2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
     

スクリーンテントになったぞ! の巻

場所によって通り雨が降っていたりするので、今日も湿度の高さを感じる日に。なので、試運転兼ねて、今年初めてエアコンを稼働させたら、うぅ〜〜気持ちいい でも、足元が冷えすぎて、今はお風呂にどっぷり浸かりたい気分。

アケーディア国立公園の話へ行く前に、今日はあたくしの作業結果を報告!

W320Q77_P7030011.jpg
これですよ、これ〜 
ビバビバドドン! 

Ikeaで買った2枚入り$4の安いカーテンを2つ(4枚)使って作ったスクリーン、手直しが必要ではあるけど、なんとか形になり、使えるものになったよぉ〜!
パフパフパフ


買ったIkeaのカーテンの幅が足りるかどうか、インスタントキャノピーのフレームだけ広げ、カーテンをマスキングテープで留めながら確認しようとした日、強風によりちゃんとチェック出来なくてね。でもって、長さも「足りるね〜」程度の確認しかしなかったので、当日、作ったものを取り付けてみるまで、イメージは出来ていても、自信はなく... 


W320Q77_P7030010.jpgセールの時にスクリーンテントを買ったら$40。私が作ったスクリーンの材料費は半額の$20程度。
イメージだけで作っているけど、ちゃんと使えるものが作れているのだろうか?加えて、私が費やした労力を考えたら、”スクリーンテントを買う方がよかったかもしれない...”と何度も思ったので、取り付け後、「使える!」とわかった時、もうね、1人満足感にどっーーーぷり浸りましたぜ。

2枚のカーテンをつなげて1枚にしたものを2枚取り付けてあるので、出入り口は2箇所あり。裏側で見えない1箇所は、持参した両面テープタイプのベルクロ(マジックテープ)を3箇所ぐらいに貼ったので、出入り口が塞がった感じではあるのだけど、ベルクロが足りず、こちら側は洗濯バサミで留めてましたとさ。
スクリーンテントを真似て作るなら、ジッパーで開け閉め出来るようにするのがいいのだろうけど、こんな長いジッパーは、クラフトショップでは買えないのでねぇ。

W320Q77_P7030033.jpg
中はこんな感じになっとりまふ。
両面テープ付きのベルクロを貼ったリボンテープをカーテンに縫いつけて、それをキャノピーのフレームに取り付ける形に。自分で作るとしたら、これぐらいしか思いつかず。
リボンテープを取り付けた位置の幅が広すぎた気がするので、少し詰めて取り付け直すつもり。


W320Q77_P7030034.jpg
下の部分は、ビニールシートを20cmの幅にカットしてIkeaカーテンに縫いつけた。これは、カーテンに重みをつける為、汚れ防止、雨が降った時の泥除けの為ざます。
全体の長さとしては、この長さでも悪くはなかったけど、カーテン部分がちょっと地面ギリギリな感じなので、カーテンの長さをあと5cmぐらい上に上げたらベストかな。よって、ここも手直ししたい部分なり。

今回はキャノピーの足をビニールの上に置いて、重石代わりにしたので、ビニール部分が内側になっているけど、他のキャンプサイトのスクリーンテントを見たら、下の部分は外側に広げてあった。次回はそうやって使ってみよう。

このスクリーンを作ったのは、蚊除けのため!それなのに、構えていた以上に蚊が少なかったので、このスクリーンがどこまで役だったのか、よくわからなかった今回。でもって、上を見上げると、屋根伝いに入ってくるクモや小さな蛾が結構いて、「これなら、スクリーンが付いていない方が(クモや蛾が)気にならなかったかも〜」なんて話をしたり。

そんなだったけど、きっと蚊が多い場所、ハエが多い場所で使ったら、このスクリーンがあってよかったねぇ!と思えるはずじゃろう。んだ、んだ、きっとそうだ。その時にまた「 やるじゃん、私!」と自分を褒め、またどっぷり満足感に浸りましょーやー

ほな、また明日。 

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ