2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

Country Music Hall of Fame and Museum! の巻

テネシー州ナッシュビルの観光話を続けていきますね♪

P1120144240.jpg2012年12月24日(月)
この週のナッシュビルのお天気はこんなじゃった。
この日の最高気温は14度(57F)で、旅行中一番暖かかった日となったクリスマスイブ。行くまではテネシー&ケンタッキーではダウンは不要だと思っていたのに、この日以外はダウンは必需品でしたとさ。
徐々にお天気がよくなる予報通り、傘なしで楽しめた1日になりやした。

私達が宿泊したホリデーインエクスプレスもブロードウェイ通りだったのだけど、この通りには古い建物が結構ありまして、

P112028024.jpgP112014524.jpg
今は高校になっていたけど、ナッシュビルで最初に出来た、1855年2月26日開校の公立学校あり。157年前に3階のブロック建ての学校なんてすごいよね。

P112027824.jpgこちらは税関ビル。
今も現役税関なんだと思うのだけど、詳しくは知らず。

この通りには3つ4つ古そうで立派な教会もあったのだけど、半日もあれば歩いて回れるダウンタウンなのに、そこに一体いくつの教会があるんだか?ってぐらい、教会が多かったナッシュビル。


そして、この日の最初の目的地、Country Music Hall of Fame and Museumへ!
P112015224.jpgP112015624.jpg
Broadwayから1本奥へ入った通りにあるこちらの建物が、カントリーミュージックの殿堂&ミュージアム。
入場料は大人$24と安くはないんだけど、観光フリーペーパーをペラペラめくれば$4オフ券があるので、それを利用するのがよろしくて。
P112022124.jpg出入り口に飾られていたリースが楽譜で作られていてこういうアイディアもありかとパチリ。

1階のホールはこんな感じ。
開放感たっぷり。ギャラリー、お土産屋、軽食も楽しめる場所もあり。
チケットを購入後、エレベーターで案内され、3Fへ。

P112016024.jpgP112016124.jpg
展示をみる前に、8/24/12から展示が始まったPatsy Clineという歌手の展示から。
Mrも私も知らなかったんだけど、彼女は、カントリーミュージック&ナッシュビルの黄金時代を代表する歌手で、彼女がいたからこそ、今の女性カントリーミュージシャンがいる!といっても過言ではないぐらいの方だったみたい。日本で言うと美空ひばりみたいな感じなのかなぁ。

P112016624.jpgP112016724.jpg
残念ながら、1963年にマネージャーが操縦する飛行機の墜落により亡くなってしまったそうなのだが、そんな彼女の映像、衣装や宝石などが展示されているコーナーなり。彼女の宝石箱がオルゴール付きの日本製、コレクションがソルト&ペッパーで、そういう所ばかり目が行ってしまった私であった。
興味がある方は1曲どうぞ Patsy Cline - I Fall to Pieces

メイン展示の方は、時代に沿ってカントリーミュージックの歴史を見ていく感じ。音を遮断したコーナーで音楽を聞き、モノクロ映像を見、当時の楽器や衣装などなど〜

P112016924.jpgP112017624.jpgP112018424.jpg

若い人というより、私達の親、祖父母世代の方が多かったのだけど、その世代には懐かしさいっぱいのミュージアムなのではないかと。私世代で言うと80 & 90年代の懐メロ館とでも言いますか。

P112020324.jpg6,7才の女の子がおばあちゃんと一緒に見て回っていたのだけど、その2人の姿がなんともいい感じでね  「おばあちゃんが若い時はね〜」と説明していたのだと思うけど、アメリカ人にとってはジジババと孫の交流の場にぴったりな場所かもしれませぬ。

2階の展示の突き当たりには、ゴージャスな車が2台。

P112019024.jpgP112018924.jpg
P112018624.jpg
1台はこの方のお車。
Webb Pierce - 年代的にはエルビスプレスリーと同じぐらいのよう。
レザーで覆われた車内もすごいけど、ドアノブが銃、ボンネットにライフルとかあちこちに銃。ここに行かれたら、いくつの銃が飾られているか数えてみるのもいいかもしれませんなぁ。

P112019124.jpgP112019424.jpg
そして、こちらがエルビス・プレスリーのキャデラック。
前からの写真が今一つだったので、後ろからだけですいません。

ウェブさんに比べたら、シンプルすぎるキャデラックだったけど、コンバーティブル(オープンカー)ではないので、車内の様子も写真に上手く収めることが出来ず...

P112019624.jpgP112019824.jpgSolid Goldというだけあって、シンプルにゴールドな車内。TVも付いていて、広々~ こういう車は運転手ではなく、後部座席にゆったり座って快適なドライブを楽しむに限る!長距離の場合はうちらみたいに車じゃなくて飛行機でしょうけど・・・

エルビスさんはゴールドがお好きだったのか、ピアノまで真っ金金


P112020624.jpg2Fに降りると、夫婦漫才的な写真にちょっと笑みがこぼれてしまいましたが、キング&クィーンのデュエット歌手のコーナーがちょろりあったり、P112020924.jpgThe Bakersfield Soundといって、50年代中旬頃、ロスの北の辺りにあるベイカーズフィールドという街周辺で生まれたカントリーミュージックのジャンルがあったそうで、その衣装やらギターなどの展示もあり。
この衣装なんて、ザ・カントリー!って感じだよねぇ(笑)

The Bakersfield Soundについての動画 http://youtu.be/C3T0poYYXVc

他にも豪華衣装から楽器やらずらずらっとで展示されていて、

P112021124.jpgP112021324.jpg
やっと現代へ。Mrの好きなテイラー・スウィフトの衣装(右写真の右ドレス)やキャリー・アンダーウッドの衣装(右写真の黒い方)もありましたよ。嫁は「ほそっ!!」TVから想像するより細身なドレスに憧れの目で眺めてきましたとさ。

ラストは、カントリーの殿堂へ。

P112021824.jpgP112022024.jpgカントリーミュージシャンを知らない方でも、この人は誰もが知っているだろうってことで、エルビスさんパネルをパチリ。
1977年に亡くなっているけど、殿堂入りしたのはそれから11年後の1998年。売れたから、人気があったからいいというだけでは殿堂入りは出来ないのね。

長くなってしまいましたが、これにてCountry Music Hall of Fame and Museumのお話終わり~

次のお話は・・・ To be continued

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします。
懐かしきネテシ~のナッシュビル~
今年もKIKIさんの生活&旅行記を楽しみにしておりまっす!
(旅行の通り道だったらいつでもお立ち寄りくださいね~)

LLbeerさんへ

こちらこそ、今年も宜しくお願いいたしまーす!

テネシー行って来ちゃいました。LLbeerさんがいる時にメンフィスまで行けたらよかったんですけどねぇ...i-241 帰りにDCに寄っちゃうか、という話も出たのだけど、移動厳しいか、ということでまたの機会になっちゃいました...i-241
この日のナッシュビル以外寒かったけど、なかなか楽しめた旅になりました。
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ