2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
     

イギリスドライブ旅 - Bibury編 その2/2

夜中、強風が吹き荒れていたけど、今日は朝から心地よく〜 寒すぎぎない程度に風が入り込んで来て、気持ちがいい日曜日。
しかし、Mrが先週の出張で風邪をひいて帰って来たので、昨日はスタバのコーヒー飲みながら、本屋でまったり。そして、今日は家でまったり過ごしているMr家。昨日、本屋のスタバで、Duchyのショートブレッドを売っているのを見つけて、こんな所にDuchyがぁ〜!と小さな発見にうれしくなってみたkikiさん。手に取っただけで、買わなかったけど
本屋に行く前、New iPhoneケースを買ったので、本を広げながら、ニューケースに交換しちゃおう!としたら、ケースがiPhone 4/4S用だったという...  Mrに「なにやってんの?本体しか見てなかったんでしょ?」と図星なことを言われ、返す言葉なし!帰りに5用のケースと交換してきたさ。
2ヶ月使ったケースは、フラッシュを使うと、ケースに反射して写真全体が白くなってしまうので、フラッシュが使えなかったけど、今度はその点はノープロブレム。シンプルケースだけど、いい感じ〜


さーてと、イギリス、バイブリーのお話の続きを終わらせちゃおう!

My Blog #1898の続きの話から、The Swanのホテル方面へ戻り、Mrの動きが止まるコーン川沿いを歩いて向かった場所は、


また教会 St. Mary Church(聖メアリー教会)
教会の時間が正しければ、ここには3:08到着。

DSC_0325bi.jpgDSC_0326bi.jpg
誰1人もいなかった上に、この雰囲気。暗くなってから&1人だったら、kikiさん、ここに来れない...と思ってしまったわいね。そういうとこ、ビビリ屋なので。ワハハ お天気のせいもあるけどね。
右写真は、左写真の裏側(入り口側)の景色なり。

でもって、ここの教会のドアがきっちり閉まっていたので、入っていいのか駄目なのか?観光地にある教会ってほとんどドアが空いていて、誰もが入れるようになっているから。

DSC_0328bi.jpgDSC_0327bi.jpg
ちょっぴりドキドキしながら、がっしりとした木のドアをOpenしちゃったMr家。

教会内は、白い壁で外から見るより明るく、
天井全体の梁の木が素敵だったの。

やっぱり木っていいなぁ、と思いながら、天井ばかり見てたかも。


その後、またバイブリーの中心に戻り、1380年に建てられたArlington Row(アーリントンロー)へ。

P1140713bi.jpgP1140715bi.jpg
ここが建てられた当時は、修道院の羊毛保管場所として使用されていて、17世紀には、織物業者の家として使われていたそうな。で、布は、前記事で載せた水車の家で作られていたんだって。
詳しくはこちら http://www.bibury.com/arlington-row.htm

DSC_0333bi.jpgDSC_0334bi.jpgバイブリーのラストは、アーリントンローからトラウトファーム方面へと続く小径歩き。
距離にすると200mぐらいだけど(笑)昔から変わっていない道を歩くのもまたよろしくて。初めて見た、この黒白ツートンカラーの牛も間近で見れたしね。珍しい牛だなぁ、と思っていたのだけど、今年、イチゴ狩りに行ったファームにこの牛がいっぱいいたのよねぇ。
今、調べてみたら、この牛の名は、Belted Galloway(腹巻きギャロウェイ)というスコットランドの南部出身の牛だということがわかったど。

バイブリーの村観光後、バイブリーから約10マイル(16km)先にあるBurfordへ

イギリス話はまだまだ続きますが、バイブリーについては、http://www.bibury.com/ も参考にどうぞ〜 

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ