2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

熱海へ親子旅行 その3!

今日から12月。だからというわけではないけど、寒かったので、遂にダウンジャケを着て外出。 雪を待つのみになっちゃったなぁ・・・と思うと、ちょっと気が沈むもんですわいね。寒いことを除けば、冬は嫌いではないのだが。


では、熱海親子旅行その2の続きをば~

W320Q77_PA310540.jpg2015年10月31日(土)
熱海旅行の夜のお楽しみと言えば、温泉に入ること&夕食!
どうやら伊藤園グループのお宿は、朝夕のバイキングがお決まりのよう。好きなものが食べられるから、家族で来るにはバイキングのお宿はいいですわいね。でも、品数があるようでなかったりするんだが~
オームも落ち着いている(爆) この天井を見て、オームの背中の眼みたいだと思ったのは私だけじゃないはず。

私のお楽しみは、食事だけでなく、このアルコールドリンクバー!そう、夕食は食べ放題飲み放題でしたのよ。

W320Q77_PA310542.jpgW320Q77_PA310537.jpg
といっても、バイキングだから安いお酒のみだけど。ビールを2杯飲んだ後、5リットルぐらいはありそうなボトルから、ブラックニッカのウィスキーをポンプでジャボジャボグラスに投入。焼酎は、美味しいのが飲みたくて却下。日本酒とワインは頭痛になりそうな気がしたので、消去法でウィスキーをチビチビガボガボの熱海ナイト。

W320Q77_PA310535.jpgW320Q77_PA310536.jpg
W320Q77_PA310541.jpgお食事の方のメインは、この刺し盛りとカニだったかなぁ。
ここまでお刺身を盛られると、見た目の美味しさが半減するものだなぁ・・・と思ってしまったけど、これだけ盛ってあるからこそ、遠慮なく食べられるというもんですかの。甘エビも山盛りで置かれていたけど、カニより甘エビの方が美味しかったな。
カニは、カニの味があまりしなかったので、3皿止まりとなりやした。カニをぱっぱか食べる娘を見たかーさんは、呆れたような顔をしながら「カニを食べるの上手くて早いわね…」と。カニは 折る→抜く→食べる!の3ステップで。早く食べる自信はありざます。
カニを想像してたら、美味しい焼きガニが食べたくなってきちゃったよぉ~ いつかまた食べられる日がくることじゃろう

食後、夜にライトアップされているというサンビーチまで歩いて出かける予定でいたのに、親2人に却下されてしまったので、2つ目のホテルのお風呂・家康の湯を楽しんできたkikiさん。

W320Q77_PA310543.jpg2015年11月1日(日)

朝風呂は大浴場へ。これで熱海ニューフジヤホテルの全お風呂を制覇。あ~毎晩、お風呂に使っていた日本の生活が懐かしい&恋しいお風呂。

朝食は、和食中心にモリモリいただきましたとさ。

食後、ゆっくりコーヒータイムし、とーさんは部屋へ、かーさんと私は朝散歩へ。
ホテル前の道をまっすぐ、熱海銀座を抜けながら5,6分歩くと海に到着なので、海を見た後、糸川遊歩道を歩いて1周のコースで。kiki父のことだから、チェックアウト後にすぐ帰る!と言い出した場合用に、旅行前に考えてみた案の1つだったけど、距離短くても熱海散策出来てよかったわ。

まずは、ホテルの斜め前にあった、老舗羊羹処から。
W320Q77_PA310548.jpgW320Q77_PA310550.jpg
W320Q77_PA310606.jpgホテル寄りにあるのが、ときわぎという羊羹屋さん。
昭和22年に建築された建物だそう。お店のドアの所に写真が貼ってあったけど、歴史の重みを感じ、趣のある建物でしょう。

帰りに、ここで弟家族へのお土産に羊羹を購入したkikiママ。
店内もいい感じの雰囲気だったけど、天井がまた素敵でしたわさ。

W320Q77_PA310547.jpg道を挟んで、ときわぎさんの真向かいにあるのが、常盤木羊羹店
こちらもまた風情ある建物なのだけど、どちらもトキワギと言う名前の羊羹のお店なのよねぇ・・・ 売られている羊羹を見ると、ときわぎの方が昔からの羊羹を作り続けている感じで、常盤木羊羹店は、マカロンに似せた最中があったりと若者に受け入れやすそうな商品を作っている感あり。サイトを開いたら、4代目鶴吉なる龍也氏に(爆!)

先ほど、繋がりがあるのかどうか調べてみたら、ときわぎのサイトの方にこう記されてた。
※「本家ときわぎ」と「常盤木羊羹店」の違いについて。
常盤木羊羹店は、当店二代目・重夫の義弟が創業した店舗で、お味、お値段、製造方法が、それぞれ異なっています。購入時には、お間違いございませんようお願いいたします。


なるほど~

W320Q77_PA310553.jpgW320Q77_PA310552.jpg
ここは、熱海銀座通りにある、純喫茶パインツリー。ホテル近くの観光や食事処を探していた時、レトロな喫茶店として紹介されていて、お腹がいっぱい出なかったら、コーヒーやプリンアラモードなんぞを食べてみたかったけど、今回は写真だけとなりやした。
熱海はこういうレトロなお店が今なお残っているので、純喫茶巡り、私もやってみたいなぁ。

W320Q77_PA310555.jpgそして、海に到着。
kikiママ、「こんなに近くだったんだね。」とな。だから、夜、ライトアップされているサンビーチを見に行こう!って言ったんじゃないか――
写真の中央奥の方に見える所がサンビーチ。私達が朝散歩したのは、ビーチ脇にあるムーンテラスと親水公園のスカイデッキ。熱海市はイタリアサンモレア市と姉妹都市で、地形が似ているので、リゾート地の雰囲気で整備されたのがこの場所なんだそうな。

*親水公園&サンビーチ

GaDgVDQZ.pngW320Q77_PA310564.jpg
W320Q77_PA310567.jpg
kikiママが立っている方向には  ニューヨークがあるよう。
その方向の海を見てパチリ

ムーンテラスの先端中央にあるのは、恋人の聖地と言う名のこの塔。

「今時、恋人の聖地って ここのどこが聖地?」と、独り言をぼやく女が1名いたけれど、夜、ライトアップしていた時に来たら、いい雰囲気なのかも  そんなことを考えたって、恋人の聖地って場所が似合わないお年頃だしぃ~私にはご縁ない場所ですことよ


kO46POd4.pngGh2F2yum.png
親水公園スカイデッキの方には、マリーナがあり、どこぞのリッチな方のクルーザーやボートが。マリーナは珍しくないけど(CTでも海方面に向かえばあるから)、熱海湾の海がきれいなことにびっくり。水深はそうないと思うけど、海底の砂がきれいに見えるぐらい澄んでいたのよねぇ。

そこから糸川遊歩道を上がって、ホテルに戻ったのだけど、この糸川遊歩道歩き、かーさんが楽しんでおりましたとさ。

W320Q77_PA310580.jpgW320Q77_PA310592.jpg
1月末頃から2月中旬にかけて、糸川遊歩道のあたみ桜が満開になるよう。
W320Q77_PA310586.jpgW320Q77_PA310590.jpg
糸川にかかる橋の欄干のデザインが全部違っててね。下にも降りれて、川に沿って歩ける糸川なり。
k8l3MJjA.pngW320Q77_PA310602.jpg
これはチーター? 糸川の川幅はどんどん狭くなり、川を覆うようにバラやブーゲンビリアが生い茂っていたり。かーさん曰く、「萩の花」が咲いてたこの日。
U7N9SOrK.pngW320Q77_PA310604.jpg
こんな風なオブジェもあったり。

朝散歩中、2回ほど、kiki父から「まだか?どこにいるんだ?」の電話がかかってきたので、かーさんが「早く戻らないと~」と、とーさんのことが気になってね。娘は時間だけ見て、とーさんのことは気にせず散策してたけどね。チェックアウト時間前には戻ると言ってきたのに、のんびり待てないじーちゃんなとーさんなのである。これはどーにもなりませんが、この日はもう1か所熱海観光したのであった~ 

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメント

熱海

9月に母と息子と3人で熱海に行きました!
東京から在来線で行けるので安いし、近いし、熱海は子連れには最高です。
でも9月の時はちょこっとだけ奮発して小田原まで新幹線で行きました。
熱海は子供が楽しめるところがあまりなかったので、小田原で途中下車して
大きい公園や小田原城で遊ばせましたヨ。

やっぱり温泉っていいですよね。
体がずっと温かいし。

オウム、ウケちゃった。
私は怒った時のオウムみたいな指輪を持ってます(笑)
この前職場でそれを付けていったら、「う、うん。怒ったオウムだ!」と
賛同を得ましたよ^^

Hiromiちゃんへ

あら~Hiromiちゃんたちは9月に熱海に行ったんだね。東京から行くのも1本で行けるからいいよね。でも、確かに子供が遊べる場所ってないかも。海ぐらい?
小田原は観光をしたことがないから、今度機会あったら、私も小田原城とかに行ってみたいなぁ。
Hiromiちゃんのオウム指輪も見てみたーい(笑)気持ちの変化に合わせて、指輪も赤ーブルーに変わったら面白いね i-236 

またのんびり温泉に浸かりたいわぁ・・・ 
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。