2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
     

スコッティッシュ居酒屋! の巻

IMG_20130330_183006v.jpgIMG_20130330_182305-1.jpg本日もまたバーモント州オキモスキーのお話でござい。

バーモント州のルートの標識にはVERMONTの文字が入っているのだけど、CTは州名が入っていないので、なんかいいなぁ~と見る度に思うkikiさん。
お宿のFullerton Innも古い建物だったけれど、その周辺も古そうな家が多かったChester, VT。
VT州の町って、古い家が沢山残っている所が多いなと思うのだけど、大きくはないその町の古き町並みや家を見ながらのドライブが結構好きだったりするアタクシ。


では、本題へいきまっしょい。
2泊3日のオキモスキーでは、珍しく2晩とも同じ所にご飯を食べに行ったMr家。
宿泊したFullerton Innの食事もなかなかいいらしく、スキーの帰りなのか?ご近所さんなのか?食事だけ食べに来ていた人も結構いたんだよね。なので、2日目はお宿で食べよう!と思っていたのだけど、

P1130367m.jpgここ、MacLaomainn's Scottish Pubに足を運んでしまいましたの。

MacLaomainn's Scottish Pub
52 South Main Street, Chester, VT
802-975-6227
yelp.com - MacLaomainn's

お店はそれほど大きくはなく、その狭さ加減にちょうどいい居心地感があって、飲みながら何度「こういう店なら、私も開きたい!」とか言っちゃって アハ
お客さんも落ち着いた人が多いので、ちょっと大人な居酒屋みたいなね。そんなんで2日連続で通っちゃったのよねぇ。お店のドアを開けたら、お客さんが一斉に視線を向けてくるんだけど(VT州は白人州だしね)、そんなことにひるまずに気にせず空いている席に座っちゃっう~ 近所にこのスコッティッシュパブがあったら、毎週末足を飲みに行っちゃいそうなぐらい好きな雰囲気のパブでございましたわ。
P1130348m.jpgビールは、生(ドラフト) or ボトルのどちらかで、VT州とスコットランドビールが飲めますの。

P1130351m.jpg初日の1杯目は、MrはスコッティッシュビールのBelhaven Ale(左)、私はSwitchbackというバモントビール(右)にし、乾杯
Mrの2杯目もスコッティッシュビールで、Twisted ThistleというIPAだったかな。

どちらのビールも飲みやすかったんだけど、久しぶりのスポーツ後に飲んだビールは、体に勢いよく浸透していきまして、私は酔いが回るのが早かったなぁ。
Mrの後方に、キルトを着たおじさんがいるのがわかるかな?奥さんも民族っぽかったんだけど、ここに来る時は正装が常なのか?どこかでバグパイプを演奏した帰りなのか?わかりませぬが、お陰で私の気分はスコットランドォ~!

そして、初日のディナーはこちら。

P1130357m.jpgP1130356m.jpg
せっかくならスコットランド料理を楽しもう!と思い、私はHaggis, Neeps & Tattiesというプレート(左)、Mrはスパイシーな豚挽き肉が入ったスープ。
注文する前に、「ハギス、ニープス&タティーズってなに?」とウェイトレスさんに聞いたら、「ハギスはマトン肉をハーブとかで調理したもので、ニープスは蕪を煮込んだようなもので、タティーズはマッシュポテトよ」と教えてくれたので、「じゃぁ、これをトライしてみる!」と注文したら、「Oh~, you're so brave.(あなた、勇敢ね)」と言って私達のテーブルを離れていったのであった。

「ブレイブって・・・ブレイブってどういうこと?まずいのかな?なに?なんだろう?」とMrに向かってブツブツ言ったら「さぁ~ねぇ~ 来てみないことにはわからないねぇ~」思いっきり他人事の夫であった。

でもね、これが美味しかったのよ。調べたら、ハギスっていうのは羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でた スコットランドの伝統料理だそう。この日、このプレートを食べている人は見かけなかったけど、翌日、4人組の3人がこれを食べていたし、他の4人で飲みに来ていた人もこのプレートをシェアーして食べていたので、食べておくべきものを食べた気がしてうれしくなりましたわ。

Mrのスープもボールの大きさから想像するより食べでがあったよう。野菜もいっぱい入って美味しかったよ。

IMG_20130330_183632-1.jpg翌日の3/30(土)のビールはこちら。

私はビールメニューからではなく(メニューに載っていないビールもあった)、サーバーのハンドルを見てオーダーしたんだけど、見た目同じビールがテーブルに運ばれ・・・2人して「あれ?同じの頼んだっけ?」

色も泡の具合もそっくりだったけど、テイストはディファレント!(Mrは、最初、同じじゃん!と言ってたけどね)
Mrは前日と同じベルヘブンのスタウトを、私はスコッティッシュエールだったんだけど、ベルヘブンスタウトの方が酸味があったなぁ。

IMG_20130330_185133.jpgIMG_20130330_190432.jpg
IMG_20130330_190454.jpgこの日は、Mrが肉を食べたい!と言い、ウィングを食べ~の、ビールを飲み~の、Mrはバーガーに食らいつき、私は、チキン&マッシュルームパイをバクバク。
このパイはヒットだったなぁ。
「やばい、やばうま~!今、私が食べたいもの、味の好みが一致しただけのことかもしれないけどさ、やばいよ、やばい!」酔いも回ってか、やばいリピートで食べていた嫁であった(笑)


来シーズン、Okemoスキー場にスキーに行ったら、行くぞ、MacLaomainn's Scottish Pubへ~! 
MacLaomainn'sに行くためにOkemoかな  

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

コメント

Yes, you ARE brave!

怯むことなくハギスを注文し、「美味しい~!」とのたまったkiki番長は勇敢だと思います
アタクシは本場で一口食べて撃沈しました

だってあれ、めっちゃマトンが匂うじゃん!
ラム肉loveのアタクシですが、あれはいけません・・・

さすがkikiさん♪

ちゃんとお店の名物料理を食べたんですねー(^^)
なんか嬉しい気分、わかります!!
どうせなら、そのお店でしか食べられないものとか
ここで食べないでどうする!?ってのをオーダーしたいですよね。

臓物系は当たり外れが大きそうだし、ましてや羊・・・
確かにbraveかも~(^^;)
私ならダンナにオーダーさせて一口もらう戦法にします(笑)

食事がgoodだと旅の思い出もより一層よくなりますよね。

☆ ☆

v-527Madam Ballさんへ

マトン臭さはなかったのよー ・・・たぶん。
ラム肉は私も好きだけど、マトンは今まで食べたことがなかったの。(私の記憶では)
なので、お肉の臭み加減がわからないから注文出来たという話もありかな。
ブレイブと言われた後、「マトンって臭いっていうけど、きついんだろうか?北海道のジンギスカンはどうだった?」とMrに聞きながら、かなり構えて待っていたのだけど、私、ここのハギスなら、お替りプリーズでガツガツ食べれるわよぉ~♪

勇敢な田舎の番長マダムでした i-280 オホ

v-527Hiromiちゃんへ

どうせなら食べたことがないものを食べたい!という気持ちはあるので、冒険するタイプなのだけど、「やっぱりあっちにしておけばよかった!」ということも多々ありまするのよ。プププ
でも、注文時にハギスが臓物系だとわかっていたら、食べなかったかも~(笑) レバーは好きだけど、基本、臓物系は苦手なので。

美味しい物を食べると、ハッピーになるよね。それが旅先だったら、なおのこと~!!
いいお店に出会えたスキー旅でした。

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ