2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

2度目のBryce Canyon National Park, UT! の巻

ただ今、Mrの帰りを待ちながら、パネラで茶タイム中のkikiさん。Mrは、フライフィッシングショーをあと1時間は楽しんでくるんじゃなかろうか。
ここのパネラ、近くにカレッジがあるみたいで、続々と若者が増え中。私にもそういう時代があったわけだけど、座っているだけでも楽しそうで、若いってやっぱりいいなぁ~と、若者たちをうらましい目線でついつい見てしまう。

旅行記の時は、写真選びにも時間がかかっちゃって、昨夜というか今日、夜中2時までやってたのに、結局、アップ出来なかった旅の続きのお話を終わらせるべく、ブログタイムスタート @ Panera。

11/24/14の日程は
 The Waveの抽選 → ブライスキャニオン国立公園 → コダクロームベイズン州立公園

P1000212.jpgパークの話をする前に、お宿のお話を1つ。
カナブでの宿泊先は、Mrご用達ホテルのHoliday Inn Express & Suites。
The Waveの抽選場所までは、車で3分位。ここからザイオンNPまで30マイル(車で約30分)、ブライスキャニオンNPまで77マイル(車で1時間20分位)。
チェックイン時、「お部屋をアップグレードしました」と言われたので、広めの部屋になったのかな?と思いながら部屋へ向かったら、

P1000198.jpgP1000196.jpg
ドアを開けた時、”なんだ、普通じゃない。”と思ったのだけど、部屋の突き当たったその奥にもう1部屋あり、覗いてみたら、そこにジャグジーがあったぁ〜!
その夜、シャワー後、買って来たビールを飲みながら、「極楽だねぇ〜」と言いながら、ジャグジータイムを楽しんだkikiさん。(その間、MrはPC開いてお仕事中。)んが、はったお湯が熱すぎたため、30分もしない内にのぼせあがるという大失敗。
2日目は長くお風呂タイムを楽しもうと、程よいお湯加減に調整し、泡風呂タイムは1時間近く楽しめたかな。もっと楽しみたかったけど、電話が鳴りまして。出たら無言で切れたそうだけど、おそらくお隣、向かいか上階の部屋の方からではないかなぁと推測。私たちの部屋は1Fの角。ジャグジーは駐車場側の壁側にあったけど、ゴォ〜〜というジャグジーの音が響いてうるさかったのかも。

では、ブライスキャニオンNPの話にいきませう。
11年前の旅行記のブライスキャニオン記事は、旅行から3年経ってから記したこともあり、全ポイントを見て回ったというのに、素晴らしく短く、あっさりとした記事だった。自分でもびっくり。今回は、Sunrise PointからSunset Pointまでを歩き、Inspiration Pointに立ち寄っただけなので、歩いた場所から見たフードゥの景色をお届けなり! 

まずはブライスキャニオンへ向かう前。
本当は、11年前に行かなかったCedar Breaks NM(シダーブレイクス国定公園)へ行きたかったのだけど、そこは標高が高く、高い所では3,000mを超えるそうで。ネットのWeb Camでそこへ向かう途中の道路を見たら、雪が結構積もっていたので、「無理をしてはいけない」と諦めたMr家。

P1000222.jpgP1000226.jpg
標高も徐々に上がってきて、ブライスキャニオンへ向かっている途中から、山の上には雪。11年前にも撮影した記憶のあるトンネル(というよりゲート)の所で撮影し、ゴーゴーブライスキャニオン!

P1000228.jpgP1000229.jpg
Bryce Canyon National Park
入園料が乗用車1台につき$25なので、アニュアル(年間)パスを$80購入。
看板撮影のために外に出たら、寒すぎて1枚だけパッと撮影して車に戻ったのだけど、この日、一番寒い所では、車の温度計は24F(-4C)だった記憶が。

P1160106.jpg今回歩いたルートがこちら。11年前はSunsetからSunrise Pointを目指して歩くはずだったのに、人の流れに沿って歩いていたら、赤ルートのNavajo(ナバホ)Loopトレイルを1周するだけになってしまい、サンセットからサンセットに戻ってきてしまったのよねぇ。なので、今回は黒ルートをちゃんと歩いてきた。
サンライズからサンセットポイントの1周コースは、全長2.4マイル(約3.8km)。 登りはちょっときついけど、子供でも歩けるハイキングコースなり。ナバホループトレイルは、1周2.2km。

ビジターセンターに立ち寄ってトレイルの確認をした際、レンジャーさんから「ナバホループのウォールストリートの所(ジグザグの坂)に雪が少し積もっていて、滑りやすくなっているから、サンセットから降りるのではなく、サンライズから降りてサンセットへ上がってくる方がいい」とのアドバイスがあったので、彼のお言葉に従って歩いてきた。

そして、これがブライスキャニオンの景色だよ〜
P1000231.jpgP1000232.jpg
サンライズポイントへ向かう途中のリムトレイルからの景色。
P1000234.jpg
最初の印象は、「フードゥが減っている気がする」だったけれど、他のポイントから見た景色が印象に残っていたから、そう思っただけのよう。
それよりもリムトレイルを歩いている時の寒さったらもう〜 持参してきたものすべてを着込んだけれど、風が強かったので、体感気温がぐっと下がり、凍えたよ。サンライズポイントの標高が8017ft(2444m)なり。


P1000240.jpgDSC_0129_201501171402597d9.jpg
少し下がって風をさえぎれたら、日差しが暖かくて気持ちが良かった。
ニョキニョキと塔のように立っているのがHoodoo(フードゥ)と言い、私の後ろの壁は、Canyon Wall/Fin(キャニオンウォール/フィン)と呼ばれている。

P1000244.jpgP1000245.jpgP1000242.jpg
小さなトンネルをくぐったりしながら、少しずつ下へ下って歩くのみ。

DSC_0140_20150117142054e31.jpgこの旅行で一番良かったことは、雨に降られることが1日もなかったこと。場所が場所だけに雨は少ないのだろうけど。
ブライスキャニオンのピンククリフのせいか、キーンと冷えた空気のせいか、青空が本当にきれいだったこの日。

P1000253.jpg行った場所で何かしらの動物に出会えたけど、ここでは、このSteller's Jay(スレラカケス)を見れた。グラノーラバーを食べていた時だったので、食べ物狙いで近づいてきたのだと思われる。人慣れしていて、1m近くまで近寄って撮影しても全然逃げず。でも、野生動物には食べ物は絶対与えない主義のMr家なので、グラノーラバーの欠片の1つも与えてもらえず、ステラさんとはさようならとなりやした。


P1000258.jpgP1000260.jpg
写真の辺りは、Amphitheater(円形劇場)と呼ばれるこのトレイルで一番標高が低いエリアを通り過ぎ、ナバホトレイルに入った辺りかと。

下へ降りると緑が増え、針葉樹の中を歩いたりと景色が変わるのもまたよろしくて。


P1000263.jpgP1000267.jpgP1000275.jpgP1000276.jpg
そして、ナバホトレイルのウォールストリートと名付けられている所へ。ここを登り切った所がゴールのサンセット。
高さのあるフードゥが壁となり、その間のジグザグトレイルを歩くこのウォールストリートは、ブライスキャニオンへ来る人が必ず下りてみる所なんじゃないかな。想像していたより雪は積もっていなかったけれど、ここ、冬は閉鎖されちゃうんだよね。

P1000286.jpgブライスキャニオンに来た目的を果たした後、最後にインスピレーションポイントからの景色を眺めて、ブライスを後にしようということになり、ちょこっと車で移動。
ここの標高は8100ft(2469m)。強風吹き荒れて、寒いのなんのってもう~ ここは展望台?が、駐車場から上がった所、そこから急な登り坂の途中(写真撮影した場所)と更に上に1つの3か所があるのだけど、寒すぎて、2つ目の展望ポイントまで行き、パパッと写真撮影して車に戻った私たち。その景色が  標高差20m上がるだけだけど、最初の写真と比べると、高さの違いを感じますなぁ。

DSC_0219_201501171443142f7.jpgDSC_0222_20150117144316892.jpg

さらに奥へと車を走らせると、ナチュラルブリッジ等のポイントがいくつかあるのだけど、この日はここ止まり。
11年前は7月に来たので、夏&初冬の真逆の季節を味わえてよかったと思うてまふ。

帰りにまたビジターセンターに立ち寄り、「ブライスキャニオン外で、この近くでハイキング出来るような場所ってありますか?」と聞いたら、「この時間からだと...Kodachrome Basin SPかしらねぇ。」と、レンジャーのおばさま。「やっぱりそこしかないか...」とMr家。
Grand Staircase Escalante NM(グランドステアーケースエスカランテ国定公園)内にコダクロームベイズン州立公園も含まれているけど、そこ以外の写真で見たような風景が見られるグランドステアーケースエスカランテNMのどこかいいポイントに行けたらいいなと思っていたのだけど、やっぱり移動には四駆が必須らしく。11年前はチェロキー四駆をレンタカーしたので、やっぱりあの時に知っていたら!と、しても仕方がない後悔をしてみたこの時。
たkikiさん。ちなみに、グランドステアーケースエスカランテ国定公園は、グランドキャニオンより広く、総面積が東京都の3.5倍の約7,600平方kmもあるデカさなんでございますのよ。

日の入りまで限られた時間だったけど、Mrが「次にいつここへ来れるかわからないから、コダクロームにも行っておくか!」と言い、ブライスキャニオンの後、コダクロームベイズン州立公園へ向かったMr家。さ、そこはどんなとこだったでしょーかー お話はまだまだ続く~ 

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。