2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

ルートキャナル治療、本日終了! の巻

今日、10時の予約でルートキャナルの治療をしにドクターの所へ・・・4時過ぎになってやっと麻酔が切れたな、と感じることが出来たけど、それと同時に鈍い痛みが。痛みが強くならないといいんだが。

今日は、オフィスに到着したのが5分前。それなのに駐車場がいっぱいで車がとめられず orz オフィス前の道路に縦列するしかなかったんだけど、時間がない時に限って、1台分ぎりぎり止められるスペースしかなく orz
しかーし! 1発でぴたっと入れられちゃって うほほ~ すばらしかねぇ~
焦りからここに入れないといかん!という気合が入ったみたいだわ。一瞬、これからの治療のことを忘れたけど、ダッシュで出向き、受付を済ませた後は緊張と不安で気持ちがた落ち。

やるしかないのに、覚悟が出来ないまま診察台へ。治療前、クラウンの下が虫歯になっていた場合、虫歯の大きさによってはクラウンを作り直さないといけないかもしれないと言われ、マジかよ・・・ そこから治療が終わるまでは、ばーちゃまじーちゃまに“問題なく終わりますように見守ってて~!!”とお願いしまくりだった孫。

麻酔の針は何回さされたかわからないけど、計3回、麻酔注射され、2回目の時は、「麻酔が効くまでに時間がかかることがあるので、少し待ってください」とお願いしたら、しばらく待ってくれたんだけど、ラストにもう1発。やられる前に「これがラストですか?」って聞いちゃったさ。その後は、左側の舌、顎全体ががっつり麻痺。

最初、がりがりとアスファルトを掘るかのように勢いよく削られ、その後は、毛の生えた針金みたいのでパイプ掃除をするみたいなことをしていたドクター。途中と最後にレントゲン撮影&チェックをし、予定通りの1時間後、「問題なく終わりましたよ」と言われ、深いため息一つ。そして、じーちゃまばーちゃまにお礼を言い、本日の戦い終了となった。どうやらクラウンのリメイクは避けられたみたい。おそらく虫歯の治療もやってくれた・・・はず。
悲しいお支払い額は$466なり  追加料金が発生しないことを願う今。

車に戻ってから鏡で見たら、クラウンは外さずに、クラウンごとがりがり削って神経根管治療をしてあった。思ってもみなかったやり方で鏡に映る奥歯をしばし眺めてしまった。きっとこれでいいのだろう。

ところで、アメリカの歯医者って、正しくは、私がかかった歯医者の場合だけど、先生と助手が雑談しながら治療するのよね。患者としては、“先生、ちゃんとやってる?大丈夫?”と不安になるのでやめて欲しいのだけど、これも文化習慣の違いだわねぇ。日本の歯医者で、タオルで目隠しされながら治療されるのも嫌なんだけどねぇ。

この治療で、今まで感じていた痛みがすべて消えてくれて、これ以上の治療は必要なくなり、固いものでもバリバリとなんでも食べられるようになりますように!! 

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

コメント

よかったね

無事治療が終了して良かったです

歯の治療は好きになれません(って、好きな人いないわよね)
特にあの歯を削る「ガリガリ、きゅいぃ~ん」って音!
あの音を聞くと体が硬直します

ところで先生と助手の「雑談」
あれって患者をリラックスさせるためなんじゃないかしら?
(全然大丈夫ですよ~、痛くないですよ~、直ぐに終わりますよ~)って感じ

幼少の頃、日本で扁桃腺の切除手術を受けた時、執刀医の先生と
看護婦さんは手術の間じゅう、手術と全然関係ない雑談をしてたわ

まぁ患者とすれば、雑談だろうが真剣な話だろうが思うことはひとつ・・・
(早く終われ~、痛いの嫌よ~、ひょえぇぇ~~)

Madam Ballさんへ

先日は、楽しい時間をどうもありがとうでした!

ルートキャナル治療、行ってきましたょ〜 治療した奥歯のある左側で食べるとまだ痛むので、治療完璧なのか?という状態なんだけどね。

今回はいきなりガリガリゴリゴリ削られたので、のっけからビビって硬直しまくりでしたわ。肩凝っちゃうのよねぇ(笑)でも、口にビニールのような物をぴったりとセットされ、口の中に削られた歯が入らないようになっていたみたいでね。自分の目で見ていないので上手く説明が出来ないけれど、口をゆすぐ事なく、治療が終了したという、お初体験してきました。

先生と助手の雑談は、やっぱりリラックスさせるため、意識を治療に集中させないため、という目的があるのかぁ...雑談されてもリラックスは出来ないけど ワハハ
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ