2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
     

キャデラックマウンテンからの夕日! の巻

昨晩は、エンジョイ シングルライフを過ごしたkikiさん。笑いある時間を過ごせること、いとうれしぃ~じゃわ。

では、まだまだ引き続き、アケーディア国立公園話をば。

アケーディアNPのメインの山がキャデラックマウンテン。過去3回訪れているというのに、キャデラックマウンテン山頂から、朝日を拝む!というアクティビティーがあったことを、今回初めて知ったMr家。

W320Q77_P7030008.jpgその話をMrから聞き、「なるほどぉ~海から昇る朝日を山頂から見るわけかぁ。いいかも。行ってみる?」と言いましたらば、Mrに「それはあなたさん次第だけどね。起きれるの?」とな。早朝となると、いつも「あなた次第」と言われるので、チッ!っとなるのだが、実際その通りなので、返す言葉がなくて困る。

到着した日の7/3、ビジターセンターで確認したら、日の入り時間が4:52am。ということは、遅くても40分ぐらい前にキャンプ場を出ないといけないわけで 「 また4時起きかぁ・・・明日(4日)は11kmを歩くしねぇ。 ・・・やめときますか!」 朝が弱い嫁の意見により、あっさり諦めたMr家。また次の機会に考えよう。

そしたら、「夕日を見に行く人も結構いるらしいよ。」とMrが言うので、到着した日の夜、夕食を食べた後、 サンセットを見にキャデラックマウンテン山頂へ行ってみることに。

今日は結果から言っちゃいましょー

キャデラックマウンテン山頂から見るサンセットは、別に見なくてもいいかな、というのが、Mrと私の感想なり。
海に沈むわけではないし、太陽がすごく近くに見えるわけでもないので・・・。山頂は、基本、海を眺めるように作られている場所なので、反対側となると、場所によっては太陽すら見えない。太陽がよく見えそうな場所まで下りてみたけれど、下りても特にいい場所は見つけられず。
なので、キャデラックマウンテンからサンセットを見たい場合は、山頂へ到達する手前にある、バーハーバーの町が見渡せる路肩(見晴らし場)から眺めるのがよろしいかと。もしくは、バーハーバーのマリーナの有料駐車場から とか 干潮でBar Islandへと続く砂利道が姿を現していたら、そこから見るのもいいかも。4日に花火をそこから見たら、夕日がきれいだったので。
山頂まで行ってしまうと、駐車場が限られるので、時間によっては車が止められないということになる可能性が。我が家は駐車場2周後、運よく出る車があって駐車出来たし。


W320Q77_P7030051.jpgW320Q77_P7030050.jpg
W320Q77_P7030054.jpgもう1つのポイントとしては、Seal Harbor側から向かう場合はキャデラックマウンテン山頂へ向かう道路へ入る前、ビジターセンター側から来た場合は、山頂へ向かう道路を通り過ぎた先にある、このイーグルレイクを眺められるポイントから見るのもいいかなと。
ここからの方がほぼ180度の景色でサンセットを眺められるので、山頂から眺めるよりよかったなと、後から思った次第。写真は、山頂に向かう途中で 撮影。

W320Q77_P7030061.jpg
そして、キャデラックマウンテン山頂へやってきた。
サンセットを見るべく来た観光客が多く、「こりゃぁ、車を止める場所がないかもしれんね。」と話をしていたら、運よく駐車場を出る車がいたので、駐車場2周目にして駐車出来たMr家号。
5年ぶりに見た山頂からの眺めだったので、まずはフレンチベイをバッグに記念撮影。

W320Q77_P7030071.jpg沈む夕日をどこから見るのがいいか、その場所を探しながら下ってみて、結局、駐車場から100mぐらい下った辺りから眺めることに。
でもね、この日の夕日はあまりきれいではなかったのよねぇ。この写真&下の写真を見てわかると思うけど、太陽の周りの空がオレンジ色にならなくてね。きれいな夕日を見られるかどうかは、その日の天気はもちろん、気温や気圧が関係しているのだろうけど、ちょっと残念でござった。こういうサンセットも思い出の1つになっていいのだろうけど。

写真はかなりズームインしとりますが、

W320Q77_P7030080.jpgW320Q77_P7030081.jpg
W320Q77_P7030083.jpgW320Q77_P7030085.jpg
W320Q77_P7030087.jpgW320Q77_P7030088.jpg
こんなでも、太陽が沈んだのを見届けて、拍手 tとなったわけなのだが、なんだか皆既日食のような、何か膜が貼られているような太陽と空のサンセットだった2015年7月3日(金)。

夕日が沈むまでの間、足元の周辺の植物を撮影したのだけど、右は、まだまだ緑の実だったワイルドブルーベリー
W320Q77_P7030062.jpgW320Q77_P7030063.jpg
左のピンクの花の方は、トレイルのあちこちで咲いていたSheep Laurel(シープローレル・アメリカシャクナゲの一種)という低木植物なり。

もう1記事、やってしまいますかなー To be continued・・・   

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ