2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
     

増上寺と大学駅伝! の巻

時は2017年1月3日。
掛川駅まで送ってもらい、今回は予定通りのこだまに乗って品川へ。
写真はホームから見た掛川城。一度も行ったことがないので、次回は行ってみようかな。そして、1/3の富士山。
P102166600320.jpgP102167100320.jpg

Mrとは浜松町駅で待ち合わせ。私は総重量22kgの中サイズスーツケース持参だったから、貿易センタービルのコインロッカーに預け、増上寺に向けて出発!
OLを辞めた時、会社が浜松町だったので、ここは懐かしのエリア。めーいっぱい走って5,6分の所に会社があったんだけど、ほぼ毎日のように朝は駅からばたばたと走ってたなぁ。時に前方の人に振り向かれるぐらいの音を立てながら・・・

P102167600320.jpg
秋田屋さん、まだちゃんとここにあったよ。
立ち飲み屋で有名なお店で、夕方になるといつもスーツ姿の男性陣でいっぱいでねぇ。当時、飲みに行ってみたいね!とは言っていたけど、ここで飲むことなく、浜松町ともサヨナラしてしまったのであった。駅から歩きながらその話をしていたら、Mrが小さな目を思いっきり開いて、「行きたい!!帰りに行こうよ!」と申していたのだが、残念ながらお休みじゃった。

「ここ、小籠包が美味しいんだよぉ~」とかMrに説明したり、kiki父が勤めていた会社の本社の写真を撮影して、「懐かしいでしょ?」ととーさんにメールしたりしながら、

P102167800320.jpgP102168200320.jpg最初の目的地、増上寺に到着!
増上寺に来たのは、もしかしたら、社葬が執り行われた時以来かも?近くにありながら、こちら方面には全然足を運んでいなかった当時。

日比谷通り沿いには増上寺参拝の人たちではない人が沢山立っていて、なんですやろ?と思いながら横断歩道を渡ったら、We got it!駅伝の旗を配っているのを見て、「箱根駅伝だ!今日は復路じゃん!」 その時間に応援できるかどうかわからなかったけど、旗を2本いただき、kikiさんの準備は万端。しかし、Mrには「なんで旗なんてもらってんの。いらないから!!」とブツブツ言われ・・・

ekiden.jpg大学の応援敷地確保?ボランティアらしき人たちがミーティングをされていたりと、前日、TVで見ていた分、気分は駅伝応援モードになっていたkikiさん。

IMG_465700320.jpg結局、その1時間か1時間半後、増上寺での参拝&見学を終えてから、駅伝を見に戻ったんだけどね。
私が旗をもらった時は、「そんなのいらないから!」と文句を言い、もらった後も「これ、邪魔なんだけど~」とブツブツ言っていたMrだったのに、いざ応援する時になったら、しっかり旗を2本もらっていて、選手が来る前から旗を振って応援していたという。しかも、その姿は私以上にノリノリ(爆) その姿、嫁でもびっくりしたわ。

IMG_467200320.jpgP102173700320.jpg
そして、青学の選手がキタ―――――!瞬間の通過。しかし、2位の選手が待てども待てどもこない。お隣に立っていたパパさんが、アプリ?で選手の位置を確認していたので、ちょこちょこ覗き込ませてもらっていたのだが、最終的には7分もの差がついていたんだっけかな。
次なる選手を応援して、この場を去ったMr家であった。


osaru.jpg
先に駅伝の応援の話を記してしまったけど、増上寺に話を戻しましょ。

境内に入ったら、屋台のお店も色々出ていたけど、人だかりを見つけて見に行ってみたら、猿回しをやってた。
これも日本の伝統文化の1つよねぇ。お正月の風物詩??
以前だったら、うぉうぉ見ていただろうけど、この日は、“お猿、楽しいんかな・・・訓練、きつかっただろうのぉ・・・”と、動物愛護的側の目線で見てしもうたですわ。


大殿と大殿からみた三解脱門(三門)方面。
P102169500320.jpgP102169600320.jpg
サイトにある、数字で見る増上寺まめ知識を読んでから出かけていたら、もっと増上寺を楽しめたなぁ。

P102169900320.jpgomikuji.jpg参拝を済ませた後、私たちもおみくじを引いてみることに。
口を半開きにして、真剣におみくじを読んでいたMr。増上寺のおみくじは開運招福お守り付で、Mrは熊手と小判、私は銭亀の縁起物。2017年はMr家、財運がいいのかも?!この縁起物は全部で13種類あるそう。
私のおみくじの結果は、大吉!ここ数年、大吉と言う文字を見たことがなかったので、うれしかったけど、「いきなりてっぺんにいっちゃうのもなぁ・・・」と気持ち複雑になったりもして。

IMG_526700320.jpgそれから安国殿へ御朱印をいただきに。
ここに祀られているご本尊が黒本尊。
P102170200320.jpg
恵心僧都の作と伝えられる秘仏「黒本尊」(御開帳・黒本尊祈願会、正月・5月・9月の15日)は、家康公が深く尊崇し、そのご加護により度重なる災難を除け、戦の勝利を得たという霊験あらたかな阿弥陀如来像で、勝運・厄除けの仏様として江戸時代以来、広く人々の尊崇をあつめている。』 そうでござりまふ。安国殿に沿った通りには、お地蔵さま。

安国殿の裏手には、徳川将軍家墓所が。公開されていたので、折角の機会だから、見学することに。拝観料500円なり。
御霊屋(おたまや)と呼ばれていた旧徳川将軍家霊廟は、戦前は国宝に指定されていたそうなのだが、空襲で焼失。昭和33年から調査が始まり、今現在の場所にまとめられたそう。
徳川家の葵の紋がはめ込まれていた扉。そして、扉の両サイドには昇り龍と下り龍。
P102170300320.jpgP102170500320.jpg
P102170700320.jpgP102173100320.jpg
この写真からでは龍であることもよくわからずで、よく見てみたいと思ったお方様には申し訳ないけど、左写真が外側、右写真が墓所内から見た昇り龍と下り龍。

墓所はもっと広々としているのかと思ったら、このような感じでござった。右の写真は、お江の方(崇源院)と夫である2代将軍秀忠公のお墓。
P102171000320.jpgP102172200320.jpg


ざっとではあるけれど、増上寺での時間を楽しみ、箱根駅伝の応援もし、私の希望で へ。
To be continued・・・    

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ