2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

イギリス旅 ロンドン編 2日目のその1

今晩、久しぶりに食洗機を使おうとスイッチオンしたら、ブゥゥゥゥゥゥーーーという音がするだけで動かず...
いつの間にか壊れてた。今日は食洗機の日!と決めていたから、朝から食洗機に入れたくないものだけ洗い、後は放置にしていたのに、こんな日に壊れるとはなってこった。
Mrに「たまには回さないと駄目なんだよ」と言われたが、古くなっただけなんだと思う。だって、うちらがここに住んで,今年で10年目。1996年から使われていたものだとすれば、17年が経つわけで、壊れても不思議ではない。...が、明日は雨だし(雨の日に土足で入られたくない)、週末はキャンプだから、オフィスに電話するのは月曜日だわ。よって、kikiさんが明日やらねばならぬことは、食洗機いっぱいの食器洗いだよ... トホホ

昨日はお昼過ぎから歯医者に行ってきた。クリーニングの予約に合わせて予約を入れなおしてくれたので、ぶっ通し2時間。日本だと、クリーニングに2回も通院しないといけないけれど、アメリカでは1時間で上下の歯、すべてをやってくれるからありがたい。半年毎のクリーニングは保険でカバーしてくれるからフリーなのもよろしくて。

クリーニング後、欠けてしまったクラウンの治療がスタートしたのだけど、前回の型で作り直せるとしても早すぎるよなぁ、と少し疑問に思っていたら、やっぱり違ってた。まずは再度型取り。いつも元気な歯科医が来て、口を開けたら、予想外の麻酔をブスッ なにぃ〜〜そこからかよ・・・ 
クラウンが欠けたことが、歯科医もラボの人も驚きだったらしく、私の2代目のクラウンはラボに送り返されて調べるそうな。3代目は届き次第連絡をくれるとのこと。2度あることは3度ある、なんてことになりませんように!!

あまりいいことが続いていない気がするけれど、問題続きの奥歯がこの3度目の正直でいい方向へ向かってくれたらうれしいし、食洗機も新しい物に替わるのもうれしいこと。よくないこと、ではなく、これはよいことだ!とポジティブに考えよう。ついでに洗濯機とキッチンコンロも新しいのに交換とならないかしら?と思った今晩だけど、欲を出すといいことなさそうだから、そう願うのはまたの機会にしときましょ。

前置き長ーーーくなってしもうたですが、イギリス参上2日目のお話にいきませう。My Blog #1833の続きになり。

2013年5月27日(月)ロンドンは晴れ

ホテルを8時半過ぎに出たんじゃないかな。私達が宿泊したホテルは、ケンジントン宮殿まで歩いて15分もかからない場所にあったので、ケンジントン宮殿に向けて朝のウォーキング。

P1130943ks.jpgP1130944ks.jpg
P1130945ks.jpgマップは、ケンジントンガーデンとハイドパークの一部が写っていますが、ケンジントン宮殿は、このマップの左端中央に位置していますの。ラウンドポンド(丸い池)の真向かいね。

宮殿の一部が工事中だったのが残念だったけど、門の金ピカさが眩しかった。
「ここにダイアナさんが住んでいたのねぇ~」と言いながら、建物全体を見ておこう!と静かで、広々とした園内を歩いた我ら。

P1130948ks.jpgP1130952ks.jpg
池側から見たチャールズ皇太子と故ダイアナ妃が住んでいたKensington Palace / ケンジントン宮殿

宮殿のお隣には、Sunken Garden(サンクンガーデン)。ロンドンはコネチよりシーズンが2週間ぐらい遅いみたいで、葉桜になりかけた八重桜がまだ咲いていたけど、このガーデンには、紫チューリップと金魚草ではないけど、そんなような花が咲いていて、いい香りがしてたなぁ。

P1130958or.jpgP1130951or.jpg
このケンジントン宮殿の所にあるのが、ティールームのOrangery(オランジェリー)
ここはカジュアルな格好でもOKということだったし、ホテルから近いから、6時までに戻ってアフタヌーンティー!と思っていたけど、初日もこの日も全く持って間に合わず(涙)、開店時間は10時~ということで、建物を見るだけとなってしまったオランジェリー。結局、ロンドン市内でアフタヌーンティーをすることが出来なかったんだよね。
オランジェリーについて詳しくは、 こちらをどうぞ。

P1130962b.jpgケンジントン宮殿だけ眺めた後、バスに乗ってグリーンパークまで。2階建てバス、2階の一番前には座っていないけど、降りる直前にパチリの風景。
そこからバッキンガム宮殿へ向かって歩き始めた時、「 そうだ!」
前日、フォートナムの後、ここからバスに乗ったのだけど、その途中に、どなたかのブログで紹介されていたカフェがあったのを思い出し、「あそこで、朝食にクリームティーを食べよう!」と、

P1130939r.jpgP1130974r.jpgここ、Richouxという、Cafe-Bar-Restaurantに行ったMr家。
でも、朝食メニューしかない時間帯だった上に、朝食メニューにクリームティーがなかったのよねぇ。ホテル近くのカフェには、朝食メニューにもクリームティーがあったんだけど、クリームティーってランチ以降のメニューなのかしら?よくわからんのだけど、ここで軽くスコーンを食べ、朝紅茶を飲み、さささっと済ませる予定だったのに、「それなら僕は卵が食いたい」とMrがいい、スクランブルエッグなんぞを注文。

P1130972r.jpgMrがどのメニューを注文したのか私はわからないけど、なんともシンプルなスクランブルエッグなプレート。朝バナナを食べたせいか、空腹さがなかった私は、ペイストリー1つにまったりと紅茶なモーニング。

このカフェをメモり、そしてサイトも何度か見たくせに、ここのカフェのなにがよかったんだろう?と疑問1つ(爆)きっとアフタヌーンティーを楽しむのがよろしく、朝食を食べるために来る場所ではないってことは確かかな。

P1130975bp.jpgそして、グリーンパークを突っ切りながら、バッキンガム宮殿へ向かったのだけど、やたら人が多くてね。ケンジントンパークでも、働いている時間なのに走っている人が多いな、と思ったのだけど、ランニングシューズのブースがあったり、フリーのボトルのお水をもらっちゃったり。
「マラソン大会かなにか?もしや今日って祝日?!」「イギリスってもう夏休みに入ったとか?」と言いながら歩いていたのだけど、

P1130976bp.jpgP1130997bp.jpg
バッキンガム宮殿の、これまた重厚で金ピカな門をくぐったら、マラソンを走り終えた人達が現れ、5/27(月)が休日であることを知ったわれらであった。

P1130989bp.jpgP1130988bp.jpg
そして、こちらがBuckingham Palace/バッキンガム宮殿。人多し~
ゴリラポッド(三脚)でセルフタイマー撮影のセットをしていると、「撮ってあげるよ。」と撮ってくれたり、「撮るから、僕らのも撮って。」と声をかけてくれた観光客が3、4人いたんだけど、スリの話とか、「一緒に写真を撮りましょう」と言われて撮影したら、お金を取られた的な被害談をネットで読んだので、最初は用心し、かなり構えていた嫁。とはいえ、お言葉に甘えて撮影してもらったり、撮影しあったりしていたバッキンガム宮殿前。

P1130982bp.jpgP1130980bp.jpgここでは、バッキンガム宮殿衛兵交替式を見る!というお楽しみがあるはずだったんだが...
でも、この日は
私達がロンドン観光した5/26 & 27は交替式が行われていなかったの。何と言う運の悪さ...
「5ー7月末までは毎日11時半~」と書いてあったりするのに、エリザベスはんよっ!!我らがロンドン参上の両日に行われなかったのはなぜぇ~~?

衛兵交替式のスケジュールは、 こちらでご確認出来まふ。

P1140001bp.jpgP1140002bp.jpg
宮殿の全体の景色を眺めながら、ここからのお決まり観光コースだろう、Westminster Abby (ウエストミンスター寺院)へ。

P1140011wa.jpgDSC_0094bp.jpgこの寺院は世界遺産に登録されており、ウィリアム王子とキャサリン妃が結婚式を挙げた場所として、今は多くの人の記憶に残っているのではないかと。残念ながら、中へは入らなかったけど、現金列・クレジットカード列共に長めの列が作られていましたわ。

この寺院はイングランド国教会の教会で、1066年以降、イギリス国王の戴冠式が執り行われている教会なり。

ここでね、建物だけビデオに収めておきましょーと撮影中だったkikiさんは、カメラに寺院を収めようと後ろ向きにぐんぐん下がってきたインド人おっさんに足と弁慶の泣き所を踏まれたのよねぇ。その人、なーんも言わずに去っていったけど、こちとら突然襲われた痛みに言葉が出ず、しばらく痛みに絶えながら歩いたんだぞ~ インド人おっちゃんよぉー!
と、言っても仕方がない文句と1つの思い出話を記してみた。

P1140008p.jpgP1140012p.jpg本日のラストは、 ポスト。
イギリスのポストは、日本の昔の赤いポストのような形のポストだったり、楕円形があったり、場所によってまた違う色と形だった記憶があるのだけど、ウエストミンスター寺院付近にあったポストは金色だったの。

今ググって知ったのだけど、イギリスのポストは、作られた時の国王や女王の紋章を刻印する決まりがあるんだって。ポストのマークを見れば、そのポストが作られた年代がわかるってわけ。この2つのポストで言うと、2つ共に「E II R」というマークがついているので、今現在の女王/エリザベス2世、1952年以降の時代に作られたポストということですたい。
行く前に知っていたら、ポストチェックしまくりながら歩いていただろうな(笑)これからイギリスに行かれる方は、ポストも気にして見てみると面白かもですよ。

ロンドン編まだまだ続きまふ。 

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメント

空が!!

とってもキレイな青ですねー!
やっぱりエゲレスはこの時期が一番いいわ~♪

夜も10時くらいまで明るかったのでは?

はぁ~イギリス行きたいなー。

アフタヌーンティー、ロンドンよりも郊外の方が
安かったりするので、逆に良かったのでは!?
うふふ、私ってば前向き♪(笑)

続きも楽しみにしてますね~

あっ、そうなのね

クリーム・ティってなんだぁ?と思って、ちょいと調べたら、紅茶とスコーン(+ジャムとクロテッドクリーム)のセットをクリーム・ティって言うのね
・・・で、これにキュウリのサンドイッチとかケーキが付くとアフタヌーン・ティになるのね

ひとつ、お利口さんになりました!



♪ ♪

v-278ポジティブママのHiromiちゃんへ

天気がよかったのは、本当に有り難かったなぁ〜と、ブログアップ用写真を選びながら、日々、思うことなりよ。翌日から2日間、雨模様な天気だったけど、歩きまくったロンドンで晴れてくれたのはラッキーでしたわい!
薄暗くなったのは9時頃だったかなぁ。コネチより日が長いエゲレスだったよ。

アフタヌーンティー、おいしいケーキで楽しみたかったなぁ... 
この旅で我らはアフタヌーンティーが出来たのかどうか、さてどっち?

v-271Madam Ballさんへ

そうなの、そうなの〜!クリームティ=それざます e-390

イギリスに行くことになってから、クリームティーっちゅーもんを知った私でございますが、Madam Ballさんが知らなかったなんて、意外すぎよぉ〜!なんでぇ〜!

コメ内容に全然関係ないけど、雨がすごいんですけど...
Madam Ballさん家の方も降っているのかしら?この雨でまた倒木や洪水の被害に遭う所が出ないといいなぁ。
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ