからかと思ったけど、名がつくドライブルートでも畑道でなーにもなかったりするんだよねぇ。私もびっくりしましたぜ。
いつも旅の時は、パンにハムなんぞを買っていつでもサンドイッチが作れるようにしてたり(ハイキングする時はね)、グラノーラバーも大抵持参するので、PEIでも空腹で嫁がイラつくことなく、Mrもよかったんじゃないかと。ワハハ
でも、どこもかしこも観光地化されているより、雰囲気も人も自然のままな感じがいいなぁって思ったPEIなりよ~
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ