2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
     

イギリス旅 ロンドン編 その2

My Blog #1830の続きといきましょ~

2013年5月26日(日)

ラッシュアワーな混み具合だったUnderground(地下鉄)で、Tower Hill駅まで行き、ロンドン観光スタート!
駅に着いたのは、10時半位だったかなぁ。最初に立てていた計画では(2、3ルートの候補あり)、リバーボートに乗り、テムズ川からの眺めも楽しむ予定だったけど、これは断念。でもって、予定にはなかったテートモダンに立ち寄り、眺めがいいというカフェでティータイムしたMr家。

タワーヒル駅からののMr家の足取りは


大きな地図で見る

P1130839tb.jpg25日の夕方出発。フライト時間7時間で、ロンドンに6時半到着というスケジュールなので、ほぼ24時間起きている状態の初日。午後の時間がキツかったわぁ〜

タワーヒル駅から、少しロンドン塔に沿って歩いたらタワーブリッジが見えて来た。(右手側:ロンドン塔、その奥がタワーブリッジ)
よっしゃー、行くぞ!と気合いを入れ、自分の気持ちを盛り立てていた辺り。せっかくお天気に恵まれたのだから、二日酔いを吹き飛ばさないともったいないもんね。
こちらがTower of London(ロンドン塔)

P1130842tb.jpgP1130847tb.jpg
これがロンドン塔だよ、と言われても、イマイチわからない写真だけど、11世紀にウィリアム1世という人が要塞として建て、その後500年に渡って増築され、王宮、要塞、牢獄、処刑場にもなり、今現在も王室の建物。
その歴史から、お化け屋敷なイメージが強いのだけど、ここには、世界最大のダイヤモンドや、即位の時に使用される王冠や宝飾品がここに展示されているそうな。

*ウィキベディアーロンドン塔

中に入りたかったMrだったけど、時間の都合上、外から見るだけ。対岸から見たら、すっっ〜ごい人だったので、それを見てMrは諦めがついたみたい。チケットはオンラインで買えるので、次回またロンドンに行ける時には見学しましょーなー

そして、Tower Bridge(タワーブリッジ)

DSC_0023tb.jpgDSC_0008tb.jpg
P1130850tb.jpgDSC_0019tb.jpg
1894年に作られたゴシック様式の跳ね橋のタワーブリッジ。
時間があったら、歴史博物館になっている塔、そして南北を繋ぐ歩道橋(上の2本)も歩いてみたかったけど、ここもまた「時間があったらねぇ〜」で会話終了。
跳ね橋が上がっている姿を見たかったけど、そのようなチャンスには恵まれなかったので、橋が合わさっている境界線の部分でパチリ。

P1130851tb.jpgDSC_0028tb.jpg
絵になるタワーブリッジなり。

ロンドン塔の対岸にあるのがCity Hall(ロンドン市役所)とその他建物
P1130845ch.jpgDSC_0027ch.jpg
シャープにそびえ立つ建物は、The Shard(ザシャード)という、72階建てのヨーロッパNO.1の高層ビルなんだそうじゃ。巻貝みたいな変わった建物がロンドン市役所なり。

DSC_0029hms.jpgP1130859lfm.jpg
シティホール前を通りながら、HMS BelfastHMSベルファスト号)という第2次世界大戦で活躍したイギリス海軍の軽巡洋艦を見たり。ここは博物館になっているのだけど、大人£14.50($24.50位)とお高め...
右写真は・・・「あれがロンドン大火記念塔だよ!」とMrにいい、そう思い込んで撮影したんだけど、帰宅後に借りたガイドブックを見たら、 塔の形が全然違うじゃないのー(爆)調べたら、この建物、St.Magnus the Martyrという教会でしたとさ。チーン

DSC_0030_20130607065415.jpgDSC_0032lb.jpgテムズ川沿いをそのまま歩いていたら、ロンドン橋の近くに Hay's Galleria(ヘイズガレリアという、恵比寿ガーデンプレイスを思い出させた場所(モール?)がありましたのよ。
入り口付近で建物とオブジェをざっと眺めて後にしたけど、雨が降っても開放感ある場所で食事や買い物が出来てよさそう。

右写真は、ロンドン橋から見たタワーブリッジ。(望遠撮影していまーす!)


P1130863bm.jpgDSC_0035bm.jpg「ロンドン橋まで来たんだったらさ、日曜日はやっていないけど・・・マーケットを覗いてみたい」と嫁の勝手な希望でちょこっと川から離れて、Borough Marketに行ってみた。
私達が歩いてみた通りでは、3軒ぐらい食べ物屋さんがオープンしていた程度で、やっぱり閑散としてた。コーヒー飲んで、教えてくれたチョリソを食べてみたかったなぁ。またロンドンに来れたら、マーケット巡りしたいなぁ。

イギリスって日曜日の営業時間が決まっているそうで、お店が12時からの開店だったり、閉店時間も平日より早かったりするの。これもH子さんに教えてもらわなかったら、気にしないでいたはずのうちら。日曜日を挟んで観光をされる方は、お店の開店時間もしっかりチェックした方がいいですよー それから祝日も!私達が行った時は、翌日の月曜日が祝日だったので。
参考までに  ヨーロッパの祝日、祭日、休日

ロンドン散歩ブログみたいになってしまいましたが、続きはまた明日~ おやすみなさい

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメント

イギリスの日曜日は・・・

本当にイギリスの日曜日ってお店もレストランも開いている所を探すのが大変なのよね

でも昔に比べたらマシよ
法律で日曜日の営業が厳しく制限されていたから、ショッピングはお土産物屋さんレベルの怪しげなお店しか開いてないし、レストランはSohoの中華料理屋さん以外のチョイスなし!だったのよ
町全体がシ~ンとしちゃっててねぇ

ウチが駐在していた時は日曜日は日本からの出張者の「お守り」Dayでした
車で郊外に出かけてイングランドの田舎を楽しんでいただいた後は、社宅にお招きして晩御飯・・・これが定番でした
Kent州にChartwellって言うチャーチル首相ゆかりの場所があるんだけど、何回行ったか(笑)

(※ 「昔」ってテニス的に言うと、ボルグとマッケンローの対戦がWimbledonで観られた頃です)

Madam Ballさんへ

へぇ~ ちょいと昔は、日曜日のお店営業って、今よりもっと厳しかったのね。
想像するに、アメリカのサンクスギビングとクリスマスに観光地で過ごす感じみたいだね。

でも、MB家のお母様、これぞ駐妻!!な奥様でしたのねぇ~ そのお手伝いをする明朗快活&聡明な娘ちゃま。一緒にその時を過ごした方は、i-179 楽しかっただろうなぁ。・・・駐妻の立場から考えると、気が重くなってくるけど。だって、出張者が頻繁に来られていたら、毎週日曜日は夕食にお招きだでしょう・・・考えただけで頭くらくらため息が出てきちゃうわ。

ステキ~♪

やっぱりヨーロッパっていいですね~♪
そしてロンドンはなお良い(^^)

タワーブリッジが上ってるところ、写真に収めたことがあったような・・・

最後に行ったのが2002年だったはずなので、あれからもう11年かぁ・・・
もうすぐ干支が一周しちゃいますね。
きっと色々変わってるんだろうなー。
とりあえずロンドンアイとか、この巻貝みたいな建物とかはなかった!
でも日曜の観光が難しいのは変わらないのですね。
ヨーロッパは全体的にそうかも。そしてラテンの国に行くと
シエスタとかいうもっと面倒なしきたりがあって観光するのに
頭をひねってました(^^;)
日本人だったら、せっかく観光客が押し寄せてくるのに休んでなんか
いないのになって思うけど(笑)

続きも楽しみぃ~♪

Hiromiちゃんへ

Hiromiちゃんは11年前にロンドンに行ったのね。でもって、タワーブリッジが上がっている所を見たことがあるなんて、いいなぁ~

日本だと、観光客が集まる場所では、売り上げ重視で営業時間を考えたりしそうだけど、そのお国の人にとっては、いい法律、習慣なんだろうな。そういったその国の文化習慣に触れることも観光の1つだけど、時間が限られている時には、ホント、頭をひねる~(笑) ひねりすぎて、現地に着くまで、どれがベストなのか決まらなかったロンドンでした。
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ