2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

Adler Planetariumに行ってみた! の巻

週末から暖かめな日が続いてるコネチ。また気温は下がるようだけどねぇ。

週末のお話はまた後日にしまして、シカゴのお話をもういっちょ!

シカゴには3回?4回目?だったけど、出来るなら行ったことがない場所へ!ということで、Mrが仕事を休めた土曜日にAdler Planetarium(アドラープラネタリウム)へ。正直言うと、プラネタリウムへ行きたかったというより、ここからの景色を眺めたかっただけなんだけどね(笑)

2年前、ここから眺める夜景がきれいだということを知った私。でも、展示会が始まってしまうと、kikiさんも会社の皆さん達と食事をご一緒させてもらうことがほとんどなので、夜、この景色を見に来ることは難しく、やはりプラネタリウムからの景色を眺めることが出来なかったのでござい。
今回はダウンタウンのホテルに宿泊ではなかったので、土曜日の昼間、そしてパーティー後、ホテルに戻る途中に寄り道が出来まして、念願叶う!だった2012年のシカゴ。

まずはその景色から!
P1100831.jpgP1100894.jpg
このポイントからは、ミシガン湖の遊覧船に乗らなくてもミシガン湖の沖から眺めたような、シカゴダウンタウンの景色が見られるのでございまふ~
天気もよかったし、観光バスも停まったりしていたので、沢山の人がこの景色を眺めていた午前中でしたわ。

ダウンタウンのスカイスクレーパーをズームアップしてみると、
P1100881.jpgP1100882.jpg
左上写真から、アメリカで一番高いビルであるウィルスタワー(旧シアーズタワー)

P1100883.jpg右上の写真 で一番高いビルはAon センタービル。アメリカで4番目に高いビルなり。三角屋根のビルを挟んだ左側のビルは、シカゴでは新しいビルの1つであろうトランプホテル&タワー

左写真で一番高いビルが、ジョンハンコックセンタービル



そして、夜になると~~

P1110145a.jpgこないな感じになりますの。
kikiさんはここからのこの夜景を見てみたかったの~! 
ジョンハンコックタワーやウィルスタワーの展望台から見る夜景には負けるけど、ここからの夜景も 十分楽しめましたよ。観光なんて出来なかった出張者さん達にもこの景色を見せることが出来たので、余は満足じゃ!になりましたよ。

P1110148a.jpg
少しズームアップするとこんなでございまふ~~

ホテルがダウンタウン内だったら、夜にわざわざここまで来ることはなかった(出来なかった)だろうから、この点だけに関しては、ホテルがダウンタウンから離れていてよかったなと思ったこの日。
出来るなら、シカゴではダウンタウン内のホテルに滞在がベストですがね。


P1100888.jpgそして、本題のプラネタリウムがこちら。
Alder Planetarium

入場料だけなら、大人$12.00 3-11才までの子供は$8.00。私達はシアターでの映像2つを選ぶパッケージにしちゃったので、1人$28.00だったけど・・・2つめはそれほど面白みがなく。その場で決めるより、事前にチェックしておくことをお薦めしまふ。

P1100842.jpgP1100840.jpg
こちらは火星探査機のレプリカ。見た瞬間、“あら、意外と小さいんだ・・・”と思ったのだけど、宇宙へ、火星へ運ぶものなんだから、大きすぎては駄目だよね。
その火星だけど、太陽から火星までの距離が93,000,000マイル(148,800,000km)だってさ。
全然わから~~~ん!!

P1100857.jpgP1100859.jpg
やっぱりアメリカですからアポロコーナーもあり。アームストロング船長はこの夏に亡くなりましたけど、本当に月に行ったのか?月面を歩いたのか?人類の大きな一歩は本当だったのか?私も真実を知りたいですわ。

展示物に飽きてきた嫁は・・・
子供エリアに出向き・・・

P1100866.jpgP1100870.jpg
顔出しを見つけ、子供エリア外にいたMrを無理やり呼びつけ、写真撮影を楽しんできた。

「そこから顔出して!!」と強制的に顔を出す羽目になったMrは、全然楽しそうじゃない顔の宇宙飛行士になり、嫁は 宇宙出ちゃったよぉ~ビバ☆ビバな顔で パチリ。
もっと楽しもうぜ、Mrさんよ。

P1100873.jpg
こんなどうでもいい写真をアップし、内容のないプラネタリウム記事になってしまいましたが、このアドラープラネタリウムは、1930年に西半球で最初に作られ、そして現存するプラネタリウムとしては最古!!コレクションの数も西半球一なんでございますよ。

・・・ということを、このプラネタリウムに行ったその日の夜に知ったMr家。ミュージアムでも下調べはそれなりにしておかねばいけませぬ、はい。

P1100875.jpgP1100877.jpgこれは日時計の手時計。
方角が全然わからないけれど、もし遭難して時間を知りたい時は、太陽と手さえあればおおよその時間がわかる・・・かも。こういうものを小学校かな?学研の「科学と学習」かな?やったことがあるようなないような。

天文展示品の1例にこれを挙げるのもなんですが、天文に関する昔の道具などの展示も多数あり、天文に興味のある方には楽しい場所であることは間違いないでしょう。
kikiさんが興味を持てた所は少なかったのだけど・・・プラネタリウムはやっぱりいいなぁ。単純に だけを楽しめたらそれで十分というレベルな人なので(汗) でも、プラネタリウムのあの空間と暗闇はちょっとしたリラクゼーションですよねぇ。

2年後、またシカゴに行くか(行けるか)どうかわからないけれど、今年も私の分のシカゴチケットを用意してくれた米会社とMrボスのギャリ男君に感謝!

では、おやすみなさい。  

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

私も好き!

私もプラネタリウム、大好きです!
小学生の頃は毎年区の施設にあるプラネタリウムを見に行くのが
何よりの楽しみでした♪
子供向けだからか、ギリシャ神話のお話とからめてお話してくれるのが
楽しかったです。うふ、私意外とロマンチックだったのねー(^^;)

ご主人の出張に付いて行けるって嬉しいですよね!
うちも私のチケットも用意してくれればいいのになーって、私も思ってたりします(笑)
ま、駐在はうちだけじゃないですから無理ですが。。。

シカゴもいいですねー。

私達夫婦が在任中にkikiさんとこに行くorこちらに来てもらうor
kikiさんとシカゴ旅行♪とか(^^)できたらいいなーと思ってます☆

Hiromiちゃんへ

いいよねぇ〜 プラネタリウム。
ギリシャ神話かぁ... そういう次元でいいから長めな時間でプラネタリウムでv-354を楽しみたいなぁ。寝ちゃいそうだけど(w 

旦那の出張先に行ってもいいかと思えるのは2年毎のシカゴだけよ。他の出張先は工場地帯等の周りになーんもない場所がほとんどだから。それに一緒に行けるように手配してくれるのはもちろん日本の会社ではなく、出向先の米会社。加えて今のボスになってからなの。有り難い事です。

Hiromiちゃん夫婦がコネチに♪私達がDHへi-276そしてHiromiちゃんと息子氏と?シカゴ旅i-237
どれも実現出来そうな気がするよ!楽しみだぁ〜〜
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ