2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
     

Tokyo Strings Quartet ラスト演奏会へ! の巻

ちょっぴりお久しぶりな気がするブログなり。

7月の第1週目の猛暑から開放されてきた今週。よかった・・・ 今日も夕方から雷雨がやってきたんだけど、見事な土砂降りじゃった。風はさほど吹いてはいなかったけど、トルネード(竜巻)警報が出て、iPhoneに初の警告ピープ音が。

7/1に、ハートフォードの空港付近のWindsor Locksでトルネードが発生したのね。民家の壊滅的被害はほぼなかったけれど、タバコ畑が打撃を受け、ネットがあちこちに飛んでいたり、競技用のドームが破損しちゃったり。。竜巻がタッチダウンした後に竜巻注意報が出た、とニュースでやっていたけど、いつどこで発生するか予測出来ないないから怖いよね。しかし、コネチもトルネードとは無縁の州じゃなくなってきちゃったなぁ...

イギリスドライブ旅をちょろり休みまして、今日はこの週末のお話を記しますわい。

2013年7/6(土)最高気温34℃の蒸し暑い猛暑日

S家の引っ越しの手伝いに行く前に、ちょこっとだけ地元のファーマーズマーケットにお立ち寄り。

market.jpgturnips.jpg毎週土曜日、9−12時半までやっていて、数年前に比べたら、倍近くお店が増えたんじゃないかな。我が家にとっては今年初のファーマーズマーケットだったけど、8:50頃に行ったので、まだ陳列さえ出来ていないお店もありましたとさ。
この日、購入したのはW. Hartfordのセンターにお店があるLa Petite France Bakery Cafeのバゲット($4)を、他にはグリーンリーフレタス1玉($3)や小カブ(@$0.25)をなんぞを購入。

そして、S家へゴーゴー 
9時半過ぎから1時頃まで、S家、J家とMr家の大人6人で、2階からU-HAULのトラック&車へ荷物を運び入れ作業をしましたのよ。運動不足体には有り難いぐらいの大汗をかきまくり、老廃物が体から流れ出た気分じゃった。
荷物を積み終わり、ピザランチをゴチになった後、S家とJ家は引っ越し先のNH州のニューお家へ。積み入れ&ドライブ&到着後の荷物の運び出しで、かなり疲れたんじゃないかな。MK、お仕事頑張っているかなぁ〜

Mr家は帰宅後、シャワーを浴び、Mrは仕事をし、嫁はソファーでゴロゴロと体を休め、emily嬢と次なる場所へゴーゴー

P1150409.jpg途中のお話はまた後日記しますが、恒例となっている夏のNorfolk Chamber Music Fesitivalへやってきた、我ら3人。

開演時間近くだったので、ミュージックシェッドに沢山の人があふれ中。そしたら、暑さから逃れて外に涼みに?(外もまだまだ蒸し暑かったが)出ていていたMご主人を発見。今回の席は2階席だったので、覚悟はしていたけど、この猛暑により予想していた以上のムンムンさ... あっらよっと間にまたもやお肌ベタベタ。
これもラスト演奏会の思い出の1つになったわけだけど、この日はそんなこと以上に特別な演奏会でしたの。

P1150414.jpgP1150415.jpgそう、Tokyo String Quartet / 東京クヮルテットのラスト演奏会。
この演奏会をもって、44年間の活動に幕を下ろされ、東京クヮルテットが解散という、特別な演奏会だったの。
出会いあって、東京クヮルテットという世界的に有名な弦楽四重奏団を知り、夏はNorfolkの演奏会へ行く!が恒例となっていた4年間だったけど、ここで4人の演奏を聴けるのはこの日が最後となってしまった2013年7月6日(土)

3/12のチケット発売日の朝、PCの前で構えていたkikiさん。しかし、お昼過ぎてもオンラインで買えず、勇気を振り絞って電話予約。カードの支払いは済んでいたとはいえ、6月半ばにチケットが届くまで正直心配な今回でございましたとさ。


ステージに登場した時点でスタンディングオーベーションだったこの日。

P1150416.jpgP1150417.jpg
ラスト演奏会の曲目は
Franz Josef Haydn - String Quartet in G Major, Op 77, NO.1

Bela Bartok - String Quartet No.6

インターミッション後、

Claude-Achille Debussy - String Quartet in g minor, Op10

P1150418.jpgラストの演奏会では、力強さを感じるような曲目になるのかな、と勝手に思っていたのだけど、ゆったりと静かな、しかし悲しくもありな...

余韻に浸りつつも、インターミッションを迎えて、たったと外へ脱出!
今までは置かれていなかった芝生の上にキャンドルのランタンが、情緒ある日本の風情をかもしだしていていい感じだったなぁ。

すべての演奏を終えた後、

P1150429.jpgP1150437.jpg
入場時に転けてしまうというハプニングがあったけれど、過去のメンバーで、今は指揮者というPeter Oundjianさん(後からそのお話を聞きました)も壇上に上がり、最後のセレモニーが。
皆さんには、ミュージックシェッドの建物が描かれた絵画が贈呈され、そして、アンコールを受け、

P1150445.jpgP1150446.jpg
P1150448.jpg本当に最後となる演奏を私達に聴かせてくれたTokyo String Quartet。
ヴィオラの磯村氏は、1969年の初代メンバー、
第2ヴァイオリンの池田氏は、1974年からの39年間、
チェロのグリーンスミス氏は、2000年からの13年間、
第一ヴァイオリンのビィーバー氏は、2003年からの10年間、

この4人での演奏を終える、というこの瞬間の気持ちはどんなだろうか?と、考えてもわかるわけがないことを思いながら拍手を送り、長年、ここでの演奏を楽しみに通っていたであろう観客の方達を2階席から見ていたら、ブルッと鳥肌が立ちましたさ。

そして、演奏会終了後,

P1150456.jpg
フリーのシャンパンとチョコレートのサービスがありましたの。
セレモニーのお話の中で、Mrがここだけは聞き逃さなかったというね(滝汗)
チョコレートは、ダーク、ミルク&ホワイトがあり、全部♪の形だったの。ロゼなシャッパンは2杯程、チョコレートはしっかり3種いただいて来ちゃったkikiさんなり。

P1150459.jpgP115047506.jpg
しばらくして、何やら騒がしくなったなと思ったら、東京クヮルテットの皆さんが出て来られてね。
11時を過ぎていたというのに皆さんの興奮と熱気がお祭りのようだった(笑)
写真は、お話をしたい方、サインをもらいたい方、握手や写真撮影したい方達に囲まれていた磯村氏と池田氏。

ここでお話を聞いて知ったことは、今回は個人の楽器を使われていて、ストラディバリウスではなかったそうな。ロンドンでお返しされたそう。次はどなたが弾かれるんでしょうねぇ。そして、磯村氏のヴィオラは、使用2日目(確かそうだった)のピカピカヴィオラだったそう。珍しくヴィオラのソロも入ってた今回だったのはそのせい?!かどうかはわからりませぬが、音がわかる方は「広がりある素敵な音だった」等々、話をされていた。
そのヴィオラを製作された日本人の方も、オーストリア オランダからいらしていたの。「気さくで陽気なプリッツェル男子」として、私の記憶にインプットされちゃいましたが(笑)

P1150495.jpg
そして、ラストに池田氏ご夫妻と一緒にパチリ。
会う度に、気さく過ぎて、世界的ヴァイオリニストと奥様ということを忘れてしまうアタクシ。

「じゃ、帰ろうか」というお2人の会話があまりにも普通で、本当に今日で活動終わり...なんだよね?と思ってしまったけれど、素敵な夫婦なり〜


東京クヮルテットの皆さま、長い間、お疲れさまでございました。

テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

これで最後なんですか。。

4年間、私もずっとkikiさんやはとこさんのブログを通して
東京クワァルテットの演奏会を見てきたわけですね(^^)
もう最後だなんて、残念ですね(><)
ずっと続くのかと思ってました。

私は演奏会とか無縁な人なんですが、やはりライブで聞く
っていうのはいいものでしょうね♪
一度この時期にそちらにお邪魔して・・・なんて思ってたのにな(><)
ところで!emilly嬢はお元気ですか?
あぁまた皆さんに会いに行きたいです☆

Hiromiちゃんへ

長年活躍されて来た方達が活動を終える、というその日、その時間を共に過ごすということが今までなかった故、ラストの曲を聴きながら、どういう気持ちで弾いているんだろうか、ってことばかり考えてしまいました。
今年の7月は、他州へ引っ越される方の送別会があったり、来週、お仕事を退職されるという話を聞いたりと、新たな人生をスタートさせる方が周りにいて、なんか不思議な気分になった今日。どの道にも花が咲き乱れている感じがしてうれしいんだけどね。

で、ライブはCDで聴くのとは全然違って、やっぱりいいものよぉ!楽器音痴な素人な私でも、誰がどの音を奏でているかよくわかるし、すべての瞬間瞬間が格好いいのよねぇ。

emily嬢は、相変わらずタフなオナゴはんで、この日も元気だったよ。でも、昨日、ジョギングで足をくじいて捻挫しちゃったんだって...i-238
私もHiromiちゃんに会いたいです〜 今年の夏はそちらには行けないけどi-241 ご主人&坊ちゃんにも会える日をっ!!今は待つのみだ。オー

わ~い

Hiromiさん~~~気にかけて下さってありがとうございますe-266
お元気ですか?生演奏、空気の振動がたまりませんでしたよ!
私の長らくの夢、Hiromi家の食卓にお邪魔、がまだかなっておりませぬ><
時期を見計らい必ず有言実行するのでひかないでくださいね~~~e-455

と、kikiさんブログをメッセージに使う私e-351

東京クァルテットのラスト演奏を聴けて、こんな歴史的瞬間に立ち合えて、ほんまに最高でした!
番長、ありがとう~~~

emilyはんへ

emilyはんの長らくの夢は、Mr家の夢でもあり~ 来年は行きたいよねぇ!

と、同じ夢をここに語ってみる私 e-351

「歴史的瞬間」
まさにその通りだわっ!月曜日の朝、“すごい時を共有しちゃったんだよなぁ・・・”と、じわっと実感して、しばらくぼけーっと放心状態に陥ってました。忘れられない演奏会になたよねぇ。で、私はチケット取っただけで、2枚買うのも5枚買うのもやることは同じだし、お礼を言われるようなことはこれといってしてないで~

ところで、捻挫の具合はいかが?大丈夫?
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ