2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
     

Highline TrailからThe Loopを歩いてきた! その3

34℃まで気温が上がり、日本並みな蒸し暑さだった週末。あのむわぁ~~~んとした空気を体感したのは、何年振りかな?
土曜日は涼みがてら新たなブリュワリーへと出かけてみたら、クーラーがなく、なんだここはぁ~~ 素晴らしく予想外の蒸し部屋で、日本のビアガーデンを思い出したよ。夏はこういう暑さを感じてこそかな、と思いながらビールを楽しんでみたが、長居は出来んかったわ。旅行記が終わったら、ブリュワリー4か所かな、紹介しますね。

このラップトップPCのaのキーの反応がすこぶる悪くなってしまい、タイプするのに時間がかかる・・・

では、トレイル話にいくとしますか。前記事のMy Blog #2381の続き、グリネル氷河のオーバールックのポイントへ行くことにしたMr家。



遠目すぎる景色ではあるけど、左下の写真だと の所。右下写真は、途中のルートだけど、トレイルのラインに沿って線を引いてみたら、こんなだった。
P714026100400.jpgP714026200400.jpg

ハイライン・トレイルの分岐からは片道1km。ここを出発したの2時半。「1時間で戻ってくる目標でいこう!」と登るぜ、坂道!
P714018700400.jpgP714018800400.jpg

でも、これがきつくて・・・10mぐらい先の岩を見ては、「はぁ・・・次はあそこまでぇ・・・」と目標決めながら、1歩1歩。
P714018900400.jpgP714019000400.jpg
上から降りてくる人たちは、だいたい声をかけてくれたのだけど、女性グループが、「沢山休みながらいくといいわよ」と。ほとんどのハイカーは、「行く価値はあるから!」と。

DSC_039000400.jpgbghnsp00400.jpgそして、「あそこにシープがいるわよ。」と声をかけてくれた女性ハイカーさんがいて、ここでちょっと気分転換出来た。
時間が気になるから、1分でも早くたどり着きたくて、トレイルばかりを見て歩いていた時だったので、教えてもらってうれしかったですわい。
P714024300400.jpg上のシープが年下で、下の方が年上シープだね。結局、グレーシャーNPで見れたビッグホーンシープは、前記事の1匹とこの3匹だけだったなぁ。
これは・・・おそらくビッグホーンシープの トレイルの途中に落ちてた。形が何とも言えずパチリ。

P714019700400.jpgP714019400400.jpg
歩いてきたハイライン・トレイルを眺めた景色。残雪の上を歩いている人たちを見て、2人で「歩いてきたねぇ~」

しかし、我らにはまだ先がある。ここで達成感に浸るのは早い。

目的地の山頂を見上げたら、きれいな雲のラインが。
うちらみたいなハイカーは、こういうことを見つけて楽しまないと、歩いてられないぃ~


ゴールはもうすぐだ!という辺り。
P714023500400.jpgP714022900400.jpg
氷河より先に迎えてくれたのは、2匹のマーモットだった。

P714020500400.jpgそして、ゴールのGrinnell Glacier Overlookに到着!そして、これがグリネル氷河!ここの標高は2293m。

うぉ~氷河だ―!!な凄さみたいなものを期待していたので、正直、これかぁ~というがっかりさもちょっと感じちゃったりして。でも、間近で見れたグレーシャーはここだけだったし、この目で見ておいてよかった!と思っている景色なり。この景色を撮影中、マーモットが氷河の上を勢いよく、コロコロと走っている姿を目にしたけど、撮影は出来ず。マーモットのように氷河の上を歩いて見たかったなぁ。

P714021500400.jpg上の写真は、上がってきた所より少し上った所からパチリ。
マクドナルド湖がばっちり見えたよ。Mrはで氷河を眺め中。
この先を歩いていく人もいたので、ここがゴールではなく、ガーデンウォールと呼ばれる岩山の尾根を歩く形で、出発地点のローガンパスに戻れるのかも?!しれない。

P714021300400.jpg

はっきりわかっていないけど、氷河の下の方に見えた水色の所が、アッパー・グリネル・レイクの一部かと。
グリネル・レイクへのトレイルからグリネル氷河のポイントまで歩いたら、ここまで行けるっぽいのよね。この時は、雪のため、そこまで行くのは「Not Recommend」になっていたけど。
情報としてはっきり記せなくて申し訳ないざます・・・

上の方へ歩いていった人から聞いたのか?Mrが「湖が見えるっぽいから、もう少し上を歩いてくる。」と言い、写真の所まで登ってった。
P714022700400.jpgDSC_040400100.jpg
私も途中まで歩いてみたら、2日前に歩いて見てきたグリネル湖が見えた。そこから撮影したMr。私もMrの元まで行ってもよかったけど、時間が気になっていたし、無駄に体力使いたくなくて、いつでも下りれるように待機(が私のいる所)

DSC_040500400.jpgMrいた場所から撮影した景色がこちら。

グリネル湖に行った時も天気が悪かったから、湖の色がよくわからなかったけど、晴れていると、濃い目のエメラルドグリーンで綺麗なんだね。あそこにいたのに、今、ここにいる!ということに満足感を味わった後、降りることに。

ここを出る時に時計を見たら、3:36。1時間で戻りたかったのに、片道&写真撮影で1時間かかってしまった。

P714023900400.jpg
帰りに見たビッグホーンシープたちは、行きより上に上がって来ていて、食事後の休憩タイム中。

「角があるというのも、寝にくいもんだわねぇ。絶対、首凝ってると思うわ。」と、どうでもいい心配をしてみたkikiさんであった。

P714024600400.jpg

次なる目的地は、印の所にある、Granite Park Chaletという山小屋。

ここは予約がなかなか取れないらしい。

ここまで12.9kmの道のり。そして、下まで降りたら、シャレ―までは1.3km。

今日でのハイキング話を終わりにしたかったのに、もう1話続いてしまいますわ・・・


今日のラストは、ハイライン・トレイルとグリネル氷河までの道のりで見た野草写真。

overlook100400.jpgoverlook200400.jpg
この2枚、6種の野草は、グリネル氷河のゴール地点に咲いていた花たち。

デイジーは思いっきりぼけてしまっているがー



ここから下は、ハイライン・トレイルで見かけた花たち。気が付いたものだけだから、他にもあっただろうけどね。ビジターセンターのパネルで見て、見てみたいなと思っていた、シクラメンの仲間のシューティング・スターは、下の段の右から2つ目。グレーシャーリリーと同じぐらいのサイズの花かと思ったら、その半分以下だった。シューティングスターの左側のはTwisted Stalkという花。これもかわいかったなぁ。
HLflow00400.jpgHLflower00400.jpgHLflower200400.jpg
パンダ顔付きのテントウムシも見つけたー

毎度長くてすんません。To be continued~ 

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ