2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

Frank Lloyd Wright スタジオツアー! の巻

帰国のお話が終わりましたが、更に時を戻しまして・・・
シカゴのお話をちょろり記したいと思いまふ。

まずは、K子さんと一緒に出かけたお初の場所、Frank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)のスタジオツアーをご紹介。

場所は、2年前に行ったOak Park。ヘミングウェイミュージアムと生家 (My Blog #1368) のある最寄り駅はグリーンラインのOak Park駅だったけど、フランク・ロイド・ライトのスタジオはグリーンラインの発着駅、Oak Parkの次の駅Harlem/Lake駅。ダウンタウンからオークパークまでの途中のエリアはかなり治安の悪いらしいのだけど、オークパークは緑も多く、古きよき閑静な高級住宅街という感じのステキエリア。

P1110081.jpg建築の街、シカゴ。
私みたいに知識も興味もそれほどない人でも面白いデザインのビルを見つけたり、見たりするのは楽しいので、建築家、建築を学んだこと&興味がある方は、シカゴはより魅力的な街だと思う。
その代表的な建築家の1人であるのがフランク・ロイド・ライト氏

NH州にも彼の設計の家があったと思うけど、一度見学してみたいと思っていたので、シカゴ滞在中に行けたのはうれしかった。
前日、1:20のツアーのチケットをネット購入したのだけど、早めのランチをしたはずだったのに、駅を降りたのが1:20過ぎ・・・控えてあった連絡先に電話を入れ、「今、駅に着いたのですが、次のツアーに参加できますか?」と聞きながら足早に向かった私達。点滅し始めた横断歩道を渡り始めた時、目の前に見たことがある人が銀行から出てきて、足早に横断歩道を渡ろうとしていて、「あ~!Tさん!!」
シカゴでもお仕事をされているスーパーウーマンさんにばったり。このスタジオツアーも「スケジュールが合えば、私が案内します」と言ってくださったのだけど、私達が事前に予定を立てることが出来ずで。
ばったりでもまさかシカゴで会えるとは思っていなかったので、この偶然に驚きながらスタジオへ。

P1110113.jpg15分ちょっと遅れて到着し、予定のツアーの途中から合流することに。スタジオ&家の中はほぼ最初から見れたのでよかったよぉ~

ツアーコースはいくつかあり、スタジオツアーだけなら大人$15.00。写真撮影者は+$5なので、申し込み時に忘れずに!

私だけ写真撮影の$5を支払い、各部屋の写真を撮影してきたけど、室内の写真を載せていいものかどうかわからないのでやめておきますね。
中のデザインは意外にも洋いうより和。日本家屋を洋風にした感じとでもいいますか。全部屋フローリングだったから、色鮮やかなカーペットもなく、落ち着かなそうな壁紙もなく、木の質感、デザインされた窓から入る光が落ち着く家という印象のお家なり。

興味深かった所は、

スタジオを造った時に住居と繋げた渡り廊下の所には、建築時にあった2本の柳の木をそのまま生かし、家の中に幹が入った状態で作られていた所だったり、

出窓のあるダイニングルームのダイニングセットもライト氏のデザインで、背もたれが高いイスに。この部屋の床はテラコッタ。隣の家が出来た際、プライバシーを考えて出窓の下半分をふさいだ、というところだったり。天井の装飾格子には当時は和紙が張られていたんだって。

他には子供のプレイルーム。
ドーム上の天井のこの部屋の手前には狭くて長めな廊下を通るので、この部屋に入るととても開けた場所に出た気分になり、装飾格子の天窓がきれいだった。
入り口側にはオルガンとピアノがおいてあり、壁側には2階席が。音楽をより良く聴けるようにということだったみたい。ピアノは無駄なスペースを省くため、後ろの足を取り、壁を突き破って設置されているというね。なので、この部屋の裏手にある階段を下りると、頭上に足がないピアノが。これもデザイン?!と思っちゃったけど、思い切ったことをされましたなぁ、ライドさん(笑)

スタジオの方は、製図室、応接兼図書室があったり。製図室は天井に鎖があったりして(天井を支えるため?)、建築と工学の研究実験を兼ねていたらしい。応接兼図書室の方は、八角形の造りで、壁に沿って本棚があるんだけど、中が見えないようにドアがついているので、見た目、本棚には見えないという。そのドアは製図等が張れる様になっているという工夫が。

その後、外へ。

P1110083.jpgP1110084.jpg
上の建物の全体の写真でいうと、赤い車が停まっているちょうど中央部分の所なんだけど、かな~り悩んでいる方がいたり、柱にはコウノトリがいたり。

柱のモチーフは、上にある木は命を表し、木の下にある本は知識を、コウノトリは知恵と豊かさを表しているんだったかな。

建築のことを知らなくてもなかなか楽しめた自宅とスタジオのツアーだったけど、建築に詳しかったら、目に付かないような所も見たりして楽しいだろうな。シカゴには他にもライド氏建築設計の家や教会があったりするので、シカゴ観光の1つにどーでしょーかー。

自宅&スタジオ周辺にもライト氏設計の家があり、オーディオツアー(有料)で見て回ることも可。

自宅&スタジオのすぐ近くにある こちらの家は、ライド氏が働いていた設計事務所を辞めた後に独立したのだけど、独立後、最初に設計した家なんだそう。1895年建築の家だけど、1922年12/23、夜中2:24に火事が発生し、3階と4階部分が焼けてしまったそう。その後、再設計され建てなおされたんだって。

P1110117.jpgP1110115.jpg

こちらはライト氏の設計かどうかわからないけれど、行きは周りを見て歩く余裕はなかったので、帰りはステキな家を見ながら駅へ。
P1110119.jpgP1110120.jpg

P1110121.jpg
駅前の商店街の路地では、映画やドラマではなさそうだったからCMではないかと思うけど、撮影をしていたの。
アメリカに来て初めて見た撮影風景。

K子さんも言っていたけど、機材とか結構あるものなんだね。


撮影をしていた場所のすぐ隣にあるケーキ屋さんでお茶をした私達。

P1110125.jpgP1110124.jpg
P1110123.jpgSugar Fixé Pâtisserie
119 N Marion St.,Oak Park, IL 60302

3歳ぐらいのかわいらしい娘ちゃんを連れた日本人のママさんも2人の秘密のお茶タイム?!を楽しんでいたけれど、私達がいる間にもケーキを買いに来るお客さんやカフェタイムしに来たお客さんが多く、地元人気のお店みたいだったよ。
K子さんはシュークリームを、私はキーライムタルトを 美味しかった!

シカゴに行ったのも随分前のことのように感じるなぁ。あと2箇所ぐらいシカゴ観光紹介しますね。
では、Have a nice weekend!! 

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

あぁ、行きたい!

フランク・ロイドって私すごく好きなのよね

シカゴに行ったら絶対行きたい~!ってずっと思ってます
シカゴのCity centerからOak Parkまでって電車の所要時間どのぐらいなの?

Madam Ballさんへ

あら、そうなのね♪

Oak Park周辺にはフランクロイド建築の教会とか家がちょこちょこあるようだし、ハイドパークの方にもありますのよ。Madam Ballさんならすでにご存知だよねぇ。

ダウンタウンのループからだと、Oak Parkまでは電車に乗っちゃえば30分ぐらいかなぁ。ハーレムの駅からはのんびり歩いて15分位かな。でもね、乗車時間だけを頭に入れて出かけると、私達みたいに遅刻しちゃうから気をつけて!!
他のラインの電車は続けて来たのに、グリーンラインの電車がなかなか来なくて駅で15-20分近く待ったの。時間帯によるのかもしれないけど、駅から1時間では遅刻でした・・・i-229
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ