2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
     

男子、早朝海釣りへ行く! の巻

日曜日、Mご主人からのお誘いを受け、Mrは家を朝3時に出て、Hammonasset Beach State Parkへ釣り へ行ってきた。
ハモナセットビーチには、ここ2,3年、私は出かけていない気がするけど、クリントンのアウトレットモールから車で10分ぐらいの所にある州立公園。今まで知らなかったけど、朝6:30前に入園した場合、フィッシングライセンスを提示すれば、入園料を払わなくてもいいんだってさ。

雨の心配をしていたMrだったけど、Mご主人の言う通り、雨に降られることなく、現地で時頃まで釣りを楽しんできた男子2人。8:45頃に釣れているかどうか電話をしたら、「そこそこ釣れてるよ。」と。それから1時間ぐらい経った頃にMrから電話があり、「ホウボウ1匹釣ってはいるんだけど、もう1匹いる?」とな。「ホウボウ?さばくのが面倒だからなぁ・・・ ま、お好きなように!釣った人がさばけばいいことだから、ご自分でお決めください♪」と返したら、言葉を詰まらせながら電話を切ったMr。その2匹目のホウボウは海へ返してきていたMrだったけど、この日はそれなりの収穫を手に帰宅。

では、釣れたお魚、いってみよう!

W320Q77_P8231105.jpg
まずはFlukeのヒラメさん。
ここまで大きいのを釣ったの、初めてじゃないか?

サイズは16インチちょっと。家ではきっちり測らなかったけど、16インチ未満は海へ返さねばならぬフルーク。現地で寸法を測ったら16インチはしっかりあったので、キープしたんだって。

CTでの海釣りのレギュレーションはこちら
Flukeは、ハモナセット等の海岸線沿いで釣れた場合、16インチ以上であれば5匹までキープ可能。期間は5/21-9/21まで。

このヒラメを捌くか!と、ボウルからまな板に移した時、泥のような内臓がぶにゅ~っと飛び出てきて、床や食洗器の側面に飛び散って大変なことになってしまったんだけど、飛び出たのに気が付いて、「 うわぁっ!!」と声が出た次の瞬間、2人して「く、くっさぁ~~ どぶだ、どぶ!どぶの臭いがする。くせぇ~!」 海底にいるヒラメさんだからこそのヘドロ内臓ってやつなのか?! よくわからないけど、驚くほど臭かった。

こちらは、Sea Robbinのホウボウ。私が想像していたより、倍以上大きいサイズだったよ。

W320Q77_P8231107.jpgW320Q77_P8231108.jpg
ホウボウは、サイズ関係なく、何匹でも釣り上げてもOKの魚なんだけどね。

W320Q77_P8231110.jpg骨が逆Tの形になっていて、捌き難くいの for me.
エラの辺りにトゲみたいのがあったりするので、刺さらないように気をつけないといかんのですわ。
この日は、Mrがウロコ取り係。ペットボトルの蓋で鱗取りをするといい、というのをかなり前にTV番組でやっていたので、この日もMrにはペットボトルの蓋でやってもらったんだけどね。鱗が飛び散らないから、包丁の背でやるより全然いい  機会あらば、皆さんもお試しあれ!

W320Q77_P8231106.jpg
そして、この日の釣りの目的だった、Porgy(Scup)・ポーギ―は5匹。
過去、何度か記事にしとりますが、鯛科のお魚。
ポーギ―のレギュレーション in CTについても こちらでどうぞ。
サイズは9インチ以上であれば、1日30匹までキープOK。1匹、ちょっと小さめのがいたけど・・・

このポーギ―は頭と内臓だけ取り、全部フードセーバーで密封し、冷凍庫行きとなりやした。ポーギ―の処理、ホウボウの3枚下ろしからのヒラメを下ろしたら、疲れちゃってね。ポーギ―1匹だけでも下ろす気になれなかったでやんす。


そんでもって、ポーギ―の頭、ホウボウの頭以外の部分とヒラメのアラはですね。魚焼きグリルで7,8分焼いてから、お鍋にどぼーん。
W320Q77_P8231112.jpgW320Q77_P8231113.jpg
日曜日はお吸い物に、今晩はにゅうめんのお汁に使ったけど、これがまった感動の美味さでね。脂もいい感じに出ていたけど、あごだしやほんだしなんぞを足す必要ゼロ!というか、ほんだしなんか入れちゃったら申し訳ないぐらいの風味で、海の恵みに感謝しまくりのお出汁でござった。

そして、日曜日の晩御飯。メインはもちろんお刺身!

W320Q77_P8231114.jpg左写真の手前のお刺身はホウボウ。半身をお刺身にし、半身は揚げて、2つの食感と味を味わってみた。(揚げホウボウの写真は撮影し忘れちゃったけど)

W320Q77_P8231115.jpg右写真、お皿の奥は全部ヒラメのお刺身。ヒラメ1匹分ではなく、半身分だけ切ったけど、2人で食べるには十分すぎる量でしたわ。一応、食べるまで昆布で挟んで寝かしてみたけど、昆布効果があったかどうかはよくわからんかった・・・ 1日ぐらい置くとよかったかもしれないけど、月曜日からMrはまた出張で留守なので、日曜日に食べておくしかなかったのよねぇ。

W320Q77_P8231116.jpgこれは、エンガワ。
kikiさん、ヒラメやカレイなる魚を捌いたことがないのに、普通にお魚を捌くように捌いちゃっいましての。先にYouTubeで捌き方を見て確認してから始めるべきだったけど、隣でMrは鱗取りに励んでいたし、私もまた手を洗って~と言うのが面倒だったものだから、いいや、やっちゃえ!と。
そしたら、エンガワがさ・・・ これか?この部分になるんかな?あれれれ?で、よくわからんくてね
正しい下ろし方をしていたら、もっと取れたのだろうな、きっと。ネットでヒラメの捌き方を調べることを面倒臭がったがために、もったいないことをしてしまったなと反省しとりますが、捌き方動画を見たし、次回はもうばっちりさぁ~ おそらく。

ホウボウとヒラメはどちらも白身のお魚なので、見た目的にはあまり違いがないけれど、ホウボウの方が食感が少し柔らか目で、ほんのり甘みがあり、私はホウボウの方が好みだったかな。しかし、贅沢にお刺身三昧の夕食でしたわさ。冷凍したポーギ―もお刺身でも食べたいから、早めに食べなくちゃ。

コネチの海よ、ヒラメよ、ホウボウよ、ありがとうぉ~!ポーギ―はまたゆっくり味わいまーす!そして、Mrもありがとう!んが、次回からは自分で釣った魚は自分で下ろしてくれ~! 

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Aoさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。
ご主人も釣りが好きなんですね。海が近いと、時間がある時にちょこっと行って来よう!と出かけられていいですねぇ。

紫蘇はベランダ菜園で育てています。毎年、勝手に草のようにわっさわっさと生えてきて、食べきれないぐらい育ってます。家が近くだったらいつでも苗ごと差し上げられるのですが… 来年6月頃、またプランターのあちこちから生えてくると思うので、その時もまだAoさんがCTに住んでいらっしゃったら、我が家がそちら方面へ海釣りに行く時に連絡しますね。苗ごと差し上げます♪
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ