2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

ME州灯台 - Portland Head Lighthouse そして! の巻

昨日は朝から蒸し暑く、室内の温度が上昇した時に鳴る、スモークディテクターがピッ!ピッ!と早々に鳴り出したので、昨日は1日クーラーが効いた家の中で心地よ~く過ごしたkikiさん。今日も暑くなるのかと思いきや、今日は朝から過ごしやすいコネチ。1週間ぐらいは27、8度の気温が続くようですぜ。

では、2015年7月6日(月)に回った灯台のお話をしませう。
2年前に初めて来た、Portland Head Lighthouse(ポートランド・ヘッド灯台)。この日、ここの灯台へ立ち寄った理由は、この灯台を再見学するためではなく、ここでロブスターロールを食べるためっ!!!だったのだけどね。食べられんかったんっすよーーー

W320Q77_P7060315.jpgS. Portlandのホテルで、この日のランチ場所を探したら、ポートランド周辺では、ポートランド・ヘッド灯台の駐車場でお店を出しているBite into MaineのロブスターロールがNO.1だったの。フードトラックが見つからないので、現地で調べてみたら、YelpでToday: Closedとなってて、再びorz・・・ 独立記念日連休の後だったから、休みだったのかも。調査不足だったな。
Mr家もいつか食べるつもりでいますが、この夏、ポートランド方面へ行かれる予定のお方さま、興味あらば、灯台見学とセットでBite into Maineのロブロールを食べてきてくださいませませ。

ロブロールは食べられなかったけど、ここへ売りに来ているジェラートも美味しいという情報を得ていたので、Gorgeous Gelatoは食べてきた。2年前はお店の存在すら記憶になく。ゴージャスジェラートのお兄ちゃんに、「ロブロールのフードトラックはどこにあるの?」と聞いてしまったうちらだったのだけど、うちらの後に来た人たちも聞いててね。この日、何人の人に同じ質問をされたんだか?心の中で〝またかよ・・・”と思っていただろうけど、私達にもその後の2人の人にも、優しく「今日は見ていないから、休みかもしれないね。」と答えていた兄ちゃんであった。

W320Q77_P7060304.jpgW320Q77_P7060305.jpg
食べたジェラートは、チョコレートバニラキャラメルのラージ$5。(スモールサイズは$4) これ、期待以上にうぅ~~~んめかったー!!下にまとわりつくような甘さが全くなく、さっぱりとした感じ。でもってキャラメルがあのプリンのキャラメルでね。バニラアイス、チョコ、香ばしいキャラメルをそれぞれに味わえて、  プレートの文字がMansoと読めたマンゴを試食させてもらったら、そっちはマンゴらしくなかったので、こっちにしたけど、ここのチョコバニラキャラメル、この夏のNO.1アイスクリームだと思うわ for me。お店はポートランドの街中にあるので、次なる機会、ポートランドへ観光兼ねて、他のジェラートを食べてみたいなと思うてまふ。


どっちがメインかわからなくなっちゃったけど、本題の灯台を紹介!
今回、灯台見学はしていないので、間近の灯台写真はすべて2年前の写真なり。

W320Q77_P1160001.jpgポートランド・ヘッド灯台は、Cape ElizabethにあるFort Williams Parkの中にあり。そう、この場所も昔は要塞があった場所なり。

W320Q77_P1150977.jpgこのパークも入場料無料、駐車場も無料。灯台へ向かう途中に小さなビーチもあるので、ピクニックしに来ている人達も結構いたよ。

1787年に建築スタートし、1791年に完成したこの灯台は、ME州にある灯台の中で一番古い灯台。 初代大統領のジョージ・ワシントンの指示の元で作られたそうだわさ。そんな古い灯台だったとはねぇ・・・(はい、さっきググって知りやした)

W320Q77_P1150978.jpgW320Q77_P1150997.jpg
灯台守が住まわれていた家は、現在はミュージアムに。この時は閉館時間となってしまい、入館出来ず。今回は灯台には足を運ばなかったので、ミュージアムもまた次の機会だな。右の写真、なんか手を繋いでいるように見えるね(笑)

W320Q77_P1150980.jpgW320Q77_P1150992.jpgW320Q77_P1150994.jpg
高さは31m!

W320Q77_P1150987.jpg
灯台の脇の岩に書かれているこの場所。
1886年のクリスマスイブに、アルゼンチンのブエノスアイレスからカナダのケベックへと向かっていたAnnie C. Maguireという船がこんな所で難破してしまったんだって。あともう少しの所だったのに、クリスマスイブの寒い日に難破とは・・・
当時の写真とお話は こちら


遠くに見えたこの、波と潮に耐えまくっている感バリバリの灯台は、Ram Island Ledge Lighthouse(ラム島岩礁灯台)
W320Q77_P1150991.jpgW320Q77_P1150990.jpg
島?というより岩場に見えるけど、1905年に完成したこの灯台は、高さ23mだそう。

この日は、灯台を背にし、トレイルを歩いてみた。右写真に、スプリング・ポイント・レッジ灯台が写っているのがわかるかなぁ?
W320Q77_P7060307.jpgW320Q77_P7060308.jpg

W320Q77_P7060311.jpgW320Q77_P7060324.jpg
W320Q77_P7060325.jpg違う方角から見たポートランド・ヘッド灯台。
ん~ME州の海岸沿いらしい景色だわねぇ。

海では、Mrが海鳥の子供たちを発見。ママ&キッズが2組いたよ。鵜だと思っていたけど、口ばしも首も長くないから、鵜ではなかったや。

ピクニックエリアから奥に入った所にあった、倉庫のような軍関係の建物?!
W320Q77_P7060327.jpgW320Q77_P7060328.jpg

W320Q77_P7060329.jpgフォート・ウィリアムパークの一番端っこには、1858年に建てられたGoddard Mansion (ゴッダードマンション)という名の豪邸跡がありましたぜ。簡易トイレに行かなかったら、気が付かなかった建物跡。
ポートランドの建築家の設計で、製材業で成功したジョン・ゴッダード氏が建てた家。この建物はホテルの一部だったというので、ジョンさんはホテル経営もされていた模様。1898年には米軍の手に渡り、既婚者に使われていたという説明書きがありましたとさ。外枠しか残っていないこの石の家には、地元の石が使われたそうな。このままにしておくのは勿体ないぐらい、今でも立派な家に造り変えられそうな外壁だったよ。3匹のブタのお話じゃないけど、やっぱり石造りって頑丈なんだね。

ロブロールを食べるべく、ここに来たMr家。さて、この後、我らはどこへ向かったでしょーか? 

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ