2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
     

イギリスドライブ旅 - Wedgewoodでアフタヌーンティ~!

IMG_0728.jpg今朝食べた 目玉焼き。至って普通の 目玉焼き。
でもね、いつぞや見た「シルシルミシルサンデー」で紹介していたやり方で目玉焼きを焼くと、フワフワで柔らかい黄身の目玉焼きが出来るんだよぉ~これを知ってから、我が家はこのやり方で目玉焼きを焼くようになったのだけど、そのやり方は簡単!
フライパンギリッギリッのところで卵を割り落とすだけ。
卵の黄身はいくつもの層?(名前忘れた)から出来ていて、その層はポンと割って落とすだけで簡単に破裂して壊れてしまうんだって。層を破壊しないようにすれば、柔らかいフワフワな黄身の目玉焼きが出来るそうな。
食べ比べると、全然違うので、是非、お試しあれ~


卵とは繋がりゼロだけど、イギリス旅行記の続きへゴーゴー
前記事で記したWedgewoodには、カフェレストランがあり、「ここで食べていこうか」と覗いたら、Afternoon Teaの文字発見!!
どうする?どうする? ロンドンで楽しむことが出来なかったアフタヌーンティ。ここを逃したら、イギリスでアフタヌーンティーは楽しめない!ので、食べてきましたMr家。

バッフェ風?になっていたコーナーを覗いた時点で、スィーツの期待は消えたけど(笑)、レジでアフタヌーンティーが出来るかどうか聞いて注文した際、「ハブ・ユー・ブット?」と聞かれましてなぁ。

P1150058we.jpg私「ブット?」
レジのおばさま「そうよ、ブット!」
私「ブット?ブット・・・?(後ろにいたMr)ブットってなんだろ?」
レジおばさまは、言い換える言葉を考えてくれて「席は予約してある?」と聞きなおしてくれたんだけど、reserveという言葉は使っていなかった記憶が。そして、ブットと言われた言葉がbookedだったとわかったのであった。

「テーブルセッティングするから、しばらく待っていてくださいね」と言われ、10分ぐらい待ったかな。

私達の前にアフタヌーンティーを楽しんでいたカップルは、インディアの食器のだったけど

P1150055sp.jpgDSC_0476we.jpg
私達の食器は、優しい色合いのSweet Plum。この柄、かわいかったなぁ。紅茶は、どれにするか聞かれず、English Breakfastが出されたのだけど、お替りはアッサムをお願いしましたとさ。

DSC_0474we.jpg
そして、これがアフタヌーンティ at Wedgewook Cafe

こういうのは、見た目でテンションあがっちゃうってもんですたい

P1150048.jpg

サンドイッチのパンの表面が乾ききっていたとしても・・・

イギリスで楽しんだ唯一のアフタヌーンティー
Wedgewoodの食器と共に楽しんだアフタヌーンティー


P1150046.jpgP1150053we.jpg
大きめのスコーンは、温めてくれてあったような。
1個ずつ食べられず、1つはお持ち帰りしたけど、スコーンは美味しかったな。


ジャムもクロテットクリームもオリジナルではなく、ホテルの朝食のような市販のもので、ちょっとがっかりしちゃったけどさ。


P1150047.jpgラストにいただく、2段目のケーキ!
どう見ても手作り感ゼロだけどぉ~ 1切れを半分に切っただけのパウンドケーキがメインだけどぉ~

我らがイギリスで味わえた唯一のアフタヌーンティー。
諦めていたのに、雰囲気を楽しめ、思い出が出来たからよし!!「食器全部がWedgewoodなんてことないし、僕はそれだけで満足」と言ってMrはうれしそうだったからよし!!

私達を含めて3組がアフタヌーンティーを楽しんでいたけど、食器は3組とも違っていて、私達の後に来られたお2人の食器は、ワイルドストロベリーだったのね。それを見て、Mrが「僕らのが、よく見る柄の食器じゃなくてよかったねぇ。あれだとなんか楽しみがない。」と言い、また1人満足に浸ってたのが笑えましたとさ。

コネチ生活を始めてしばらくした頃から、「帰国するまでにWedgewoodのカップ&ソーサーを少しずつ買い集めよう!」としていた時期があったMr家。アウトレットのWedgewoodのショップで、安くなっていた時とかに気に入った柄があれば買っていたのだけど、4客?5客?でストップしたまま、かれこれ8,9年は過ぎましたかな。仕舞いっぱなしだから、インディア以外、どんな柄のカップ&ソーサーを買ったのかも覚えておらず・・・今度、出して使ってあげようっと。


長々と延々とズルズルと続いたイギリス旅行記、あと1回で終わせられるかも?! でも1話はまだ続く~ 

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ