2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

イギリスドライブ旅 - Beachy Head(Seven Sisters)!

フードセーバー、不動の物体と化してしまった  使えないとなると、あれこれとバキュームしたくなるのはなぜだろう... あーぁー

今日、エリアによっては雷雨が通過の予報だったけど、やっぱり我が村には雨は降らず、ムシムシした1日でしたわいね。まだ夏は終わりじゃない!!と夏が頑張ってる感じ。

では、イギリスドライブ旅、My Blog #1874 の続きにいきまっしょい!

キャメロットロッジに到着後、お水を買いに行きたくて、スーパーの場所を教えてもらった我ら。その時は頭の中で教えられた道順を復唱していたのだけど、最初のラウンドアバウトを...?? あれ? 
結果、病院に到着してしまい、スーパーへの道順なんてこれっぽっちも記憶に残っていない状態になってしまったMr家。適当に走ってみるか!と走っていたら、[Beachy Head→] の看板発見!

「時間的にどうかと思うけど、雨は降っていないし、今日行っておけば明日の時間がセーブ出来るし、行ってみちゃおう!」kikiドライバー、スーパー探しをやめ、Beachy Headに向けてゴーゴー 

4日目は、ビーチィーヘッド、セブンシスターズとシーフォードヘッドを午前中に制覇して、ストーンヘンジ、バース観光、そして宿泊はチッペンハムという予定だったMr家。
旅のアドバイスをくれたTさんが、「午前中に3カ所を歩くのは厳しいですねぇ...」と言っていたので、行けるなら1カ所だけでも3日目に行っておきたかったのだ。到着時間が遅くなってしまったので、この日にここへ行くのはお宿到着前に諦めたけど、ビーチィーヘッドだけでも3日目に行っておいたのは正解だった。Tさん、アドバイスありがとうでした!!

ビーチィーヘッドは、イギリス海峡に面した絶壁の崖がある所で、有名な白亜の断崖Seven Sistersへと繋がっている崖。イギリスへ行くに当たり、私が「ここだけは行きたい!外したくない!」と言っていた場所なのであ〜る。
夜8時前だったけど、重い雲が空を覆っていたけれど、そこへ向かうまでの景色もビーチィーヘッドからの景色も感動ビバビバ ワンダホー!ビューティフォー!だったの。
あそこを歩いたり、ボケ〜っと景色を見たりしながら、1日過ごしたいなぁ...と思っちゃう(遠い目)

Beachy Head in Eastbourne

* Wikipedia - Beachy Head
イーストボーンの住宅地の通りを抜けながら、Beachy Headの案内板に沿って走っていくと、平地がドーンと広がる景色が目の前に現れた。

「すごぉーーい!」まずはこの緑広がる大地の景色に感動して、テンションあがりましたぜ。
P1140378ss.jpgP1140381ss.jpg

目的地のビーチーヘッドと、セブンシスターズの先にあるSeaford Headのズーム写真がこちら
P1140379ss.jpgP1140380ss.jpg

写真サイズが小さくて申し訳ないですが、全体的にはこんな風になっていて、車を停めた場所から崖の上を登っていくの。(駐車場は、夕方6時以降はフリーだった記憶が...)
P1140405ss.jpgP1140406ss.jpg

そして、私がこの目で見たかった断崖絶壁の白亜の壁の景色!! パフパフパフ
P1140389ss.jpgP1140385ss.jpg
ここへ行かれた方のブログやHPで見た灯台もあったー!

8/23追記:この灯台の名前は、Beachy Head Lighthouse
高さは43m、崖の所から165m沖に建てられていて、1902年10月から稼動しているそう。1983年までは3人のLightkeepers(灯台守)の方が管理運行していたそうなのだけど、それ以降は自動管理されているそうな。


P1140403ss.jpgP1140392ss.jpgガイドブックには、約175mの高さがあると書かれているけど、ビル1階が3mとすると58階建て、4mにしても43〜44階の高さになっちゃうのよねぇ。ビルの階数に例えると、実際感じた高さより高い気がするけど。

Mrはかなりビビりながら、下を見てたね。(私も同じく) 突然、崖が崩れることもあり、ここから落ちたり、下にいて崩れ落ちて来たチョークの岩に当たって亡くなる方もいるそうなので、もしもの場合を考えると、やめた方がいい行為かと。

2人の口から出ていた言葉は、「すごーい!!」「こわっ!!」「こえぇ〜〜!」「気をつけて!」「落ちないでよ!」この言葉を繰り返し言っていたような気がする。

こちらは灯台ではなく、B&Bのお宿。誰もここにはいなそうだったので、もうやっていないのかと思っていたけれど、現在もちゃんとオープンしているみたい。
Belle Tout Lighthouse

P1140394ss.jpgP1140395ss.jpg
サイトのヒストリーを読むと、1832年に灯台として建設され、その間に色々な人に買われ、売られ〜
1999年に崖から17m奥へ、今の場所に移動されたんだって。元の場所のままだったら、すでのこの建物は崩れ落ちていたんだろうな。B&Bとしてオープンしたのは2008年。意外と新しかったことにびっくりな今。
このお宿の先に見えるのが、セブンシスターズの絶壁。


ここからの景色を存分に楽しんだ後、お宿に戻る前にあったビジターセンターへ立ち寄ると...

長くなってしまったので、この続きは明日ってことで〜 つづく 

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメント

がけ~!!!

昔、みうらじゅんが、崖がマイブームだって言ってた時があって
「この崖は2時間ドラマ的にいい!」とかそういう視点で
私も崖を見てたことがあったけど(笑)
この崖はかなり素晴らしいですね。東尋坊も真っ青ですな(^0^)

イギリスにもこんな景色があるんですねー!!
知らなかった~(^0^)意外と大自然じゃないですか♪

ドライブ旅だと、こういう場所にも行けるから
ツアーや電車旅よりも行動範囲広がって楽しそうですね。
イギリスは日本と同じ左車線だから日本に住んでる人も
運転しやすいかもしれないですね。

バースにストーンヘンジはそれぞれお友達と、ツアーでと
行った場所なので、次回の記事も楽しみにしてます☆

Hiromiちゃんへ

じゃじゃじゃーん♪じゃじゃじゃぁ~~ん♪
火曜サスペンス劇場 - 「イギリス海峡・白亜の壁は見た」

なーんて i-235 よくわからんタイトルだけど、頭の中で火曜サスペンスのオープニング曲が流れちゃってるよー

最初、どこでこの景色を見たんだったか?その時、私もHiromiちゃんと同じく、ここがイギリス?イギリスにもこんな所があるの?と思ったのよねぇ。車で10分も下ればEastbourneの街があるのに、どーんと広がる緑の大地と断崖絶壁の景色で、感動したよ。ここへ来れてよかった!と心から思ったもの。

ドライブ旅は自由がきくのがいい所。こうやって、行ってみちゃおう~!ということも出来るしね。でも、電車の旅も憧れまふ。
そうそう、左側通行は日本と同じよー(車も右ハンドル) 日本でもアメリカでも運転していると、両方運転出来ていいもんですたい!

いつも記事読んでくれてありがとーー!

No title

綺麗で、良い所ですね~!!私もここ行きたいです!!!(*^0^*)
こんなスパッとした崖を見ると、あのGrand Canyonも昔はこんな感じだったのかな~と思っちゃいます。
それにしても今回は(?)お天気にも恵まれて、LUCKYでしたねー♪
娘と見てたら「KIKIちゃん、お顔がfunnyだねぇ^^」って、イギリスでは無く、smileマークに反応してました(笑)気に入ったようで、何度も見てました(笑)

mikaさんへ

あらま、Aちゃん、かわいぃぃ i-178 k今度、Aちゃんもファニー顔にしちゃおうっかなぁ~

カンタベリーやライの古き町並みが残る場所からここへ来ると、別世界に来たような、イギリスなのにイギリスじゃないような。グランドキャニオンのように、自然の素晴らしさを堪能できる場所なので、イギリス行ったら、是非、行って欲しい場所ざます!
・・・でも、冬は海風でめっちゃ寒いだろうなぁ。夜8時頃だったからだろうけど、この時も風が強めで寒かったのよねぇ。 


Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ