2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

マンスフィールドのフリマで! の巻

ドライブ中の日差しにそれなりの強さを感じたけど、今日の最高気温22℃。今晩の外気が寒過ぎて、寝室&客間の開けていた窓をきっちり締めたよ。今晩は、寝る時に肌掛け羽毛布団を出しておいた方がよさそうだなぁ。

では、2013年8月25日(日)に出かけたフリマのお話をしちゃいますね。
夏だからビーチでも行ってみるか!という話も出たけど、こっちを選んでしまったkikiさん。

IMG_0257fm.jpgIMG_0259mf.jpg
10時前にここへ来たことがないのだけど、この日も到着したのは10時半少し前だったかなぁ。
その時間でも、うちらと同じくやって来る人が多く、中に入ったら、ベンダーさんも沢山でテンション上がった日曜日。
しかし、これだー!!という物がなかなか見つからず。いいなーと思う物の値段がいいお値段だったり、家具だったり(家具は帰国時には持って帰れないので、いつも見るだけに留まる)
Mrは、竿を探していて、時に積極的な売り込みをされたりしていたみたいだけど、買ってもいいかな、と思える竿はなかったそうな。
8時のオープンと共に行けば、出会いの確率も上がるのだろうけど、年々、私にとっての掘り出し物が減って来ているように感じたこの日。そのがっかりのせいかもしれないけど、この日は結構暑い日だったこともあり、帽子を被っていたのに、嫁は徐々に頭が重くなり〜 結局、2点だけゲットで真っすぐ帰宅することになってしまった日曜日。

でも、なんかいい買い物だったらしい私。
購入したのはこちら。

IMG_0279pf.jpg最初に買ったのは、フラミンゴピンクでいいのかな?Pyrexのピンクのケーキディッシュ/キャセロール。お値段$1.00なり。
キャセロール類ももう十分!と思っているのに、ピンク となるとやっぱり別。値段を聞いて、$1なんて言われちゃぁ〜、これはもう買うっきゃないさぁ〜
ここのおばさまにも「お買い得でしょ!」って言われ、んだ、んだ!と首を上下に何度も振りながら、即ゲット。


そして、今回のいい買い物だったのが、下のローフパン。 レア物みたいだよー

復路を再チェックしながら歩いていた時に、“あ、あそこにあんなのがある!”と見つけたローフパン。なんか見たことがあるなぁ〜と思いながら手に取ると、裏にはFの刻印。おばちゃまに値段を聞くと$2だと言う。即座に「$1でどう?」と聞いてみるタイミングを逃し、ちと迷ったせこい女。
この腕にキープしながら、”なにか抱き合わせで$3とかで買えないかな...”と、カトラリー見たり、おもちゃエリアを物色してみたのだが、これといって欲しい物が見つからず。
“また収納に困る物を増やすことになるけど、フェデラルのローフパンは持っていないし、今まで見たことがない柄だし、ゲイファドみたいだし、$2なら安いし... 買っておくか!”と決め、ムクッと立ち上がったら、そこへ煮を切らしたおばちゃまが「それを買うなら、$1でいいわよっ!」って言ってくれたんだなぁ。ラッキー
                         
IMG_0280df.jpgIMG_0281df.jpg
翌日、どっかで見たことがある絵柄だけど、ゲイファドなのかな?と思い、Fire-Kingの本を見たら、この絵柄のが載っていたの!Distlefinkの赤い鳥というパターンだと判明。ちなみに青い鳥もあり。本によると、FKの5x9インチのDistlefink Red のローフパンの相場価格は、$65.00-70.00!これはFKではなく、Federal社だけどね。しかし、フェデラル社でもゲイファドものがあったとはねぇ...

Distlefinkは、幸運の鳥のこと。ペンシルバニアダッチ(ゲルマン系ドイツ系アメリカ人)の方が、ウェルカムとかグッドラック(幸運)のサインとして、家や納屋に飾った鳥の絵のことを指すよう。それをDistlefinkと呼ぶことも、今回初めて知ったkikiさんなり。

私は、この赤い鳥のローフパンと幸運の出会いをしちゃったわけだけど、この出会いに感謝!!しなくちゃだな。
もうミルクグラスグッズ集めはやめようかな、と時々思うけど、こういう出会いがあると、また振り出しに戻ってしまうのよねぇ。前日にも増えたし、この3連休でも増えたし、この収集、一体、いつまで続くのでございましょうかー?

では、おやすみなさい 

テーマ : ミルクグラス
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ