2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

鎌倉散策 ー建長寺ー 

IMG_491600320.jpg昨日の11時頃から降った雪をパチリ撮影の朝。3cm程度の積雪。今年に入ってからはこの程度の積雪ばかりだなぁ。
夕方の天気予報によると、2/1の気温としては、過去一番に暖かった日を0.3F(華氏)ほど上回り、記録更新したんだそうな。わが村も今日の最高気温は5度と暖かめだったので、写真の裏庭側は、夕方にはもう雪より芝の面積の方が多くなってた。

一軒家にお住まいの方には申し訳ないけど、20cmぐらいどーん!と雪が降ってくれないかなぁ~と思ってしまう最近。 まとまった雪が見たい!


では、よーこちゃんとの鎌倉散策話の続きにいきまっしょい!

円覚寺、明月院と回った後に行ったのは、建長寺
鎌倉でもらってきたフリーガイドマップの記事によると、「1253年(建長5年)に鎌倉幕府の執権、北条時頼によって、日本で初めての前週の物時いいとして創建。当時としては、珍しい一寺一宗の浄刹であった。~~建長寺で膳の教えを体得した修行僧たちが、日本全国に寺を作ることで禅を広めていった=禅の教えは建長寺から日本中に広まっていった。」そうでありまする。

PC09131100320.jpgPC09131200320.jpg
右は、巨福山(「こふくさん」と読むそう)の額が掲げられている惣門。改めて写真を見て、巨の文字の下の部分に点があることに気が付き(遅・・・)、ググってみたら、 「第十世一山一寧(いっさんいちねい)の筆で、「巨」の字に点が加えられ、百貫の価をそえたものといい、この点は「百貫点」と呼ばれている。」 「この点があることによって字に安定感が出ているとされる。」 ということだそうでござります。

PC09133700320.jpgPC09131600320.jpgそして、後深草天皇の筆と伝えられる「建長興國禅寺」の額が掲げられている三門。
三門の下(中)には、神通力に優れていたとされるおびんずる様の木像が置かれていて、体の痛い所や悪い所をさすると良くなると言われているそう。全身をさすらせてください!な気持ちになったけれど、そういう欲を持っている時点で ご利益なさそう。というか、そういう気持ちを持ってしまうことがもう私の悪い所ね。

三門のお隣には、鐘楼が。
PC09131500320.jpgPC09131400320.jpg
梵鐘は国宝で、重さは2.7トン!1255年(建長7年)に鋳造されたと書かれてたよ。

PC09132100320.jpgPC09132200320.jpg
そして、仏殿。帰米前に増上寺にMrと一緒に行ったけど、この仏殿は増上寺の霊廟が1647年に移築されたものなのだそう。

PC09132300320.jpg
中に入ると、補修とかされていないこの仏殿の雰囲気に気が引き締まる感じがしましたわ。時が止まっているような空間といいますか。
本尊として巨大な地蔵菩薩坐像が安置されていることは禅寺としては珍しいことなのだそう。こちらのサイトの説明を読み、その理由を知ったkikiさん。


仏殿の裏手にある法堂へ。

PC09132500320.jpgPC09132600320.jpg法堂の建物の写真がないけど、1814年に建てられ、2005年に重要文化財に指定されているそう。
天井の雲龍の図。そして、手前は2005年の愛知万博後、パキスタンから寄贈されたという釈迦苦行像。がりがりさから苦行のすごさが伝わる像だったけれど、顔に髭を生やしている像は極めて稀とのこと。ガンダーラ文明の遺産で、ラホール中央博物館に安置されているお像を元に製作されたそう。
その後ろには木像の千手観音像。

方丈の手前にあったのが、このきらびやかな唐門。右写真は方丈から見た唐門の裏側。
PC09133500320.jpgPC09132900320.jpg
キンピカなこの門を見た時、「お金の匂いがする・・・」などと言っちゃったけど 、「1628年、増上寺でお江の方の霊屋の門として建立。1647年に仏殿、西来門と共に建長寺に寄贈され、方丈の正門として使用。2011年に解体補修され、輝きを取り戻しました。」と説明が書かれてまふ。こちらも国の重要文化財で、緩やかな山形の屋根もポイントの1つだそう。

PC09133100320.jpg
そして、最後に見学したのが方丈。
こちらで何かの行事が執り行われる予定があるようで、僧侶のお2人(先輩、後輩?)がやり方や順序の確認などされている最中だったこの時。

ぐるっと一周し、方丈の庭もしばし眺めてきた。その時にカワセミ発見。珍しい鳥ではないのだろうけど、私は初めて見たかも。 

PC09133200320.jpgPC09133400320.jpg

PC09133600320.jpgIMG_485000320.jpg
仏殿と三門の間にあったと思うのだけど、建長寺にも大きなビャクシンの木があり、樹齢は推定750年!高さ13m、幹の周囲は6.5m。
初代住職である、中国から来られた蘭渓道隆(大覚禅師)が中国から持参した種を蒔いたとされるビャクシンなんだそう。

それから、建長寺でいただいた御朱印。
コネチに戻って来てからも、何度か御朱印帳を眺めているけど、開いて見ると、背筋が伸びる。だらけた姿勢で見てはいけない気がして、なかなかいいものだと実感しているkikiさんなり。それはやっぱり私が日本人だからなんだろうな。

鎌倉話、続きまーす 

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメント

楽しゅうございました

日本もなんだかよく雪が降ります。東京は積もるほどじゃないけど寒〜い!

鎌倉散策楽しかったですねー。
こうやって調べて載せてくれると、あの時気がつかなかった色々なことがわかってありがたいです。

また出かけるの楽しみにしてますね。

よーこちゃんへ

鎌倉散策、楽しかったね!
ざっと決めたルートだったけど、いいペースで回れたよねぇ。よーこちゃんとの次なるお出かけも楽しみにしているよぉ~!!

こっちは今日も雪だったけど、今シーズンは日本の方が雪が降っていると思うし、体感的には東とかの方が寒いかもしれないね。ここは車生活だから。私も寒いのは嫌だけど、窓から見る雪景色はやっぱりいいもんです。
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ