2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
     

Waterton Lakes National Parkに行った! の巻

本日第2弾!

夏休みに入ってから、我が家の周辺(隣の棟と斜め前の棟)のインド人の子供たちが自転車やキックボードで遊ぶ姿をよく目にしていたのだけど、子供だけで遊んでいるものだから、危なくてね。
日曜日に出かけた時、背丈からすると6,7歳のインド人の男の子がスピードつけて降りて来て、家の車をよけて通過してくれたのはよかったど、曲がり損ねて芝の上に転び飛び 一昨日、家賃を支払いに行った帰り、インド人の子供2人がキックボードで車の間から飛び出して来て、郵便局の配達車が煙が出るほどの急ブレーキをかけて止まった所を見て  こっちが唖然と立ちすくむ中、配達おじさんに注意されていたけど、お構いなしで子供たちはそのまま去っていき、親はその音に気が付いて、ブラインドから数秒チラ見してたけど、外に出てくることはなく。これはもうオフィスの方から注意してもらわないとダメだなぁ~と思っていたら、今日、「苦情が何件か寄せられています。子供を遊ばせるなら、道路ではなく、ジムの向かいにある丘の方で遊ばせるようにしてください。」というオフィスからのレターが玄関に挟まってた。これでしばらくはキックボードや自転車で走り回ることはないだろうから、よかったわい。

では、本題へ。

P713026500400.jpg時は2016年7月13日(水) 天気は晴れのち曇りのち雨のち晴れ。

この日は体休息日ということで、カナダにあるウォータートン・レイクス国立公園へ出かけたMr家。ウォータートン・レイクスNPはグレーシャーNPの北に隣接していて、グレーシャーNPのセントメリーから、ビジターセンターがあるタウンの入り口辺りまで、約80km。さらに400km近く北上すると、バンフ国立公園に行けるという場所にあり。
ウォータートンレイクスNPの景色はグレーシャーNPとそう変わりはないけど、違うのは、国立公園の中に町があることかな。

P7130266004002.jpgP713027200400.jpg
当たり前だけど、カナダに入るとKM表示。そして景色は平地がどんどん広がり、山はどこへ?ののどかな景色に。

カナダの入国審査のゲートに向かうまでの間が放牧エリアなので、牛に注意のチーフ・マウンテン・インターナショナル・ハイウェイなり。右の写真、合成ではないですよ。ただ牛が近かっただけ。
cattle.jpgP713027500400.jpg

途中から、この山を眺めながらのドライブ。
DSC_017900400.jpgP713028400400.jpg
Mrと「カナダのデビルスタワみたいに見えるけど、格好いい岩山だね。」と言いながら眺めていたのだけど、この山はChef Mountain(シェフ山)。標高2767m!
(デビルスタワーのお話は、My Blog #1078#1081に綴ってまふ。)

そして、カナダへの入国!
P713028900400.jpgP713029600400.jpg
悪いことも禁止な物も持参していないけど、いつ通ってもそれなりに緊張するもんです、はい。トランクを開けてまでのチェックはされなかったけど、たばこ類、アルコール類は?銃は?などと決まったことを2回繰り返し聞かれてたかな。ちなみに、カナダへはベアスプレーは持ち込み禁止!
そして、Waterton Lakes National Parkの碑の写真撮影をし、レッツゴー!!
 
P713030000400.jpgP713030200400.jpg
ウォータートンはバンフと同じアルバータ州。ウォータートンNPを出た西側はブリティッシュ・コロンビアになるそうな。
チーフ・マウンテン・インターナショナル・ハイウェイの道路沿いは、デイジーの花が咲きまくってた。

P713030500400.jpgP713030600400.jpg
後はR5にぶつかるまで走るのみ!とドライバーだったMrに話したら、道路工事で結構長く一時停止に。その辺りは白樺の木がいっぱい映えてた。その景色の雰囲気から、〝ムースよ、出てこい!”と念じてみたけど・・・道路工事している場所に野生動物がわざわざ来るか?って話である。帰りもまだ道路工事が続いていて、エンジン停めるぐらい、長めの一時停止にはまってしまった。シーズン中に道路工事なんて~と思ってしまったけど、きっとシーズン前は雪で道路工事が出来ないのだろうな。

P713030700400.jpgP713031000400.jpg
また平地が広がってきて、町があるウォータートンパークまで10~20分辺りの景色。

でも、我らはそのままウォータートンパークには向かわず、カルガリー方面へちょこっと走った方にある、Bison Paddockへ先に立ち寄ってみることに。

バイソン(バッファロー)の保護区。その中を車で走れるので、運が良ければ、間近でバッファローを見れるはずなのだが、
P713031500400.jpgP713031300400.jpg
バッファローがぁ~~~1匹。これだけでは寂しすぎるだろ!と嘆きながら、走ったら、

一応、バッファローの群れ発見。しかし、望遠最大使用で撮影してこれなので、肉眼では黒い点にしか見えず、「遠すぎ~!!」 「寝ているから、これじゃぁ、牛なのかバイソンなのかわからない!」と文句ぶつぶつ垂れてた嫁であった。
P713033100400.jpgP713033500400.jpg
彼らは、大人と子供が分かれてくつろぐみたいですなぁ。

そして、パークのエントランスへ。2016年7月時点の入園料はCA$19.60だった。我が家が持っている2001/2002年版の地球の歩き方には、CA$4と書かれているのだけど、この14年でえらい値上げしとりますなぁ。

P713034600400.jpgP713035100400.jpg
家にちょこっとあったカナダドルは持参し忘れたので、US$20.00でお支払いしたのだが、おつりがCA$10.40だったの。
車を走らせながら、「$10も戻ってきちゃってるよ。カナダドルって今いくらよ?いくらなんでも$10って・・・」と話していたのだけど、ゲートのお姉さん、CA$5札と$10札を間違えてしまったみたい。それに気が付いたのは、ランチの支払いをしてからだったのだが・・・この$10でコーヒーやピンを買わせてもらっちゃいましたとさ。ありがとさんでした。

数分車を走らせると、HPやブログの旅行記に載っていた写真で見た、Price of Wales Hotel(プリンス・オブ・ウェールズ・ホテル)が見えてきた。そして、そのままここにお立ち寄り。

P713035900400.jpgP713036200400.jpg

P713036300400.jpgP713036500400.jpg写真で見る方が豪華そうに見えるな、思っていたより建物が小さいなぁ、というのが正直な感想でしたわね。
入り口のドアにはステンドグラス、その上にはイギリスの国章が。

ここのホテルマンの制服は、イギリスの(スコットランドの、という方が正しいかな?)民族衣装のキルトだった。赤のタータンチェックのキルトがかわいかったなぁ。

建物の中へ入ると、いわゆるロビーになっていて、ここもお決まりの吹き抜けに。
pw.jpgDSC_018000400.jpgP713037100400.jpg
左の写真は、ドア側から湖側を見た写真+湖側から出入り口側を見た写真なり。
このプリンス・オブ・ウェールズ・ホテルは、1927年に建てられたそう。当時のままのエレベーターかどうかわからないけど、レトロさがナイスであった。


DSC_018300400.jpgここではアフタヌーンティーを楽しめるので、ここでゆっくり過ごすというのもありかな、とちょろり考えたけど、日帰りとなると、食事だけに時間を費やすのはなかなか難しいもんでございますことよ。

湖側からも写真撮影しておこう!と外に出たら、ブオォ~~~  
湖から飛ばされそうなぐらいの強風が吹いてきていて、写真を撮るのもなかなか大変でございましたとさ。

DSC_018400400.jpg
ホテルの前にどーんと見えるこの湖はアッパー・ウォータートン・レイク。この湖、アメリカ側まで続いている長細い湖。ウォータートンパークの町は、右手の方に。

マリーナからアメリカ側に向かって横断するボートがあり、対岸にあるGoat Hauntという場所からハイキング出来るけど、ハイキング出来るのはアメリカとカナダ市民のみ。(8/5: Mrから指摘があったので・・・アメリカ&カナダ在住のビザを持っている日本人もハイキング出来ることを追記しておきますね。)

参考に
Hiking North Fork & Goat Haunt
Waterton Tour Boats

この日は歩かないつもりでいたけど、この場所から見える山の上に人がいるのを見つけちゃってね  旅のお決まりの言葉、「折角来たんだし~」で、ランチ前の運動で1本歩いたのであった。そのお話は次の記事で

ほな、おやすみなさーい

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ