2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

イギリス旅 ロンドン編 その4

今日は前置きなしで、ロンドン編進めますわいね。
イギリス旅ロンドン編、その3(My Blog #1832)の続きから、ミレニアムブリッジを渡るMr家。

P1130907.jpgP1130909.jpg橋通過写真がなく、あらよっと渡ってしまいましたが、ここがテートモダン前からセントポール大聖堂へと、テムズ川に架かっている歩行者専用の橋、The Millennium Bridgeミレニアムブリッジ

長さは325mあるんだって。この日も沢山の人が歩いていたので、それなりの揺れは感じたけど、開通後3日で、大きな揺れの為に通行禁止となり、2002年に再開通となった橋なんだそう。

そして、目の前にSt. Paul Cathedralセントポール大聖堂

P1130912.jpgDSC_0055sp.jpg
撮影禁止だったので、中の写真はないですが、ここは1981年にチャールズ皇太子とダイアナ元皇太子妃が結婚式を挙げた場所。604年にこの地に立てられ、1666年のロンドン大火後に建築家クリストファー・レン氏により再建され、1710年に完成したバロック建築様式の大聖堂なり。黒白のタイルの床がやたら印象に残ってて、他が...
右写真は、一応正面から撮影した建物なのだけど、上部だけというなんとも半端な写真...

タワーヒル駅で地下鉄を降りてから歩き通しだった我らは、ここからバスに乗車。ロンドンの景色には欠かせないダブルデッカーバス。

P1130915.jpgP1130920.jpg
P1130965.jpgP1130921.jpg
バス停には必ずルートマップがあるので、何番のバスに乗ればいいか迷うことはなく。
バスは、レトロなタイプから新しい形と、気にして見るとタイプ色々。うちらがロンドンで乗ったバスは、全部ニュータイプで、メーカーはボルボじゃった。関係ないけど、救急車はメルセデスだったロンドン。

そして、トラファルガースクエアにやってきたMr家。

DSC_0057tf.jpgP1130926tf.jpg
最初はウィリアム4世広場という名前がついていたらしいが、1805年のトラファルガーの海戦を記念し、そこで勝利したイギリスの英雄ネルソン提督を記念して造られた広場となったらしい。ランドマークとなっている円柱の上に立っている像は、片目片足のネルソン提督。よく見なかったけど...高さ5mもあるそうじゃ。

トラファルガースクエアの所にあるのが、ナショナルギャラリー(左写真)
ナショナルギャラリーを背にして立った時、「そういえばっ!ここに来たら、ライオンにまたがらなきゃなんじゃないの?」と思い出し、Mrとライオンはどこだ?と探したら、ライオンは設営中の建物に隠れていた...というね。チーン

DSC_0122tf.jpgDSC_0124tf.jpgこちらは翌日のトラファルガースクエア。夜6時半からロンドンシンフォニーオーケストラによる無料演奏会が開かれるということで、ステージ準備がされていた5/26(日)。その2頭のライオンは、演奏ステージの両端に「なんかいるっぽい」雰囲気で鎮座の巻。
翌日、私達がここに立ち寄った時、オーケストラのリハーサル中だったので、Mrがナショギャラのトイレに行っている間、嫁はそのリハーサル演奏を聴きながら、しばし休憩。フェンスだけど、座れるようになっている所がナイス〜

DSC_0059_20130611011247.jpgトラファルガースクエアの景色を眺めた後、National Gallery of Artで美術鑑賞。ここも入館料無料(寄付OK)だけど、館内の美術品の撮影は不可だったので、写真は1枚もありませぬ。
そして、ここもまた必見作品を探しながらのもったいない鑑賞だったMr家。フェルメールは1枚しかなく(見つけられなかっただけかも)、ミケランジェロとか、お決まりのモネ、ルノワールやゴッホ等の絵を見てきましたとさ。でも、ナショギャラにいる時が眠さのピークで、ベンチに座るとまぶたが自然に落ちてたり。この時間が一番辛かったんだよねぇ。
外では、チョークで世界の国々の国旗を描いていた女性が1人。そして、出身国とかにコインを置いたり、投げたりしていた見物客。

その後は~

P1130932.jpgここはやっぱりイギリスですから〜 パブで一息。
イギリス観光について調べていた時、お薦めの1つにこのThe Blue Postsが紹介されていたのを読み、行きたいお店の1つとしてメモっていたkikiさん。オープンしていたパブは歩きながらもあったのだけど、せっかくメモっておいたのだし、今居る場所から近いし、ということでここへ行ってみたのでありまする。

とても小さな(狭い)お店で、イギリス滞在中に行ったパブではこじんまりさベスト1。
お初パブ、注文の仕方を調べておかず、どうすれば〜な状態にちと陥った我らだったけど、いいですぜ、イギリスのパブシステム。
*飲み物だけなら、その場でオーダー、そしてお支払い
*食事も食べたかったら、注文する物と自分たちが座るテーブル番号を伝え、お支払いしてテーブルで飲んで待つ

それだけ。

DSC_0061_20130611020753.jpgDSC_0062_20130611020755.jpg
ウェイトレスもウェイターもいらん!アメリカにもこんな風に気楽に飲み食い出来たらいいのにな、と思ったUK旅。1階席はすでに満席だったので、我らは2階席へ。

Mrはどのビールを飲んだのだったかなぁ。翌日からはどのビールを飲んだか、写真に収めておいたのだけど、この日は不明。そして私は、飲んでおくべき飲み物その1で、サイダー
女子向け炭酸アルコール飲料。私が飲んだのはドライのアップルサイダーだったので、暑い日にもすっきり飲めていい感じだったよ。スィートタイプや洋ナシのサイダーとかもあったけど、イギリスでサイダーを飲んだのはこの1杯だけだったなぁ。

朝は二日酔いでゲロゲロ女していたことなんて、そんな過去の話は知らぬ存ぜぬ飲まなきゃソンソン

DSC_0060_20130611020756.jpgこの時はまだ夕食を食べるつもりでいたので、Mrリクエストにより、イギリスに来たらメニューで、Fish & Chipsを食べながら、喉と胃を潤しましたとさ。
P1130930.jpg
イギリスの食事はまずいと聞く。昨年12月にイギリスを旅したMrママも「フィッシュ&チップスもギトギトして、油も古かったのか?美味しくなくて,食べられなかった」と言っていたので、まずは構えてフレンチフライを1つ。

「うまっ!甘くて美味しい~」Mrも「ホントだ、おいしい〜!」
甘みがあって、アメリカで食べるより美味しいフレンチフライだったThe Blue Postsのポテト。白身魚のフライの方も、普通に美味しかった。

イギリスで食べた物で、不味いと思った食事はこれといってなかったのだけど、Wedgewoodに行った時、受付に居た日本人の方と話をしたら、「先ほど来られていた(日本からの)観光客の方は、物価は高いし、食事がまずいと皆さん、おっしゃってましたけど、イギリスの食事はあまり美味しくないですよねぇ。パブで食べても」とおっしゃってて、「そうですかぁ〜?」と我ら2人。イギリス食は普通に美味しかったのは、我らが食べたものがよかったのか、長すぎるコネチ生活によるものなのか?果たしてどっち?

P1130929ct.jpgしばしの休息でパワー補給後、更なる目的地へ。
こちらは、ロンドンで唯一見た有料トイレ。スタバやCosta等のカフェが結構あるし、公衆トイレの必要性はどれぐらいあるのかな?と思ったけど、今、使う人はいるのかな。

DSC_0067_20130611011410.jpgThe Blue Postsで飲んだ後、ピカデリーサーカス通過。
写真は、ピカデリーサーカスのランドマーク・エロスの像の噴水なり。
天使の像なんだけど、なんでエロスなの?と思った方は、ウィキペディアに丸投げ~
こちら、ピカデリーサーカス ← をお読みくださいませませ。

そして、向かった先はFortnum & Mason
旅行前、Mrが「これ、聞いてごらん」と聞かされたPodcastのラジオは、現地でガイドをやられている方のお話で、「フォートナムメイソンで紅茶を買うお客の75%が日本からの観光客」「イギリスでは、ディナー後は紅茶ではなく、コーヒー or エスプレッソ。食後に紅茶は飲まない」「紅茶を飲むのは朝。硬水で入れたイングリッシュブレックファーストを飲んで、お通じをよく~」「日本で紅茶を楽しむことを考えるなら、日本と同じ軟水のスコットランドの紅茶(スコティシュブレンド)を買うべし」
そんな話をされていたのだけど、ロンドンに来たのだから、私も75%の日本人の1人になろうじゃないのぉ~!ってことで、

P1130937.jpgP1130936.jpg
英国王室御用達ショップ、フォートナム&メイソン参上!
名前だけじゃろ?という思いを抱きつつも、コネチでは買えなそうなRoyal Blend、Queen Anne、Countess Greyの3種を買ってみた。私は、紅茶はアッサムといったストロングティーの方が好きなので、カウンテスグレー(アロマティクティー)以外はストロングタイプ。
(クィーン・アン・・・アン王女・・・ あぁ~、N流ちゃんよ、Queen Anneを飲みながら、舞い踊っていただきたいー

帰宅後、フォートナムで色々買ってきてもよかったかなと思ったけど、この時はまだ、「ハロッズにも行くし、HRヒギンスにも行くから、ここではこれだけでいい」と言っていた嫁。しかし、ロンドンでは、ハロッズにもいけず、HRヒギンスに行った時には閉店時間を迎えており
2日間で観光ポイント&ミュージアムを回り、行きたい所で買い物もするなんて、やっぱり無理だったロンドン。

フォートナム&メイソンを出たのが6時少し前。
嫁の希望としては、再度テムズ川に戻り、リバーボートに乗って川からの眺めを見て、夜のロンドンを過ごしてホテルに戻る、というコースで頑張りたかったけど、朝の私とは逆に、前日まで出張だったMrがどっぷりお疲れモードに入っちゃったので、翌日の観光のため、初日の5/26(日)の観光はこれにして終了となりやした。

ロンドン観光は、この後も to be continued・・・

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメント

盛りだくさん!

ですねー!
こりゃ疲れて眠くなっちゃうかも(^^;)

フォートナム&メイソン、私もその75%♪
私が行った頃はシャンパン味(風味?)の紅茶がここでしか
売ってないと聞き、買いました。
とっても良い香りですっごくお気に入りだったんだけど
期間限定だったのか、その時しか買えなかったです(><)

去年、妊婦の時にお友達と東京のデパートの中にある
フォートナム&メイソンでアフタヌーンティーに行きました。
めっちゃ高いけど(笑)お上品な大きさのスコーンだけど
優雅な時間を過ごせましたよん。

このPubも良かったのに・・・

St. Paul'sからTrafalgar Sq.に抜けたんだったら途中のこのPub(↓)に寄ればよかったのに・・・

Ye Olde Cheshire Cheese

16世紀からFleet St.をちょっと入った同じ場所にずっとある古~いPubよ
チャールズ・ディケンズとかマーク・トゥインとかがご贔屓さんで、さりげなく彼らのお気に入りだった座席を示すプレートがあったりするの
上の階にレストランも併設されていて、ゆっくり食事することも出来るわ

イギリスの食のレベルはこの15年ぐらいで格段にアップしてると思います
HarrodsのFood Hallだって、めちゃくちゃ進化していてビックリです

* *

v-273Hiromiちゃんへ

Hiromiちゃんも75%の1人になったのねぇ(笑) でも、ロンドン行ったら、行っちゃうよね。
私はここで買うべき紅茶、限定品とか全然調べずに行っちゃったので、Hiromiちゃんのコメ読んで、“失敗した・・・”と思ってしまったけど、シャンパンフレーバーの紅茶、美味しそう。

日本でのアフタヌーンティー、絶対!!めちゃくちゃ美味しそう~ 

v-272Madam Ballさんへ

Ye Olde Cheshire Cheeseという名前を見た!と思ったら、やっぱりガイドブックに載っていて、コピーして持参したページにも○してありました・・・
セントポールからバスに乗らなければぁ~~

イギリス食、レベルアップしているのね。多国籍な国になりつつ、食レベルも上がっていったのかなぁ。世界の人から「まずい」と言われ、外に出てみたら、自国の料理がまずかったことを知り、これではいかんな、と思ったとか?(笑)
あぁ~Harrodsにも行きたかったなぁ~v-406
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ