2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

11年ぶりのラスベガス、そしてKA! の巻

今朝は目覚めたら、外は雪国だった。
朝10時頃までパラパラ降っていたけど、本日は強風。地面を舞う雪が寒さが、外の寒さを伝えてくれている〜

昨日の朝、kiki実家からSkypeコールがあり、ちょこっと話した際、kiki父が「北海道とか風速40mなんていう、台風並みの強風であちこち大変だぞ。ここも今日は寒くて、気温が9度だよ!」と言われたので、「あったかいじゃん!こっちは今、マイナス15度だから。(朝9時頃)」 ガソリン入れる時に手袋を外したら、あらよっと間に手がかじかみ、全身急速冷凍された気分だったよ。

そんな極寒だった昨日の夜。久しぶりに自分で髪切りしちゃった。”明日、Tサロンに予約入れられるかなぁ...”と考えながら、鏡の前に立ったら、もう、切ってしまえぇ〜! となりまして。長さ的には10cm程カットし、髪の量が半分減ったぐらいガシガシ切り込み、前髪もまた作っちゃった。自分で言うのもなんだけど、度胸があるというのかなんというのか。よくやるもんだ。ちょっと伸びたら、お直し&ストレートをかけてもらいに行きましょーな、kikiさん。

では、今日から2014年11/22〜29まで出かけた旅行話をスタート!

P1000001.jpg旅行に出発する前日、天気予報を見た時、乗り換えのデトロイト方面の気温が24F(-4C)だったので、予定通り飛んでくれるといいけどなぁ、とちょっと心配になったkikiさん。
そしたら、もう少しでデトロイトに到着するという時に「デトロイト空港で飛行機2機がスリップした為、空港が閉鎖しています。よって、この機はインディアナポリスへ向かいます。」とアナウンスが。心配的中。

インディアナポリスに到着後、降りられたのはそこが最終到着地だった人だけで、残りの人は、デトロイト空港がオープンするまで機内待機に。

P1000002.jpgデトロイト到着後、我らが乗るべき便も時間を変更していて、11:10になっていたんだったかな。でも、出発予定時間まで残り10分。とりあえず行ってみよう!と、トラムに乗り、降りてからゲートまで猛ダッシュ。飛行機は私達を待っていてくれたようで、閉まっていたドアを開けてくれて、乗り込めたの。私達の後にもう1人乗り込んできて、無事、ラスベガスへ〜
ラスベガスには、約3時間遅れの1時半頃に到着した記憶が。預けたMrのスーツケースは乗っていないだろうと思っていたら、私たちと一緒にラスベガスに来ていて、ピックアップできた。よしよし。

そして、シャトル乗り場へと向かい、宿泊先のホテルへ。利用したエアポートシャトルバスはこちら。いくつかあった中で、ここが一番安かったので。タクシー料金とさほど変わらないと思うけど、往復料金2人で$29.00。
同乗している人たちのホテルに立ち寄りながら、外の景色を楽しんでいたのだけど、11年前とは違ったホテルやショッピングエリアが出来ていて、2人でへぇ〜ほぉ〜言っとりましたわ。

P1000041_20150109140728e10.jpgP1000009.jpg
P1000008.jpgうちらが宿泊したホテルはThe Westin Las Vegas。場所は、フラミンゴヒルトンの裏手、写真の観覧車の近く。ホテルレビューを読んだ時、いいことを書いていない人もいたけど、我らは心地よくステイ出来やした。このホテルにはフリーシャトルはないのかな?と調べていた時、6時からフリーのドリンクタイムがあることを知り、KAを観に行く前にビール&ワインのただ飲みを楽しめたしね。タコスやチップスの軽食もあり、結構大勢の宿泊者が来てた。

ホテルに到着したのが3時近く。ラスベガス/カジノと言ったらバッフェ。予定通りであれば、お昼前にラスベガス到着だったので、のんびりバッフェを楽しむつもりだったけど、時間的に半端。どうしましょ?となり、しばらくうろついたのだけど、ここでいいよ、という2人の意見が合わず、最終的にParis内にあるチャイニーズへ。

P1000011.jpgP1000012.jpg
P1000013.jpg海南鶏飯みたいなのと小籠包で、軽い食事をば。鶏ご飯は、想像していた形と違っていた上に、ご飯がお茶漬けのような感じになっていたので、食べる前に「なんじゃこれ?」と言っていたのだけど、生姜が効いたシンプルな味で、結構美味しかった。
軽食後、チャイニーズレストランのお向かいにあったカフェを覗いたら、ケーキに吸い寄せられ、kikiさん、ラズベリータルトをいただくの巻。

部屋へ戻り、支度をし、6時からのフリードリンクタイムを楽しんだ後、MGMでやっているシルク・ドゥ・ソレイユのショー、KAを観に行ってきた。どちらかといえば、私はO(オウ)の方を見たかったんだけどねぇ。

P1000022.jpgP1000024.jpg
KAの意味は、古代エジプトで信じられてきた『人間の心に宿るさまざまな魂の総称』のことと書いてあったので、てっきりエジプトが舞台だと思い込んでいたら、衣装を見る限り、東洋のアジアが舞台だった。
そして、ショー会場入り口にドラゴンがいたので、写真撮影だけしてきたのだけど、ん... 大蛇は出てきてもドラゴンはショーには出てこなかったのよねぇ。なんだったんだろう、このドラゴン。

話を戻し、KAのショーのあらすじは、ざっととある王家家族が突如、悪者たちに襲われ、バラバラに。敵から逃げながら、戦いながら、出会い、再会と別れを繰り返し、王家の新たな出発を果たす。そんなお話だったかと。

常設会場だからこその舞台が観れたKAは、舞台装置がすごくてですね。ステージの床が斜めになるわ、回転するわ、垂直になるわ。砂が敷き詰められたステージが垂直になり、砂も役者も落ちていったり。もちろん、アクロバティックなパフォーマンスも見せてくれるので、ストーリーがどうかなんて気にせずに観れるショーなり。2013年に死亡事故が起きてしまったKA。それだけパフォーマーは命を張っているということなのだろうけど、これからも事故が起きないように、観客を楽しませて欲しいですわい。

オフィシャルサイトから、KAの動画

P1000040.jpgショー後、歩いてホテルへ。
お腹が空いたからバッフェに行こうか!というMr vs 前夜一睡もせずにラスベガスへ来てしまい、眠気ピークだった嫁。
Mrには、帰りにバーガーを食べていただきましたとさ。

P1000020.jpgMrは、「ラスベガスでは、もう一度、ベラージオの噴水を見たい!」と言っていたので、ベラージオ前で40分ぐらい待ったのかな。時間帯としては、15分おきに楽しめるはずだったのに、待てども待てども始まらない。「諦めて〜」と嫁が言った頃、「故障により、ショーは中止します」とアナウンスが。もっと早く教えてくれよ... 結局、Mrが見たかった噴水ショーは見ることが出来ず、Mrがっかり。

シルクのショー・KAを観ただけで、雰囲気だけ味わったラスベガスだったけど、ショー前にラスベガスに到着出来、ショーを楽しめてよかったですわい。翌日からは、レンタカーを借りて、街を離れて大自然満喫の旅へ。
To be continued 

テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ