2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

イギリスドライブ旅 - Stoke-on-Trent / Burleigh編

またやってるよ、私... さ、ブログをやりましょ!と「記事の管理」を開いたら、昨晩公開したはずの記事が、また下書きのままになっていたぁ〜 なにやってんだか。本日もそのままアップしますね。

     


IMG_0698gp.jpg昨日(月曜日)食べた美味なるもの。
はとこ嬢作、 抹茶プリン

うまぁ〜〜〜かったぁ〜〜!!
秋の味覚、食欲の秋=美味しいスイーツが食べたい!と思っていた最近だったので、めっさうれしかった。
レシピを教えてくれたから作らねば~だけど、自分で作ったら、ボウルごと食べられる自信あり。
これ、やばいわ...

今日はESLの後、タニヤの家にHow to make Maki Sushiを教えに行ったのだけど、とっても飲み口のいい白ワインが出てきまして〜 帰宅前からダルダル状態。昨日から首がコリコリだし、ワインのせいではなく、風邪気味なのかも?!と思ったさっき。Mrは3週間前、出張先から風邪をもらって来たのだけど、治ったようでぶり返しを繰り返しているからなぁ。今日こそは今日中に寝なくっちゃ!

では、イギリス旅話を進めまふ。

2013年6月1日(土)
アイアンブリッジを見学後(My Blog #1914)、向かった先は、イギリスを代表する陶磁器、ボーンチャイナ発祥の地・Stoke-on-Trent。

イギリス旅行を決め、H子さんにイギリスのガイドブックや情報を教えてもらった時、「kikiさんに行ってもらいたい所があるんですよねぇ〜」と言われ、どこどこ?それはどこ?
H子さんに教えてもらい、ストーク・オン・トレントを旅のスケジュールにしっかり組み込んだアタクシ。食器を買い込むつもりはなかったけど、もしも買い込んじゃった場合・・・を考え、ロンドン観光を旅の最初に済ませるようしちゃったしね。荷物が重いと移動が大変だもねぇ。

ストーク・オン・トレントでは、2箇所の陶磁器メーカーしか立ち寄っていないのだけど、最初に立ち寄った所もH子さんに教えてもらった所でして。そこはここ
http://www.burleigh.co.uk/
P1150040bu.jpgP1150037bu.jpgP1150030bu.jpg
Burleigh(バーレイ)
Middleport Pottery, Port Street, Barslem, Stoke-on-Trent, ST6 3PE

1851年創業で、今なお手作業で作られているというバーレイに行ってきたんだ。このようなレンガの建物が続く静かな通りに、ひっそりとバーレイアウトレットがありましたの。

ワクワクしながら、この歴史を感じさせる建物の中へ入ると、そこはもうメルヘン

P1150031bu.jpgH子さんに教えてもらうまで、このメーカーの名前すら知らなかった私だけど、HPを見た時、「これ、見た事ある!」
私が知っている限りでは、Stonewall Kitchenのお店で販売されちょりまふ。イギリス旅行前に値段をチェックしていこうと思っていたのに、そんな時間なく渡英しちゃったけど、小花柄が可愛い食器なんでございますのよ。

kikiさんらしくない可愛さの食器、とも言えるのだが、みなさん、バーレイってご存知でしたか?見たことありましたか?

DSC_0464bu.jpgP1150033.jpg
真剣に悩んでいる姿をMrに激写されていた嫁。買おう!と思う食器は決めていたのだけど、買おうと思っていた、これまたH子さんが使いやすいと教えてくれたサンドイッチプレートがあまりなくてですね...
そう、ここはアウトレットストアー。欲しい食器が必ずしもあるとは限らないのだ。
あったとしても形がちょっといびつだったり、銅板転写という方法で貼られているパターンがびよ〜んと伸びていたりするので、その中からきれいな物を、と探していると時間だけが過ぎて行く〜みたいな。

P1150035bu.jpg買いたい食器は決めていたけど、パターン&色まで決めていなかった自分も悪いんだけどね。

そして、嫁が「これでいいか...」と決めた途端、「じゃぁ、僕はお茶飲んでるから。」とさっさとエンジョイ☆ティータイム。
カップとソーサーはバラバラだけど、お客さんがお茶が飲めるように、無料ティーコーナーを設けてくれてあるのでございますよ。バーレイのカップ、とっても飲みやすかったなぁ。

そして、私がここで購入した食器は、これだけざます、はい。

IMG_0708bu.jpg大1、中2、小2、5枚のスクエアープレートだけ購入。
希望としては4枚ずつ、持ち帰れそうなら6枚ずつと考えていたのだけど、小さいプレートはこの2枚だけしかなく、中サイズのプレートは数はあったけど、その中から状態のいい物を選んだら、2枚だけになり...
しかし、4枚だけなのは寂しすぎる。どうせなら空港でVATの税金返金申請もしてみたいし、£50以上の買い物をしたいじゃんかー!ということで、ピンクの大きいプレートを選んでみたのね。このプレートも出来れば2枚買いたかったのだけど、これも在庫2枚だけしかなく、1枚はパターンが伸び切っていたので、結局、ピンクは1枚だけ購入。

この5枚を決めるだけで、1時間はしっかりここにいたかな。
お値段は、私が想像していたより高めで、小プレートが@£10.40、中プレートが@£13.00、大プレートはプラスαの割引があって£12.50。小さいプレートは、5ポンド位で買える気分でいたけど、そんな安いお買い物は出来なかったですたい。ワハハ

でもね、全部でNet価格は£59.30 + 税金となるはずだったのに、お支払い合計金額が£46.30だったの。
支払いを済ませ、Mrが入れてくれた紅茶を飲みながら「£50以上になるはずなのに、50以下だったんだよね。レジのとこに何か書いてあったから、もしかしたらVAT申告分の税金をここでもう差し引いてくれちゃったのかもしれない」とMrに話していた私だったのだが、後からレシートをよく見たら、単に中プレートが1枚分しかチャージされていなかったという。ラッキーな人になってたkikiさんであった。

IMG_0711bu.jpgIMG_0713bu.jpgIMG_0714bu.jpg
購入したパターンは、濃いブルーがCALICO(ブルーキャリコ)、淡いブルーの柄がBurgess Chintz(バーガスチンツ)、ピンクのバラ柄はVictoria Chintz(ビクトリアチンツ)

帰宅後すぐに使ってみたのだけど、ブルーキャリコの色が何にでも合う!ことを知り、ブルーキャリコの中プレートも買えばよかった!と後悔1つ。ブルーキャリコ柄の中プレートは、20枚、もしくはそれ以上あったのでね... 

長方形ってのは使いやすいので、このサンドイッチ(スクエアー)プレートも我が家では結構頻度多く使用中。

ラストにもういっちょ!
次なる場所へ向かう前に、トイレに行きまして、

P1150039bu.jpgP1150038bu.jpg
お隣の建物の床のモザイク柄に古さを感じてパチリ。でもって、トイレに入ったら、茶ウィロー柄のタイル&お飾りとなっていた液体ソープの入れ物のレトロチックさがたまらんくて、トイレの洗面所まで撮影してきちゃった私。これも旅の思い出さぁ〜 

バーレイ社のアウトレットストアーの後、誰もが知る陶磁器メーカーへ! お話もう少し続く

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメント

No title

この抹茶プリン、ほんとヤバいです。
ついついおいしかったので、また作ったんですけど
一日二個ずつ食ってます。
それも理性を総動員して。ほんとは3個、4個と行きたいところだけど
カロリーを考えるとね~v-12

で、前の記事のAuto Charger Cup
上から見ると、なんかMrの顔っぽくて笑いました

はとこはんへ

おぉぉ、また作ったのねぇ~ いいな、いいな、いいな。
Mrも「これはうまいっ!」って食べていたから、作ろう!と思っているのだけど、ひたすら食べてしまいそうで・・・ Mrが出張じゃない時に作らないと、1人で黙々と食べてしまうだろうスィーツだわ。
美味しいスィーツ、教えてくれてありがとよー

Auto Charger Cup、Mrの顔っぽく見えるのは、単に丸いからでしょ~(爆)

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ