2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

Old Fall River Roadをドライブ in RMNP! の巻

9/1-9/6まで出かけたロッキーマウンテン国立公園(RMNP)の旅行記に戻りまふ。My Blog #2234の続きでござい。

2015年9/3(木)は、ぐずついた天気の予報だったので、ハイキングはやめてドライブデーの1日にしましたのさ。

旧道であり、未舗装道路であるOld Fall River Roadへ向かう時に通り過ぎるホテルがここ、Stanly Hotel(スタンレーホテル)。

W320Q77_P9030259.jpgW320Q77_P9050842.jpg

蒸気自動車を開発製造し、スタンレーという自動車会社を作ったスタンレーの双子の兄弟の1人、フリーラン・オスカー・スタンレーが建て、1909年7/4に開業したホテルがこちら。スティーヴン・キングのホラー小説「シャイニング」の舞台になったこと、ゴーストが出るお部屋(217号室)があるってことで有名なホテルなり。
9/5(土)、ホテル見学してからデンバーへ移動しよう!と思っていたんだけどね。出向いた時、駐車場に入るのにプチ渋滞になっていたので、諦めて建物の写真だけパチリ。外に大きなテントが設営されていたので、結婚披露宴とかがあったのではないかなと。ゴーストツアー等のホテルツアーがあるので、これからエステスパークに滞在の予定がある方は、Hotel Toursも観光の1つに取り入れてみてはいかがでしょうか?

オールド・フォール・リバー道路へ行く前に、

W320Q77_P9030260.jpgW320Q77_P9050833.jpg
Fall River Visitor Centerへお立ち寄りしたのだけど、オープン時間9時ということで、パスポートにスタンプ押せず。(9/5に出直した) ビジターセンターの並びには、レストランとお土産屋さんがあるので、立ち寄る人が多いみたい。鳥は、建物の梁の所にいたツバメの雛。もう巣立った頃かなぁ?

W320Q77_P9030441.jpg
ビジターセンターを後にし、RMNPのゲートを通過した最初のポイントがここ、Sheep Lakes(シープ/羊湖)。
写真は、Trail Ridge RoadのRainbow Curveのポイントから眺めたHorseshoe Parkの草原エリアの一部で、2つの湖がSheep Lakes。ここの渓谷が馬蹄の形をしているので、ホースシューと呼ばれるようになったそうな。


W320Q77_P9030264.jpgW320Q77_P9030266.jpg
ここはエルクを見れる確率高しなエリアで、この日は朝からエルクの群れを見れた。肉眼で見るには遠かったけどね。

次なるポイントは、Alluvial Fan(体積土砂が扇状に広がった地)。

W320Q77_P9030279.jpgW320Q77_P9030280.jpg
W320Q77_P9030440.jpg
1982年7/15、朝5:30、1903年にLawn Lakeに造られたダムが決壊し、大洪水の跡が残っている場所。ここまで土砂が流されてきたのは6:22。3時間後には、人家のあるエステスパークの町の方まで到達したそう。
ホースシューパークと同様、レインボーカーブのポイントから見た洪水跡の景色がこちら。道路はちょうど真ん中辺りを突っ切る感じなので、両サイドからこの洪水の跡地を目に出来る。

駐車場に車を止めて、川の流れのある所まで見に行ってみたMr家。

W320Q77_P9030270.jpgW320Q77_P9030272.jpg
W320Q77_P9030277.jpgW320Q77_P9030276.jpg
川を渡って山側全体を眺められる方へと行ってみたら、上の方の岩の上で瞑想?お祈り?しているおじさまがいた。この地点まで行っておきながら、山から流れ落ちているホースシュー滝の全体の写真を撮影してこなかった模様・・・ここでは大震災の津波の映像を思い出しながら、この景色を眺めていたけど、鬼怒川等の決壊で洪水の被害に遭った地域で避難されている方のことを思うと、この写真を載せるのが申し訳なく感じる今。茨城では、行方不明者15人中14人の無事の確認が出来てよかったけど。

W320Q77_P9030283.jpg写真の未舗装の道路からOld Fall River Road
舗装道のトレイル・リッジロードが開通するまで、1920年9月から使われていた、いわゆる旧道。
7/4から9月まで通行出来、標高3595mの所にあるアルパインビジターセンターまで約16km続いている一方通行の道路なり。
2013年9月の大雨洪水で、2014年はこの道路が閉鎖されていたらしい。

W320Q77_P9030285.jpgW320Q77_P9030287.jpg
こないな道を走りますのさ。ここの道では、ロードレーサーを5,6人見たかな。どんな人が乗っているのだろうと、追い抜く時に見ると、意外にも若い人ではなく、おじちゃんおばちゃん、おじいちゃんだったので、その度に「すげぇ~!すごすぎ!!」と驚き、彼らのパワーに感心しまくりだったMr家であった。

W320Q77_P9030289.jpg
オールド・フォール・リバー道路を走り始めて間もなくあるのが、ここ、Chasm Fallsという滝。

道路から2,30mぐらい下りるだけの短いトレイルなり。
主要道路は未舗装なのに、滝までのトレイルは舗装されているという(笑)

W320Q77_P9030291.jpgW320Q77_P9030292.jpgW320Q77_P9030300.jpg
こちらがチャズム滝。落差5m程かな。小さな渓谷の小さな滝でしたわ。

W320Q77_P9030308.jpgW320Q77_P9030318.jpg
くねくね道とヘアピンカーブ。
W320Q77_P9030320.jpgW320Q77_P9030315.jpg
ヘアピンカーブの所から上を眺めれば鋭角ギザギザの山。少し見下ろすとホースシューパークが遠くに見える景色が眺められた。

W320Q77_P9030322.jpgW320Q77_P9030324.jpg
山を登るにつれて気温も下がってきたけど、この日は想像していたより寒くなく、アルパインビジターセンターが見えた辺りでは、14度ぐらいだった。右写真の中央上に長細く見える部分がビジターセンター。

W320Q77_P9030325.jpgW320Q77_P9030326.jpg
W320Q77_P9030327.jpgオールド・フォール・リバーロードの最後のポイント、というかトレイルヘッドの入り口がChapin Pass
「歩いても1時間ぐらいじゃない?」と話していたら、おじいちゃんハイカーがやってきた。彼は、右写真の一番上の山、Ypsilon Mtn.(4119m)まで歩く予定だと。「今日はスタート時間が遅くなってしまったんだよ。」と言い、目的地へ向かって歩いて行った。私達も歩きたい気持ちはあったけど、森林限界に近づくにつれ、我らは膀胱限界に近づいてしもうてね 木の陰とかですることも出来たけど、この日は午後から雨の予報だったので、先に進むことに。

RMNPでは、真夏の時期を越したから?お年寄りのハイカーが多かったの。彼らの元気さ&タフさを見て、私たちも同じぐらいの年齢になった時、彼らみたいに山歩きを楽しめたらいいなとしみじみ思った今回。

W320Q77_P9030331.jpgW320Q77_P9030332.jpg
W320Q77_P9030338.jpgW320Q77_P9030343.jpg
ビジターセンターに近づくにつれ、森林限界も越え~
左下の写真は、ビジターセンターの下の風景。その先へと走ると、助手席側にマーモット地帯が広がっていて、道路で寝そべり出すマーモットもいたり。そのマーモット地帯を歩けるトレイルもあったけど、そこもスキップして、我らはトイレゴールを目指しゴーゴー。

W320Q77_P9030347.jpg
そして、オールド・フォール・リバーロードを完走し 標高3595m地点にあるアルパインビジターセンターへ到着!

写真の道路を見てもわかると思うけど、雨に降られなければ、四駆でなくても問題なく走り抜けられる道路なり。大雨の日であれば、道路のぬかるみ状態が心配なので、エコノミーやコンパクトカーの場合は避けた方がいいかもしれないな。その時は、フォールリバーのビジターセンターで道路状況を聞いてから判断してくださいね。

To be continued

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ