2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
     

鎌倉散策 ー高徳院ー

今日はバレンタインズデー。
今朝、Mrに「今日はバレンタインデーだね。何か欲しいものはある?」と聞かれたので、「美味しいケーキ」と申したらば、「あ、それは無理だ。帰宅途中にそういう店はないし。」とあっさり断られた嫁でございます。嫁の為にWhole Foodsとかに足を運ぼうっちゅー愛あるひらめきも、行動もなく終わった2017年2月14日
ここへ来た頃の3年ぐらいは、花束を買ってきたり、自分が欲しかった包丁をプレゼントしてくれたけど、「こんな時に花束なんて~!高いだけじゃん。買ってこなくていい。」と嫁に言われ続けた結果、なんの楽しみもないValentain's Dayになりましたな。でも今日は、たまには買ってあげますか、と思い、夕食後に買ったチョコをMrに、「はいよ」と渡したら、普通に喜んでた。男は(Mrは)単純でございますことよ。Mrが気分を良くしている間に、 イヒヒ これいいぞ!ってな物を見つけたら買っちゃおう。しかし、こうやって狙っている時に限って、そう欲しい物がなかったりするのよねぇ。出会いを待とう!



では、鎌倉散策話の続きにいきまっしょい!

江ノ電に乗って下りた駅は、長谷駅。長谷駅と言えば~で、立ち寄った先はほぼ想像出来てしまうでしょうけど、その1つ、鎌倉大仏殿高徳院に行ってきた、よーこちゃんとkikiさん。
 
IMG_484900320.jpgPC10136500320.jpg
こちらの 仁王門をくぐって、大仏様の元へ~
この仁王門は、「18世紀初頭、内部に安置された一対の仁王像とともに他所より移築されたものと伝えられている」そうでありまする。

拝観料は200円。御朱印の手数料はこちらも300円。


IMG_435800320.jpgPC10136700320.jpg鎌倉に行ったのは、いつが最後だったか記憶にないぐらいなので、鎌倉大仏さまを目にしたのもかなり久しぶりのこと。正しく言うなら、銅造阿弥陀如来坐像というのだそうだ。
変わらぬ大仏さまだったけど、こちらは他の場所と比べると、外国人観光客が多かったです、はい。そりゃぁ、鎌倉まで来たら自分の目で見たい!と思うよねぇ。国宝だし、私だって見ておきたいって思ったぐらいだから。


PC10137300320.jpgPC10137100320.jpg鎌倉大仏に関しては、高徳院のサイトの説明を読んでいただければと思いまするが、像高約11.3m、重量約121t あるそう。台座の高さも含めると、13.3m。造られた頃は金箔が施されたキラキラな大仏さまだったんだって。
造立が開始されたのは1252( 建長四) 年だが、完成した年はわかっていないそう。それでも造られ始めた年から765年!本来は、ちゃんと大仏殿があり、この鎌倉大仏も大仏殿の中で安置されていたそう。しかし、大仏殿は15世紀の大津波で倒壊してしまったのだとか。

胎内は拝観しなかったけれど、後姿の丸みのある背中を見ていると、おんぶってもらいたくなるなぁ、と思ってしまうのは私だけでしょうか…

PC10137400320.jpg
この藁草履は、茨城県常陸太田市の子供会によって作られ、奉納された物だそう。
長さ1.8m、幅0.9m、重量45kg!
大仏様に日本行脚して欲しいという願いから、大仏様の足のサイズを想定して作られているんだって。私たちの見ていない時に、見えない場所で、きっとこの藁草履を履いて、各地を回っているのかもしれないね。
「草履の中にお金を挟まないでください」という注意書きが書かれていたけど、ご利益あるように思ってしまうのかな。お金が挟まっていたら、大仏様が足を痛めてしまいますがな。

PC10137900320.jpgPC10137600320.jpg
そして、高徳院での紅葉
紅葉している木はそう多くなかったけど、鎌倉大仏と紅葉を併せて見ることが出来、いい時に行ったなぁと、改めて思うkikiさんなり。


大仏様にばかり目がいってしまい、その後ろに観月堂の存在に気が付いていなかったこと、この記事をタイプしている途中で気が付いた・・・
サイトの説明によると、「1924(大正13)年当時これを所持されていた「山一合資会社」(後の「山一證券」)の社長、杉野喜精氏によって、東京目黒の私宅から移築・寄贈。」と書かれているけれど、こういう物が私宅にあったなんて、どんだけ敷地が広いのじゃー!(←気にするポイントがズレているな)

よーこちゃんとの鎌倉散策、ラストの訪問は~   

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ