2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

家族みんなでCupnoodles Museumへ行った! の巻

今日も暖かな1日でございましたなぁ。日本も暖冬で、農家さんが大変なようだけど、ここも12月らしくない暖かさ。
窓交換作業をされている方達も、順調に作業を進めている模様。


窓の交換作業はまだ続いていて、今日は、私が帰宅したのと同時にメキシコ人兄ちゃんズが3人で来てくれて、
W320Q77_IMG_0020.jpgW320Q77_IMG_0021.jpg
モールディングの釘穴(モールディングの所に見える黒い点)を埋め、はめ込んだ窓の隙間をシリコン?でふさぎ(右写真の隙間部分)、ざっとペンキを塗っていってくれた。月曜日にもう1回来ると言っていたので、ペンキを重ね塗りして作業終了になるのではないかと。でも、月曜日って雨の予報なのよねぇ・・・ 雨であろうとなかろうと、作業が終わったらスチームバキュームをかけるつもりだけど、小雨だといいなぁ。
でも今日は、窓枠の外側に付けれていた寝室と客間のブラインドを内側に付け替えてもらったから、それだけで余は満足!


では、今日もまた帰国話にいきまっしょい。

W320Q77_PB060824.jpg2015年11月7日(土)は、とーさんの車に乗り込み、横浜に向けてゴーゴー!

写真は、沼津サービスエリアで食べた富士宮やきそば by Mrリクエスト。スーパーでも売っている富士宮焼きそばだけど、私も今まで食べたことがなくて、これが初♪富士宮やきそばだったの。麺にこんにゃく粉が入っているだけあって、面白い食感のしこしこさだった。普通の焼きそば麺の方が好きだという人も結構いそうな気もするけど、まだ食べたことがないというお方さまは、一度お試しあれ~

それにしてもサービスエリアのトイレ、どこが空いているか、パネル表示されていてびっくり。トイレにそこまで設備投資する国は日本だけだろうなぁ。

W320Q77_PB060843.jpg沼津サービスエリアから、Mrと私がお初の新東名へ。
新東名の道路って、タイヤが吸い付くような感じ、滑らかな走行を感じられるとか聞くから、その違いを私も体感してみたかったんだけどねぇ。とーさんに運転交代を断られ、 大人しく後部座席に座るの娘っ子。次回帰国時の目的その1、新東名を運転する。
そして、12時半近くに横浜に到着!!
義妹のTちゃんに到着したことを伝え、

やってきました、!!! CUPNOODLES MUSEUM
W320Q77_PB060840.jpgW320Q77_PB060841.jpg
ここが、kiki家の家族全員がそろって出かけた記念すべき第一号の場所となりやした。Mrも含め、家族全員そろったのは婆ちゃんのイクちゃんの法事の時以来。親は静岡、娘はコネチ、息子は埼玉と住む場所がバラバラ。今まで私は1人で帰国していたし、姪っ子も甥っ子も部活や習い事なんぞで忙しいから、なかなか全員そろうのは難しくてね。法事意外で全員そろって会うのは初めてだったこの日。


W320Q77_PB060844.jpgW320Q77_PB070900.jpgミュージアムの中へ入ると、天井高く、広いエントランスホール。入り口の前にはショップあり。
階段を背にすると、上には白い巨大なカップヌードルのオブジェ。
弟家族も初めてかと思ったら、3回目のカップヌードルミュージアムだと知ったこの日。私達より先に横浜入りしてくれて、チケット購入&マイカップヌードルファクトリーの予約を取っておいてくれたのだった。感謝!

W320Q77_PB060845.jpgK-toとは先に会っていたけど、久しぶりに会ったUたんがでっかくなって、ちと大人っぽくなってて驚いた。かーさんも驚いてた(笑)厚底ソールのショートブーツを履いていたせいもあるけど、子供っぽさが抜けちゃったようで、それはそれで寂しく感じちゃったわ。

合流後、まずは記念撮影。Tちゃんは、マイカップヌードルファクトリーの予約時間を早めてもらえるか聞きに行ってくれてたので、写っておらず・・・

W320Q77_PB060846.jpgW320Q77_PB060849.jpg
W320Q77_PB060850.jpg
まずは、インスタントラーメンヒストリーキューブの展示ルームへ。歴代のインスタント麺とカップヌードルのパッケージがずらり。世界初のインスタント麺が製造販売されたのが1958年、チキンラーメンから。
懐かしいものや、地方で販売されていたような見たことがないカップ麺もあったり。スパ王も懐かしかった。新し物好きだったkikiさん、初めてパスタカップ麺を見つけて購入した時、翌日の会社ランチに持参したんだよなぁ。社内で最初にパスタカップ麺を食べた人。それは生麺でなくて(スパ王ではなかった)、真ん中が空洞になっている極細マカロニ長麺のような麺だったけど、ワクワクしながら食べたのを思い出したョ。

W320Q77_PB060862.jpgシアターで安藤百福氏のスト―リーを観たりした後、ここ、安藤百福ヒストリーの展示をそれぞれ見学。
今まで、世界初のインスタントラーメンを発明した人が誰だったかなんて気にしたことがなかったけど、もし彼がインスタントラーメンを作り出さなかったら、今、他の国でもインスタント麺は作られていないかもしれず~カップラーメンだってないかもしれないんだよ
百福さんがインスタントラーメンを発明したのは47歳の時。その前は、航空機エンジンの部品製造、バラック住宅の製造、蚕糸事業など、多種にわたるビジネスを手掛けていたそうな。
インスタント麺を揚げるというのは、天ぷらからヒントを得、揚げて乾燥させるということに成功したんだって。

W320Q77_IMG_4125.jpgW320Q77_PB060875.jpg安藤百福氏と世界的に有名な発明家たち?とパチリ。
百福さんがシャドーボックスのように立っているので、立体的に見え、実際に一緒に写真を撮っているかのような写真に。Mrお気に入りの写真になっとりまふ。シルバーの百福像の横に並んで、Uたんとパチリ。


W320Q77_PB060876.jpgそして、マイカップヌードルファクトリーへ。
カップに絵を描いたりした後、スープを選び、具材を4種類(1種類を4スクープでもOK)を選び、自分だけのオリジナルカップヌードルを作ることが出来る場所なり。入館料に加えて、カップ代の300円が必要。
サイトを見たら、平日の特定日に限り、カップライスが作れるみたいだよ。12月1月の開催日は決まっていないようだけど、興味のある方はこちらでご確認を。

W320Q77_PB070880.jpgW320Q77_PB070879.jpg
W320Q77_IMG_4134.jpg
みんな、結構、真剣にマイカップ描き中。時間制限はないから、焦ることなくゆっくり描けるから
最初、Tちゃんから「カップヌードルミュージアムには行ったことがありますか?」とメッセをもらった時、両親2人は楽しめないかもしれないなぁ・・・と思ったけど、ここは老若男女楽しめる場所だと思いまっせ~ 
とーさんも昔のお絵かき歌の絵を描いたりして、私の予想に反して、結構楽しんでいたから。かーさんはUたんにミッキーマウスを描いてもらってたね。

そして、描き終えた全員のマイカップのタワーの写真を撮影し、トッピングカウンターへと移動。

W320Q77_PB070887.jpgW320Q77_PB070890.jpg
麺はハンドルを手動で回してカップの中へイン!8人分をK-toがやってくれた。
どうやったら麺がすっぽりカップの中に入れられるか?ということも、百福さんが研究したらしいよ。結果、麺をカップに落とすのではなく、麺の上にカップを被せるという方法になったんだそう。
カップの中に麺が入ったら、選んだスープと具材を入れてもらいまふ。

W320Q77_PB070892.jpgW320Q77_PB070893.jpg
W320Q77_PB070896.jpg
カップに蓋をしてもらい、シュリンキングラッピングしたら、自分が作ったオリジナルのカップヌードルが完成!
Mrは、スープはカレーと決めてカップを描いてたけど、カレーの絵がお弁当に見えるよね・・・
kikiオリジナルは、 トマトチリのスープ+えび+チーズ+ひよこかまぼこ+この時の期間限定だった 焼きなすをチョイス。

このカップをオリジナルのエアパッケージに入れ、空気注入口から空気を入れて膨らまし、紐をつけると、カップヌードル専用バッグが出来ますのさ。アタクシ、このエアパッケージに感動。これを考えた人がすごい!って思っちゃったよ。破損しやすい商品を送る時に使われていたりするのかもしれないけど、このエアパッケージをどこかで買えるなら買いたい。繰り返し使えるから、帰国時や小包発送時、壊れやすいものを入れるのにぴったりだと思うんだなぁ。

W320Q77_PB070898.jpg
そして、ミュージアムを出る前に、置いてあったひよこちゃんのぬいぐるみをお借りして、記念の集合写真をパチリ。この後、弟がみんなのカップヌードルバッグを自分の車に持っていってくれまして、みんなで赤レンガ倉庫へ。Tちゃんも弟も色々動いてくれてありがとよぉ~

しっかし、とーさんは写真撮影時、いっつも同じ顔でつまらなーい。ムスッとしているというか無表情というのか。日本人の笑わない集合写真そのまんまの顔とでもいいますか。熱海旅行時も「笑いなさいよ!」と何度か言ったけど、本人は全く気にしていないから直らないねぇ。

このカップラーメンの賞味期限は1ヶ月ということだったので、サンクスギビングデーのランチに食べたMr家。そのお味は次の記事で記しまーふ。 

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ