2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

朝散歩で広島城へ! の巻

お店にポスターとか貼ってあったりするから、コネチ在住の方はもうご存知かと思いますが、昨日の17日から23日まで、Tax Free Weekのコネチ。例年と同じく、1回の買い物で$300以下の靴と洋服のみ、消費税がかからないので、欲しかった洋服や靴がある方は、ちょっとお得にショッピング が出来ますよん。

この週末は、土日ともに友達と過ごせ、楽しい夏の思い出が出来たMrと私。
そのお話はまた後日アップしますが、昨日は、人生で初めて蜂に刺されたアタクシ。蜂の一刺しは痛いものだ!ということを学びましたぜ。右腿に痛みを感じて「痛ーい!!」と叫んだ時には、すでに周りに蜂がブンブン飛んでいて、 ひょぇぇ~~ どんな蜂だったかまでわからないけど、失敗された注射より痛かったよ。刺された後もしばらく痛いというのが注射とは違うけど、突然のことでびっくりしたわ、もう〜 私は1カ所だったけど、息子救出時に2か所も刺されちゃったATMさん。刺されたことを言わないでいたけど、本当は痛かっただろうなと思う...隣の家の前の方にある木の所に蜂の巣があるので、たまにお隣さんが子供とサッカーしている時があるから、今度やっている時に教えてあげなくちゃだなぁ。


では、広島観光ラストのお話を終わらせちゃいましょう!

2014年2月9日(日)
天気がよかったので、時間を無駄にするまい!と、ホテルチェックアウト前に広島城へ朝散歩で出かけることにしたMr家。

P2090445.jpg途中、前を通過の縮景園
ここは、広島藩主の浅野長晟(ながあきら)という方が、別邸の庭園として作った所で、昭和15年に浅田家から広島県に寄付。5年後の原爆で壊滅状態になったが、昭和24年から51年にかけて県教育委員会が復元したのだそう。ホテルの近くにあったので、のんびり庭園を見るもいいかなと思っていたのだけど、開園前だった為、入り口の写真だけ撮ってきた。
P2090446.jpg

この写真は、広島市庁舎のとあるビルの庭に咲いていた大きな椿。

こんな大きな椿を見たのが初めてだったので、パチリ撮影。落ちた花だけど、下に落ちている椿の花のグラデーションがきれいだった。

P2090447.jpgP2090449.jpg


広島城に来たのに、護国神社?!と思いながらくぐった鳥居でありましたが、この敷地内に護国神社がありましてなぁ。後ほど紹介。では、広島城跡地へゴーゴー

P2090455.jpgP2090456.jpg
天守閣再建時に掘り起こされた礎石。さすがにお城とあって、礎石もでかーい。

P2090453.jpgP2090454.jpg
この写真は、広島城の縮図盤。
こう見ると、迷路のよう。

新幹線からちょろっと見た広島城天守閣は、近くにあるはずなのに、歩いても歩いても見えて来ず、「どんだけ小さいんだ?」と言いながら歩いていた私だったけど、残っている建物がないからそう思うだけで、それなりに大きいお城だったのだろうな。

そして、こちらが広島城天守閣。広島城の別名は、鯉城(りじょう)。なぜ鯉城と呼ばれるようになったかは不明なんだそうじゃ。

P2090464.jpgP2090461.jpg1598年に毛利輝元により築城。現在の天守閣は、1958年に外観を復元して建てられたもので、中は歴史博物館になっているのだそう。開館時間は9時からで、私達は9時前に行ってしまったので、中には入ることが出来ず。

日本家屋をでーん!とゴージャスに建てたみたいなお城、というのが最初の感想だったのは、外壁が漆喰での白より、木の部分の面積が大きいからかな。

参考に 広島城ホームページ

P2090465.jpgP2090468.jpg
こちらが、天守閣と二の丸の間に位置している廣島護国神社
神社と言うと、鳥居から階段を上って、というイメージがあるけれど、ここはフラット。神主さんたちが朝のお掃除をしていらした時間にお邪魔させていただきましたMr家。

P2090471.jpg2匹の鯉が仲睦まじく泳いでいる様子を表してある
双鯉(そうり)の像は、家内安全、夫婦円満、恋愛成就の象徴みたい。鯉を力強く撫でまくっていった男性がいたので、私達もなでてきた。でも、この後乗った路面電車を降りる時、立ち上がって歩き出した方向が、婿と嫁、思いっきり逆方向だったので、夫婦円満に生活するには、まだ年月と根気と忍耐と... 我らにはあれこれ必要みたい。

広島城が鯉城と呼ばれていることから、 絵馬も鯉。2種類あり、どちらもきれいな鯉の絵が描かれた絵馬だったなぁ。


P2090476.jpgP2090484.jpg
そして、二の丸へ。
案内板には、「二の丸は、馬出しの機能を持つ郭で、全国的にも特異な配置であり、広島城の特徴とされている。外側から内部が見え難く、本丸からは内部が見え、防御機能を考慮したことがうかがえる」と書かれてましたよ。

P2090487.jpgP2090488.jpg
二の丸を出た後、再度、平和記念公園へ出向いたMr家。
朝が弱い私だけど、11時のチェックアウト前の2時間半位の時間を無駄に過ごすことなく、広島朝散歩を楽しめた2014年2月9日。


P2090452.jpg長くなってしまったけれど、本日のオマケとしてもうちょい!

広島城のお堀の中のエリアには、私が見た限りだけど、3本の 被爆樹木があったの。

天守閣方面に立っていた、最初に見つけた被爆樹木は、クロガネモチという赤い実をつけた木。

P2090477.jpg
二の丸のお堀側にあったのが、この2本。
1本目は、爆心地から770mの所にあったマルバヤナギ(左)。幹の太さから歴史の重みを感じた木。今は緑の葉を生い茂らせているのかなぁ。

P2090479.jpg2本目は、マルバヤナギの近くにあった爆心地から740mの所に立っていたユーカリの木。Mrが、二の丸へと繋がる道を歩いている上の写真でいうと、中央に写っている木がこのユーカリの木。1971(昭和46)年の台風により、地上2.5mの所で折れてしまったそうなのだけど、再び根元から新芽を出し、今に至っているそう。なんて生命力の強い木なんだ〜! 枝が面白い形に、面白い方向へと伸びていて、マルバヤナギと同様にがっつり支えられてあったけど、どちらの木も、これからも倒れることなく、その姿を私達に見せて欲しい!

国内旅行をすると決めた時、最初に決めた旅の目的地だった広島。広島のガイドブックを買って出かけたと言うのに、結局、下調べがほとんど出来ていない状態で出向いてしまったけれど、2泊3日の広島観光をそこそこ楽しむことが出来たと思ってまふ。ありがとう、広島!!

帰国時の国内旅行の話は、残り倉敷と大阪、そして御前崎と先が見えてきた...かな。またちょっと中断して、ここ最近の話を記してから、倉敷のお話を記そうと思っています。広島話も、長々とお付合いいただき、サンキューでした! 

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ