2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
     

Cape May Point State Park! の巻

写真 1この時期は梅雨シーズンではあるけど、ここんとこどんより雨模様の日が続いているコネチ。父の日の15日以降はいい天気が続きそうだけど、家のプランターの野菜達も太陽と青空が恋しくなっているに違いない。

写真 2昨日は、3月から行っていたESLの夏休みアクティビティーで、フルーツ持参のピクニック開催。9月までにあと3回ピクニックがあるのだけど、次はスナックピクニック、その次はマフィンピクニックだったかな。
これは サンドラが持参したフルーツの中にいたバナナドルフィン。ナイスアイディア!

では、ケープメイのお話へ〜

P5251458.jpg2014年5月25日(日)

カプリモーターロッジの前の道が、日本の海岸線の道っぽくて懐かしさを感じてみたり。CTは、ハリケーンが上陸することはあまりないので、ビーチ沿いに家が建っていたりするのよね。だから、ハリケーンが来た時に打撃を受けちゃうわけなんだけど、堤防のある風景が思い浮かばないしなぁ。
beach_2014061302401265d.jpg

我らは、朝食前にお宿前のビーチへ朝散歩。ホント、広い、広いビーチだったな。でもって、青空の下はやっぱり気持ちがいい!
Mrの扁平足の足跡を見ながら歩いてみたり、波が砂の上に作る模様を眺めてみたりしながら、軽く1kmちょいの朝散歩をしてから〜

P5251478.jpg朝食の玉子サンド。
ゆで卵を作って持参したのだけど、朝、卵の殻を割る際に変な硬さがあり
はい、ゆで卵が凍ってた。卵の前に置いてあったレタスは大丈夫だったのに、1つ奥の卵だけカチコチンに。
お湯につけて解凍したけど、私の卵はまだ黄身が凍っており、もうええわ、と切ったらボロボロに。これなら面倒臭がらずにマヨで和えればよかったかな。
見た目汚いけどね、この卵、今、マイフェイバリットエッグになってますの。我が村のファーマーズマーケットで売っている、この村産のhen(めん鶏)卵なり。

P5251486.jpgP5251491.jpg
海を眺めながら朝食を楽しんだ後、やってきました、Cape May Point State Park(ケープメイポイント州立公園)へ。
入園料はとられず、Mrが「NJは太っ腹だ!」と感心していたけど、灯台の見学する際に$8/人取られまふ。
ケープメイは、野鳥が沢山いる場所としても有名らしく、保護地区もあったりするのだけど、この州立公園もバードウォッチングが楽しめる所で、湿地帯というか、池がいくつかあり、そこを歩くトレイルもあり。


P5251492.jpgP5251487.jpg
Hawk(タカ)が見られる高台(展望台)があり、この辺りでは色々なタカが見られるみたい。
その展望台の前には池があり、そこに白い鳥を発見。ズームしたら、 スワンさんだった。こんな海の近くに白鳥がいるのも珍しいと思うのだけど、ケープメイで白鳥を10匹以上見たかな。

P5261502.jpgP5251496.jpg
P5251497.jpgここのビーチはこんな感じ。灯台が見える風景と、その後ろ側にはポツンと取り残されたような廃墟が1つ。
これ、第2次世界大戦中に建てられた要塞。勝手リンクですが、こちらの廃墟サイトさんに写真が載っていたので、より間近での写真はこちらでどうぞ。

この州立公園のビーチは無料だけど、遊泳禁止だったなぁ。それはきっと イルカがいるから?!

P5261498.jpgP5261499.jpg
ドルフィン&ホェールウォッチングのツアーボートが出ているのだけど、ここのビーチからも肉眼でイルカが見れたの。とは言っても、肉眼では豆粒サイズなんだけどね。写真はズーム+トリミングしたイルカの姿。それでもジャンプしている姿もわかるので、うれしくって2、30分見続けちゃってたなぁ。

もう少し先を歩いたら、絶滅危機種を守るエリアが。
P5261504.jpgP5261505.jpg
Black Skimmer(黒ハサミアジサシ)、Least Tern(アメリカコアジサシという鳥)、Piping Plover(チドリ)という鳥の巣があるみたい。立派なカメラを構えている人がいたので、近場にいないか目を凝らしてみたけれど、我らには見つけられず。

P5261507.jpgP5261506.jpg
P5261511.jpg
ビーチの裏側の池には、カルガモ、ギースや白鳥がのんびりと〜 左の写真は、Lesser Yellowlegs(コキアシシギ)という鳥。

今になって調べているけど、鳥の名前がわかっているといないとでは、バードウォッチングの楽しさは何倍も違って来るよね。


そして、こちらがLeast Tern(アメリカコアジサシ)という鳥。
P5261516.jpgP5261518.jpg
双眼鏡から覗いて見たら、ボディの羽が美しかったですぜ。

P5261524.jpgP5261525.jpg
ビーチから池沿いを歩いて灯台へと向かって歩いたMr家。灯台の近くにあったマンション巣箱にいた鳥は、Purple Martins(ムラサキツバメ)。
ツバメっぽいね、と話していたのだけど、このツバメはアメリカで最大なんだって。

ここまでで十分長い話になってしもうたですが、お次は灯台&灯台の景色をご紹介しまーふ! 

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ