2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

Granite Park Chalet、そしてGoing-to-the-Sun Roadへ!

今日は3時頃から1時間弱、雨しとしと降っていたかな。雨よ、降ってくれ!と願っていたけど、最近、雨がよく降ってくれますなぁ。
ルイジアナ州での深刻で大規模な洪水被害の様子をニュースで見る度に、雨を望んでいて申し訳ないなと思ってしまうけれど、1日でも2日でも早く水が引いてくれることを祈るのみ。被害に遭われている大勢の人たちにお見舞い申し上げます。


IMG_297100400.jpgでは、本題へ。

ハイライン・トレイルを歩き(My Blog #2380 & 2381)、グリネル氷河が見れるポイントまで歩き終わった(My Blog #2382)Mr家。

残すルートは、ピンクのラインのルート。ゴールはThe Loopの所だけど、我らの次なる目的地はグラニット・パーク・シャレ―(山小屋)。
シャレ―は分岐から1.3km先。シャレ―からザ・ループまでは6.4km。

P714024700400.jpgchalet00400.jpg
分岐からハイライン・トレイルに戻ると、緑多い道になり、いきなりミュール鹿に遭遇。
ミュール鹿はエルクよりも体が小さくて、耳がちょっと長いんだよね。ロッキーマウンテン国立公園にはエルクがいっぱいいたけど、グレーシャーNPでは見なかったなぁ。

シャレ―の近くになると、サウンド・オブ・ミュージックを想像させる緑の大地となり~

P714025400400.jpgP714025600400.jpg
シャレ―に到着。granite(花崗岩)なので、その名の通り、石で出来た山小屋。ここは国定歴史建造物に指定されてましたぜ。
今年はもう予約でいっぱい。来年の予約は1月からスタートするので、来年、ここに宿泊したい!という方は、1/1に予約にトライ!かな。すぐ満室になってしまうらしいので。予約はこちらからどうぞ。

私たちがここに立ち寄った目的は、トイレに行くこと。14.2km歩いて、やぁ~~~っとトイレ。汗をかいているから、トイレに行きたくはならなかったけど、他のハイカーに見られない場所を探すのもなかなか難しいかな、のハイライン・トレイル。でも、夏場の注意点としてはトイレ付近は 蚊が多い!トイレに並んでいると蚊の大群に襲われるので、シャレ―が見えたら、まずは蚊除けスプレーすることをお勧めしまーふ。

P714026000400.jpgトイレが済んだら、休むことなく出発じゃー!
ここからゴールまでが6.4km。

「最終シャトルバス時間までには余裕持って着きたいから、6時までにゴール出来るように歩くよ!」とMrに言い、4:10pmに出発。水を飲んだり、写真撮影するのに立ち止まったりしたけど、時間に余裕がないから、6.4km、ひたすら歩いたよ。


歩き始めて5,6分の辺りで、またミュール鹿に会えた。
P714026300400.jpgP714026400400.jpg
トレイルは、最初に少しだけ登り坂があったけど、シャレ―からGoing-to-the-Sun Roadまでは、9割は下り坂。もしこれが逆だったら、ゴールは8時頃になっていただろうな。おそらく山小屋に宿泊するのであろう人たちが、荷物を背負って登ってきていたけど、めちゃくちゃ辛そうだったよ。
ちなみに、山小屋の標高は2027m、The Loopのトレイルヘッドh1,310m。標高差717m。

P714026800400.jpgP714026900400.jpg
途中から、森を出てしまい、太陽の日差し当たりまくりの道をひたすら歩かねばならず、今度は暑さと日差しの強さとの闘いに。下り坂であって、本当によかった!
右の写真の山の風景で、岩山の中央のくぼんだ所がグリネル氷河オーバールックポイント。「あそこまで行ったんだねぇ~」と言い合いましたとさ。

P714027300400.jpgマクドナルド湖へと流れている、マクドナルド・クリークのラインを見ながら、標高が下がってきているのを確認。
とにかく暑くてねぇ。「あの時も7月だったけど、アーチーズかグランドキャニオンを歩いた時の気分だよ・・・」と嫁。しばらく歩いたら、ベリーをいっぱい食べたことがわかる熊の糞が落ちていて(そこまでフレッシュではなかったが)、歌い出す嫁。

the loop00400
でも、口から出てくる歌がZardの負けないでばっかりで、「あたしゃー24時間テレビのランナーかよっ!」と1人突っ込みしながら歩いてた。他はサザエさんとか・・・ 疲れてくると、歌すら思い浮かばないものだなと思った今回。

インディアン・ペイントブッシュ(日本語ではエフデ草というそうな)が咲き乱れる場所を歩いたり、水が流れ出ている場所では、Mrが「気化熱を利用する!」と言って、腕全体を濡らしたり。

〝人って歩けるもんだなぁ~”と心の中で感心しながら歩いていたら、突然Mrが、「人間の足ってすごいよねぇ。疲れていても歩けちゃうもんなー」と言い出し、 同じこと考えていたんかい!と軽くギョッとし、笑った。

the loop200400この辺りは、2003年頃の山火事エリアだったと思われる。大きな木は育っていないけど、植物たちは確実に育ってる。

P714027800400.jpg
ずーっと日が当たっていたので、太陽が雲で遮られた時のうれしさったらもう~! たまらーーん!
見上げたら、雲が鮭の頭の形になってた。Mrは「鮭?どっちかと言えば、犬とか狼じゃない?」と言われたけど、写真を見ても、私にはやっぱり魚の頭にしか見えないな。

P714028800400.jpgP714029000400.jpg目の前にザ・ループゴール地点が見えたので、「あそこまで真っすぐ行くだけだ!」と喜んだら、道は真っすぐに続いておらず、もう1カーブあったとわかった時、2人して

でも、ここまで来たら、ゴールはすぐそこ!!小川を渡って、少し上ると180度カーブの中心へと出てきまして、希望到着予定時間を20分超え、6:20pmにゴール!!
20.6kmを8時間かかって歩ききったどぉーー! 

P714029500400.jpgザ・ループから見た風景がこちら。
車で通過する時は、助手席に座っていても180度ターンの方に気持ちも目もいってしまうので、この景色は車を降りないと見れない(見ない)景色かと。

歩き出した時は往復3時間程を歩く予定だったのに、20.6kmを歩くというのはどうかと、旅行記やりながら考えてしまう。これがグランドキャニオンだったら、危険すぎる変更だもの。水は2人で2リットル強持参してたけど、3リットル、出来れば1人2リットルは必要だったなぁ。
今まで10km以上のトレイルは避けてきたけど、この日の経験で、20km歩けるじゃん!と思えたから、今後、またどこかの国立公園で歩くことがあったら、長い距離を1本歩いて、大自然を満喫してみたいな。

シャトルバスのバス停近くから眺められるHeavens Peak。標高2793m。ロッキーマウンテンNPでは、あの山頂辺りを歩いていたんだよなーと眺めながら、バスを待っていたkikiさん。
P714029600400.jpgP714029700400.jpg

それに対し、Mrは落ち着きなく~
shuttle_201608170452036fd.jpgゴールした途端、バス停に足早に直行していたMr。
それまでシャトルバスの時間なんて、私が何度心配だ!と話しても気に留めていなかったくせに、ゴールしたら現実味帯びてきたらしい。そして、最終バス時間が6:28とわかると、「来るかなぁ?来るよね?まだ行っていないよね?」とうるさーい!「着いたのが20分だから、ここからのシャトルは絶対に乗れるから待ちなさい。」と黙らせる嫁。私からすると、気にするの、おっせーんだよっ!!な話。

P714030100400.jpg6時半にバスがやってきて、乗り込んだ乗客に「ローガンパス行き」だという確認を2,3度し、反対側のバス停に向かって、「ローガンパスへ行く人はいますか?」と大声で聞いてから、ローガンパスに向けて出発。
同じバスに乗ったアジア人女性2人は、間違えて乗ってしまっていたので、ドライバーさんの繰り返しの確認がなかったら、彼女たちはローガンパスで青ざめてたはず。

P714030400400.jpg
ドライバーさんは、無線でセントメリーのビジターセンター行きのバスドライバーに私たち2名がいることを伝えておいてくれたし、乗り換えのバスの場所も、「このバスだから!」と通過時に教えてくれたので、降りてからも乗り換えすんなり。無事、ローガンパスからの最終バスに乗車出来た。ドライバーさん、どうもありがとうでした!

ローガンパスからセントメリーまでの時間は、もうぐったり。山と湖の景色を眺めまくるの人であった。写真は、ローガンパスを背後に見た景色。

この日まで頭痛知らずでこれたのに、バスに乗っている間に頭痛が始まり、「レストランで食べたくないな・・・」と嫁。

P713053400400.jpgburrito.jpgなので、前日も行ったメキシカン・CANTINAというお店で、ブリトーをお持ち帰りして部屋で食べたグレーシャーNP最後の夜。

これは前日にこの場所で食べた2種類のブリトー。
yelpの評価は良い悪いが極端にわかれているけど、2人から文句が出ることなく、普通においしくいただきましたとさ。国立公園の旅行では、食事に期待していないせいもあるけど。しいていうなら、量が多い!

20km歩いた話が4記事にまでなってしまう人、私ぐらいかも・・・と思っている今ですが、お付き合いいただき、ありがとうございました。でも、グレーシャーのお話、もう1,2つ続きます。 

テーマ : アメリカ国内のNational Parks
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ