2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
     

ローガンパスとHidden Lake Overlookへ! の巻

毎日30度越えの日が続いているコネチ。日本より過ごしやすい夏であるのはたしかだけど、今月は去年よりクーラー稼働率高しな我が家。

IMG_268700400.jpgさてさて、今日は旅行記の前に昨日のうれしかったことを3つ。

その1: 朝顔が3つも咲いた! 
全部ショッキングピンク色だと思っていたのに、ブルーの花が咲いた!
朝、ブラインドを開ける時、今日はいくつ朝顔の花が咲いているかなぁ~と見るのが楽しみになっているこの頃ざます。今日は1つも咲かなかったけど・・・

IMG_269300curry.jpgIMG_269700400.jpgうれしかったことその2: ローガンズ2号3号、そしてブーやんが我が家に遊びに来てくれた。

久しぶり~~にインドカレーランチをローガンズ2号3号とし、夕飯抜きにしてもお腹が減らないぐらい食べた。食べすぎたのは失敗だけど、考えてみると8時間ぐらいしゃべってた。ぎゃはー
いい話も聞けて、いとうれし!

IMG_270600400.jpg
うれしかったことその3: 夕日がめっちゃきれいだった。窓の外がなんか明るいな、と思って外を見たら、空一面オレンジ色だったのねぇ。
写真を撮ろうと外に出た時には、日がほぼ沈んでしまった状態だったけど、きれいな夕日が見れてうれしかったわい。



では本題へいきまっしょい。
時はまだ2016年7月10日(日)のままなのだが・・・この日、ラストのお立ち寄り先、Logan Pass & Hidden Lake Overlookのお話をば。

Logan Pass(ローガンパス)は、標高2025mで、大陸分水嶺に位置している峠。
DSC_029600400.jpgP710080800400.jpg
グレーシャーNPの真ん中に位置していて、、ここから人気のトレイルが出ているので、人が多く集まる場所なのだが、駐車場スペースが広くはなく、ビジターセンターも小さい。
この日、私たちも駐車場をぐるぐる15分ぐらい走り回り、「だから予定通り、アバランチレクのトレイルを歩けばよかったんだよぉ~!」「ここまで混んでいるとは知らなかったんだから仕方がないじゃん!」などと言い合い、車内もどんより険悪ムードに。

や駐車出来たので、ビジターセンターにちょろっと立ち寄り、裏手から出ているHidden Lake までのトレイルへと出発。

P7100728004000.jpgP7100729004000.jpg
P710073200400.jpg
Hidden Lake Overlookまで: 
  片道1.4マイル(2.24km)
*Hidden Lakeまで: 片道2.6マイル(4.16km)

しかし、前日から歩けるのはHidden Lake Overlookのポイントまで!
理由はご覧の通り、 熊の出没率が高く、危険なため。おそらく、私たちがグレーシャーNPに滞在していた間は、ヒドゥンレイクまで歩けるトレイルは閉鎖されていたんじゃないかな。

7月だというのに、ここにはまだたっぷりの雪!標高としてはロッキーマウンテンNPで歩いた場所と同じぐらいか、それよりも低いんだけどねぇ。北に位置している分、気温が低めなのだろうな。晴れていた日は、日差し強く、普通に暑かったけど。

P7100734004000.jpgP7100738004000.jpg
前方に見える山は、Clements Mt.(クレメンツ山・標高2670m)
P7100742004000.jpgP710080100400.jpg
トレイルの半分ぐらいの距離は木道が続いているはずなのだけど、その木道も半分は雪に覆われてたね。私がCTから履いてきたスニーカーでは水が浸みてくるのはわかっていたので、Mrが履いてきたハイキングシューズを借りて歩いたけど、雪の上となると、やはり滑りやすく、登りにくかったや。帰りはより滑りやすいため、Mrと手をつないで降りてきたんだけど、滑っても掴めるものがある分、1人で歩くより歩きやすく、周りの人を追い越しながらたったと降りてこれましたとさ。手つなぎ下り、お薦めざます。

P710075300400.jpg雪の上を歩くマウンテンゴートを発見して、「遠いけど、いたー!!」と喜んだのもつかの間、
Hidden1.jpg
雪道から脱した辺りで、目の前にマウンテンゴート!!
登ってきた人、みんなテンション上がってたよ。赤ちゃんゴートも一緒だったしね。ここには大人マウンテンゴートが2匹と赤ちゃんゴートが1匹いたのよねぇ。赤ちゃんゴートを見られたのは、この日が初めて。このトレイルが人気なのは、距離が短めというだけではなく、マウンテンゴートが見られる場所だからなのか!と、この時知ったMr家。

この3匹を見た後、前方からマウンテンゴート2匹がトレイル脇を歩いてくるわ、湖が見え出した辺りで、いらっしゃーいと迎えてくれているかのように立っていたり。ここはマウンテンゴート村だったわ。毛の生え変わりの時期のようで、抜けている部分やぼっさぼさな部分があったりだったけど、この至近距離で見られたのはうれしかったなぁ。

MGoat.jpgHidden5.jpgHidden4.jpg

そして、ヒドゥンレイクを見下ろせるオーバールックポイントに到着!当たり前だけど、湖へ行ける道は、しっかり閉鎖されてましたとさ。
P710077800400.jpgP710077600400.jpg
P710077900400.jpg
グレーシャーNPにも沢山いたマーモットも、この風景を眺めていたけど、毎日、この景色をながめているなんざ、贅沢ねぇ~と思っちゃたよ

湖が映り込んでいる風景写真は、上の1枚しか撮影していなかったことが悔やまれるのだけど、ここに到着した時、双眼鏡で先の景色を見ていたおじさんが、「ベアーがいる!マザー1匹と2カブがいる!」と言っていたものだから、その熊探しに私たちも必死になっちゃったのよねぇ。最後の最後に、ビデオカメラ越しでやーっと見つけることが出来たぐらいの豆粒サイズだったけど、トレイル近くを小熊が走り回ってた。

この展望ポイントから見える山々の名前と標高は
P710078200400.jpgP710078400400.jpg

Hidden6.jpgP710079300400.jpg
帰りもまたマウンテンゴートに出会いながら~見ながら~

復路では雨がぽつぽつ降り出してきたので、出来る限り足早に下りたけど、駐車場に着く頃には降りが結構強くなり、車に乗り込んだ後は、土砂降り状態に。
滞在中、雨に降られなかった日は、木曜日と金曜日の2日間のみだったのよねぇ。

下りてきた時、トイレ近くの屋根のある場所で、レンジャーの人が動物や氷河について話をしていたので、少しだけ聞いてきたのだけど、その時にクレメンツ山にもグレーシャー(氷河)があることを知ったkikiさん。

P710081500400.jpg滑らないように歩くのに必死で、このグレーシャーがどこに位置しているのか、パネル写真だけではわからなかったけど、クレメンツグレーシャーも、1914と2010年の比較では、半分以下に。左のパネルのボルダ―グレーシャーに関しては、55年間の間に、1988年の時点で氷河完全消滅・・・ 氷河を見ると、地球温暖化の深刻さを感じるし、今の状態をキープして消えないで欲しい!と思うけれど、無理な話なのかな・・・

plants logan
ラストに、このHidden Lake Overlookまでのトレイルで見たグレーシャーの花たち。
黄色の花はグレーシャーリリィ。花のサイズはゴルフボール位か、それよりも小さいぐらいだけど、ビジターセンター裏手の方は群生していて、きれいだったよ。天気がよかったら、この黄色の花がもっと映えていただろうなぁ。
白い花は、クリスマスローズみたいな花に見えた、Drummond's Anemone(ドラモンズアネモネ)という花なり。
ピンクの花は、Pink Mountain Heather(ピンクマウンテンヘザー

花が咲いている時期に行けたのはよかったですわい。

翌日は午後から雨に恵まれてしまった私たちだったけど、2本歩いたので、次回はそのお話をば~ 
おやすみなさい。   

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

ブーやん共々長時間お世話になりました
明日も行くけどw

こっちがマウンテンゴートなのね
動画も見られて、美しい景色もちょっと味わえてラッキーでしたわ
こういうの見ると、旅行行きたくなるわ~
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ