2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
     

灯台シリーズ Portland Breakwater Lighthouse! の巻

今日は朝から蒸し暑かったけど、今は風が入りこんできて、過ごしやすくなってきた。雨が降りそうな空模様になってきたけど、通り雨降ってくれるかなぁ。

では、2015年7月5日(日)と6日(月)のお話をば。

キャンプ場のチェックアウト時間の10時に合わせて、アケーディア国立公園ともさようなら~
そして、向かった先はお決まりコースで、Freeportへ。「僕のパタゴニアが待っている!」とMrが何度も言うので、その度に「パタゴニアはお前を待ってはいない。」と嫁。

W320Q77_P7050223.jpgW320Q77_P7050225.jpg到着後、North Face、PatagoniaとHorny Toadと3軒並んでいるお決まりのお店を物色し、LL Bean アウトレット&本店へ。
魚のいる所で絶対足を止めるMr。水槽の中には、ゴールデンサーモンというベージュ色のサーモンがいた。アルバイノ(突然変異)のアトランティックサーモンで、公共の場で披露された第1号なんだって。

LL Beanではテントを見てきたけど、4人用テントを買う日はまだ先だわね。すぐ必要なわけではないので、調べて、ディスプレイされているのがあったらじっくり見て、お互いにこれいいじゃん!というのが見つかる日を待とう。

そして、車に戻ったら、

Mrが「あなたさんっ!家の鍵がないよ!」と、家鍵がないことに気が付いて、車の中を探しまくった我ら。Mrがパンツを試着したパタゴニアかも?!と思い、パタゴニアに戻って聞いてみたけど、落し物に鍵はなく。アパートなので、オフィスが開いている時間であればマスターキーを借りられるので、さほど慌てなかったけど、鍵がない!と気が付いた後のMrの第一声が「あなたじゃないの?」だったんだよね。確率は50/50だというのに、いきなり私のせいにされて、駐車場で「 なんじゃそりゃ~?なんで私なのよぉ~!!」と怒る嫁に。その後も「家を出る時からなかったんじゃないの?あなたさん、ドアに鍵をつけっぱなしにしてきちゃったんじゃないの?」とか、私のミスだという言い方ばかりで、ムーカーツークーったらありゃしない。 こういう時、本性&性格出るよねぇ。やだねぇ~

Mrが「今日はW杯のなでしことアメリカの決勝戦をやる日だよっ!」と、朝からうるさく言っていたので、フリーポートには2時間いたかどうか。この日は、ホテル近くのチャイニーズでテイクアウトして、チェックイン。この日もMr御用達のHoliday Inn。

W320Q77_P7050232.jpgW320Q77_P7050230.jpg
じっくり観戦すべく、準備万端でTV前で構えていたのに、がっかり残念な結果になってしもうて。でも、日本の選手みんな、ホント、頑張ってた。アメリカ選手たちがすごすぎただけだ。しかし、W杯やオリンピックの試合後、男子と女子サッカー選手の扱い、環境の違いの記事を毎回読むけど、なぜこうも違うんだろうか。


そして、翌日の7月6日(月)は、朝から日差し強く、快晴。
この日は、アパートオフィスが閉まる6時までに帰宅せねばならぬMr家だったけど、灯台を含めて4か所観光して帰宅の途に。

まず最初に立ち寄ったのは、ここBug Light Park!

W320Q77_P7060234.jpgW320Q77_P7060266.jpg
正式名称はPortland Breakwater Lighthouse(ポートランド・ブレークウォーター灯台)、通称Bug Light(バグ灯台)。

W320Q77_P7060240.jpgW320Q77_P7060242.jpgW320Q77_P7060245.jpg
この灯台が建てられたのは、140年前の1875年。高さは9.1mの小さく、そしてきれいだった灯台。対岸は、ポートランドの街。通り過ぎるだけで、まだ一度も立ち寄ったことがないポートランドのダウンタウン&オールドポート。

W320Q77_P7060248.jpgW320Q77_P7060246.jpgW320Q77_P7060253.jpg



アテネの遺跡を真似て作られたそうで、ギリシャ洋式の建物のような柱と装飾がデザインされていたバグ灯台。それが灯台らしくない感じではあったけど、高さある大きな灯台だったら、この美しさや可愛さを感じることはなかっただろうな。トップのライトの部分は鋳物製。

駐車場の脇に、船の形をしたリバティーシップメモリアルという場所があり、パーク入り口には、入館無料の小さなミュージアムもあったので、どちらも見学してきた。(ミュージアム内は撮影禁止)

W320Q77_P7060256.jpgW320Q77_P7060258.jpg
W320Q77_P7060261.jpgW320Q77_P7060264.jpg
この地は、第2次世界大戦当時、造船業が盛んで、ヨーロッパに物資を運ぶための輸送船を造っていたんだって。


バグ灯台を見学後、そこから車で5分足らずのSpring Point Ledge灯台へ向かったMr家。この灯台の紹介は、次の記事で

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ